鉄道唱歌/訂正鉄道唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


東海道󠄁

  1. てき一聲いつせい新橋しんばしを はやわがしやはなれたり たごやまりのこる つき旅󠄁たびともとして
  2. みぎ高輪たかなわ泉岳せんがく 十七じふしちはかどころ 雪󠄁ゆき消󠄁えても消󠄁のこ千載せんざいのちまでも
  3. まどより近󠄁ちか品川しながはだいえて波白なみしろうみのあなたにうすがすむ やまかづ房󠄁州ばうしう
  4. 大森おほもりかま川崎かはさきつるもいつかあとにして ひがし神奈かながはしやくてはそれよ八王はちわうママ
  5. 神奈かながは過󠄁ぎて平󠄁沼ひらぬまの あなたをれば百船󠄂もゝふね煙󠄁けむり空󠄁そらをこがすまで こゝ橫濱よこはまおほ港󠄁みなと
  6. よこ須賀すかゆきはのりかへと ばれておるゝ大船󠄂おほふなの つぎは鎌󠄁倉かまくらいざさらば げんせき尋󠄁たづ
  7. 八幡宮はちまんぐう石段いしだんてるひとおほ鴨脚樹いてふ 別當べつたう公󠄁げうのかくれしと れき史󠄁にあるはこの蔭󠄂かげ
  8. こゝにひらきし賴朝󠄁よりともばくのあとはいづかたぞ 松󠄁風まつかぜさむくれて こたへぬせき苔靑こけあを
  9. きた圓覺建󠄁ゑんがくけんちやう みなみ大佛星月だいぶつほしづき 七里濵しちりがはま江島えのしまくに電車でんしや便󠄁たよりよし
  10. しやより逗子づしをながめつゝ はやよこ須賀すかきにけり 軍港󠄁ぐんかう雄大いうだいを げに東海とうかいのしづめなり
  11. また本線ほんせんちかへり 藤󠄇澤茅崎平󠄁塚ふぢさはちがさきひらつか過󠄁ぎてだか大磯おほいそ海水浴かいすいよくのはじめの
  12. 國府津こふづおるれば電車でんしやあり 小田をだはらあたくもよし はこはち山道󠄁やまみちも あれくもあひだより
  13. でてはくゞる隧道󠄁トンネル前󠄁ぜん山北やまきた山驛やまえき いまもわすれぬ鐵橋てつけうしたゆくみづのおもしろさ
  14. はるかえし富士ふじは はやわがそばにきたりたり 雪󠄁ゆきかんむりくもおび いつもけだかき姿󠄁すがたにて
  15. こゝは殿てんなつならば われもざんをこゝろみん たかさは一萬いちまんせんじやく 十三州じふさんしうはたゞひと
  16. しまえきにはくわん幣󠄁ぺいしま神社じんしやみやあり 伊豆いづ鐵道󠄁てつだうりかへて ひととまらん修善しゆぜん
  17. ぬまうみきこえたる さと牛臥うしぶせ入道󠄁にふだう はる花󠄁はなさくもゝのころ なつはすゞしきうみのそば
  18. とり音󠄁おとにおどろきし 平󠄁へいはなしむかしにて いましやゆく富士ふじかはくだるは延󠄁のぶのかへりぶね
  19. にもだかおき鯛󠄁だひ かね音󠄁ひゞくきよでら みづにつゞくじりより ゆけばほどなき能山のうざん
  20. 三保みほ松󠄁原まつばら田子たごうら さかさにうつる富士ふじなみにながむる舟人ふなびとなつ冬󠄀ふゆとやおもふらん
  21. 駿州一すんしういちだいくわい 靜岡しづをかでて安倍あべかはを わたればこゝぞ宇津うつやまきりぬきしほら道󠄁みち
  22. さやよりけておのづから くさなぎはらひしつるぎいつ千代ちよゆるやいはらはこゝなれや
  23. はるさく花󠄁はな藤󠄇枝ふぢえだも すぎてしまおほがは むかしはひとかたにのせ わたりしはなしゆめのあと
  24. いつしかまたもやみとなる かいよる隧道󠄁トンネル小夜さよ中山なかやま泣石なきいし へどもらぬよその空󠄁そら
  25. 掛川かけがはふくろなかいづみ いつしかあとにはやなりて さかまききたてん龍󠄂りゆうかはなみ雪󠄁ゆきぞちる
  26. この水上みなかみにありと諏訪すはすゐ冬󠄀ふゆげしき 雪󠄁ゆきこほりのかけはしを わたるはかみ里人さとびと
  27. ことひくかぜ濱松󠄁はままつ菜󠄁たねてふ舞坂まひさかも うしろにはし愉󠄁くわいさを うたふかいそなみこゑ
  28. 煙󠄁けぶりみづよこたへて わたるはまはしうへ たもとすゞしくかぜなつのこらずなりにけり
  29. みぎ入海いりうみしづかにて そらには富士ふじ雪󠄁ゆきしろし ひだり遠󠄁州灘ゑんしうなだちかく やまなすなみくだけちる
  30. 豐橋とよはしおりてしやは これぞ豐川とよかはなりみち 東海道󠄁とうかいだうにてすぐれたる うみのながめはがまごほり
  31. よや德川家康とくがはいへやすの おこりし土地とち岡崎をかざきはぎはしのこれるは 藤󠄇吉郞とうきちらうのものがたり
  32. 大高おほたかおりてをけ狹間はざま ゆきてむかしのあととはん あつみやしをがむ その草薙くさなぎかんつるぎ
  33. つゞく名古屋なごや中京ちゆうきやうにうたはるゝだいくわい だかききんしやちほこいまなほ城󠄀しろひかりなり
  34. 伊勢路いせぢ旅󠄁たびはまたの木曾きそがはえて美濃みのしんのはなしまだ消󠄁えぬ 岐阜ぎふかひてゆかん
  35. 父󠄁ちゝやしなひし養󠄁老やうらう瀧󠄆たきいまなほ大垣おほがきさんへだてゝながれたり かうのほまれともろともに
  36. てんはた德川とくがはせしいくさの關原せきがはら くさむすかばねいまもなほ くかぶきやまおろし
  37. やまはうしろにりて 前󠄁まへきたるは琵琶びはうみ ほとりに沿󠄀へる米原まいばら北陸線ほくりくせん分󠄁ぶんてん
  38. ひこてる井伊ゐい城󠄀しろ くさにひさぐうばもち かはる名所󠄁めいしよ名物めいぶつ旅󠄁たびぜんのうさはらし
  39. いよ近󠄁ちかれくるは 近󠄁あふうみなみのいろ その八景はつけいながらに てゆく旅󠄁たびたのしさよ
  40. 勢田せた長橋ながはしひだり ゆけば石山いしやまくわん音󠄁おん 紫式むらさきしきふでのあと のこすはこゝよつき
  41. あは松󠄁まつにことへば こたへがほなるかぜこゑ 朝󠄁あさしやうぐん義仲よしなかの ほろびしふかはいづかたぞ
  42. 比良ひらたか雪󠄁ゆきならで 花󠄁はななすくもにかくれたり ばせにいそぐふねえてにぎはふなみうへ
  43. かたにおつるかりがねの たえまにひゞく三井みゐかね ゆふぐれ寒󠄁さむ唐󠄁崎からさき松󠄁まつにやあめのかゝるらん
  44. むかしながらのやまざくら にほふところや志賀しがさと みやこのあとはらねども 逢坂山あふさかやまはそのまゝに
  45. 大石おほいしよし山科やましなの その隱家かくれがはあともなし あかとりかみさびて つはふしなりやま
  46. とうたふひだりにて とまれば七條しちでうステーシヨン 京都きやうと々々びたつる 車掌しやしやうのこゑもなつかしや
  47. こゝは桓武くわんむかどより 千有せんいうねんみやこ いまくもそらたかく あふぐせいりやう宸殿しいでん
  48. ひがしてるひがしやま 西にし聳󠄃そびゆるあらしやま かれとこれとのふもとゆく みづ加茂かもがはかつらがは
  49. 園淸水をんきよみづ恩院おんゐん よし黑谷眞如堂くろだにしんによだう ながれもきよ水上みなかみきみまもるかものみや
  50. なつはすゞみの條橋でうばし 冬󠄀ふゆ雪󠄁ゆき銀閣ぎんかく さくらはる嵯峨御さがおむろ もみあきたかさん
  51. 琵琶湖びはこきて通󠄁とほしたる すゐこう南禪なんぜん いはきてふねをやる 識󠄂しき進󠄁しんられたり
  52. 神社佛閣山水じんしやぶつかくさんすゐほかきやう物產ぶつさん西陣織󠄂にしぢんおりのあやにしき 友禪染ゆうぜんぞめ花󠄁はなもみぢ
  53. 扇󠄁あふぎおしろい京都きやうとべに また加茂かもがはさぎしらず みやげをげていざたん あとにごりはのこれども
  54. 山崎やまざきおりて淀川よどがはを わたるむかふはをとこやま 行幸ぎやうかうありし先帝󠄁せんていの かしこきあとぞ忍󠄁しのばるゝ
  55. よど川舟かはぶねさをさして くだりし旅󠄁たびはむかしにて またゝくひまにいまはゆく 煙󠄁けむりたえせぬくが道󠄁みち
  56. おくり迎󠄁むかふるほどもなく 茨木いばらきすひうちすぎて はや大阪おほさかにつきにけり うめはわれをむかへたり
  57. 帝󠄁國第ていこくだいくらゐして 商󠄁工しやうこうさかゆる大阪おほさか 安治あぢ川口かはぐちふね煙󠄁けむりはたゆるひまもなし
  58. こゝぞむかしなに こゝぞたかみやのあと せん英雄秀吉えいいうひでよしの おもかげ城󠄀しろのこりたり
  59. とり翔󠄁かけらぬ大空󠄁おほぞらに かすむぢゆうたふかげ 佛法最初ぶつぽふさいしよてら天王てんわうはあれかとよ
  60. 大阪おほさかでゝみぎひだり 菜󠄁たねならざるはたもなし 神崎川かんざきがはながれのみ あさにゆくぞうつくしき
  61. 神崎かんざきよりはりかへて ゆあみにのぼありやま いけ丹󠄁たみにきゝし さけさん通󠄁とほるなり
  62. かういまはつきにけり 帝󠄁國第ていこくだいおほ港󠄁みなと あつま船󠄂ふね船󠄂ふなじるし ればかいはたづくし
  63. いそにはながめれわたる 和田わだのみさきをひかへつゝ やまにはえず布引ぬのびき瀧󠄆たきひとものぼりゆく
  64. 七度なゝたびうまれてきみを まもるといひし楠公󠄁なんこうの いしぶみたかみなとがは ながれて世々よゝひと
  65. おもへばゆめかときのまに 一百いつぴやくじふはしりきて かう宿やどをおくも げに文󠄁明ぶんめいのたまものぞ
  66. けなば更󠄁さらりかへて 山陽道󠄁さんやうだう進󠄁すゝまゝし てん明日あす望󠄆のぞみあり やなぎにかすむつきかげ(終󠄁)

JIS X 0208版[編集]

  • くの字点は/\を代用した。

東海道

  1. てき一聲いつせい新橋しんばしを はやわがしやはなれたり たごやまりのこる つきたびともとして
  2. みぎ高輪たかなわ泉岳せんがく 十七じふしちはかどころ ゆきえてものこ千載せんざいのちまでも
  3. まどよりちか品川しながはだいえて波白なみしろうみのあなたにうすがすむ やまかづ房州ばうしう
  4. 大森おほもりかま川崎かはさきつるもいつかあとにして ひがし神奈かながはしやくてはそれよ八王はちわうママ
  5. 神奈かながはぎて平沼ひらぬまの あなたをれば百船もゝふねけむりそらをこがすまで こゝ横濱よこはまおほみなと
  6. よこ須賀すかゆきはのりかへと ばれておるゝ大船おほふなの つぎは鎌倉かまくらいざさらば げんせきたづ
  7. 八幡宮はちまんぐう石段いしだんてるひとおほ鴨脚樹いてふ 別當べつたうげうのかくれしと れきにあるはこのかげ
  8. こゝにひらきし頼朝よりともばくのあとはいづかたぞ 松風まつかぜさむくれて こたへぬせき苔青こけあを
  9. きた圓覺建ゑんがくけんちやう みなみ大佛星月だいぶつほしづき 七里濱しちりがはま江島えのしまくに電車でんしや便たよりよし
  10. しやより逗子づしをながめつゝ はやよこ須賀すかきにけり 軍港ぐんかう雄大いうだいを げに東海とうかいのしづめなり
  11. また本線ほんせんちかへり 藤澤茅崎平塚ふぢさはちがさきひらつかぎてだか大磯おほいそ海水浴かいすいよくのはじめの
  12. 國府津こふづおるれば電車でんしやあり 小田をだはらあたくもよし はこはち山道やまみちも あれくもあひだより
  13. でてはくゞる隧道トンネルぜん山北やまきた山驛やまえき いまもわすれぬ鐵橋てつけうしたゆくみづのおもしろさ
  14. はるかえし富士ふじは はやわがそばにきたりたり ゆきかんむりくもおび いつもけだかき姿すがたにて
  15. こゝは殿てんなつならば われもざんをこゝろみん たかさは一萬いちまんせんじやく 十三州じふさんしうはたゞひと
  16. しまえきにはくわんぺいしま神社じんしやみやあり 伊豆いづ鐵道てつだうりかへて ひととまらん修善しゆぜん
  17. ぬまうみきこえたる さと牛臥うしぶせ入道にふだう はるはなさくもゝのころ なつはすゞしきうみのそば
  18. とりおとにおどろきし へいはなしむかしにて いましやゆく富士ふじかはくだるはのぶのかへりぶね
  19. にもだかおきだひ かねひゞくきよでら みづにつゞくじりより ゆけばほどなき能山のうざん
  20. 三保みほ松原まつばら田子たごうら さかさにうつる富士ふじなみにながむる舟人ふなびとなつふゆとやおもふらん
  21. 駿州一すんしういちだいくわい 靜岡しづをかでて安倍あべかはを わたればこゝぞ宇津うつやまきりぬきしほらみち
  22. さやよりけておのづから くさなぎはらひしつるぎいつ千代ちよゆるやいはらはこゝなれや
  23. はるさくはな藤枝ふぢえだも すぎてしまおほがは むかしはひとかたにのせ わたりしはなしゆめのあと
  24. いつしかまたもやみとなる かいよる隧道トンネル小夜さよ中山なかやま泣石なきいし へどもらぬよそのそら
  25. 掛川かけがはふくろなかいづみ いつしかあとにはやなりて さかまききたてんりゆうかはなみゆきぞちる
  26. この水上みなかみにありと諏訪すはすゐふゆげしき ゆきこほりのかけはしを わたるはかみ里人さとびと
  27. ことひくかぜ濱松はままつたねてふ舞坂まひさかも うしろにはしくわいさを うたふかいそなみこゑ
  28. けぶりみづよこたへて わたるはまはしうへ たもとすゞしくかぜなつのこらずなりにけり
  29. みぎ入海いりうみしづかにて そらには富士ふじゆきしろし ひだり遠州灘ゑんしうなだちかく やまなすなみくだけちる
  30. 豐橋とよはしおりてしやは これぞ豐川とよかはなりみち 東海道とうかいだうにてすぐれたる うみのながめはがまごほり
  31. よや徳川家康とくがはいへやすの おこりし土地とち岡崎をかざきはぎはしのこれるは 藤吉郎とうきちらうのものがたり
  32. 大高おほたかおりてをけ狹間はざま ゆきてむかしのあととはん あつみやしをがむ その草薙くさなぎかんつるぎ
  33. つゞく名古屋なごや中京ちゆうきやうにうたはるゝだいくわい だかききんしやちほこいまなほしろひかりなり
  34. 伊勢路いせぢたびはまたの木曾きそがはえて美濃みのしんのはなしまだえぬ 岐阜ぎふかひてゆかん
  35. ちゝやしなひし養老やうらうたきいまなほ大垣おほがきさんへだてゝながれたり かうのほまれともろともに
  36. てんはた徳川とくがはせしいくさの關原せきがはら くさむすかばねいまもなほ くかぶきやまおろし
  37. やまはうしろにりて まへきたるは琵琶びはうみ ほとりに沿へる米原まいばら北陸線ほくりくせんぶんてん
  38. ひこてる井伊ゐいしろ くさにひさぐうばもち かはる名所めいしよ名物めいぶつたびぜんのうさはらし
  39. いよ/\ちかれくるは あふうみなみのいろ その八景はつけいながらに てゆくたびたのしさよ
  40. 勢田せた長橋ながはしひだり ゆけば石山いしやまくわんおん 紫式むらさきしきふでのあと のこすはこゝよつき
  41. あはまつにことへば こたへがほなるかぜこゑ あさしやうぐん義仲よしなかの ほろびしふかはいづかたぞ
  42. 比良ひらたかゆきならで はななすくもにかくれたり ばせにいそぐふねえてにぎはふなみうへ
  43. かたにおつるかりがねの たえまにひゞく三井みゐかね ゆふぐれさむ唐崎からさきまつにやあめのかゝるらん
  44. むかしながらのやまざくら にほふところや志賀しがさと みやこのあとはらねども 逢坂山あふさかやまはそのまゝに
  45. 大石おほいしよし山科やましなの その隱家かくれがはあともなし あかとりかみさびて つはふしなりやま
  46. とうたふひだりにて とまれば七條しちでうステーシヨン 京都きやうと々々/\びたつる 車掌しやしやうのこゑもなつかしや
  47. こゝは桓武くわんむかどより 千有せんいうねんみやこ いまくもそらたかく あふぐせいりやう宸殿しいでん
  48. ひがしてるひがしやま 西にしそびゆるあらしやま かれとこれとのふもとゆく みづ加茂かもがはかつらがは
  49. 園清水をんきよみづ恩院おんゐん よし黒谷眞如堂くろだにしんによだう ながれもきよ水上みなかみきみまもるかものみや
  50. なつはすゞみの條橋でうばし ふゆゆき銀閣ぎんかく さくらはる嵯峨御さがおむろ もみあきたかさん
  51. 琵琶湖びはこきてとほしたる すゐこう南禪なんぜん いはきてふねをやる しきしんられたり
  52. 神社佛閣山水じんしやぶつかくさんすゐほかきやう物産ぶつさん西陣織にしぢんおりのあやにしき 友禪染ゆうぜんぞめはなもみぢ
  53. あふぎおしろい京都きやうとべに また加茂かもがはさぎしらず みやげをげていざたん あとにごりはのこれども
  54. 山崎やまざきおりて淀川よどがはを わたるむかふはをとこやま 行幸ぎやうかうありし先帝せんていの かしこきあとぞしのばるゝ
  55. よど川舟かはぶねさをさして くだりしたびはむかしにて またゝくひまにいまはゆく けむりたえせぬくがみち
  56. おくりむかふるほどもなく 茨木いばらきすひうちすぎて はや大阪おほさかにつきにけり うめはわれをむかへたり
  57. 帝國第ていこくだいくらゐして 商工しやうこうさかゆる大阪おほさか 安治あぢ川口かはぐちふねけむりはたゆるひまもなし
  58. こゝぞむかしなに こゝぞたかみやのあと せん英雄秀吉えいいうひでよしの おもかげしろのこりたり
  59. とりかけらぬ大空おほぞらに かすむぢゆうたふかげ 佛法最初ぶつぽふさいしよてら天王てんわうはあれかとよ
  60. 大阪おほさかでゝみぎひだり たねならざるはたもなし 神崎川かんざきがはながれのみ あさにゆくぞうつくしき
  61. 神崎かんざきよりはりかへて ゆあみにのぼありやま いけたみにきゝし さけさんとほるなり
  62. かういまはつきにけり 帝國第ていこくだいおほみなと あつまふねふなじるし ればかいはたづくし
  63. いそにはながめれわたる 和田わだのみさきをひかへつゝ やまにはえず布引ぬのびきたきひとものぼりゆく
  64. 七度なゝたびうまれてきみを まもるといひし楠公なんこうの いしぶみたかみなとがは ながれて世々よゝひと
  65. おもへばゆめかときのまに 一百五いつぴやくごじふはしりきて かう宿やどをおくも げに文明ぶんめいのたまものぞ
  66. けなばさらりかへて 山陽道さんやうだうすゝまゝし てん明日あすのぞみあり やなぎにかすむつきかげ(終)

この著作物は、1920年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。