あきあはせ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


あやしうつむりのなやましうて、夢のやうなるきのふ今日、うきはしげるわかのかげに、はつほとゝぎすなきわたるころを、こぞの秋袷あきあはせふるめかしう取出とりいでぬる、さりとは心もなしや。かきたけきぬゝぎすてゝ、まきにかゝる朝露の新らしきを見るもいと恥かしうこそ。



        あめ


 庭の芭蕉ばせをのいと高やかに延びて、葉は垣根かきねの上やがて五尺ごしやくもこえつべし。今歳ことしはいかなれば、かくいつまでもたけのひくきなど言ひてしを、夏のすゑつかたきはめて暑かりしにただ一日ひとひふつか、三日みつかとも数へずして驚くばかりになりぬ。あきかぜ少しそよ/\とすれば、はしのかたより果敢はかなげに破れて、風情ふぜい次第にさびしくなるほど、あめおとなひこれこそは哀れなれ。こまかき雨ははら/\と音して草村くさむらがくれなくこほろぎのふしをも乱さず、風ひとしきりさつふりくるは、あの葉にばかりかかるかといたまし。

 雨は何時いつも哀れなる中に秋はまして身にしむこと多かり。けゆくまゝに燈火ともしびのかげなどうら淋しく、寝られぬなれば臥床ふしどらんもせんなしとて、小切こぎれ入れたる畳紙たたうがみとり出だし、なにとはなしに針をも取られぬ。まだいとけなくて伯母をばなる人に縫物ならひつる頃、衽先おくみさきつまなりなどづかしう言はれし。いと恥かしうて、これ習ひ得ざらんほどはと、家に近きそれやしろ日参につさんといふ事をなしける、思へばそれも昔しなりけり。をしへし人はこけの下になりて、習ひとりし身は大方おほかたもの忘れしつ。かくたまさかに取出とりいづるにも指の先こわきやうにて、はか/″\しうはひがたきを、かの人あらばいかばかり言ふ甲斐かひなく浅ましと思ふらん、など打返しそのむかしの恋しうて、無端そゞろそでもぬれそふ心地す。

 遠くより音してあゆるやうなる雨、近き板戸にうちつけの騒がしさ、いづれも淋しからぬかは。おいたる親のせたる肩もむとて、骨の手に当りたるも、かかるはいとゞ心細さのやるかたなし。



        つき


 村雲むらくもすこし有るもよし、無きもよし。みがき立てたるやうの月のかげに尺八しやくはちの聞えたる、上手じやうずならばいとをかしかるべし。三味さみも同じこと、こと西片町にしかたまちあたりの垣根かきねごしにききたるが、いと良き月に弾く人のかげも見まほしく、物がたりめきてゆかしかりし。親しき友に別れたるころの月、いとなぐさめがたうもあるかな。千里ちさとのほかまでと思ひやるに、添ひてもゆかれぬ物なればただうらやましうて、これを仮に鏡となしたらば、人のかげも映るべしやなど、果敢はかなき事さへ思ひ出でらる。

 さゝやかなる庭の池水いけみづにゆられて見ゆるかげ物いふやうにて、手すりめきたる所に寄りて久しう見入るれば、はじめは浮きたるやうなりしも次第に底ふかく、この池の深さいくばくともはかられぬ心地になりて、月はそのそこの底のいと深くにすむらん物のやうに思はれぬ。久しうありて仰ぎ見るに、空なる月と水のかげといづれをまことのかたちとも思はれず。物ぐるほしけれど箱庭に作りたる石一つみづおもてにそと取落せば、さゞなみすこし分れて、これにぞ月のかげ漂ひぬ。かくはかなき事して見せつれば、をひなる子の小さきが真似まねて、あねさまのする事れもとて、すずりの石いつのほどにて出でつらん、我れもお月さま砕くのなりとて、はたと捨てつ。それは亡き兄の物なりしを身に伝へていと大事と思ひたりしに、果敢はかなき事にて失なひつる罪がましき事とおもふ。この池かへさせてなど言へども、まださながらにてなん。あけぬれば月は空に帰りて余波なごりもとゞめぬを、硯はいかさまになりぬらん、な/\影やまちとるらんとあはれなり。

 うれしきは月の客人まれびと、つねは疎々うとうとしくなどある人の心安げによりたる。男にても嬉しきを、まして女の友にさる人あらば、いかばかり嬉しからん。みづからいづるにかたからばふみにてもおこせかし。歌よみがましきは憎くき物なれど、かかることには身にしみて思ふ友ともなりぬべし。大路おほぢゆく辻占つじうらうりのこゑ、汽車の笛の遠くひゞきたるも、なにとはなしに魂あくがるゝ心地す。



        かりがね


 朝月夜あさづくよのかげ空に残りて、見し夢の余波なごりもまだうつつなきやうなるに、雨戸あけさしてうちながむれば、さと吹く風たけの露を払ひて、そゞろ寒けく身にしみ渡るをりしも、おちくるやうに雁がねの聞えたる、ひとつなるはなほさら、連ねし姿もあはれなり。思ふ人を遠きあがたなどにやりて、あけくれ便りのまちわたらるゝ頃、これをききたらばいかなる思ひやすらんと哀れなり。朝霧ゆふ霧のまぎれに、声のみらして過ぎゆくもをかしく、更けたるまくらに鐘のきこえて、月すむ田面たのもおつらんかげ思ひやるも哀れ深しや。旅寐たびねとこ侘人わびびと住家すみか、いづれにききても物おもひ添ふるたねなるべし。

 ひととせ下谷したやのほとりに仮初かりそめ家居いへゐして、商人あきびとといふ名も恥かしき、ただいさゝかの物とりならべて朝夕あさゆふのたつきとせし頃、軒端のきばひさしあれたれども、月さすたよりとなるにはあらで、向ひの家の二階のはづれをわづかにもれいづる影したはしく、大路にたちて心ぼそくうちあふぐに、秋風たかく吹きて空にはいさゝかの雲もなし。あはれかかるよ、歌よむ友のたれかれつどひて、静かに浮世うきよほかの物がたりなど言ひ交はしつるはと、にはかにそのわたり恋しう涙ぐまるゝに、友に別れし雁唯一ただひとつ、空に声して何処いづこにかゆく。さびしとは世のつね、命つれなくさへ思はれぬ。擣衣きぬたおとまじりて聞えたるいかならん。くちなどはやして小さき子の大路を走れるは、さも淋しき物のをかしう聞ゆるやと浦山うらやましくなん。



        むしこゑ


 垣根かきねの朝顔やう/\小さく咲きて、昨日今日がくれに一花ひとはなみゆるも、そのはじめの事おもはれて哀れなるに、松虫すゞ虫いつしかなきよわりて、朝日まちとりて竈馬こほろぎ果敢はかなげに声する、小溝こみぞはし、壁の中など有るか無きかの命のほど、おいたる人、病める身などにてききたらば、さこそ比らべられて物がなしからん。まだ初霜は置くまじきを、今年は虫のよはひいと短かくて、はやくに声のかれ/″\になりしかな。くつわ虫はかしましき声もかたちもいと丈夫ぢやうぶめかしきを、いつしかときにおとろへ行くらん。人にもさるたぐひはありけりとをかし。鈴虫はふりいでてなく声のうつくしければ、物ねたみされてよはひの短かきなめりと点頭うなづかる。松虫も同じことなれど、じつと伴はねばあやしまるゝぞかし。常盤ときはの松を名に呼べれば、千歳ちとせならずとも枯野の末まではあるべきを、はぎの花ちりこぼるゝやがて声せずなり行く。さる盛りの短かきものなれば、暫時しばしあへよとこの名はおはせけん、名づけ親ぞ知らまほしき。

 この虫ひととせに飼ひて、露にも霜にも当てじといたはりしが、そのころ病ひにしたりし兄の、な/\鳴くこゑ耳につきて物侘ものわびしくいとはしく、あの声なくは、このやすくねむらるべしなど言へるも道理ことわりにて、いそぎとりおろして庭草の茂みに放ちぬ。そのなくやと試みたれど、さらに声の聞えねば、にはかに露の身にさぶく、鳴くべき勢ひのなくなりしかとあはれみ合ひし、そのとし暮れて兄はむなしき数にりつ。又の年の秋、今日ぞこのごろなどおもいづる折しも、あるふけて近き垣根のうちにさながらの声きこえ出ぬ。よもあらじとは思へど、ただそのものゝやうに懐かしく、恋しきにも珍らしきにも涙のみこぼれて、この虫がやうに、よし異物ことものなりとも声かたち同じかるべき人の、唯今ただいまこゝに立出で来たらばいかならん。我れはそのそでをつとらへて放つ事をなすまじく、母はうれしさに物は言はれで涙のみふりこぼし給ふや、父はいかさまにし給ふらんなど怪しき事を思ひよる。かくて二夜ふたよばかりは鳴きつ。その何処いづこにゆきけん、仮にも声の聞えずなりぬ。

 今も松虫の声きけばやがてその折おもひいでられて物がなしきに、に飼ふ事はさらにも思ひ寄らず、おのづからの野辺のべ鳴弱なきよわりゆくなど、ただその人の別れのやうに思はるゝぞかし。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。