ヘルプ:資料を追加する

提供: Wikisource
移動先: 案内検索


はじめに | 読む | 編集 | 新しい資料の追加 | ファイルの追加 | その他のヘルプ

新しい資料を追加する前には、他のヘルプページも見直してください。

新しい資料を追加する[編集]

投稿する前に[編集]

新しい資料を投稿する前に、以下のガイドラインにある情報を踏まえて投稿してください。

  • 原則、Wikisource日本語版では日本語の資料のみを範囲としています。しかし漢文など日本語に関係があるものならば、この限りではありません。日本語版に投稿すべきでないものは、他言語版に投稿してください。いずれの言語版にも適さない場合は、国際版Wikisource自体に追加してください。
  • 資料の冒頭には{{header}}テンプレートを付加してください(詳細はヘッダに関する説明をお読みください)。
  • MediaWikiに合致するテキストコードで投稿してください。Word文書での投稿など、MediaWiki上で再現が不可能なものは対象外になっています。
  • 著作権情報を確認してください。Wikisource日本語版ではクリエイティブ・コモンズ(BY、BY-SA)またはパブリック・ドメインの資料を対象としており[1]、商用・非商用を問わず再配布可能な文書でなければなりません。ウィキソースは利用規約上、アメリカ合衆国の法令にも準拠する必要があるため、パブリックドメインの判定法は日本法の規定よりも複雑です。
  • 著作権情報を付加してください。どのような理由でフリーコンテントであるのかを必ず明記する必要があります。(詳細は著作権タグに関する説明をお読みください)。ただし、1つ1つの資料に記載せずに上位のページで一括して記載する方法の場合は、この限りではありません。
  • 出典を明記してください。その資料がいつ、どこで、何を元として作成されたのかを明記しなければ、著作権やWikisourceの掲載範囲との関係上削除されるおそれがあります。
  • ウィキソースとは何か収録方針をお読みください。もしこの内容に理解できない部分や尋ねたいことがありましたら、井戸端に気兼ねなく質問をお寄せくださいませ。
  • タイトルやフォーマットについてスタイルガイドをご確認ください。
  • インターネット上に公開されているパブリックドメインの底本(元となる原本)については、Wikisource:パブリックドメインの底本を提供しているサイト一覧から探すことができます。

基本的な手順[編集]

完璧な方法でWikisourceに資料を追加するのは、とても難しいです。新規ユーザーの方が、テキスト投稿の前に手順をマスターする必要はありません。しかしテキスト追加の際に従うべき、基本的な手順というものがあります。

  1. 検索してWikisourceにまだ存在しないことをご確認ください。
    1. 各ページの上部にある検索ボックスを使う。入力するとドロップダウンリストにタイトルの候補が出てきます。
    2. 作者のページにある作品リストを確かめる。
    3. 詳細検索で題名・作者・文章の一節を調べる。
    4. 外部検索エンジンでWikisourceを調べる。例: Google

入力作業(底本機能を利用する場合)[編集]

Wikisourceには底本機能(正式名称は「校正ページ拡張機能」です)があり、底本をアップロードすると、底本を参照しながら作業することが、非常に簡単になります。また、作品公開後も、底本を閲覧できます。ヘルプ:Indexファイルの基本ガイドもご確認ください。

スキャンデータのアップロード[編集]

Wikisourceの作品は普通、DjVu形式かPDF形式のスキャン版を作成するところから始めます。スキャンされた書籍がInternet Archiveなどのインターネット上にたくさん公開されています。自分でスキャンする必要がある場合は、ヘルプ:Wikisourceのためにテキスト・画像をデジタル化する英語版)をお読みください。

  1. Wikisource上に作品がない場合は、スキャンデータを作成するか見つけてください。
  2. Wikimedia Commonsにアップロードしてください
  3. 次のいずれかを行って、Indexページを作成してください。
    1. "Index:【アップロードしたファイルの名前】"をWikisourceの検索ボックスに入力して、「検索」をクリック
    2. "Index:【アップロードしたファイルの名前】"をこのページの下部にある入力ボックスに入力して「項目を作成」をクリック
    • たとえば、アップロードしたファイルの名前が"MyBook.djvu"のときは(Wikimedia Commonsに"<File:MyBook.djvu>"として存在しています)"Index:MyBook.djvu"というIndexページを作成してください。 詳細は、ヘルプ:Indexファイルの基本ガイドをご覧ください。
  4. 上部の「作成」をクリックして、ページを作成します。
  5. 知っている情報を入力してください。ご存じない場合や記入できない場合は空欄のままにしてください。
  6. 作品のプレビューを確かめ、保存してください。成功した場合は、ページリスト(表紙下部)と入力した情報(表紙右部)が表示されるはずです。
校正[編集]
  1. Indexページに載っているページ番号をクリックすると、スキャン画像と、その横にテキスト入力欄とが表示されるはずです。入力欄は空白の場合も、そのページのテキストデータが自動で入力されている場合もあります。スキャン画像と一致するようにテキストを入力したり、修正したりしてください。
  2. 入力データのプレビューを確認し、「校正済み」(黄色のラジオボタン)をクリックして、保存してください。詳細は、ヘルプ:校正の状態をご確認ください。
  3. 上記の2ステップを全てのページで行います。
作業が終了した作品を出版状態にする[編集]
  1. 校正が終了したら、以下のいずれかを行って、メインの名前空間に移動してください。(タイトルやフォーマットについて、スタイルガイドもご確認ください)
    1. 作品のタイトルを検索ボックスに入力して「検索」をクリック
    2. 作品のタイトルをこのページの下部にある入力ボックスに入力して「項目を作成」をクリック
    3. 赤字リンクになっているタイトルをクリック。
  2. ページ上部の「作成」をクリックしてください。
  3. 資料の冒頭には{{header}}テンプレートを付加してください(詳細はヘッダに関する説明をお読みください)。知っている情報を入力してください。ご存じない場合や記入できない場合は空欄のままにしてください。どの行も削除してはいけません。ヘッダー下部に"{{new text}}"を入力してください(ただし、下の「上級者向け作業」が完璧である場合は必要ありません)。
  4. メインの名前空間に、テキストデータを「トランスクルージョン」してください。難しそうに思われますが、たった一行入力するだけです。たとえば、"Index:MyBook.djvu"の2ページから20ページをトランスクルージョンする場合は、"<pages index="MyBook.djvu" from=2 to =20 />"と入力します。詳細は、ヘルプ:トランスクルージョン英語版)をご覧ください。
  5. 著作権情報を付加してください。Wikisource日本語版ではクリエイティブ・コモンズ(BY、BY-SA)またはパブリック・ドメインの資料を対象としているので[1]、どちらに該当するか必ず明記する必要があります(詳細は著作権タグに関する説明をお読みください)。ただし、1つ1つの資料に記載せずに上位のページで一括して記載する方法の場合は、この限りではありません。
  6. 適切なカテゴリを設定してください。詳細は、ヘルプ:カテゴリを参照してください。
  7. 他言語版がある場合は言語間リンクを設定してください。
  8. プレビューを確認して保存してください。

入力作業(底本機能を利用しない場合)[編集]

上述の通りWikisourceには底本機能がありますが、日本語版においては底本機能を利用した作品が非常に少ないのが現状です。底本機能を利用しない場合は、以下の手順で行ってください。

  1. 以下のいずれかを行って、メインの名前空間に移動してください。(タイトルやフォーマットについて、スタイルガイドもご確認ください)
    1. 作品のタイトルを検索ボックスに入力して「検索」をクリック
    2. 作品のタイトルをこのページの下部にある入力ボックスに入力して「項目を作成」をクリック
    3. 赤字リンクになっているタイトルをクリック。
  2. ページ上部の「作成」をクリックしてください。
  3. 底本の文章を入力してください。
  4. 資料の冒頭に{{header}}テンプレートを付加してください(詳細はヘッダに関する説明をお読みください)。知っている情報を入力してください。ご存じない場合や記入できない場合は空欄のままにしてください。どの行も削除してはいけません。ヘッダー下部に"{{new text}}"を入力してください(ただし、下の「上級者向け作業」が完璧である場合は必要ありません)。
  5. 著作権情報を付加してください。Wikisource日本語版ではクリエイティブ・コモンズ(BY、BY-SA)またはパブリック・ドメインの資料を対象としているので[1]、どちらに該当するか必ず明記する必要があります(詳細は著作権タグに関する説明をお読みください)。ただし、1つ1つの資料に記載せずに上位のページで一括して記載する方法の場合は、この限りではありません。
  6. 適切なカテゴリを設定してください。詳細は、ヘルプ:カテゴリをご参照ください。
  7. 他言語版がある場合は言語間リンクを設定してください。
  8. プレビューを確認して保存してください。

作品を公開する[編集]

  1. 適切な作者のページに作品を追加してください。
  2. 新しい作品」に作品を追加してください。
  3. Wikipedia上の適切なページからリンクしてください。このためのテンプレートが2種類あります。
    1. Wikisourceテンプレートがもっとも簡単です。1行入力するだけで、右のように表示されます。
      Wikisource example on Wikipedia.png
    2. The {{Sister}} template is slightly more complicated but some people think it gives a more useful link. In particular there is a "left hand" position option. The code for this example is shown below.
Sister example on Wikipedia.png
{{Sister|project=Wikisource|text=[[s:J'accuse...!|Wikisource English translation of J'Accuse!]]|position=left}}

上級者向け作業[編集]

この作業は難しいので、新規ユーザーが行う必要はありません。上の基本作業を正しくできたのであれば、他のベテランユーザーが行ってくれるでしょう。(もちろん、新規ユーザーがやってみるのも大歓迎です)

  1. {{header}}テンプレートが正しいか確認してください。作者ページを作るべきでない場合(その作者の作品が1つしかない場合、国歌の場合など)を除き、作者ページが存在することを確かめてください。存在しない場合は、別名でも検索してください。それでも存在しない場合は、{{authorテンプレート}}を利用して作成してください。(例:作者:夏目漱石
  2. Header preloading script gadgetを使えば、簡単にサブページにヘッダーを追加できます。設定でガジェットが有効であることを確かめてください。
  3. カテゴリを指定してください。詳細は、ヘルプ:カテゴリをご覧ください。
  4. ページが非常に大きい場合は、章・条文などのセクションごとに分割してください。(詳細はスタイルガイドをご覧ください)

さいごに―Wikisource日本語版について―[編集]

Wikisource日本語版では未だ詳細なルールが確定していない状態であります。そのため投稿者が上記の規定に則って独自の方法によりページの整形をしている状態です。

ですが臆さないでください。我々の目的はインターネット上で気兼ねなく資料を閲覧できる場を提供することにあります。Wikisourceが発展するためにも、みなさんの投稿をお待ちしております。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 かつてはGFDLでのみ許諾されたテキストも収集していましたが、[[w:Wikipedia:ライセンス更新|]]により、GFDLのみのテキストの新規移入は不可となりました。

ページを作成する[編集]