うらむらさき

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


[編集]

 夕暮ゆふぐれ店先みせさき郵便脚夫いうびんきやくふ投込なげこんできし女文字をんなもじ書状ふみ一通いつゝう炬燵こたつ洋燈らんぷのかげにんで、くる/\とおびあひだ卷收まきをさむれば起居たちゐこゝろくばられてものあんじなること一通ひととほりならず、おのづといろえて、結構人けつこうじん旦那だんなどの、うぞしたかとおひのかゝるに、いえ、格別かくべつことでも御座ござりますまいけれど、仲町なかまちあねなにやら心配しんぱいことるほどに、此方こちからけばいのなれど、やかましやの良人をつとひまといふては毛筋けすぢほどもけさせてれぬ五月蠅うるささ、夜分やぶんなりとかへりは此方こちからおくらせうほどにお良人うちねがふて鳥渡ちよつとれられまいか、つてる、と文面ふみ御座ござります、またまゝむすめ紛紜もめでもおこりましたのか、せまひとなれば何事なにごとくちには得言えいはで、たんとむねいたくするがひと性分しやうぶんこまりもので御座ござります、とてわざとの高笑たかわらひをしてかせれば、はてさてどくなとふとまゆせて、おまへにすればたつた一人ひとり同胞きやうだい善惡よしあしともにけてかねばならぬやくわらごとにしてはかれまい、何事なにごと相談さうだんつて樣子やうすたらばからう、をんなせまいもの、つとつては一時いつとき十年じふねんのやうにおもはれるであらうを、おまへおこたりをわしせゐられてうらまれてもとくかぬことよる格別かくべつようし、はやつていてるがよからう、と可愛かはゆつまあねことなれば、やさしきゆるしのねがはずしてるに、飛立とびたつほどうれしいを此方こなたわざいろにもせす、ではきませうかと不勝々々ふしよう/″\箪笥たんすかくれば、不實ふじつことはずとはやつて先方さきれほどつてるかれはせぬぞ、とらぬことなれば佛性ほとけしやう旦那だんなどのつるに、こゝろおにやおのづとおもぼてりして、むねには動悸どうきなみたかゝり。

 糸織いとおり小袖こそでかさねて、縮緬ちりめん羽織はおりにお高祖頭巾こそづきんせいたかひとなれば夜風よかぜいと角袖外套かくそでぐわいとうのうつりく、ではつてますると店口みせぐち駒下駄こまげたなほさせながら、太吉たきち太吉たきち小僧こぞうひとさしゆびさきいて、おふねこぐ眞似まねせいみせしなをばちよろまかされぬやうにしておれ、わたしかへりがおそいやうならかまはずとをばおろして、行火あんくわあたるならいつでもとこなかれていてはらないぞえ、さんは臺所だいどころのもとをこゝろづけて、旦那だんなのおまくらもとへはいつもとほりおわかしにお烟草盆たばこぼんわすれぬやうにして御不自由ごふじいうさせますな、るたけはやくはかへらうけれど、と硝子戸がらすどをかくれば、旦那だんなどのこゑをかけてくるまふてやらぬか、うであるいてはかれまいにとあまたるき言葉ことばなん商人あきうど女房にようばうみせからくるま乘出のりだすは榮耀えいえう沙汰さた御座ござります、其處そこらのかどからいほどに直切ねぎつてつてまゐりましよ、これでも勘定かんぢやうつてますに、と可愛かあいらしいこゑにてわらへば、世帶せたいじみたことをと旦那だんなどのが恐悦顏きようえつがほぬやうにしてつまおもて立出たちいでしが大空おほぞら見上みあげてほつといきときくもれるやうのおももちいとゞ雲深くもふかりぬ。

 何處どこ姉樣あねさまからお手紙てがみやうぞ、眞赤まつかうそをと我家わがや見返みかへられて、何事なにごと御存ごぞんじなしによいおかほをしてひまくださる勿躰もつたいなさ、あのやうなどくい、物疑ものうたがひといふてはつゆほどもおちなさらぬこゝろのうつくしいひとを、うもうも舌三寸したさんずんだましつけてこゝろのまゝの不義ふぎ放埒はうらつ、これがまあひと女房にようばう所業しわざであらうか、なんといふ惡者わるものの、ひとでなしの、はふ道理だうり無茶苦茶むちやくちや犬畜生いぬちくしやうのやうなこゝろであらう、此樣このやうないたづらの畜生ちくしやうをば、御存ごぞんじのこととててんにもにもいかのやうに可愛かあいがつてくだすつて、わたしことへば御自分ごじぶんものにして言葉ことばてさせてくださる御思召おぼしめし有難ありがたうれしいおそろしい、あまりの勿躰もつたいなさになみだがこぼれる、あのやうな良人をつとなに不足ふそくつるぎ刃渡はわたりするやうな危險あぶな計較たくみをするのやら、可愛かあいさうにあのひと仲町なかまちねえさんまでを引合ひきあひにして三方さんばう四方しはううそかためて、此足このあしはまあ何處どこく、おもへばわたし惡黨あくたうひとでなし、いたづらもの不義者ふぎものの、まあなんといふ心得違こゝろえちがひ、とつじつてあゆみもやらず、横町よこちやうかどふたまがりていま我家わがやのきえぬを、ふりかへりてはあつなみだのはら/\とこぼれぬ。

 良人をつと小松原東二郎こまつばらとうじらう西洋小間物せいやうこまものみせばかりに、ありあまる身代しんだいくらなかかして、さりとは當世たうせい算用さんようらぬひとよしをとこに、戀女房こひにようばうのおりつばしこさおくおもて平手ひらてんで、うつくしいまなじり良人をつとはらをもやはらげれば、可愛かあいらしい口元くちもとからお客樣きやくさまへの世辭せじる、としもねつからきなさらぬにお怜悧りこうなお内儀かみさまとるほどのひとものの、此人このひと此身このみ裏道うらみちはたらき、ひとらじとみづかくらませども、やさしき良人をつとこゝろざし生憎あやにくまつはる心地こゝちしておりつ路傍ろばうたちすくみしまゝ、くまいかくまいか、いつそおもつてくまいか、今日けふまでのつみ今日けふまでのつみいまからわたしさへあらためれば、のおひととてさのみ未練みれんおつしやるまじく、おたがひにあさ交際つきあひをして人知ひとしらぬうちにけがれをすゝいで仕舞しまつたなら、いまからのちのあのかたためわたしため生中なまなかこがれて附纒つきまとふたとて、れてはれるなかではなし、可愛かあいひと不義ふぎせてすこしもれが世間せけんれたらなんとせう、わたしかくあのかたはこれからの御出世前ごしゆつせまへ一生いつしやう暗黒くらやみにさせましてそれでわたし滿足まんぞくおもはれやうか、おゝいやことおそろしい、なんおもふてわたしひにたか、よしやおふみ千通せんつうやうとゆきさへせねばおたがきずにはるまいもの、もうおもつてかへりませう、かへりませう、かへりませう、かへりませう、えゝもうわたしおもつたとみち引違ひきちがへて駒下駄こまげたかへせば、生憎あいにく夜風よかぜさぶく、ゆめのやうなるかんがまたもやふつと吹破ふきやぶられて、ええわたしそのやうな心弱こゝろよわことかれてならうか、最初さいしよあのうち嫁入よめいりするときから、東二郎とうじらうどのを良人をつとさだめてつたのではいものを、かたちつてもこゝろけつしてるまいとめていたを、今更いまさらつてなん義理ぎりはり、惡人あくにんでも、いたづらでもかまひはい、おらずばおてなされ、てられゝば結句けつく本望ほんまう、あのやうな愚物樣ぐぶつさま良人をつとたてまつつて吉岡よしをかさんをそでにするやうなかんがへを、何故なぜしばらくでもつたのであらう、わたしいのちかぎり、とほしましよれますまい、良人をつとたうと奧樣おくさま出來できなさらうと此約束このやくそくやぶるまいとふていたを、れがのやうにやさしからうと、有難ありがたことふてれやうと、わたし良人をつと吉岡よしをかさんのほかにはいものを、もう何事なにごとおもひますまいおもひますまいとて頭巾づきんうへからみゝおさへていそあし五六歩ごろつぽかけいだせば、むね動悸どうきのいつしかえて、心靜こゝろしづかにえていろなきくちびるにはひやゝかなるみさへうかかびぬ。(未定稿)

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。