提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



夕闇の中から

やさしい子守歌が聞えママて來る

風呂からあがつて

裸で林檎をたべてると

木立ちの向うから

細いやさしい歌聲が聞えて來る


いつか聞いた歌だ

誰かが歌つた歌だ……


さうだ私の生徒、

三月󠄁靜岡へうつつていつた

あの黑い眼の少女がうたつた子守歌だ


とんとんとろりこ

とんとろり


あのはさう歌ひ

私は悲しくきいてゐた

別れもまぢかい日だつたが


私はちやんと知つてゐた

私達󠄁はあまり年が違󠄁ふので

私の言葉はあの子に通󠄁じないことを

あの子の言葉は私の心にとゞかないことを


だがあの歌を

しみじみあの子が歌つたとき

それはあの子の魂のしんに觸れ

私の魂のしんに觸れ

それらは一つのリトムをうつた


それならばあのとき

私はあの子を理解しなかつたと

どうして云へよう


  とんとんとろりこ

  とんとろり


美しい子守歌よ、やさしい旋律よ、


私と私の生徒だつたあの少女の

お互の魂を共鳴させえた

不思議なるものよ


私はここに、たまゆらの深さを知り

生命の價値を知り、

この世を悲しくも美しいものに思ふ


懐しい子守歌がまだ續いてゐる

夕闇の向う

木立の向うから

ほそくあえかに聞えママて來る

やさしく甘く聞えて來る

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。