ヘルプ:ウィキソースを読む

提供: Wikisource
移動: 案内検索


はじめに | 読む | 編集 | 新しい資料の追加 | ファイルの追加 | その他のヘルプ

ウィキの使い方やテキストの探し方は、慣れていない人にとっては手強いものとなっています。そのような人のために、使い方や探し方について、いくつかの方法を以下にまとめました。

  • 検索: 調べたい資料のタイトルや作者が時前に知っているのなら、テキストボックスにキーワードを入力して[検索]ボタンを押せば、ウィキソースがキーワードにヒットするページを探してきてくれます。しかし、たといキーワードを含むページがあろうとも、必ずしもヒットするとは限りませんのであしからず。検索について詳しく知りたいのなら、ヘルプ:検索を参照してみてください。
  • リンク: リンクをクリックしていき目的のページへと進んでいく方法もあります。一覧や作者のページの他、同じたぐいの資料などから調べていくとよいかもしれません。
  • カテゴリ: 主要なカテゴリから小規模なカテゴリへと進んでいき目的のページへと進んでいく方法もあります。(Category:カテゴリ参照。)
  • おまかせ: 風が吹くまま気の行くまま、行き当たりばったりに読んでいく方法なんていかがでしょうか?案内メニューにあるおまかせ表示をクリックすればそこには未知の資料が・・・。

編集の軌跡やテキストの追跡は、以下のツールを利用すれば簡単に調べることができます。

  • 最近更新したページでは、ウィキソース内のすべてのページの更新履歴が一覧として見ることができます。詳しくは、ヘルプ:最近更新したページを参照してください。
  • ウォッチリストでは、ウォッチリストに追加されたページの更新状況が一目で見ることができます。ログインした利用者なら、”ウォッチリストに追加”のタブをクリックしたり、編集する際に”ウォッチリストに追加”にチェックを入れたりすることによってウォッチリストに追加することができます。