ヘルプ:詩を編集する

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
詩を編集する
このページでは詩の編集方法について説明します。

行のインデント及び改行について[編集]

基本的な方法[編集]

Wikisourceでは、詩文のインデント及び改行をより簡単に表現できるように拡張機能 (poem extension) を搭載しています。詩の本文を<poem>タグで包むことで、インデントや改行が書いた状態とだいたい同じ状態で表示させることができます。実際の例として、以下表示される本文とそのソースコードをあげておきます。

And oft by yon blue gushing stream
    Shall Sorrow lean her drooping head,
And feed deep thought with many a dream,
    And lingering pause, and lightly tread,--
    Fond wretch! as if her step disturb'd the dead!

<poem>
And oft by yon blue gushing stream
    Shall Sorrow lean her drooping head,
And feed deep thought with many a dream,
    And lingering pause, and lightly tread,--
    Fond wretch! as if her step disturb'd the dead!
</poem>

日本語の場合[編集]

特に半角文字を使用する言語では半角スペースを接頭に置くことや連続して複数使用することができないという技術上の制限を回避できます。しかし日本語の場合、全角スペースを使うことやその他事情が異なるため、インデントについて他の方法で代用がききます。しかし改行については、通常の文章ではソース上で2回改行をしないと強制的に文章が周りこんでしまいますが、<poem>タグを使用することでソース上の表示と同じくすることができます。