ヘルプ:校正の基本ガイド

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
基本ガイド 校正
ウィキソースにおける書籍の校正法

校正はウィキソースの基礎であり、図書館たるウィキソースに最高の品質の文章を提供しています。この工程には2つの「名前空間」(ウィキソースのセクション:ページ名の冒頭に表示)と特殊なソフトウェアが使われます。2つの名前空間(IndexPage)は「作業場」と呼ばれることがあります。これは校正、編集、その他の「裏方」作業が行われるためです。

作業は物理的書籍のページ・スキャンを基礎としており、一般的にはDjVuファイルの形式です。これはIndexページを作成するために使います。Indexページとは、DjVuファイルと同じ名前でIndex名前空間にあるページです。書籍の個々のページはPage名前空間おいてページに分かれています。Indexページは校正すべきページにリンクされています。

以下の解説では、どのように校正するかを、より詳細な情報のあるページへのポインタを載せながら、説明しています。校正におけるIndexページ部分の解説は、Help:Indexファイルの基本ガイドをご覧ください。

書籍の校正法[編集]

註:この工程がどのように機能するか知るためには、Wikisource:今月の校正の数ページを試してみるのがいい考えです。

校正はIndexページとそれに関連するPage名前空間の全ページをもとにしています。

  1. Indexページの数字をクリックすると、そのページの画像と文字入力欄とが横並びになっています。文字入力欄は空白であったり、そのページの文章が自動的に埋まっていたりします。
    • 空白の場合:入力欄に画像内の文字を書いてください。
    • 空白でない場合:入力欄内の文章を訂正し、画像の文字と一致させてください。
  2. 作業をプレビューし、校正の状態を「校正済」(黄色)にし、それから保存してください。―詳細はHelp:校正ヘルプ:校正の状態を確認してください。
    • 未完だが保存したい場合は、状態を「未校正」(赤色)に設定してください。
  3. スキャンした作品の各ページに対して後ろの2工程を繰り返してください。

横並びレイアウト[編集]

Page名前空間のスクリーンショット。文章入力欄とスキャンされたページの画像が横並びになっている。
(図1)Page名前空間の横並びレイアウト

Page名前空間でページ画像を閲覧すると、画面が2部分に分かれています(図1)これはデフォルトの横並びレイアウトで、底本文章のスキャン(右側)の反対にあるウィキソースの文章(左側)を校正することが出来ます。Page名前空間で「プレビューを表示」をクリックすると、画面が3つに分かれます(図2)どこ?。文章編集画面と底本文章のスキャンはそのままで、この2部分の上に文章のプレビューが現れます。

校正[編集]

ページを校正するためには左側の文章を編集して、できるだけ右側のスキャン画像と一致させるべきです。

あなたは同一のスキャン画像を持っていないでしょう。ウィキソースは書籍ではなくWebサイトであり、文章はタイポグラフィよりずっと重要です。できるだけ近づけるように努力するだけにとどめるべきです。書籍では機能していることもウィキソースでは機能しないことがあります。たとえば、文章の段組みは不要でウィキソースではうまく機能しません;そのため、校正中は無視すべきです。校正が終わると、数ページがMain名前空間で一緒になることを心にとめておいてください。段組みのようなものは読みにくいです。

  • 校正に関する詳細は、Help:校正をご覧ください。

ページの状態[編集]

ページ名前空間のスクリーンショット。ページの状態を表すラジオ・ボタンがあり、その周囲には要約欄や公開ボタン、プレビューボタンなどの機能がある。
(図3)ページの状態のボタン

ページを保存するときに、ページの状態を設定すべきです。保存ボタンのすぐ上に1列に並んだ色付きのラジオ・ボタンが並んでいるのが見えるはずです(図3)。始めたばかりで変更がない(またはさほど多くない)場合、赤いボタン(未校正)を選択してください。完全に校正して発見した誤字を訂正したら、黄色のボタン(校正済)を選択してください。

ほかの人がすでに校正したページもあります。これらを確認して、ページの状態をアップグレードすることができます。ページに目を通して、残っている誤字や変更が必要なことがないか確かめてください。誤字がない場合、または修正が必要な箇所をすべて修正した場合は、ページの状態を1段階上げてください。「未校正」(赤)ページが「校正済」(黄色)になり、それが「検証済」(緑色)になります。検証済みページは完了しており、これ以上の編集はすべきではありません。空白のページ(灰色)や問題のあるページ(青)は特別な場合です;詳細は以下をご覧ください。

ヘッダとフッタ[編集]

空白のページ[編集]

空白のページは空白のまま、「テキストなし」(灰色)のページの状態に設定することができます。これらのページは、Main名前空間に追加されるときに無視されます。

これには挿し絵のない表紙が含まれます。挿し絵つきのページは含めるべきではなく、通常どおり校正すべきです。挿し絵が現時点で利用できないときは、「問題の有るページ」をご覧ください。

問題の有るページ[編集]

校正中に問題があって終了できないときは、ページの状態を「問題有」(青)に設定することができます。これによって、ほかの人には解決できるかもしれない問題があると注意を喚起することができます。

よくある問題には、挿し絵のあるページ(画像ファイルが利用できない)や、方程式のあるページ、外国語のあるページ(特に仮名、JIS漢字、ローマ字を使っていない文章)、特殊フォーマットのページがあります。一部の場合には、特別なテンプレートが問題を特定するためにあります(以下の#問題点テンプレートをご覧ください)。これらはページの閲覧者に有用で、修正できる人に対して注意を引き付けることができます。

留意点[編集]

含めてください[編集]

  • 文章のフォーマット。'''太字'''''斜体''など。
  • 異なる文字のサイズ。{{smaller}}や{{larger}}などを使用してください
  • 特殊なタイポグラフィ。たとえば:
    • Dropped or raised initials
    • Capitalisation. If the capital letters are the same size as the normal text, use {{smallcaps}}
    • 水平線(縦書きのときは垂直線):{{rule}}
    • 節区切り(列になったアスタリスク:* * * * *)

含めないでください[編集]

  • しるし、その他余計なもの――手書き文字や図書館のスタンプ、シミ、キズ、すかし模様、汚れなど――これらは原本の一部ではありません。
  • 段組みは必要ではありません。文章の段組みは前のページの段組みから続けるだけにすべきです。
  • 誤字を訂正しないでください。代わりに{{ママ}}テンプレートを使用してください。

任意[編集]

  • 改行。ウェブページは通常1つの改行を無視するため、別の行に分けられた文章(スキャンされた文章では一般的)も読者には通常どおり見えます。改行は問題を引き起こす可能性がありますが(とくに行末で終わるテンプレート、リンクおよび表、ならびに斜体・太字において)、それらの除去は個々の校正者しだいです。
原本 「こんにちは。」と例さんは
言った。これが改行例です。
訂正 「こんにちは。」と例さんは言った。これが改行例です。
  • 広告など作品そのものの一部ではないページは校正したり、またはメイン・バージョンに含めたりする必要はありません。一方、校正者がこれらのページを校正して含めたい場合は認められます。
  • 高度なタイポグラフィ。現物そっくりなページを作るのはよいことです。ですが、文章そのもののほうが重要です。タイポグラフィによっては作成が困難なものもありえます。またウェブサイトに問題を引き起こす可能性もあります。

よくあるOCRの誤認識[編集]

光学文字認識 (Optical Character Recognition, OCR) はコンピュータが文章を読み込むための機能です。これはしばしばDjVuファイル内に保存され、新しいページの校正を始めたときにコンピュータが抽出します。しかし、コンピュータは印刷物の文字を読むのがそれほど得意ではなく、誤認識("scano"と呼ばれることもある)も非常に頻繁に起こりえます。こちらの表は、校正中に発見して訂正すべきよくあるコンピュータの誤認識が並んでいます。

誤認識 本来の単語
tlie the
a11, aH, aU all
au an
\vas was
mc me

日本語におけるOCRの誤認識は青空文庫の作業マニュアルをご覧ください。

その他のよくある修正すべき事がら[編集]

  • 改段落。段落間の改行はそのまま残してください。電子上およびインターネット上のフォーマットでは標準的です。
  • 余分な空白は削除してください(問題箇所がOCRによるもので、原文には存在しないとき)
作業前 foo bar ; lorem ipsum
訂正後 foo bar; lorem ipsum
セミコロン前の空白文字が削除されています。

テンプレート[編集]

ページの校正中に必要になる可能性があるテンプレートがあります。

校正テンプレート[編集]

問題点テンプレート[編集]

自身では直せない問題があるときに使うべきです。このうちの1つを使用した際は、ページの進捗度を「問題有」(青色)に設定してください。

テンプレート 使うところ
{{missing image}} 画像を入れるべきところ。
{{missing table}} 表を入れるべきところ。
{{missing score}} 楽譜を入れるべきところ。
{{missing math formula}} 数式を入れるべきところ。
{{illegible}} 文章が読めないところ。
{{arabic missing}} アラビア文字を使っているところ*。
{{chinese missing}} 漢字を使っているところ*。
{{greek missing}} ギリシア文字を使っているところ*。
{{hebrew missing}} ヘブライ文字を使っているところ*。
{{russian missing}} ロシア文字を使っているところ*。
{{symbol missing}} 不詳の記号を使っているところ。
* これらの言語の読み書きができないとき


テンプレート:Beginner navbox テンプレート:Proofreading help navbox