作者:樋口一葉

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ひ 樋口 一葉
(1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)
樋口 一葉(ひぐち いちよう)は、日本の小説家。東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。没後に発表された『一葉日記』も高い評価を受けている。— ウィキペディア日本語版樋口一葉」より。
樋口 一葉

著作一覧[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。