木乃伊

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



本文[編集]

大キュロスとカッサンダネとの息子、波斯ぺるしやカンビュセス埃及えぢぷとに侵入した時のこと、その麾下きかの武将にパリスカスなる者があつた。父祖は、ずつと東方のバクトリヤ邊から來たものらしく、何時いつ迄たつても都の風になじまぬすこぶる陰鬱な田舎者である。何処どこか夢想的な所があり、その為、相當な位置にゐたにも拘はらず、何時も人々の嘲笑を買つてゐた。
波斯軍がアラビヤを過ぎ、愈々いよいよ埃及の地に入つた頃から、このパリスカスの様子の異常さが朋輩や部下の注意を惹きはじめた。パリスカスは見慣れぬ周囲の風物を特別不思議さうな眼付で眺めては、何か落著おちつかぬ不安げな表情で感考へ込んでゐる。何か思出さうとしながら、どうしても思出せないらしく、いらいらしてゐる様子がはつきり見える。埃及軍の捕虜共が陣中に引張られて來た時、その中の或る者の話してゐる言葉が彼の耳に入つた。暫く妙は顔をして、それに聞入つてゐた後に、彼は、何だか彼等の言葉の意味が分るやうな気がする、と、傍の者に言つた。自分で其の言葉を話すことは出來ないが、彼等の話す言葉だけは、どうやら理解できるやうだ、といふのである。パリスカスは部下をやつて、その捕虜が埃及人か、どうか(といふのは、埃及軍の大部分は希臘ぎりしや人その他の傭兵だつたから)を尋ねさせた。たしかに埃及人だといふ返辞である。彼は又不安な表情をして考へに沈んだ。彼は今迄に一度も埃及に足を踏入れたこともなく、埃及人と交際をもつたこともなかつたのである。激しい戦の最中もなかにあつても、彼は、なほ、ぼんやりと考へこんでゐた。
敗れた埃及軍を追うて、古の白壁の都メムフィスに入城した時、パリスカスの沈鬱な興奮は更にいちじるしくなつた。癲癇てんかん病者の発作直前の様子を思はせることも屡〃しばしばである。以前はわらつてゐた朋輩達も少々気味が悪くなつて來た。メムフィスのまちはづれに建つてゐる方尖塔オベリスクの前で、彼は其の表に彫られた絵書風な文字を低い声で読んだ。そして、同僚達に、其の碑を建てた王の名と、その功業とを、矢張、低い声で説明した。同僚の諸将は、皆、へんな気持になつて顔を見合せた。パリスカス自身も頗るへんな顔をしてゐた。誰も(パリスカス自身も)今迄パリスカスが埃及の歴史に通じてゐるとも、埃及文字が読めるとも、聞いたことがなかつたのである。
其の頃から、パリスカスの主人、カンビュセス王も次第に狂暴な瘋癲ふうてんの気に犯され始めたやうである。彼は埃及王プサメニトスに牛の血を飲ませて、之を殺した。それだけでは慊焉あきたらず、今度は、半年前に崩じた先王アメシスの屍を辱めようと考へた。カンビュセスが含む所のあつたのは、むしろアメシス王の方だつたからである。彼は自ら一軍を率ゐて、アメシス王の廟所びようしよのあるサイスまちに向つた。サイスに着くと、彼は、故アメシス王の墓所を探出し、その屍を堀出して、己の前に持つて來るやう、一同に命令した。
かねてかる事のあるべきを期してゐたものと見え、アメシス王の墓所の所在は巧みにくらまされてゐた。波斯軍の将士はサイス市内外の多数の墓所を一つ一つあばいてあらためて歩かねばならなかつた。
さて、パリスカスも、此の墓所捜索隊の中に加はつてゐた。他の連中は、埃及貴族の木乃伊みいらと共に墓に納められた無数の宝石、装身具、調度類の掠奪に夢中になつてゐたが、パリスカスだけは、そんなものには目も呉れず、相変らず沈鬱な面持で、墓から墓へと歩き廻つてゐた。時々その暗い表情の何処かに、曇天の薄れのやうな明るみが射しかけることもあるが、それは直ぐに消えて、又、元の落著のない暗さに戻つて了ふ。心の中に、何か、或る解けさうで解けないものが引掛つてゐるやうな風である。
捜索を始めてから何日目かの或る午後、パリスカスは、たつた一人で、或る非常に古さうな地下の墓室の中に立つてゐた。何時、同僚や部下と、はぐれて了つたものか、この墓はまちのどの方向に當るものか、それらは、まるで判らない。とにかく、何時もの夢想から醒めて、ひょいと気が付いて見たら、たつた一人で古い墓室の薄暗がりの中にゐた、といふより外はない。
眼が暗さに慣れるにつれ、中に散乱した彫像、器具の類や、周囲の浮彫、壁書などが、ぼうつと眼前に浮上つて來た。棺はふたを取られたまゝ投出され、埴輪人形ウシヤブチの首が二つ三つ、傍にころがつてゐる。既に他の波斯兵の掠奪にあつた後であることは、一見して明らかである。古いほこりのにほひが冷たく鼻を襲ふ。闇の奥から、大きな鷹頭神の立像が、硬い表情でこちらを覗いてゐる。近くの壁書を見れば、やまいぬわにや青鷲などの奇怪な動物の頭をつけた神々の憂鬱な行列である。顔も胴もないおほきなウチヤトが一つ、細長い足と手とをやして、其の行列に加はつてゐる。
パリスカスは殆ど無意識に足を運ばせて奥へ進んだ。五六歩行くと、彼はつまづいた。見ると、足許に木乃伊がころがつてゐる。彼は、又殆ど何の考へもなしに其の木乃伊を抱起して、神像の台に立掛けた。数日來見飽きる程見て來た平凡な木乃伊である。彼は、そのまま、行過ぎようとして、ふと其の木乃伊の顔を見た。途端に、冷熱いづれともつかぬものが、彼の背筋を走つた。木乃伊の顔に注いだ視線を、最早らすことが出來なくなつた。彼は、磁石に吸寄せられたやうに、凝乎じつと身動きもせず、その顔に見入つた。
どれ程の長い間、彼は其処そこに、さうしてゐたらう。
その間に、彼の中に非常な変化が起つたやうな気がした。彼の身体を作上げてゐる、あらゆる元素どもが、彼の皮膚の下で、物凄く(丁度、後世の科学者が、試験管の中で試みる実験のやうに)泡立ち、煮えかへり、其の沸騰が暫くして静まつた後は、すつかり以前もとの性質と変つて了つたやうに思はれた。
彼は大変やすらかな気持になつた。気がつくと、埃及入国以來、気になつて仕方のなかつたこと――朝になつて思出さうとする昨夜の夢のやうに、解りさうでゐて、どうしても思出せなかつたことが、今は実に、はつきり判るのである。なんだ。こんな事だつたのか。彼は思はず声に出して言つた。「俺は、もと、此の木乃伊だつたんだよ。たしかに。」
パリスカスが此の言葉を口にした時、木乃伊が、心持、唇のすみをゆがめたやうに思はれた。何処から光が落ちて來るのか、木乃伊の顔の所だけ仄明ほのあかるく浮上つてゐて、はつきり見えるのである。
今や、闇をひきさく電光の一閃いつせんの中に、遠い過去の世の記憶が、いちどきに蘇つて來た。彼の魂がかつて、此の木乃伊に宿つてゐた時の様々な記憶が。砂地の灼けつくやうな陽の直射や、木陰の微風のそよぎや、氾濫のあとの泥のにほひや、繁華な大通を行交ゆきかふ白衣の人々の姿や、沐浴のあとの香油の匂や、薄暗い神殿の奥にひざまずいた時の冷やかな石の感触や、さうした生々しい感覚の記憶の群が忘却の淵から一時に蘇つて、殺到して來た。
その頃、彼はプターの神殿の祭司でもあつたのだらうか。だらうか、と云ふのは、彼の曾て見、触れ、経験した事物が今彼の眼前に蘇つて來るだけで、その頃の彼自身の姿は一向に浮かんでこないからである。
ふと、自分が神前に捧げた犠牲の牡牛の、もの悲しい眼が、浮かんで來た。誰か、自分のよく知つてゐる人間の眼に似てゐるなと思ふ。さうだ。確かに、あの女だ。たちまち、一人の女の眼が、孔雀石の粉を薄くつけた顔が、ほつそりした身体つきが、彼に馴染なじみしぐさと共に懐かしい体臭迄伴つて眼前に現れて來た。あゝ懐かしい、と思ふ。それにしても夕暮のみずうみの紅鶴の様な、何と寂しい女だらう。それは疑もなく、彼の妻だつた女である。
不思議なことに、名前は、何一つ、人の名も所の名も、全然憶出おもいだせない。名の無い形と色と匂と動作とが、距離や時間の観念の奇妙に倒錯した異常な静けさの中で、彼の前に忽ち現れ、忽ち消えて行く。
彼は最早木乃伊を見ない。魂が彼の身体を抜出して、木乃伊に入つて了つたのであらうか。
又、一つの情景が現れる。自分は{{r|酷|ひど}]い熱で床の上に寐てゐるらしい。傍には妻の心配さうな顔が覗いてゐる。そのうしろには、まだ誰やら老人らしいのや子供らしいのがゐる様子である。ひどく咽喉のどが渇く。手を動かすと、直ぐに妻が來て、水を飲ませて呉れる。それから暫く、うとうとする。眼が覚めた時は、もうすつかり熱がひいてゐる。うす眼をあけて見ると、傍で妻が泣いてゐる。うしろで老人達も泣いてゐるやうだ。急に、雨雲の陰が湖の上を見る見る暗く染めて行くやうに、蒼い大きなかげが自分の上にかぶさつて來る。目のくらむやうな下降感に思はず眼を閉ぢる。――――
其処で彼の過去の世の記憶はぷつつり切れてゐる。さて、それから幾百年間の意識の闇が続いたものか、再び気が付いた時は、(即ち、それは今のことだが)一人の波斯の軍人として、(波斯人としての生活を数十年送つた後)おのれの曾ての身体の木乃伊の前に立つてゐたのである。
奇怪な神秘の顕現に慄然としながら、今、彼の魂は、北國の冬の湖のやうに極度に澄明に、極度に張りつめてゐる。それは尚も、埋没した前世の記憶の底を凝視し続ける。其処には、深海の闇に自ら光を放つ盲魚共のやうに、彼の過去の世の経験の数々が音もなく眠つてゐるのである。
其の時、闇の底から、彼の魂の眼は、一つの奇怪な前世の己の姿を見付け出した。
前世の時分が、或る薄暗い小室の中で、一つの木乃伊と向ひ合つて立つてゐる。をののきつつ、前世の時分は、其の木乃伊が前々世のおのれの身体であることを確認せねばならない。今と同じやうな薄暗さ、うすら冷たさ、埃つぽいにほひの中で、前世の己は、忽然と、前々世の己の生活を思出す……
彼はぞつとした。一体どうしたことだ。この恐ろしい一致は。おそれずに尚仔細に観るならば、前世に喚起した、その前々世の記憶の中に、恐らくは、前々々世の己のゝ姿を見るのではなからうか。合せ鏡のやうに、無限に内に畳まれて行く不気味な記憶の連続が、無限に――目くるめくばかり無限に続いてゐるのではないか?
パリスカスは、全身の膚に粟を生じて、逃出さうとする。しかし、彼の足は、すぐんで了ふ。彼は、まだ木乃伊の顔から眼を離すことが出來ない。凍つたやうな姿勢で、琥珀色の干涸ひからびた身体に向ひあつて立つてゐる。


翌日、他の部隊の波斯兵がパリスカスを発見した時、彼は固く木乃伊を抱いたまま、古墳の地下室に倒れてゐた。介抱されてようやく息をふき返しはしたが、最早、明らかな狂気の徴候を見せて、あらぬ譫言うはごとをしやべり出した。その言葉も、波斯語ではなくて、みんな埃及語だつたといふことである。

この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。