この子

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 くちしてわたし我子わがこ可愛かあいいといふことまをしたら、さぞ皆樣みなさま大笑おほわらひをあそばしましやう、それは何方どなただからとて我子わがこにくいはありませぬもの、とりたてゝなに自分じぶんばかり美事みごとたからつてるやうにほこがほまをすことの可笑をかしいをおわらひにりましやう、だからわたしくちして其樣そん仰山ぎやうさんらしいことひませぬけれど、こゝろのうちではほんに/\可愛かあいいのにくいのではありませぬ、あはせてをがまぬばかりかたじけないとおもふてりまする。

 わたし此子このこはゞわたしためまもがみで、此樣こん可愛かあい笑顏ゑがほをして、無心むしんあそびをしてますけれど、此無心このむしん笑顏ゑがほわたしをしへてれましたこと大層たいそうなは、のこりなくくちにはくされませぬ、學校がくかうみました書物しよもつ教師けうしからかしてれました樣々さま/″\ことは、それはたしかにわたしためにもなり、ことあるごとおもしてはあゝでつた、うでつたと一々いち/\かへりみられまするけれど、此子このこ笑顏ゑがほのやうに直接ぢかに、眼前まのあたり、かけあしとゞめたり、くるこゝろしづめたはありませぬ、此子このこなん小豆枕あづきまくらをして、兩手りやうてかたのそばへ投出なげだして寢入ねいつてとき其顏そのかほといふものは、大學者だいがくしやさまがつむりうへから大聲おほごゑ異見いけんをしてくださるとはちがふて、しんからそこからすほどのなみだがこぼれて、いかに強情がうじやうまんのわたしでも、子供こどもなんぞちつとも可愛かあいくはありませんと威張ゐばつたことはれませんかつた。

 昨年さくねんくれおしつまつてから産聲うぶごゑをあげて、はじめて此赤このあかかほせてれましたときわたしはまだ其時分そのじぶん宇宙うちうまよふやうな心持こゝろもちたものですから、いまおもふとなさけないのではありますけれど、あゝ何故なぜ丈夫ぢやうぶうまれてれたらう、おまへさへなくなつてれたならわたし肥立次第ひだちしだい實家じつかかへつて仕舞しまふのに、こんな旦那樣だんなさまのおそばなにかに一時いつときやしないのに、何故なぜまあ丈夫ぢやうぶうまれてれたらう、いやだ、いやだ、うしても此縁このえんにつながれて、これからの永世ながらくひかりもうちくらすのかしら、いやことの、なさけないこのやうなことおもふて、ひとはお目出めでたうとふてれてもわたしすこしもうれしいとはおもはず、只々たゞ/\自分じぶん次第しだいつまらなくなるをばかりかなしいことおもひました。

 それですが時分じぶんわたし地位ちゐほかひといて御覽ごらうじろ、それはんなあきらめのよいさとつたおかたにしたところが、是非ぜひ此世このよなかつまらない面白おもしろくないもので、隨分ずゐぶんともひどい、つれない、天道樣てんたうさまかなどゝいふことが、わたし生意氣なまいきこゝろからばかりではありますまい、かならず、屹度きつと何方どなたのおくちからもれずにはりますまい、わたし自分じぶんすこしもわることい、間違まちがつたことはしてないとめてりましたから、すべての衝突しようとつ旦那だんなさまのおこゝろひとつからおここととして仕舞しまつて、遮二無二しやにむに旦那だんなさまをうらみました、またういふ旦那だんなさまをわざたてゝわたし一生いつしやうくるしませてくださるかとおもふと實家じつかおや、まあおやです、それはおんのある伯父樣をぢさまですけれども其人そのひとことうらめしいとおもひまするし、第一だいいちをかしたつみわたしひとふなり温順おとなしう嫁入よめいつてわたしを、自然しぜん此樣こんうんこしらへていて、盲者めくらたにつきおとすやうなことあそばす、神樣かみさまといふのですかなんですか、其方そのかたじつうらめしい、だから此世このよいやなものとめました。

 けないといふはいゝことで、あれでくてはむづかしいことりのけるわけにはかぬ、ぐにや/\やはらかい根性こんじやうばかりでは何時いつひと海鼠なまこのやうだとおつしやるおかたもありまするけれど、それもとき場合ばあひによつたもので、のべつに勝氣かちき振廻ふりまはしてもりますまい、そのうちにもをんな勝氣かちきなかへつゝんで諸事しよじ心得こゝろえたらいかもれませぬけれど、わたしのやうなおもてむきのけるぎらひはひとからはあさましくもありましやう、つまらぬつまつたものだといふかん良人をつとはうかへつておほくあつたので御座ござりましやう、で御座ございますけれどわたし其時そのとき自分じぶんかへりみかんがへはませぬゆゑ、良人をつとのこゝろをさつすること出來できませぬ、いやかほあそばせば、それがさはりまするし、小言こごとひとつもはれましやうならのやうにつてはらだゝしく、言葉返ことばがへしはつひしかませんかつたけれど、ものはずものべず、隨分ずゐぶん婢女をんなどもにはあたりもして、一日いちにちとこいてふせつてこと一度いちど二度にどでは御座ござりませぬ、わたし泣虫なきむし御座ございますから、その強情がうじやう割合わりあひ腑甲斐ふがひないほど掻卷かいまきえりくひついてきました、唯々たゞ/\口惜くやなみだなので、勝氣かちきのさせる理由わけ口惜くやなみだなのでした。

 嫁入よめいつたは三年さんねんまへ其當座そのたうざごくなかもよう御座ございましたし雙方さうはう苦情くじやうかつたので御座ございますけれど、れるといふはことわることで、おたがわがまゝの生地きぢまゐります、諸慾しよよくくほどまゐりますから、それは/\不足ふそくだらけで、それにわたし生意氣なまいきですものだからつひ/\心安こゝろやすだてに旦那だんなさまがそとあそばすことにまでくちして、うも貴郎あなたわたしにかくしだてあそばして、そとことといふとすこしもかせてくださらぬ、それはおへだごゝろだとつてうらみますると、なにそんな水臭みづくさことはしない、なにかせるではないかとおつしやつて相手あひてにせずにわらつていらつしやるのです、あり/\かくしてお出遊いであそばすのはえすいてりますし、さあわたしこゝろはたまりません、ひとつをうたがすととう二十にじふうたがはしくなつて、朝夕旦暮あけくれ/\あれまたあんなうそおもふやうになり、なんだか其處そこ可笑をかしくこぐらかりまして、うしても上手じやうずおもひとくこと出來できませんかつた、いまおもふてるとるほどかくしだてもあそばしましたらう、なんつてもをんなですものくちはやいにつておつときのことなどははなしておかせくださるわけにはきますまい、げんいまでもかくしていらつしやることおびたゞしくあります、それは承知しようちで、たしか左樣さうつてりまするけれどいますこしもうらことをいたしません、なるほど此話このはなしをかしてくださらぬが旦那樣だんなさま價値しんしやうで、あれくらゐわたしいてもうらんでも取合とりあつてくださらなかつたは旦那樣だんなさまのおえらいので、あの時代じだいのやうな蓮葉はすはわたし萬一まんいち役所やくしよことでもかしてくださらうなら、どのやうのつまらぬこと仕出來しでかすか、それでなくてさへ隨分ずゐぶん出入でいりものなどをりて、わたしもとまであやしいつかものなどをよこして、ういふ事情じじやうひど難儀なんぎをしてります、此裁判このさいばん判決次第はんけつしだい生死しやうしりますなどゝつて、原告げんこくだの被告ひこくだのといふひとたのんでたもおほくあつたれど、それをわたし一切いつさい受附うけつけなかつたは、山口昇やまぐちのぼるといふ裁判官さいばんくわんつまとして、公明正大こうめいせいだいことわつたのではく、家内うち/\もめるにそのやうのこと餘地よちもなく、つて面白おもしろくない御挨拶ごあいさつくよりかだまつてはうがよつぽど洒落しやれるといふくらゐかんがへで、さいはひに賄賂わいろけがれはけないでんだけれど、へだては次第しだいかさなるばかり、雲霧くもきりがだんだんとふかくなつて、おたがひのこゝろわからないものにりました、いまおもへばそれはわたしから仕向しむけたので、わたし仕樣しやうわるかつたに相違無さうゐな旦那樣だんなさまのおこゝろ何時いつとはしにぐれさせましたはわたしこゝろかたちがつたゆゑいまではつく/″\後悔こうくわいなみだがこぼれまする。

 絶頂ぜつちやうなかわるかつたときは、二人ふたりともにそむそむきで、そとへいらつしやるに何處どこへとふたことければ、行先ゆくさきをいひかれることい、お留守るす他處よそからお使つかひがれば、どんな大至急だいしきふ要用えうようでもふうといふをつたことく、つまとは木偶でくのばうがお留守居るすゐしてるやうに受取うけとり一通いつゝう追拂おひはらつて、それは冷淡れいたんげていたものなれば、旦那だんなさまの御立腹ごりつぷくはでものこと、はじめは小言こごとおつしやつたり、異見いけんあそばしたり、さとしたり、なぐさめたりあそばしたのなれど、いかにもわたし強情がうじやうふかく、かくしだてをあそばすといふをたてつて、ちつとやそつとのやさしい言葉ことばぐらゐではうごきさうにもなく執拗すねぬきしほどに、旦那だんなさまあきれてをばたまふ、まだ家内うち/\言葉ことばあらそひのるうちはよきなれども、物言ものいはずにらふやうにりては、屋根やねあり、天井てんじやうあり、かべのあるとふばかり、野宿のじゆくつゆあはれさにまさつて、それはつめたいなさけない、こぼれるなみだこほらぬが不思議ふしぎ御座ござります。

 おもへばひと自分勝手じぶんかつてなもので、よいときには何事なにごとおもしもりませぬけれど、くるしいの、いやのとときかぎつて、以前いぜんあつたことか、これからむかへることについてか、大層たいそうよさゝうな、立派りつぱさうな、結構けつこうらしい、ことばかりおもひます、左樣さういふことおもふにつけて現在げんざいありさまがいやいやで、うかして此中このなかをのがれたい、此絆このきづなちたい、此處こゝさへはなれてつたならばんなうつくしくところられるかと、ういふこと是非ぜひともかんがへます、で御座ございますから、わたし矢張やつぱりそのとほりのゆめにうかれて、此樣こん不運ふうんをはるべきが天縁てんえんではい、此家こゝ嫁入よめいりせぬ以前いぜん、まだ小室こむろ養女やうぢよ實子じつしつたときに、いろ/\のひと世話せわをしてれて、種々いろ/\口々くち/″\申込まうしこんでれた、なかには海軍かいぐん潮田うしほだといふ立派りつぱかたもあつたし、醫學士いがくし細井ほそゐといふ色白いろじろひとにもまりかゝつたに、引違ひきちがへて旦那樣だんなさまのやうな無口むくちさまへ嫁入よめいつてたはうかいふ一時いちじ間違まちがひでもあらう、此間違このまちがひをこのまゝにとほして、甲斐かひのない一生いつしやうおくるは眞實しんじつなさけないことかんがへられ、我身わがみこゝろをためなほさうとはしないでひとごとばかりうらめしくおもはれました。

 そのやうなつまらぬかんがへをつて、つまらぬ仕向しむけをいたしまするつまへ、のやうな結構けつこうひとなればとて親切しんせつむかはれましやうか、お役所やくしよから退けておかへあそばすに、おむかへこそ規則通きそくどほいたしまするけれど、さしむかつては一言ひとことうちとけたおはなしも申上まをしあげず、おこるならおおこりなされ、なに御隨意ごずゐいはなをくゝるやうな素振そぶりをしてますに、旦那だんなさまへかねて、ふいとつてうちをば御出おであそばさるゝ、行先ゆくさきいづれも御神燈ごじんとうしたをくゞるか、待合まちあひ小座敷こざしき、それをば口惜くちをしがつてわたしうらみぬきましたけれどしんところへば、わたし御機嫌ごきげんりやうがわるくて、いへのうちには不愉快ふゆくわいたゝまれないからのおあそび、こんなことをして良人をつと放蕩はうたうあげて仕舞しまふたのです、良人をつと美事みごとうちそとにするといふ道樂者だうらくものつて仕舞しまひました。

 旦那だんなさまだとて金滿家きんまんか息子株むすこかぶ藝人げいにんたちに煽動おだてられて、無我夢中むがむちゆうかれつとはことちがふて心底しんそこおもしろくあそんだのではありますまい、いはゞ疳癪かんしやくおさへ、らしといふやうなわけで、御酒ごしゆをめしあがつたからとてこゝろよくくおひになるのではなく、いつもあをざめたかほあそばして、何時いつ額際ひたひぎはあをすぢあらはれてりました。

 ものいふこゑがけんどんであららかで、假初かりそめことにも婢女をんなたちをしかばし、わたしかほをば尻目しりめにおにらあそばして小言こごとおつしやらぬなれどもそのむづかしいことふては、現在いま旦那樣だんなさま柔和にうわさうとてはすこしもく、おそろしいすごい、にくらしいおかほつき、かたそばわたし憤怒ふんぬさうひかへてるのですから召使めしつかひはたまりません、大方おほかた一月ひとつき二人ふたりづゝは婢女はしたかはりまして、其都度そのつど紛失物ふんしつもの出來できますやら品物しなもの破損はそんなどはおびたゞしいことで、うすれば此樣こんなに不人情ふにんじやうものばかり寄合よりあふのか、世間一體せけんいつたい此樣このやう不人情ふにんじやうなものか、それともわたし一人ひとりなげかせやうといふので、わたしちかものとなるとこと/″\不人情ふにんじやうるのであらうか、みぎいてもひだりいてもたのもしいかほをしてるは一人ひとりい、あゝいやことだとてばちになりまして、ふほどのひと愛想あいそをしやうでもなく、旦那樣だんなさま御同僚ごどうれうなどがおいでになつた時分じぶん御馳走ごちそうはすべて旦那だんなさまのお指圖さしづいうちは手出てだしをもしたことはなく、座敷ざしきへは婢女をんなばかりしてわたしいたいの頭痛づつうのとつて、おきやく有無あるなしにかゝはらず勝手氣儘かつてきまゝ身持みもちをしてばれましたからとて返事へんじをしやうでもない、あれをば他人ひとなんましたか、さだめし山口やまぐち百年ひやくねん不作ふさくだとでもひやうして、つまたるもの風上かざかみへもかれぬをんなはれましてしやう。

 あのころ旦那だんなさまが離縁りえんをやると一言ひとことおつしやつたが最期さいごわたし屹度きつと何事なにごと思慮しりよもなくいとまいたゞいて、自分じぶん不都合ふつがふたなげて、此樣こん不運ふうんな、なさけない、口惜くちをしいてんめておきなさるなら、うでもよろしい、なんとなりあそばしませ、わたしわたしかんがとほりなことして、わるければわるくなれ、萬一まんいちよければそれこそまうものといふやうな無茶苦茶むちやくちや道理だうりけて、今頃いまごろわたしなにつてましたか、おもへばぶるひがます、よく旦那樣だんなさまおもつた離縁沙汰りえんざた〈[#「離縁沙汰を」は底本では「離縁汰汰を」]〉あそばさずに、うもわたし取止とりとめていてくださつた、それはお疳癪かんしやくつのつてなまやさしい離縁りえんなどをおしなさるより何時いつまでもをりなかいてくるしませてやらうといふおかんがへであつたか其處そこわからぬなれども、いまではわたし何事なにごとうらみもい、旦那だんなさまへたいして何事なにごとうらみもい、あのやうにくるしませてくださつたゆゑ今日けふたのしみがたのしいので、わたしがいくらかものわかるやうにつたもあゝいふなかゆゑであらう、それをおもふとわたしため仇敵あだといふひと一人ひとりくて、あの輕忽そゝくさとこましやくれて世間せけんわたしのあらを吹聽ふいちやうしてあるいたといふ小間こまづかひのはやも、口返答くちへんたふばかりしてやくたゝずであつた御飯ごはんたきのかつも、みんなわたし恩人おんじんといふてい、いまこのやうに女中ぢよちゆうばかりあつまつて、此方こち奧樣おくさまぐらゐひとづかひのかたいとうそにもよろこんだくちをきかれるは、人達ひとたち不奉公ぶほうこうわたしこゝろ反射はんしやだとさとつたからのこと世間せけんてもなくひとくるしめる惡黨あくたうもなければ、神樣かみさまだとて徹頭徹尾てつとうてつびわることひとなげきをせるといふことあそばすまい、何故なぜならば、わたしのやうにまはりはこと/″\心得こゝろえちがひばかりで出來上できあがつて、ひとつとして取柄とりえこまものでも、こゝろとしてをかしたつみいほどに、これ此樣このやう可愛かあいらしいうつくしい、此坊このばうやをたしかにさづけてくださつたのですもの。

 此坊このばうやのうまれてやうといふ時分じぶん、まだわたし雲霧くもきりにつゝまれぬいてたのです、うまれてからのち容易よういにはれさうにもしなかつたのです、だけれども可愛かあいい、いとしい、といふこと産聲うぶごゑをあげたときから何故なにゆゑとなくにしみて、いろ/\しみもひましやうけれど、そつくりれかゞつてくとでもつたらわたし強情がうじやうてゝとりついて、此子このこれにもゆびもさゝせぬ、これはわたしものきしめたで御座ござりましやう。

 旦那だんなさまのおもひも、わたしおもひもおなじであるといふこと此子これそもそをしへてれたので、わたし此子これをばきしめて、ばう父樣とうさまものぢやあい、おまへ母樣かあさま一人ひとりのだよ、かあさまが何處どこくにしろばうかならずいてはかない、わたしものわたしのだとてほゝひますとなんともはれぬけるやうな笑顏ゑがほをして、莞爾々々にこ/\とします樣子やうす可愛かあいこと、とても/\旦那樣だんなさまのやうな邪慳じやけんかたのおではない、これはわたし一人ひとりものだとめてまするに、旦那だんなさまが他處よそからでもおかへりになつて、不愉快ふゆくわいさうなおかほつきで此子これまくらもとへおすわあそばして、覺束おぼつかないつきに風車かざぐるまてゝせたり、りつゞみなどをつておせなされ、一家いつかうちわれなぐさめるは坊主ばうず一人ひとりだぞとあのいろくろいおかほをおあそばすと、くかしらおそろしがるかしらとますに、いかにもうれしいかほをして莞爾々々にこ/\わたしせたとほりのみをせるでは御座ございませぬか、或時あるとき旦那だんなさまは、ひげをひねつておまへ此子このこ可愛かあいいかとおつしやいました、當然あたりまへ御座ございます、とてつんといたしてりますと、それではおまへ可愛かあいいなといつも戲言おどけおつしやつて、高聲たかごゑ大笑おほわらひをあそばしたそのかほ此子これおもざしにあらそはれないほどところ御座ございました、わたし此子これ可愛かあいいのですもの、うして旦那樣だんなさまにくとほせましやう、わたしくすれば旦那だんなさまもくしてくださります、たとへには三歳兒みつご淺瀬あさせひますけれど、わたし一生いつしやうをしへたのはまだものはないあかばうでした。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。