鉄道唱歌/地理教育 鉄道唱歌 (房総鉄道)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
房總鐵道
ふゑあひきししや本所ほんじよきんぼり はなれてひがしにむかふなり まどにかうべをいだはるかにやる龜戸かめ ゐ ど森蔭もりかげさしてのぼかまどけぶりにぎはふは みやこにちかきしるしなり、
おいてもかをる臥龍梅ぐわりうばい みづうつれるふぢはな たかたいばし 春夏はるなつかけてみやこびと つどふ名所めいしよはかしこぞと いふもあらずつき/″\に ひらいはきて まづ市川いちかはにいたるなり、
みなみれて川傳かはつたひ 二くだれば海人あましほけぶりにぎやうとくにぎはふさまぞ愛度めでたきや、きたのぞむは府臺ふのだい 斷崖だんがいぎは壁立へきりつ天然堅てんねんけん城廓じやうくわくだうくわん陣所ぢんしよかまへし
ひだりちか中山なかやまぢゆうたうにそれなりと 祖師そしだうかげえて たいおときこゆなり、幡不はたしらもりたけはやしとほからず ひろ野吹のふあさ東風こちに かどでのゆうまさるなり、
船橋驛ふなばしえきひがしきた やまたけなら志野しのはら陸軍練兵りくぐんれんぺいじやう 津田つだ沼幕張稻ぬままくはりいなえき 松風清まつかぜきよなつ海水浴かいすゐよくもおもしろし 千葉ちば千葉氏ちばしきうにて 今縣いまけんちやうのあるところ、
はる/″\ぬる旅人たびびとそでふきはらふそでうら けしごろもまつむかししのばれて つきこゑあるあきよひ うたよむひとをなかすらん、房總線ばうそうせん乘替のりかへばれてうつ寒川さむがは
おもひうらけぶ君待橋きみまつはしむと かこちしことあはれにて 實方さねかたそんぞおもはるゝ、蘇我そが野田のだ土氣どき驛々えき/\ゆれば大網本國おほあみほんこく ひだりれて東金とうがね一角いつかくぐわんたかし、
本納ほんなふばらあとにして 岩沼いはぬませば濱近はまちかく 一の宮川みやがはわたいちみやにはつゞくなり、玉前神社たまさきじんじやぬかづきつ 大東崎だいとうさきでて 海夫あまあみひく状况ありさまるもまたよきながめなり、
すみ原束はらつかしてむかふるちやう者町じやまち 大原驛おほはらえきよりその先方さきは まだ鐵道てつだう便べんあらず、西にしくもそびゆるは 房總ばうそう一の鹿野山のうざん 九十九たに十州じつしうを 一にのぞむしき
ふねにぎはさらふつをきひやう かぞくせば此方こなたには のこぎりやまのいかめしさ やまひゞけるほんかねすいゆめさめて さら彼方あなたわたせば いはにつゞくかちみなと
うしろまも富山とみさん八犬傳はつけんでんたかし、たいみさきさきみぎひだりひかえたる かゞみうら靜波しづなみ浴塵ぞくじんママあら諸人もろびと北條町ほうでうまち館山たてやまたびゆめむすぶらん、
東金驛とうがねえきもどなるまちあひわづかたどればこれぞこれ てうにつゞくそうせん動院どうゐんとてたかぎやう基菩きぼさつつゑのあと まつくさむしろ 横芝よこしば西にしきた
芝山村しばやまむらくわんおん 巨勢こぜ金岡かなをかふであと 三尊佛さんそんぶつ寶物ほうもつわうともいちゞるし、栗山川くりやまがはわたやういちぎて 八萬石まんごくがたしげるは甘藷落花生かんしよらくくわせい
さくらにほあさまち 紅葉もみぢめでたきあきはなほ とひひともかず/\に いとにぎほふる飯岡いひをか飯岡いひをかみさき大東だいとうさきとの海岸かいがん十六ちやう支那しなせいに ならひてぶか九十九
ほし魚油ぎよゆうしぼりかす 幾萬圓いくまんゑん産額さんがくくにませる海人あまの たのしさいかにとおもふなり、さる先方さき松岸まつぎしちかくたゝずむ燈臺とうだい犬吠岬いぬぼふさき遠近をちこちてらすややみなみうへ
もなくくやてうこう 坂東ばんどうらう落口おちくちはやしてるばしら東國とうごく一とられたり、しやをばこゝに見捨みすてつゝ しやうゆう縮布ぢゞみ名産めいさんもとめてうつかはじやう 利根とねながれをさかのぼり
けば常陸ひたち霞浦かすみうら あや蒲咲めさくてふいたまち こひだかき十六の しま/″\みぎながめつゝ くは何處いづこさけさかんにつく對岸たいがん原驛はらえきなりかへを いそがばしやにのるべきか、
ちかみなみ經津ふつぬしみことまつるところなる とりやしろおがたび無事ぶじをばいのるなり、こほり滑川なめかはなめらかに めぐるくるまにまかしつゝ 師賢もろかたそんのあとゝ小御こみ門神社かどじんじや遙拜えうはい
ぐればあづまにたかく いよゝさかりになりなる しんしやうにぞまうでんと 人多ひとおほなりえき石階登せきかいのぼれば王門わうもん もんにかけたるなりさんがくむかしやう人道恕にんだうじよふでとかや、
なほ石階せきかいのぼりつゝ ゆうける奉納ほうなふ石燈籠いしどうろういしぶみかずおどろきいよゝなほ のぼむれば動尊どうそん あんしまつる本堂ほんだうぜんつくせる結構けつかういく百千の燈光ともしび
あたりまばゆくかゞやきて ひとまなこごとし、だう右手めてには三ぢゆうたうしやうろうそばだてり、それよりおくにれば こけみちなめらかに おくゐんなるくわう明堂めうだう 松杉まつすぎくらきうちにたち
護摩ごまけぶりはたえなく 鈴鐸りんひゞきは鏘々そう/\と しづかにきこえとこしへに うきちりをよそにせり、にやだうはそのはじめ はふ滿まんなげきしが 請殆せいほどんとママ一百の 數重かずかさねしさに
けんむとたるゆめ めてののちいままでと かはりて識道徳しきだうとくめいしとつたへたり、みん名譽ほまれかくれなき そう神社じんじやまをでんも こゝよりわづか一はん いん幡湖ばこはんこうむら
とうしやうないおくゐん 手向たむくるかうつねえず、しゆ々井すゐぎて倉町くらまち らつこゑもいさぎよく 將門山まさかどやまじやうつきすごく夏寒なつさむし、てうつゞなるまで くはちまた向驛むかえき
はやたび房總ばうそうひつめぐりつおはりたり 街道かいだうけば もとみち千葉ちばえき

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。