鉄道唱歌/北陸篇

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

北陸地方

  1. 車輪しやりんのひびきふえこゑ みかへるあとえてうへもり朝月あさづき ばたつゆもまださむし
  2. あぐるきし諏訪すはだい それにつゞきてあきだうくわんやまむしのねを こゝまでかぜおくるらん
  3. 見よママわうせいじやう はやまどちかくきたりたり すきだすかみとしにます こくとみもいくばくぞ
  4. はるはさくらの飛鳥あすかやま あき紅葉もみぢたきがは 運動うんどうくわいはたたてゝ かけるせいのいさましさ
  5. まもなくきたる赤羽あかばね品川しながはゆきの乘替のりかへ じろぐろどうへも よれやついでみちなれば
  6. わらびすぐればうらにて その公園こうゑん調つきみや 埼玉縣さいたまけんけんちようも このにこそはかれたれ
  7. 大宮おほみやおりてはつちやう ゆけばかは公園こうゑん そのほたるたかみやさしいちみや
  8. あげ桶川鴻をけがはかうちかよしひやくあな代穴居だいけつきよひとのあと るもまなびのひとつなり
  9. 吹上ふきあげすぎてながめやる 熊谷くまがや土手どてはなざかり 郎直實生らうなほざねうまれたる むらいまにつたへたり
  10. ふかほんじやうしんはら ひだりくものあひだより みゆるちゝのふもとなる 大宮おほみやまではしやもあり
  11. はや新町しんまちくら賀野がのも またゝくひまにきすぎて いまじやう州高崎しうたかさき繁華はんくわまちにつきにける
  12. まち東北前橋とうほくまへばししやにてゆけばじふふん ぐんけんちやう所在しよざい 上野一かうづけいちだいくわい
  13. わかもみによしときく 伊香保いかほ温泉榛おんせんはるさん 高崎たかさきよりはほどちかし しよにもひとのゆくところ
  14. みわたすかぎり青々あを/\わかなみうつくはばたけ やまのおくまで養蠶やうさんの ひらけしさまのいそがしさ
  15. せんわかれて前橋まへばしの かたにすゝめば織物おりものせいのわざにたかきり足利あしかゞとほからず
  16. 高崎たかさきいでゝ安中あんなかの つぎはいそ温泉おんせん うしろをゆくは碓氷うすひがは まへにてるはめうさん
  17. ほこつるぎのこぎり獅子しゝまう荒鷲あらわしくうてるいはのさま 石門せきもんたかくくもをつく
  18. あとにかへるまつ井田ゐだまつのみどりもかげきえて はや横川よこかはにつきにけり おりよ人々水ひと/″\みづのみに
  19. これよりおとにきゝゐたる 碓氷うすひたうげのアブトしき ぐるまつけておりのぼる かけほかにたぐひなし
  20. くゞるトン子ルママ十六じふろく ともしうすくひるくらし いづればてんうちはれて かほふくかぜこゝよさ
  21. なつのあつさもわすれゆく たびのたもとのかるざは はやしな濃路のぢのしるしとて ゆるあさゆふけむり
  22. くだるみちには追分おひわけはらとよばるゝひろあり きやうかるかや女郎花をみなめし あきたびはおもしろや
  23. 御代田小みよだこもろとすぎゆけば ひだりきた曲川くまがは 立科山たてしなやまをながれすゑゑちうみ
  24. 諏訪すはすゐをみるひとおほをおりて和田わだたうげ こゆれば五里ごりみちぞかし やまにはうま籠もあり
  25. うへをあとにはしりゆく しやさかはやつきぬ かはのあなたにながめやる やま姥捨月をばすてつきだう
  26. ごとつき風景ふうけいてゆかましをあきならば くもをいたゞくかむりやまはひだりにそびえたり
  27. しろしのゝうちすぎて わたるくま犀川さいかはあひだ土地とちをむかしより 川中島かはなかじまひとはよぶ
  28. こゝにりようのたゝかひを いどみし二人ふたり英雄えいゆうも おもへばいまゆめのあと むせぶはみづこゑばかり
  29. ながゆる大寺おほてらこれぞしなのゝぜんくわう むかしほん善光よしみつが ひろひしほとけなりとかや
  30. こゝにとゞまるひまあらば がくしやまにのぼりづなはらのほとゝぎす なのるはつもきゝがてら
  31. とよ牟禮むれかしはばら ゆけばぐち早越はやゑち のきまでゆきりつむと きゝしたかはこゝなれや
  32. ゆきにしるしの竿さをたてゝ みちをしへしもこのあたり ふゞきのなかにうめらるゝ なやみはいかにふゆたび
  33. みなとにぎはふなほ江津えつに つきてそむるうみのかほ やまのみなれしにはまた おきしらめづらしき
  34. かす新田犀潟しんでんさいかたを すぐればきた柿崎かきざきの しぶ/\ちや親鸞しんらんひと宿やどりしあと
  35. 鉢崎はちざきすぎて米山よねやまの くゞるトン子ルママなゝつ いづればひろきわたのはら 佐渡さどくにまでくまもなし
  36. みわたすそらあをかは おりてはしほもあみつべし せきのいづるかしはざき これよりうみとわかれゆく
  37. やす北條來迎きたでうらいかう 宮内みやうちすぎて長岡ながをかまちたゝる繁花はんくわ せいけむりそらにみつ
  38. しやまどより西北にしきたに ゆく/\のぞ彦山ひこやま みや國幣中社こくへいちうしやにて 參詣男女さんけいなんによ四時しゞたえず
  39. ひこにゆくは三條さんでうに おりよとひとはをしへたり わがなにいのらねど いのるはきみ御代みよのため
  40. 加茂かもには加茂かもみやありて とりいときよしろえきちかくには かなたきおとたかし
  41. 十一年じふいちねんゆき かたじけなくもくるまを とゞめたまひしまつかげは いまこのさとにさかえたり
  42. もみぢはにひあきやま さくらかめ通心つうしん わするな手荷てに物傘もつかさかばん はやこゝなるぞ沼垂ぬつたり
  43. おるればわたるしながは かゝれるはし萬代ばんだい名もママきみとときはにて ながさはひやく十間じつけん
  44. かはのかなたは新潟にひがた ふねゆくみづ便たよりよく わたせるはしをかぞふれば およそひやくもありとかや
  45. はる白山公園はくさんこうゑん ひとつににほふうめさくら なつすゞしき和山よりやま たひつるふねまへ
  46. せんけむりうみをそめ しやうのきをおほふ げにもかうひとつとて 數萬すうまんだいくわい
  47. 新潟港にひがたかうふなして かいしやうわづか十八じふはち 佐渡さどたかくわうざんてかへらんもえきあらん
  48. 佐渡さどには眞野まのやまふかく じゆん徳院とくゐんりようあり まつふくかぜにしみて たもとしぼらぬひともなし
  49. なみやすけくなほ江津えつに かへりてきけば越中ゑつちうふしにかよふせんあり いざりかへてかいせん
  50. やま越中繁華ゑつちうはんくわ こゝよりおこる鐵道てつだう加賀かが越前ゑちぜんをつらぬきて 東海道とうかいだうにであふなり
  51. くすりあるやま神通川じんつうがはひがしきし はるかにのぞ立山たてやまちよくりつせん百尺ひやくしやく
  52. しやう業繁華げふはんくわ高岡たかをかを すぎて福岡ふくをか石動いするぎつぎきたるは幡驛ばたえき なゝにゆかばりかへよ
  53. 加賀かゞ越中ゑつちうさかひなる 倶梨伽羅くりからやま義仲よしなかひやくうしをつけて へいせめたるせんじやう
  54. 幡七ばたなゝそのあひだ すぎゆくえきはつ九箇くかしよ おふかた青波あをなみに さをさすふねうらやまし
  55. なゝ能登のといつくわい 入海いりうみひろくふねおほし ちかきくら温泉おんせんまちきよらかにきやくたえず
  56. ばたにかへりりかへて ゆけば金澤かなざはステーシヨン ひやく萬石まんごくじやうとて さすがにぎはまちのさま
  57. 兼六けんろく公園こうゑん水戸みと岡山をかやま諸共もろともに かぞへられたる吾國わがくに三公園さんこうゑんその一つひつママ
  58. やなぎみどりに花赤はなあかく おちくるたき水白みづしろくもにそびゆる銅像どうざう西南役せいなんえきねん
  59. だい九師くしだんけんちやう皆此町みなこのまちにあつまりて うみほかまでひゞきたる その産物さんぶつ谷燒たにやき
  60. 松任まつたふかはうちすぎて わたるとり川上かはかみゆきとき白山はくさんくもまにたかくそびえたり
  61. まつきたにおとたかく ながるゝみづ宅川たかがは たかせきいづくぞと はばあらしやこたふらん
  62. りたくしばいぶりはし 武士ぶしびたるだいしやう こゝろほそ呂木ろぎすぎゆけば いろはのかなむかへたり
  63. くにみなとうみ日野ひのがはこえてふくえき こゝに織りおりママぶたしゆつたか千萬せんまん
  64. おほ土呂どろさばあとにして たけ鯖波さばなみはしりゆく しやいまこそ今庄いまじよに つきてひうちしろ
  65. うみのながめのたぐひなき 杉津す いづ をいでてトン子ルママ〕に ればあやしやいつのまに はくれはてゝやみなるぞ
  66. つるはげにもよきみなと おりててこんどころを 氣比けひ松原まつばら氣比けひうみ くわん幣大社ぺいたいしや氣比けひみや
  67. 勤王きんのうにたふしたる 耕雲齋かううんさいをとへば まつかげをゆびさして あれとどもはをしへたり
  68. ひきやながなかがう すぎゆくまどあふやまあふしづだけ 七本鎗しちほんやりたか
  69. 豐太閤ほうたいかふをとめし くつわもりもとざうともひとしやすゝみよてしばし
  70. 縮緬産ちりめんさん長濱ながはまに いでゝわたす琵琶びはうみ おほにかよふじようけむりふきたてひとをまつ
  71. えきこゑにおどろけば ねむりはさめて米原まいばらに つきたるしやすみやかさ みかへる吹雲ぶきくもふかし
  72. おもへばしやのできてより せまくなりたるくにうち いでしうへみちかへて いざやかへらん新橋しんばしに」
歌詞

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。