「作者:夏目漱石」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|deathyear=1916
|dates = 1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日
|description = 夏目 漱石(なつめ そうせき)は、日本の小説家。帝国大学英文科卒業後、イギリスへ留学。帰国後、「[[吾輩は猫である]]」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「[[坊つちやん|坊っちゃん]]」「[[倫敦塔 (小説)|倫敦塔]]」「虞美人草」「[[三四郎]]」などを書く。「修善寺の大患」後は、「行人」「[[こゝろ]]」「[[硝子戸の中]]」などを執筆。「明暗」が絶筆となった。{{wikipediaref|夏目漱石}}
|image = Natsume Soseki photo.jpg
}}
30,325

回編集

案内メニュー