月の夜

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 村雲むらくもすこし有るもよし、無きもよし、みがき立てたるやうの月のかげに尺八のの聞えたる、上手ならばいとをかしかるべし、三味さみも同じこと、こと西片町にしかたまちあたりの垣根ごしに聞たるが、いと良き月に弾く人のかげも見まほしく、ものがたりめきてゆかしかりし、親しき友に別れたる頃の月いとなぐさめがたうも有るかな、千里ちさとのほかまでと思ひやるに添ひても行かれぬものなれば唯うらやましうて、これをかりに鏡となしたらば人のかげもうつるべしやなど果敢はかなき事さへ思ひ出でらる。さゝやかなる庭の池水いけみづにゆられて見ゆるかげ物いふやうにて、手すりめきたるところに寄りて久しう見入るれば、はじめは浮きたるやうなりしも次第に底ふかく、此池このいけの深さいくばくともはかられぬ心地こゝちなりて、月はそのそこのそこのいと深くに住むらん物のやうに思はれぬ、久しうありてあふぎ見るに空なる月と水のかげといづれをまことのかたちとも思はれず、物ぐるほしけれど箱庭はこにはに作りたるいしひとつ水のおもにそと取落とりおとせば、さゞ波すこし分れて是れにぞ月のかげたゞよひぬ、くはかなき事して見せつれば甥なる子の小さきが真似て、姉さまのする事我れもすとてすゞりの石いつのほどにでつらん、れもお月さま〈[#「お月さま」は底本では「おさま」]〉くだくのなりとてはたとてつ、それはき兄の物なりしをつたへていと大事と思ひたりしに果敢はかなき事にてうしなひつるつみがましき事とおもふ、此池このいけかへさせてなど言へどもださながらにてなん、あけぬれば月は空にかへりて名残なごりもとゞめぬを、すずりはいかさまになりぬらん、な/\影やまちとるらんとあはれなり。嬉しきは月の夜の客人まらうど、つねは疎々うと/\しくなどある人の心安こゝろやすげによりたる、男にてもうれしきを、ましてをんなともにさる人あらば如何いかばかり嬉しからん、みづからいづるにかたからばふみにてもおこせかし、歌よみがましきは憎きものなれどかゝる一言ひとことには身にしみて思ふ友ともなりぬべし。大路おほぢゆく辻占つぢうらうりのこゑ、汽車のふえの遠くひゞきたるも、なにとはなしにたましひあくがるゝ心地こゝちす。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。