わかれ道

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


[編集]

 おきやうさんますかとまどそとて、こと/\と羽目はめたゝおとのするに、れだえ、もう仕舞しまつたから明日あしたておれとうそへば、たつていやね、きてけておんなさい、傘屋かさやきちだよ、れだよとすこたかへば、いやなだね此樣こんおそくになにひにたか、またかちんのおねだりか、とわらつて、いまあけるよ少時しばらく辛防しんばうおしとひながら、仕立したてかけの縫物ぬひものはりどめしてつは年頃としごろ二十餘はたちあまりの意氣いきをんなおほかみいそがしいをりからとてむすがみにして、すこながめな八丈はちぢやうまへだれ、おめしだいなしな半天はんてんて、いそあし沓脱くつぬぎりて格子戸かうしどひし雨戸あまどくれば、おどくさまとひながらずつと這入はいるは一寸法師いつすんぼし仇名あだなのある町内ちやうないあばもの傘屋かさやきちとてあましの小僧こぞうなり、とし十六じふろくなれども不圖ふとところいちか、肩幅かたはゞせばくかほちひさく、目鼻めはなだちはきり/\と利口りこうらしけれどいかにもせいひくければひとあざけりて仇名あだなはつけゝる、御免ごめんなさい、と火鉢ひばちそばへづか/\とけば、おかちんくにはらないよ、臺所だいどころ火消壺ひけしつぼから〈[#「火消壺から」は底本では「火消壼から」]〉ずみつてておまへ勝手かつていておべ、わたし今夜中こんやぢゆう一枚ひとつげねばならぬ、かど質屋しちや旦那だんなどのが御年始着ごねんしぎだからとてはりれば、きちはふゝんとつて兀頭はげあたまにはしいものだ、御初穗おはつうれでもらうかとへば、馬鹿ばかをおひでないひとのお初穗はつうると出世しゆつせ出來できないとふではないか、いまつからびること出來できなくては仕方しかたい、其樣そんこと他處よそうちでもしては不可いけないよとけるに、れなんぞ御出世ごしゆつせねがはないのだから他人ひとものだらうがなんだらうがかぶつてるだけがとくさ、おまへさん何時いつ左樣さうつたね、うんときになるとれに糸織いとおり着物きものをこしらへてれるつて、本當ほんたう調製こしらへてれるかえと眞面目まじめだつてへば、それは調製こしらへてげられるやうならお目出度めでたいのだものよろこんで調製こしらへるがね、わたし姿すがたておれ、此樣こん容躰ようだいひとさまの仕事しごとをして境界きやうがいではなからうか、まあゆめのやうな約束やくそくさとてわらつてれば、いゝやなそれは、出來できないとき調製こしらへてれとははない、おまへさんにうんいたときことさ、まあ其樣そん約束やくそくでもしてよろこばしていておれ、此樣こん野郎やらう糸織いとおりぞろへをかぶつたところがをかしくもいけれどもとさびしさうな笑顏ゑがほをすれば、そんならきつちやんおまへ出世しゆつせときわたしにもしておれか、其約束そのやくそくめてきたいねと微笑ほゝゑんでへば、其奴そいつはいけない、れはうしても出世しゆつせなんぞはないのだから。何故々々なぜ/\何故なぜでもしない、れが無理むりやりにつて引上ひきあげてもれは此處こゝうしてるのがいゝのだ、傘屋かさや油引あぶらひきが一番いちばんいのだ、うで盲目縞めくらじま筒袖つゝそで三尺さんじやく脊負しよつてたのだらうから、しぶひにときかすりでもつて吹矢ふきや一本いつぽんあたりをるのがうんさ、おまへさんなぞは以前もと立派りつぱひとだといふからいま上等じやうとううん馬車ばしやつてむかひにやすのさ、だけれどもおめかけになるといふなぞではいぜ、わるつておこつておんなさるな、となぶりをしながらうへなげくに、左樣さう馬車ばしやかはりにくるまでもるであらう、隨分ずゐぶんむねえることがあるからね、とおきやうものさしつゑ振返ふりかへりて吉三きちざうかほ諦視まもりぬ。

 いつもごと臺所だいどころからすみ持出もちだして、おまへひなさらないかとけば、いゝえ、とおきやうつむりをふるに、ではればかり御馳走ごちそうさまにならうかな、本當ほんたう自家うち吝嗇奴けちんばうめやかましい小言こごとばかりやがつて、ひと使つかはふをもりやがらない、んだお老婆ばあさんはあんなのではかつたけれど、今度こんど奴等やつらたら一人ひとりとしてはなせるのはい、おきやうさんおまへ自家うち半次はんじさんをきか、隨分ずゐぶん厭味いやみ出來できあがつて、いゝ骨頂こつちやうやつではないか、れは親方おやかた息子むすこだけれど彼奴あいつばかりはうしても主人しゆじんとはおもはれない、ばんごと喧嘩けんくわをしてめてやるのだが隨分ずゐぶんおもしろいよとはなしながら、鐵網かなあみうへもちをのせて、おゝ熱々あつ/\指先ゆびさきいてかゝりぬ。

 れはうもおまへさんのこと他人たにんのやうにおもはれぬはういふものであらう、おきやうさんおまへおとゝといふをつたこといのかとはれて、わたし一人子ひとりご同胞きやうだいなしだからおとゝにもいもとにもつたこと一度いちどいとふ、左樣さうかなあ、それでは矢張やつぱりなんでもいのだらう、何處どこからかうおまへのやうなひとれの眞身しんみあねさんだとかつてたらどんなにうれしいか、くびたまかじいてれはそれぎり往生わうじやうしてもよろこぶのだが、本當ほんたうれはまたからでもたのか、つひしか親類しんるゐらしいものつたことい、それだから幾度いくど幾度いくどかんがへてはれはもう一生いつしやうれにもこと出來できないくらゐならいまのうちんで仕舞しまつたはう氣樂きらくだとかんがへるがね、それでもよくがあるから可笑をかしい、ひよつくりへんてこなゆめなんかをてね、平常ふだんやさしいこと一言ひとことつてれるひと母親おふくろ親父おやぢあねさんやあにさんのやうにおもはれて、もうすこきてやうかしら、もう一ねんきてたられか本當ほんたうことはなしてれるかとたのしんでね、面白おもしろくも油引あぶらひきをやつてるがたやうなへんもの世間せけんにもるだらうかねえ、おきやうさん母親おふくろ父親おやぢからつきりあていのだよ、おやなしでうまれてがあらうか、れはうしても不思議ふしぎでならない、とやきあがりしもち兩手りやうてでたゝきつゝいつもふなる心細こゝろぼそさを繰返くりかへせば、それでもおまへさゝづるにしきまもぶくろといふやうな證據しようこいのかえ、なに手懸てがゝりはりさうなものだねとおきやうふをして、なに其樣そんいたものりさうにもしないうまれるとすぐさまはしたもと貸赤子かしあかごされたのだなどゝ朋輩ほうばい奴等やつら惡口わるくちをいふが、もしかすると左樣さうかもれない、それなられは乞食こじきだ、母親おふくろ父親おやぢ乞食こじきかもれない、おもてとほ襤褸ぼろげたやつ矢張やつぱりれが親類しんるゐまきで毎朝まいあさきまつてもらひにびつこ隻眼めつかちのあのばゝなにかゞれのためなんあたるかれはしない、はなさないでもおまへ大抵たいていつてるだらうけれどいま傘屋かさや奉公ほうこうするまへ矢張やつぱりれは角兵衞かくべゑ獅子しゝかぶつてあるいたのだからとうちしをれて、おきやうさんれが本當ほんたう乞食こじきならおまへいままでのやうに可愛かあいがつてはれないだらうか、振向ふりむいててはれまいねとふに、串戯じようだんをおひでないおまへのやうなひとんなかそれはらないが、なんだからとつていやがるもいやがらないもことい、おまへ平常ふだん似合にあはなさけないことをおひだけれど、わたしすこしもおまへなら非人ひにんでも乞食こじきでもかまひはない、おやからうが兄弟きやうだいうだらうがひと出世しゆつせをしたらばからう、何故なぜ其樣そん意氣地いくぢなしをおひだとはげませば、れはうしても駄目だめだよ、なんにもやうともおもはない、としたいてかほをばせざりき。



[編集]

 いませたる傘屋かさや先代せんだいふとぱらのおまつとて一代いちだい身上しんじやうをあげたる、女相撲をんなずまふのやうな老婆樣ばゝさまありき、六年前ろくねんまへふゆこと寺參てらまゐりのかへりに角兵衞かくべゑ子供こどもひろふてて、いゝよ親方おやかたからやかましくつて〈[#「言つて」は底本では「行つて」]〉たら其時そのときこと可愛想かあいさうあしいたくてあるかれないとふと朋輩ほうばい意地惡いぢわる置去おきざりにてゝつたとふ、其樣そんところかへるにあたるものかちつともおつかないこといからわたしうちなさい、みんなも心配しんぱいすることなん此子このこぐらゐのもの二人ふたり三人さんにん臺所だいどころいたならべておまんまべさせるに文句もんくるものか、判證文はんしようもんつたやつでも驅落かけおちをするもあれば持逃もちにげのけちやつもある、料簡次第れうけんしだいのものだわな、いはゞうまにはつてろさ、やくつかたないかいてなけりやれはせん、おまへ新網しんあみかへるがいやなら此家こゝ死場しにばめてほねらなきやならないよ、しつかりつておれとふくめられて、きちや/\とれよりの丹精たんせいいまあぶらひきに、大人おとな三人前さんにんまへ一手いつてひきうけて鼻唄はなうたまじつて退けるうでるもの、流石さすが眼鏡めがね老婆ひとをほめける。

 おんあるひと二年目にねんめせていまあるじ内儀樣かみさま息子むすこ半次はんじはぬもののみなれど、此處こゝ死場しにばさだめたるなればいやとてさら何方いづかたくべき、疳癪かんしやく筋骨すぢぼねつまつてかひとよりは一寸法師いつすんぼし一寸法師いつすんぼしそしらるゝも口惜くちをしきに、きち手前てめへおやなまぐさをやつたであらう、ざまをまはりのまはりの小佛こぼとけ朋輩ほうばい鼻垂はなたれに仕事しごとうへあだかへされて、鐵拳かなこぶし撲倒はりたふ勇氣ゆうきはあれどまこと父母ちゝはゝいかなるせて何時いつ精進日しやうじんびとも心得こゝろえなきの、心細こゝろぼそことおもふては干場ほしばかさのかげにかくれて大地だいぢまくら仰向あふむしてはこぼるゝなみだ呑込のみこみぬるかなしさ、四季しき押通おしとほあぶらびかりするくらじま筒袖つゝそでつてたまのやうなだと町内ちやうないこわがられる亂暴らんばうなぐさむるひとなき胸苦むなぐるしさのあまり、かりにもやさしうふてれるひとのあれば、しがみいてとりついてはなれがたなきおもひなり。仕事屋しごとやのおきやう今年ことしはるより此裏このうらへとしてものなれど物事ものごと氣才きさいきて長屋中ながやぢゆうへの交際つきあひもよく、大屋おほやなれば傘屋かさやものへは殊更ことさら愛想あいさうせ、小僧こぞうさんたちもののほころびでもれたならわたしうちつておいで、おうち御多人數ごたにんず内儀かみさんのはりつていらつしやるひまはあるまじ、わたし常住じやうじゆう仕事しごと疊紙たゝうくびぴきなればほんの一針ひとはり造作ざうさい、一人住居ひとりずまゐ相手あひてなしに毎日まいにち毎夜まいやさびしくくらしてるなればすきのときにはあそびにもくだされ、わたし此樣こんながらがらしたなればきつちやんのやうなあばれさんが大好だいすき、疳癪かんしやくがおこつたときにはおもて米屋こめや白犬しろいぬるとおもふてわたしうちあらひかへしを光澤出つやだしの小槌こづちに、きぬたうちでもりにくだされ、それならばおまへさんもひとにくまれずわたしはうでも大助おほだすかり、ほんに兩爲りやうだめ御座ござんすほどにと戯言じようだんまじり何時いつとなく心安こゝろやすく、おきやうさんおきやうさんとて入浸いりびたるを職人しよくにんども挑發からかひては帶屋おびや大將たいしやうのあちらこちら、桂川かつらがはまくときはおはんせな長右衞門ちやううゑもんうたはせておびうへへちよこなんとつてるか、此奴こいついお茶番ちやばんだとわらはれるに、をとこなら眞似まねろ、仕事しごとやのうちつて茶棚ちやだなおく菓子鉢くわしばちなかに、今日けふなに何箇いくつあるまでつてるのはおそらくれのほかにはるまい、質屋しちや兀頭はげあたまめおきやうさんにくびつたけで、仕事しごとたのむのなにうしたとかうるさく這入込はいりこんではまへだれの半襟はんえりおびかはのと附屆つけとゞけをして御機嫌ごきげんつてはるけれど、つひしかよろこんだ挨拶あいさつをしたことい、ましてやよるでも夜中よなかでも傘屋かさやきちたとさへへば寢間着ねまきのまゝで格子戸かうしとけて、今日けふ一日いちにちあそびになかつたね、うかおか、あんじてたにとつて引入ひきいれられるものほかにあらうか、お毒樣どくさまなこつたが獨活うど大木たいぼくやくにたゝない、山椒さんしよ小粒こつぶ珍重ちんちようされるとたかことをいふに、此野郎このやらうめとひどたれて、ありがたう御座ございますとましてかほつき身長せいさへあればひと串戯じようだんとてゆるすまじけれど、一寸法師いつすんぼし生意氣なまいきつまはじきしてなぶりものに烟草休たばこやすみのはなしのたねなりき。



[編集]

 十二月三十日じふにぐわつさんじふにちきち坂上さかうへ得意場とくいばあつらへの日限にちげんおくれしをびにきて、かへりは懷手ふところでいそあし草履ざうり下駄げたさきにかゝるものは面白おもしろづくにかへして、ころ/\ところげる、みぎひだりひかけては大溝おほどぶなか蹴落けおとして一人ひとりから/\と高笑たかわらひ、ものなくて天上てんじやうのおつきさま皓々こう/\てらたまふをさぶいといふことらぬなればたゞこゝちよくさはやかにて、かへりはれいまどたゝいてと目算もくさんながら横町よこちやうまがれば、いきなりあとよりひすがるひとの、兩手りやうてかくしてしのわらひするに、れだれだとゆびでゝ、なんだおきやうさんか、小指こゆびのまむしがものふ、おどかしても駄目だめだよとかほふりのけるに、にくらしいてられて仕舞しまつたとわらす。おきやうはお高祖頭巾こそづきん眉深まぶか風通ふうつう羽織はおりいつも似合にあはなりなるを、吉三きちざうあげおろして、おまへ何處どこきなすつたの、今日けふ明日あすいそがしくておまんまべるもあるまいとふたではないか、何處どこへお客樣きやくさまにあるいてたのと不審ふしんてられて、取越とりこしの御年始ごねんしさと素知そしらぬかほをすれば、うそつてるぜ三十日みそか年始ねんしけるうちいやな、親類しんるゐへでもきなすつたかとへば、とんでもない親類しんるゐくやうなつたのさ、わたし明日あすあのうら移轉ひつこしをするよ、あんまりだしぬけだからさぞまへおどろくだらうね、わたしすこ不意ふいなのでまだ本當ほんたうともおもはれない、かくよろこんでおわることではいからとふに、本當ほんたうか、本當ほんたうか、きちあきれて、うそではいか串戯じようだんではいか、其樣そんことつておどかしてれなくてもい、れはおまへなくなつたらすこしも面白おもしろことくなつて仕舞しまふのだから其樣そんいや戯言じようだんしにしておれ、えゝつまらないことひとだとかしらをふるに、うそではないよ何時いつかおまへつたとほ上等じやうとううん馬車ばしやつてむかひにたといふさわぎだから彼處あすこうらにはられない、きつちやんそのうちに糸織いとおりぞろひを調製こしらへてあげるよとへば、いやだ、れは其樣そんものもらひたくない、おまへそのうんといふはつまらぬところかうといふのではないか、一昨日をとゝひ自家うち半次はんじさんが左樣さうつてたに、仕事しごとやのおきやうさんは八百屋横町やほやよこちやう按摩あんまをして伯父をぢさんが口入くちいれで何處どこのかおやしき御奉公ごほうこうるのださうだ、なに小間使こまづかひといふとしではなし、おくさまのおそばやお縫物師ぬひものしわけはない、つてふささがつた被布ひふるおめかけさまに相違さうゐい、うしてあのかほ仕事しごとやがとほせるものかと此樣こんことつてた、れは其樣そんこといとおもふから、聞違きゝちがひだらうとつて大喧嘩おほげんくわつたのだが、おまへもしや其處そこくのではいか、そのやしきくのであらう、とはれて、なにわたしだとてきたいこといけれどかなければならないのさ、きつちやんおまへにもゝうはれなくなるねえ、とてたゞふことながらしをれてきこゆれば、どんな出世しゆつせるのからぬが其處そこくのはしたがからう、なにもおまへ女口をんなぐちひと針仕事はりしごととほせないこともなからう、あれほどつてながら何故なぜつまらない其樣そんことはじめたのか、あんまりなさけないではないかときち我身わがみ潔白けつぱくくらべて、おしよ、おしよ、ことわつてお仕舞しまひなとへば、こまつたねとおきやう立止たちどまつて、それでもきつちやんわたしあらはりきがて、もうおめかけでもなんでもい、うで此樣こんつまらないづくめだから、いつそのくさ縮緬着物ちりめんぎものごさうとおもふのさ。

 おもつたことらずつてほゝとわらひしが、かくうちかうよ、きつちやんすこしおいそぎとはれて、なんだかれはつから面白おもしろいともおもはれない、おまへまあさきへおいでよとあといて、地上ちじやうなが影法師かげばふし心細こゝろぼそげにんでく、いつしか傘屋かさや路次ろじつておきやうれい窓下まどしたてば、此處こゝをば毎夜まいよおとづれてれたのなれど、明日あすばんはもうおまへこゑかれない、なかつていやなものだねと歎息たんそくするに、それはおまへこゝろがらだとて不滿ふまんらしう吉三きちざうひぬ。

 おきやううちるより洋燈らんぷうつして、火鉢ひばちきおこし、きつちやんやおあたりよとこゑをかけるにれはいやだとつて柱際はしらぎはつてるを、それでもおまへさぶからうではないかかぜくといけないとければ、いてもいやね、かまはずにいておれとしたいてるに、おまへうかおしか、なんだか可笑をかしな樣子やうすだねわたしことなにかんにでもさはつたの、それならそのやうにつてれたがい、だまつて其樣そんかほをしてられるとつて仕方しかたいとへば、になんぞけなくてもいゝよ、れも傘屋かさや吉三きちざうをんなのお世話せわにはらないとつて、よりかかりしはしらこすりながら、あゝつまらない面白おもしろくない、れは本當ほんたうなんふのだらう、いろいろのひと鳥渡ちよつとかほせて直樣すぐさまつまらないことつて仕舞しまふのだ、傘屋かさやせんのお老婆ばあさんもひとであつたし、紺屋こうやのおきぬさんといふちゞれつひと可愛かあいがつてれたのだけれど、お老婆ばあさんは中風ちゆうふうぬし、おきぬさんはおよめくをいやがつてうら井戸ゐど飛込とびこんで仕舞しまつた、おまへ不人情ふにんじやうれをてゝくし、もうなにもつまらない、なん傘屋かさやあぶらひきなんぞ、百人前ひやくにんまへ仕事しごとをしたからとつて褒美はうびひとつもやうではし、あさからばんまで一寸法師いつすんぼしはれつゞけで、それだからとつて一生いつしやうつてもこの身長せいびやうかい、てば甘露かんろといふけれどれなんぞは一日々々いちにち/\いやことばかりつてやがる、一昨日をとゝひ半次はんじやつ大喧嘩おほげんくわをやつて、おきやうさんばかりはひとめかけるやうなはらわたくさつたのではないと威張ゐばつたに、五日いつかとたゝずにかぶとをぬがなければらないのであらう、そんなうそきの、ごまかしの、よくふかいおまへさんをねえさん同樣どうやうおもつてたが口惜くちをしい、もうおきやうさんおまへにははないよ、うしてもおまへにははないよ、長々なが/\御世話おせわさま此處こゝからおれいまをします、ひとをつけ、もうだれことてにするものか、左樣さやうなら、とつてたちあがりくつぬぎの草履ざうり下駄げたあしひきかくるを、あれきつちやんそれはおまへ勘違かんちがひだ、なにわたし此處こゝはなれるとておまへ見捨みすてることはしない、わたしはほんとに兄弟きやうだいとばかりおもふのだもの其樣そん愛想あいそづかしはひどからう、とうしろからがひじめにめて、はやだねとおきやうさとせば、そんならおめかけくをめにしなさるかとふりかへられて、れもねがふてところではいけれど、わたしうしてもうと決心けつしんしてるのだからそれは折角せつかくだけれどきかれないよとふに、きちなみだつめて、おきやうさん後生ごしやうだから此肩こゝはなしておくんなさい。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。