鉄道唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

中央線鉄道唱歌[編集]

  • 作詞:福山寿久
  • 作曲:福山直秋
  1. 霞たなびく大内や 御濠にうかぶ松の陰 栄行く御代の安らけく 列車は出ずる飯田町
  2. 花かぐわしき靖国の やしろ間近き牛込の 牛の歩みも遅からで 市ヶ谷見附四ツ谷駅
  3. 東宮御所の壮観を 仰げばやがて信濃町 朝露清き練兵場 響く喇叭の音高し
  4. 都を後に見かりえて 甲州街道新宿や 又行く春に大久保の つつじの園ぞ美しき
  5. 中野荻窪吉祥寺 境町より十余町 多摩上水の岸の辺は 桜ならざる里もなし
  6. 彩の衣手ふりはえて 都乙女がたもとおり 花狩りくらす小金井は 関東一の名所かな
  7. 川越線の分岐点 国分寺には其の昔 聖武天皇勅願の 御寺の名残を留めたり
  8. 青梅の里へ行く人の 袂を分つ立川や 手作りさらす多摩川の 末は帝都の飲料水
  9. 日野や豊田も打過ぎて 行けば武蔵の八王子 機織の業の名にし負う 町の栄えぞ著き
  10. 色浅からぬ浅川の 紅葉林に日は落ちて 草より出でて入る月の 山の端近き与瀬の駅
  11. 甲武二州の国境を 越ゆれば雲の上野原 四方津の嶺は我々として 翼をかえす鳥沢や
  12. 五百里の山は深けれど 人住む里は打拓け 南北都留の両郡は 甲斐絹織の名産地
  13. 積翠凝りて滴りて 玉なす水の桂川 岸千尋の断崖に かかるや猿橋虹の如
  14. 大月駅に下り立ちて 南へ馬車の便を借り 富士の高嶺の雲分けて 千古の雪を踏みや見む
  15. 川を隔てて聳ゆるは 岩殿山の古城蹟 主君に叛きし奸党の 骨また朽ちて風寒し
  16. いで武士の初狩に 手向けし征箭のあとふりて 矢立の杉も神さびし 笹子の山の峠路や
  17. 横に貫くトンネルは 日本一の大工事 一万五千呎余の 夜の闇を作りたり
  18. 武運尽きたる武田氏が 重囲の中に陥りし 天目山は初鹿野の駅より東二里の道
  19. 山の麓の墳墓に 恨みは残る景徳院 国は滅びていたずらに 山河昔を語るのみ
  20. 海の幸ある塩山の 温泉に遊ぶ夕間ぐれ 晩鐘ひびく恵林寺は 夢窓国師の大伽藍
  21. さし出の磯の村千鳥 鳴きて過ぎ行く日下部や 石和の川に夜をこめて 鵜飼舟に棹ささむ
  22. 東夷を打ちきため 夜には九夜日には又 十日重ねし旅衣 酒折の宮はかしこしや
  23. 今は旅ちょう名のみにて 都を出でて六時間 座りて越ゆる山と川 甲府にこそは着きにけれ
  24. 山梨県庁舞鶴城 炊煙のぼる一万戸 杖曳く園に聳ゆるは 昔ながらの天守閣
  25. 世にひびきわたる戦国の 名将武田信玄が 英魂毅魄とこしえに 眠りて覚めぬ大泉寺
  26. 香煙細き三代の 廟に額づく人もなし 躑躅が崎の址訪えば 夏草しげく荒れ果てて
  27. 御嶽詣での新道に 覚円の峰仙蛾滝 神工鬼鑿の勝景を 探る旅客ぞ日に多き
  28. 煙草の産地竜王や 韮崎駅の車窓より 新府の址を弔いつ 登る日野春小淵沢
  29. 芙蓉の嶺に送られて 列車は進む高原の 海抜三千二百尺 ここは信州富士見駅
  30. 北には仰ぐ八ヶ嶽 麓は青柳茅野の里 湖水に臨む上諏訪の 町には商業栄えたり
  31. 手引きの岩を手末に 擎げし力折りたため 天照る神の御孫に 譲りまけしむ秋津島
  32. 建見名方の神霊は 神宮寺の上社 日本第一軍神と 崇めまつるぞ尊けれ
  33. 翠の山にかこまれし 周囲四里の諏訪の湖 衣が崎に波も無く 富士の上漕ぐ釣小舟
  34. 涼しき夏の舟遊び 凍る湖上のスケートや 温泉の宿も心地よく 諏訪は四時の行楽地
  35. 下諏訪町は明神の 御船祭に賑いて 下社の森の木立には 水戸の浪士の物語り
  36. 岡谷の里の工場は 日本無双の製糸業 引出す糸は細くとも 国家の富はいや増さむ
  37. 湖水を出ずる天竜川 流れに波も辰野駅 伊那に赴く旅人は 降りて電車に乗替えよ
  38. 小野の社を伏し拝み 善知鳥を越えて右に見る 峠の麓塩尻は 篠井線の分岐点
  39. 小笠原家の興廃を ここに定めし古戦場 永井の坂に武士の 夢の跡をや弔わむ
  40. 草むす屍年古りて 松風寒き桔梗の 原に栞の道かえて 遊ぶも旅の興なれや
  41. 西には望むアルプスの 嶺には斑れの雪景色 めでつつ語る程もなく 村井を過ぎて松本市
  42. 信濃の国司守護の職 世々の歴史に跡とめし 信府の名にも相応しき 市街は人口三万余
  43. 女鳥羽の水は変われども 五層の天主今も猶 三百年のいにしえの 名残とどむる深志城
  44. 浅間の温泉賑わいて 入浴の客の足繁く くる人絶えぬ白糸の 御湯は山辺の里にあり
  45. 犀の川辺をたどりつつ 豊科近き田沢駅 仁科へ通う明科の 里に名高き製材所
  46. 山又山を貫きて 出ずれば西條停車場 麻績の駅を過ぎて又 トンネル潜る冠着山
  47. 心なぐさむ更級や 姨捨山にてる月は 秋は田毎にうつろいて 四郡の平野朧なり
  48. 粂路の橋に行く人の 下車する駅は稲荷山 継は篠井停車場 信越線の連絡点
  49. 川中島や善光寺 巡る名どころ数尽きて 又立帰る塩尻の 駅より道は西南
  50. 将軍馬を洗いけむ 洗馬や贄川奈良井宿 駅路の鈴の音絶えて 汽笛は響く木曾の谷
  51. 甲信二軍のつわものが 雄叫びの声治まりて 屍さらせし峠路に 咲くや鳥居の山桜
  52. 薮原駅の名物は 今もお六の玉くしげ あけなば云わで山吹の 古城は花の名のみなり
  53. 旭将軍義仲の 育ちし里は宮の越 傲る平家を討たばやと 旗揚げしたる南宮社
  54. 都に入りし甲斐もなく 覇業空しくくずおれし 地下の恨みやこむるらむ 鐘の音さびし徳音字
  55. 福島町は御料局 木曾の支庁のある処 水を隔てて両岸に 連なる家は一千戸
  56. 信飛二州に跨りて 天そそり立つ御嶽や 登山の男女群がりて 夏は賑わう雲の嶺
  57. 五木の翠鬱葱と 御料の林枝栄え 伊勢の内戸の御あらかに 奉行は運ぶ宮ばしら
  58. 桟の名は残れども 命をからむ蔦もなく 寝覚の床のあさ衣 木曾の川波静かなり
  59. はや上松の里過ぎぬ 結びて行かん風越の すそ野の尾花穂に出でて まねくは雪の駒が嶽
  60. 小野の滝つせ霧はれて しぶきに虹ぞ立ちわたる 名所めぐりも束の間に須原の宿や野尻駅
  61. 三留野は古き殿作り 秋の与川の月冴えて 浮世の外の眺めさえ 塵をいといし湯舟沢
  62. 木曾路出でて坂下や 東美濃なる商業地 中津は恵那の麓にて 紙すく業ぞ知られたる
  63. 岩村城址程近き 大井の里の硯水 汲むべき暇もあらなくに 釜戸 瑞浪 土岐津駅
  64. 多治見に下車の旅人は 土岐の川辺の虎渓山 東濃一の勝境に 杖曳くことを忘るるな
  65. 玉野川原の山水を めでつつ行けば高蔵寺 陶器い名高き瀬戸町は ここより僅か二里余り
  66. 尾濃の平野末広し 両雄陣を対しつつ 一兵血ぬらず勝川や むかしを忍ぶ小牧山
  67. 早くも過ぐる大曽根や 花の千種の八事山 たび路の憂さも忘られて 名古屋の駅に着きにけり
  68. 三府につづく大都会 名古屋は人口四十万 商工業の繁昌も 四方にかがやく金の鯱
  69. 都を出でてなまよみの 甲斐にはめでし富士の嶺 諏訪の湖木曾の谷 美濃の名所も訪れぬ
  70. 行き悩みたる山道の こごしき嶺も砥の如く 三百二十余哩を 夢に過ぎけり中央線

中央線鉄道唱歌[編集]

  • 作詞:春江堂書籍より
  • 作曲:春江堂書籍より
  1. 汽笛一声我が汽車は はや離れたり飯田町 牛込市ヶ谷堀の端 四ツ谷出づれば信濃町
  2. 千駄ヶ谷代々木新宿 中仙道は前を行き 南は品川東海道 北は赤羽奥羽線
  3. 大久保つつじの花盛り 柏木中野に兵営を 見るや荻窪吉祥寺 境を過ぐれば国分寺
  4. 立川越えて多摩川や 日野に豊田や八王子 織物業で名も高く 中央線の起点なり
  5. 朝河行けば小仏ぞ 沢井沢をば早渡り 与瀬上野原鳥沢や 谷間に架けしは猿橋か
  6. 甲斐絹産地で知られたる 郡内地方は此あたり 山の中なる大月に 水力電気の事業あり
  7. ここは名に負う笹小嶺 トンネル一万五千尺 徒歩にて越しは十年前 居ながら通る気楽さよ
  8. 初鹿野塩山向嶽寺 温泉効験いと多く 差出の磯の日下部と 螢で名高き石和町
  9. 次は甲府の城の跡 山岳四面に重畳し 甲州一の大都会 山梨県庁ここに在り
  10. 竜王韮崎日野春は 八ヶ岳をば右に見て 小渕沢より富士見台 海抜三千百余尺
  11. 青柳茅野に上諏訪よ 左は諏訪湖冬ならば 我もスケート試みん 右には温泉諏訪神社
  12. 下諏訪岡谷は製糸業 煙筒繋きは国の富 天竜川はここに出て 遠州灘に注ぎ入る
  13. 辰野小野も通り過ぎ 伊那谷渉りて塩尻は 茫たる平野にステーション 篠井線の分岐点
  14. 桔梗ヶ丘の古戦場 満目荒涼風寒く 北信満峰巍々として 深志の城は目に近し
  15. 道は再び中山道 遠く連る越の道 是より西は木曽路にて 荒馬や贄川奈良井宿
  16. 本州中部の分水嶺 鳥居峠のトンネルは 基面の高さ日本一 峠を越ゆれば木曽の谷
  17. 眼界一転うっそうと 繁は御料の林なり 広袤三十五万町 刈り出す木材無尽蔵
  18. 藪原通りて宮ノ越 旭将軍義仲が 旗を掲げしはこのあたり 晩鐘響く徳音寺
  19. 折しも左の畑中に 高く立ちたる記念の碑 東と西より進みたる 中央線の接続点
  20. 木曽の都の福島は 御嶽詣での登り口 山腹高く桟橋を 過ぐればやがて上松よ
  21. 空に聳ゆる駒ヶ岳 寝覚の床に臨川寺 小野瀧越えて定勝寺 景色秀れて眺め好し
  22. 須原野尻で横に見る 碧単渦中の木流しと 錦織りなす紅葉は 木曽の旅路のうさはらし
  23. 三留野を出でて木曽川を 渡る鉄橋五十間 しず母の風景釣越は 昔の道中忍ばるる
  24. 坂下よりは飛騨海道 木曽路を後に中津駅 左に恵那山右に大井 電車に乗れば岩村町
  25. 釜戸瑞浪打ち過ぎて 土岐津多治見両町の 名高き産物陶器磁器 これぞ日本の輸出品
  26. 彼所に見ゆるは虎渓山 土岐川清く山高し 十四のトンネル絶間なく 高蔵寺勝川夢現
  27. 大曽根千種も早過ぎて 鶴舞公園目のあたり 身支度整う程もなく 汽車は名古屋に着きにけり
  28. 待ちに待ちたる中央の 鉄路もここに全通し 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。