鉄道唱歌/訂正鉄道唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


東海道󠄁

  1. てきいつせいしんばしを はやわがしやはなれたり たごやまりのこる つきたびともとして
  2. みぎたかなわせんがく じふしちはかどころ ゆきえてものこせんざいのちまでも
  3. まどよりちかしながはだいえてなみしろうみのあなたにうすがすむ やまかづばうしう
  4. おほもりかまかはさきつるもいつかあとにして ひがしかながはしやくてはそれよはちわうママ
  5. かながはぎてひらぬまの あなたをればもゝふねけむりそらをこがすまで こゝよこはまおほみなと
  6. よこすかゆきはのりかへと ばれておるゝおほふなの つぎはかまくらいざさらば げんせきたづ
  7. はちまんぐういしだんてるひとおほいてふ べつたうげうのかくれしと れきにあるはこのかげ
  8. こゝにひらきしよりともばくのあとはいづかたぞ まつかぜさむくれて こたへぬせきこけあを
  9. きたゑんがくけんちやう みなみだいぶつほしづき しちりがはまえのしまくにでんしやたよりよし
  10. しやよりづしをながめつゝ はやよこすかきにけり ぐんかういうだいを げにとうかいのしづめなり
  11. またほんせんちかへり ふぢさはちがさきひらつかぎてだかおほいそかいすいよくのはじめの
  12. こふづおるればでんしやあり をだはらあたくもよし はこはちやまみちも あれくもあひだより
  13. でてはくゞるトンネルぜんやまきたやまえき いまもわすれぬてつけうしたゆくみづのおもしろさ
  14. はるかえしふじは はやわがそばにきたりたり ゆきかんむりくもおび いつもけだかきすがたにて
  15. こゝはてんなつならば われもざんをこゝろみん たかさはいちまんせんじやく じふさんしうはたゞひと
  16. しまえきにはくわんぺいしまじんしやみやあり いづてつだうりかへて ひととまらんしゆぜん
  17. ぬまうみきこえたる さとうしぶせにふだう はるはなさくもゝのころ なつはすゞしきうみのそば
  18. とりおとにおどろきし へいはなしむかしにて いましやゆくふじかはくだるはのぶのかへりぶね
  19. にもだかおきだひ かねひゞくきよでら みづにつゞくじりより ゆけばほどなきのうざん
  20. みほまつばらたごうら さかさにうつるふじなみにながむるふなびとなつふゆとやおもふらん
  21. すんしういちだいくわい しづをかでてあべかはを わたればこゝぞうつやまきりぬきしほらみち
  22. さやよりけておのづから くさなぎはらひしつるぎいつちよゆるやいはらはこゝなれや
  23. はるさくはなふぢえだも すぎてしまおほがは むかしはひとかたにのせ わたりしはなしゆめのあと
  24. いつしかまたもやみとなる かいよるトンネルさよなかやまなきいし へどもらぬよそのそら
  25. かけがはふくろなかいづみ いつしかあとにはやなりて さかまききたてんりゆうかはなみゆきぞちる
  26. このみなかみにありとすはすゐふゆげしき ゆきこほりのかけはしを わたるはかみさとびと
  27. ことひくかぜはままつたねてふまひさかも うしろにはしくわいさを うたふかいそなみこゑ
  28. けぶりみづよこたへて わたるはまはしうへ たもとすゞしくかぜなつのこらずなりにけり
  29. みぎいりうみしづかにて そらにはふじゆきしろし ひだりゑんしうなだちかく やまなすなみくだけちる
  30. とよはしおりてしやは これぞとよかはなりみち とうかいだうにてすぐれたる うみのながめはがまごほり
  31. よやとくがはいへやすの おこりしとちをかざきはぎはしのこれるは とうきちらうのものがたり
  32. おほたかおりてをけはざま ゆきてむかしのあととはん あつみやしをがむ そのくさなぎかんつるぎ
  33. つゞくなごやちゆうきやうにうたはるゝだいくわい だかききんしやちほこいまなほしろひかりなり
  34. いせぢたびはまたのきそがはえてみのしんのはなしまだえぬ ぎふかひてゆかん
  35. ちゝやしなひしやうらうたきいまなほおほがきさんへだてゝながれたり かうのほまれともろともに
  36. てんはたとくがはせしいくさのせきがはら くさむすかばねいまもなほ くかぶきやまおろし
  37. やまはうしろにりて まへきたるはびはうみ ほとりにへるまいばらほくりくせんぶんてん
  38. ひこてるゐいしろ くさにひさぐうばもち かはるめいしよめいぶつたびぜんのうさはらし
  39. いよちかれくるは あふうみなみのいろ そのはつけいながらに てゆくたびたのしさよ
  40. せたながはしひだり ゆけばいしやまくわんおん むらさきしきふでのあと のこすはこゝよつき
  41. あはまつにことへば こたへがほなるかぜこゑ あさしやうぐんよしなかの ほろびしふかはいづかたぞ
  42. ひらたかゆきならで はななすくもにかくれたり ばせにいそぐふねえてにぎはふなみうへ
  43. かたにおつるかりがねの たえまにひゞくみゐかね ゆふぐれさむからさきまつにやあめのかゝるらん
  44. むかしながらのやまざくら にほふところやしがさと みやこのあとはらねども あふさかやまはそのまゝに
  45. おほいしよしやましなの そのかくれがはあともなし あかとりかみさびて つはふしなりやま
  46. とうたふひだりにて とまればしちでうステーシヨン きやうとびたつる しやしやうのこゑもなつかしや
  47. こゝはくわんむかどより せんいうねんみやこ いまくもそらたかく あふぐせいりやうしいでん
  48. ひがしてるひがしやま にしそびゆるあらしやま かれとこれとのふもとゆく みづかもがはかつらがは
  49. をんきよみづおんゐん よしくろだにしんによだう ながれもきよみなかみきみまもるかものみや
  50. なつはすゞみのでうばし ふゆゆきぎんかく さくらはるさがおむろ もみあきたかさん
  51. びはこきてとほしたる すゐこうなんぜん いはきてふねをやる しきしんられたり
  52. じんしやぶつかくさんすゐほかきやうぶつさんにしぢんおりのあやにしき ゆうぜんぞめはなもみぢ
  53. あふぎおしろいきやうとべに またかもがはさぎしらず みやげをげていざたん あとにごりはのこれども
  54. やまざきおりてよどがはを わたるむかふはをとこやま ぎやうかうありしせんていの かしこきあとぞしのばるゝ
  55. よどかはぶねさをさして くだりしたびはむかしにて またゝくひまにいまはゆく けむりたえせぬくがみち
  56. おくりむかふるほどもなく いばらきすひうちすぎて はやおほさかにつきにけり うめはわれをむかへたり
  57. ていこくだいくらゐして しやうこうさかゆるおほさか あぢかはぐちふねけむりはたゆるひまもなし
  58. こゝぞむかしなに こゝぞたかみやのあと せんえいいうひでよしの おもかげしろのこりたり
  59. とりかけらぬおほぞらに かすむぢゆうたふかげ ぶつぽふさいしよてらてんわうはあれかとよ
  60. おほさかでゝみぎひだり たねならざるはたもなし かんざきがはながれのみ あさにゆくぞうつくしき
  61. かんざきよりはりかへて ゆあみにのぼありやま いけたみにきゝし さけさんとほるなり
  62. かういまはつきにけり ていこくだいおほみなと あつまふねふなじるし ればかいはたづくし
  63. いそにはながめれわたる わだのみさきをひかへつゝ やまにはえずぬのびきたきひとものぼりゆく
  64. なゝたびうまれてきみを まもるといひしなんこうの いしぶみたかみなとがは ながれてよゝひと
  65. おもへばゆめかときのまに いつぴやくじふはしりきて かうやどをおくも げにぶんめいのたまものぞ
  66. けなばさらりかへて さんやうだうすゝまゝし てんあすのぞみあり やなぎにかすむつきかげ(終󠄁)

JIS X 0208版[編集]

  • くの字点は/\を代用した。

東海道

  1. てきいつせいしんばしを はやわがしやはなれたり たごやまりのこる つきたびともとして
  2. みぎたかなわせんがく じふしちはかどころ ゆきえてものこせんざいのちまでも
  3. まどよりちかしながはだいえてなみしろうみのあなたにうすがすむ やまかづばうしう
  4. おほもりかまかはさきつるもいつかあとにして ひがしかながはしやくてはそれよはちわうママ
  5. かながはぎてひらぬまの あなたをればもゝふねけむりそらをこがすまで こゝよこはまおほみなと
  6. よこすかゆきはのりかへと ばれておるゝおほふなの つぎはかまくらいざさらば げんせきたづ
  7. はちまんぐういしだんてるひとおほいてふ べつたうげうのかくれしと れきにあるはこのかげ
  8. こゝにひらきしよりともばくのあとはいづかたぞ まつかぜさむくれて こたへぬせきこけあを
  9. きたゑんがくけんちやう みなみだいぶつほしづき しちりがはまえのしまくにでんしやたよりよし
  10. しやよりづしをながめつゝ はやよこすかきにけり ぐんかういうだいを げにとうかいのしづめなり
  11. またほんせんちかへり ふぢさはちがさきひらつかぎてだかおほいそかいすいよくのはじめの
  12. こふづおるればでんしやあり をだはらあたくもよし はこはちやまみちも あれくもあひだより
  13. でてはくゞるトンネルぜんやまきたやまえき いまもわすれぬてつけうしたゆくみづのおもしろさ
  14. はるかえしふじは はやわがそばにきたりたり ゆきかんむりくもおび いつもけだかきすがたにて
  15. こゝはてんなつならば われもざんをこゝろみん たかさはいちまんせんじやく じふさんしうはたゞひと
  16. しまえきにはくわんぺいしまじんしやみやあり いづてつだうりかへて ひととまらんしゆぜん
  17. ぬまうみきこえたる さとうしぶせにふだう はるはなさくもゝのころ なつはすゞしきうみのそば
  18. とりおとにおどろきし へいはなしむかしにて いましやゆくふじかはくだるはのぶのかへりぶね
  19. にもだかおきだひ かねひゞくきよでら みづにつゞくじりより ゆけばほどなきのうざん
  20. みほまつばらたごうら さかさにうつるふじなみにながむるふなびとなつふゆとやおもふらん
  21. すんしういちだいくわい しづをかでてあべかはを わたればこゝぞうつやまきりぬきしほらみち
  22. さやよりけておのづから くさなぎはらひしつるぎいつちよゆるやいはらはこゝなれや
  23. はるさくはなふぢえだも すぎてしまおほがは むかしはひとかたにのせ わたりしはなしゆめのあと
  24. いつしかまたもやみとなる かいよるトンネルさよなかやまなきいし へどもらぬよそのそら
  25. かけがはふくろなかいづみ いつしかあとにはやなりて さかまききたてんりゆうかはなみゆきぞちる
  26. このみなかみにありとすはすゐふゆげしき ゆきこほりのかけはしを わたるはかみさとびと
  27. ことひくかぜはままつたねてふまひさかも うしろにはしくわいさを うたふかいそなみこゑ
  28. けぶりみづよこたへて わたるはまはしうへ たもとすゞしくかぜなつのこらずなりにけり
  29. みぎいりうみしづかにて そらにはふじゆきしろし ひだりゑんしうなだちかく やまなすなみくだけちる
  30. とよはしおりてしやは これぞとよかはなりみち とうかいだうにてすぐれたる うみのながめはがまごほり
  31. よやとくがはいへやすの おこりしとちをかざきはぎはしのこれるは とうきちらうのものがたり
  32. おほたかおりてをけはざま ゆきてむかしのあととはん あつみやしをがむ そのくさなぎかんつるぎ
  33. つゞくなごやちゆうきやうにうたはるゝだいくわい だかききんしやちほこいまなほしろひかりなり
  34. いせぢたびはまたのきそがはえてみのしんのはなしまだえぬ ぎふかひてゆかん
  35. ちゝやしなひしやうらうたきいまなほおほがきさんへだてゝながれたり かうのほまれともろともに
  36. てんはたとくがはせしいくさのせきがはら くさむすかばねいまもなほ くかぶきやまおろし
  37. やまはうしろにりて まへきたるはびはうみ ほとりにへるまいばらほくりくせんぶんてん
  38. ひこてるゐいしろ くさにひさぐうばもち かはるめいしよめいぶつたびぜんのうさはらし
  39. いよ/\ちかれくるは あふうみなみのいろ そのはつけいながらに てゆくたびたのしさよ
  40. せたながはしひだり ゆけばいしやまくわんおん むらさきしきふでのあと のこすはこゝよつき
  41. あはまつにことへば こたへがほなるかぜこゑ あさしやうぐんよしなかの ほろびしふかはいづかたぞ
  42. ひらたかゆきならで はななすくもにかくれたり ばせにいそぐふねえてにぎはふなみうへ
  43. かたにおつるかりがねの たえまにひゞくみゐかね ゆふぐれさむからさきまつにやあめのかゝるらん
  44. むかしながらのやまざくら にほふところやしがさと みやこのあとはらねども あふさかやまはそのまゝに
  45. おほいしよしやましなの そのかくれがはあともなし あかとりかみさびて つはふしなりやま
  46. とうたふひだりにて とまればしちでうステーシヨン きやうと/\びたつる しやしやうのこゑもなつかしや
  47. こゝはくわんむかどより せんいうねんみやこ いまくもそらたかく あふぐせいりやうしいでん
  48. ひがしてるひがしやま にしそびゆるあらしやま かれとこれとのふもとゆく みづかもがはかつらがは
  49. をんきよみづおんゐん よしくろだにしんによだう ながれもきよみなかみきみまもるかものみや
  50. なつはすゞみのでうばし ふゆゆきぎんかく さくらはるさがおむろ もみあきたかさん
  51. びはこきてとほしたる すゐこうなんぜん いはきてふねをやる しきしんられたり
  52. じんしやぶつかくさんすゐほかきやうぶつさんにしぢんおりのあやにしき ゆうぜんぞめはなもみぢ
  53. あふぎおしろいきやうとべに またかもがはさぎしらず みやげをげていざたん あとにごりはのこれども
  54. やまざきおりてよどがはを わたるむかふはをとこやま ぎやうかうありしせんていの かしこきあとぞしのばるゝ
  55. よどかはぶねさをさして くだりしたびはむかしにて またゝくひまにいまはゆく けむりたえせぬくがみち
  56. おくりむかふるほどもなく いばらきすひうちすぎて はやおほさかにつきにけり うめはわれをむかへたり
  57. ていこくだいくらゐして しやうこうさかゆるおほさか あぢかはぐちふねけむりはたゆるひまもなし
  58. こゝぞむかしなに こゝぞたかみやのあと せんえいいうひでよしの おもかげしろのこりたり
  59. とりかけらぬおほぞらに かすむぢゆうたふかげ ぶつぽふさいしよてらてんわうはあれかとよ
  60. おほさかでゝみぎひだり たねならざるはたもなし かんざきがはながれのみ あさにゆくぞうつくしき
  61. かんざきよりはりかへて ゆあみにのぼありやま いけたみにきゝし さけさんとほるなり
  62. かういまはつきにけり ていこくだいおほみなと あつまふねふなじるし ればかいはたづくし
  63. いそにはながめれわたる わだのみさきをひかへつゝ やまにはえずぬのびきたきひとものぼりゆく
  64. なゝたびうまれてきみを まもるといひしなんこうの いしぶみたかみなとがは ながれてよゝひと
  65. おもへばゆめかときのまに いつぴやくごじふはしりきて かうやどをおくも げにぶんめいのたまものぞ
  66. けなばさらりかへて さんやうだうすゝまゝし てんあすのぞみあり やなぎにかすむつきかげ(終)

この著作物は、1920年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。