鉄道唱歌/奥州・磐城篇

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥州線―磐城線

  1. しやけむりてゝ いまうへでゝゆく ゆくへはいづみちのくあをもりまでもひととび
  2. わうきてあふぎみる もりはなあすかやま かはらけなげてあそびたる えどめいしよそのひと
  3. あかばねすぎてちわたる あらかはてつはし そのみずかみちゝより いでゝすみかはとなる
  4. うらうらけれども おほみやえきみやありて こうゑんひろくいけふかく なつのさかりもあつからず
  5. なかせんだううちわかれ ゆくやはすだはなざかり くきくりはしはしかけて わたるはこれぞとねかは
  6. すゑてううみばんどうらうたかし みよやしらたえなく のぼればくだるにぎはひ
  7. つぎきたるはこがまゝだ りやうひろげてわがしやばんざいどもあり おもへばけふにちよう
  8. やまをおりてみぎにゆく みとともせんには つむぎさんゆふあり さくらめいしよいはあり
  9. ひだりにゆかばまへばしたかさきいたるべし あしかゞきりふいせさきおときこえしやうさん
  10. きんいしとのがねいしばしすぎてあきつやすゞめみやつゞみ うつのみやにもつきにけり
  11. いざへんにつくわうせんこれよりわかれたり じふマイルはしりなば いちはんにてくといふ
  12. につくわうずはけつかうと いふなといひしことわざも おもひしらるゝみやさま はなもみぢきんらん
  13. とうせうぐうさうれいさんだいべうかうたいも みるまにひとひひぐらしの やうめいもんこれかとよ
  14. たきごんおとたかく ひやくらいたにさけうらきりふりとり/″\に くもよりおつるものすごさ
  15. またちかへるうつのみや いそげばはやにしなすの こゝよりゆけばしほばらおんせんわづかごりあまり
  16. あられたばしるしのはらと うたひしあとかり たゞすゝきをみなめし せつしやうせきはいづかたぞ
  17. ひがしなすのあをあらし ふくやくろいそくろはら こゝはいづくとしらかはしろゆふかげあか
  18. あきかぜくとえいじたる せきしよあとこのところ あひへいくわんぐんちししんせんじやう
  19. いはもるみづいづみざき やぶきすかゞはふゆて むすぶこほりこほりやま ちかすゐなはしろ
  20. こゝにおこりてゑちまで つゞくがんゑつせんあり こうはいまだなかばにて いまわかまつあひまで
  21. ひわだもとみやほんまつ だちはらくろづかにゆくひとしやせよと あんないにもしるしたり
  22. まつかわすぎてトン子ルママを いづればきたふくしままちけんちやうしよざい いたくらうぢきうじやう
  23. しのぶもじずりだす いしめいしよほどちかよねさはゆきのてつだうこのまちよりぞはかれたる
  24. ながをかおりていひざかたうにまはるひともあり こすがうこしてしろいしは はやりくぜんくに
  25. すゑひがしうみあぶくまがはまどちかく きぬしやうこゑあげて をどきたれるうれしさよ
  26. いはぬまえきのにぎはひは はるあきとのうまいち せんみちむちうちて すゝむはたれくにのため
  27. とうほくいちくわいとて そのしられしせんだい だてまさむねきづきたる しろだんかれたり
  28. あふくまがはうもれせんだいひらはかまみなこのとちさんぶつぞ みてゆけこゝもいちにち
  29. あたやまきゝあをひろかはみづしろさくらをかこうゑんはなわかつきゆき
  30. たがいしぶみほどちかき いはきりおりてりかふる しやしほがまちかうら いざふねよせよまつしま
    まつしまふなあそび
    1. こげや/\いざふな かゞみなせるうみうへ なみうかはつぴやくしまかげもおもしろや
    2. るがまゝにかはりゆく まつのすがたいはのさま まへてるしまははや あとにとほかすみたり
    3. ゆきのあしたつきよは あそぶひとはいかならん みれど/\はてもなき ふたじまゆふげしき
    4. だいだうみぎにして ずゐがんママもりちかき いそふねきにけり しばしといふほどもなく
  31. しやりてもまつしまはなしかしまししまだい こゞたかみみやちかく につぬまのけしきよし
  32. みづかはいしこして さきちるなみはないづみ いちせきよりりくちうと きけばなんきうりやう
  33. あべさだたふよしいへたゝかひありしころもがは こんじきだうひとは こゝにておりよひらいづみ
  34. すぎゆくえきなゝやまおもしろくひろきたかみがはみぎにして つくはいづくぞもりをか
  35. はぶたへおりとてつびんさんぶつられたり いはやまみねよりも なんうまたか
  36. かうかはぐちぬまない なかやまこづやいちと すぎゆくまゝにかはりゆく とちこともおもしろや
  37. しりうちこせばちむれて あそうまふるまきけふはじめてみちのくうみとはこれかあのふね
  38. のへぢわんひだりでてるみさきなつどまり とまらぬしやのすゝみよく はつかふさんむかへたり
  39. なぎさちかゆのしまつゝくゞれるトン子ルママさきないうらまちうらのけしきのれやかさ
  40. いさふえいそぐひと しやきけりあをもりに むかしはりくはつみち いまてつだういつちう
  41. がるせとなかにして はこだてママまではじふより ゆきかふふねけむりにも くにのさかえはられけり
  42. しやのりかへてひろさきに あそぶもたびたのしみよ みせにならぶはがるぬり そらてるはがるふじ
  43. かへりはせんみちかへて うみぎはづたひすゝまんと せんだいすぎてうまいちいはぬまよりぞわかれゆく
  44. みちいはをつらぬきて ひたにかゝるいはせん ながめはてなきうなばらあめりかまでやつゞくらん
  45. うみにしばらくわかれゆく をだみどりなかむらたうさんねてさうまちをひかへたり
  46. なかむらいでゝちわたる かはまのがはにつがは はらまちよりかうして めうけんまうでやこゝろみん
  47. なみなみうついねながつかすぎてゆたかなる さととみをかきどひろ ひろうなばらみつゝゆく
  48. しば/\くゞるトン子ルママてはながむるうらなみ いはにはやすかもめあり おきにはわたしらあり
  49. きみやちよひさはま こぬみうらなみちかく をさまるくにたひらまち ならびをかのけしきよし
  50. つゞらもとをあとにして ゆくやいづみえきそば しるべのふだもじみれば こなはままではみちいち
  51. みちもせにはなよりも かうばしきめし はちまんらううたのあと こそせきてゆかん
  52. せきもとおりでママひらかたみなとにやどるひともあり いはなかみちふみわけて いそうつなみきがてら
  53. あひてわかれてわかれては またあふうみいそまつ いそはらすぎてたかはぎるやたびたかまくら
  54. すけがはさしてしほあびに ゆけやしもまごまごえきこゑにおどろけば いつしかみときたりたり
  55. さんなかきんのうの そのなしられしみとはん わするなこうえらびたる だいほんのそのいさを
  56. ぶんみちひろめたる こうだうくわんあととへば のこるもとうめゆきしたよりにほふなり
  57. つれだつたびともより わかるゝみちやません いしをかよりはうたによむ づくたゐほどちかし
  58. もなくきたつちうらきしひたせるみづうみかすみうらひろせんふえおとたえず
  59. くもそらみゝふたてたるこまごとくにて みゆるかねだんたいによたいそびゆるつくやま
  60. みねにのぼればちづひとつ ひろげしごとえわたる ひたくにのこゝかしこ とねのながれのすえまでも
  61. まつをおりてこふだい ゆけばいちらぬみち まゝてこなあとといふ てらいりものこるなり
  62. しやりんのめぐりすみやかせんぢゆおほはしみぎたまきはしぎりなく ふたゝびもどるばたえき
  63. むかしはおにすみとて ひとのおそれしみちのくの はてまでゆきてときに かへることこそめでたけれ
  64. いはへひと/″\てつだうの ひらけしときへるうへやまもひゞくまで てつだうしやうこゑてゝ

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。