鉄道唱歌/歴史地理教育 鉄道唱歌 (東北鉄道)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
東北鐵道
  1. てきこゑもろともに やがてくるまはきしりうへやまめぐぎしさとはなるれば ばたえきむかへらる こゝよりみちふたすぢわかれてひだりすゝわうまちきにけり
  2. あすやまをばあとあかばねわらびうらなど いつしかぎておほみやこしいたくろがねみちわかれてこななる かはかみのましませる かきそとめぐりつゝ りよくはやめてせにける
  3. はすくきくりはしえきぐればにしとねはらかけわたくろがねばしをわたりつゝ ひだりればふじはるかくもそびゆきいたゞすがたこそ わがくにちんなれ
  4. つくやまみぎこがえきにぞきぬれば いくももとせこけせる さんにふだうよりまさかうべうづめるおくつちを とむらひつそのかみの ちゆういうれつごころそでしぼるもかなしけれ
  5. まゝたぎてほどもなく むかてるはやまなり みなみけばみときたすゝめばたかさきゆきもしげきとちなれば りつりつのまろうどおくれじとあらそひて うしほくがごとくなり
  6. たからがねひとさとはなれしやくしじあまつひつぎくらゐのぼりつらんとたくみしを わけあそんせいちゆうくわうこゝいやかたく かんそうだうきやうとらはれて たかてらぞかし
  7. またゝひまつのみや わかれてみちにしきたいたるはにつくわうてつだうぞ いざとばかりにのりへて かず/\ぐるステーシヨン おくられつゝもむかやま るもしんあうゆうだいにつくわうにこそきにけれ
  8. からくれなゐりなせる らんかんたかにじひかりまばゆきぼうしゆあをうちかゞやきて かけわたしたるだいがは これにししんけうあゆわたればおのづから てんにものぼこゝせり
  9. みぎひだりやま/\らうさんしやうをううつひるなほくらはえしげとほやまるかとぞ うたがはれつゝさかみちのぼくればひとすぢおほなほごとやしろまへつゞきけり
  10. みあぐばかりのおほとり まるはしらおほいさは たりかゝへてなほらず くゞとほりておもてもん あかうるしかざごくざいしきほどこして ひだりみぎからしゝぎやうたゞしてまも
  11. くにりやうしゆをさめける とうかずはいとをほく いづれおとらぬたくみにて かねいしもてつくりなし ならならびてかぎりなし なほとつくにびとおくられし ものしなほりものかぞつくせばれぬ
  12. むかしだたるたくみたくみつくせるわざくらべ がねしろかねちりばめて あしうつるもおぼえずに あふせしむけんちくぐらしもんとなんびて これにつくわうだいいちやうめいもんとぞきこえける
  13. とうせうぐうちんせる しやでんあふながむれば きりはうわうしゝあそべるたんばな とらうそぶりようかざつくしてのこすなし そのうるはしさかぎりなく こののものとおもはれず
  14. ならみやこへいあんおごりきはめしみやてらかず/\おほそのなかとゞろわたるものあれど やまいきほひゆうだいに しかもくわなるとのつくごきはちだうはちじつしう くはだおよぶものぞなき
  15. みやひだりにたどりつゝ のぼりつりつきぬれば あめかぜとにさらされて きぢもあらはのかぶきもん ねむれるねこそのすがた りしたくみぞや これたくみたかひだりじんさくとかや
  16. いしのきざはしひやくだん あふげばおいえだまじとんねるせるそのなかのぼればひるなほくらく みどりしたゝしたかげ にはかしきかはかみくわういやまさり われわすれてぬかづきぬ
  17. いしたまがきめぐらして そのちゆうわうからかねだいはうたふてられし げんえんえいゆうほねちてもちず いさをせんつたはりて そのたましひこのうちながねむりてとゞまりぬ
  18. こゝもみたかあきにしきせば うらたききりふりたきくだけてほとばしみづゆるかくれなゐじやうとばしてやま/\しきくものたなびきて はらわたあらふおもひあり
  19. よろづいかづちがう/\みゝつんざやまふるこれなんごんたきなるぞ たゞちくだる七十ぢやう なかばきりおほはれて なかばくもにつゝまれて むらがべるいはつばめ くろほしかとうたがはる
  20. ちゆうぜんみづうみくろかみやまそのほかやまめぐりていやたかみづひかりやまいろ みどりらしかゞみなす おもてうつやまかげ ふねけばいたゞきのぼおもひぞなしにける
  21. このみづうみはむかしより みづひやゝかにいときようをむしとはまざりし されどもかゝことはりの あるべきことにあらぬとて うをたまごはなちしに とし/″\ふえるめでたさは ひらくわうなり
  22. ぎよれんこゝにまげられて そのけいしよくをみそなはし ちかさぶらつかさおほみことをばくだされて さちたまはりて のちまでもかんばしき すめらみことめぐみこそ たふとくもかしこけれ
  23. につくわうよりはもとのみち ふたゝきたのつみやママふるながくぼやいたなど すてーしよんをばあとになし にしなすのにぞきにける これよりにしきた六七 のぢをたどればしほばらいでにこそはかれける
  24. つぎきたれるくろいそなすのはらたゞなかに やゝにぎはしきちまたなり せつしやうせきふるあとなすしちたうさぐらんは こゝよりみちとほからじ いとまもあらば一にちひまつひやあそぶべし
  25. ひだりゆるはあさひだけ みぎたかきはみぞやま かはわたりてたにやまおくりてまたむかくろはらをもうちぎて とよはらえきをもあといはくにりぬれば はやしらかはきにけり
  26. めいのはじめくわんぐんみちわかちてすゝあひしろめなんと そのいきほひすさまじく こゝまでおしきたりしが やがてたゝかひはじまりて にしきはたあさかぜひるがへりたるあとなりき
  27. ほんまつをもいつしかに ぎてふくしまステーシヨン あきいへけうふるあともじずりいしこゝそのきよしらいしおほはらをもあとにして あういちだいくわい せんだいにこそきにけれ
  28. またゝひまいはぎれしほがまゆきのりへて いざやにつぽんさんけいなかにもいちとうたはるゝ まつしましてせゆけば おいまつまついたゞきて いづれのしまちよやちよ めでたかりけることなりき
  29. もとみちにもどりのだたまがはあとたがしろあとたがママいちせきなるころもがは たてふるあといづこぞと へどこたへもまつかぜゆめをたどりみづさはむつくににぞりにけり
  30. くろさはじりあとはなまきづめゆめのまに とほすごしてもりをかは むかしがうぞくあべうぢさくつくりしくりやがは なれまつたかしりないえきせんあり みなとくはじつぷん
  31. やまめぐりてむかおくられてかはながめあきつゝれば しきかはれるうなばらむついりうみいりみて なみしづけきのべぢわん ふねいりふねげて はしれるさまこゝよさ
  32. うへでていつちう 四百六十まいるちやうもこゝにきたうみこういつなるはこだてゆきもしげきあをもりみなときてながむれば ひやくくわやませる さまるこそくわいなれ

この著作物は、1923年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。