セトナ皇子 (假題)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

メムフィスのブタの神殿に仕ふる書記生兼圖案家、常にウシマレス大王に變らざる忠誠を捧ぐる臣、メリテンサ。謹んで之を記す。この物語の眞實なることを、あかしし給ふ神々の御名は、鷹神ハトル、鶴神トト、狼神アヌビス、乳房豐なる河馬神アピトリエス


百合の國上埃及の王にして、蜂の國下埃及の王、アモン・ラーの化身、輝けるテーベの王、ウシマレス大王の一子セトナ皇子は、夙に聰慧の譽れが高い。八歲の時、彼は神々の系譜を論じて宮廷の博士共を驚かせた。十五歲以後は、早速あらゆる魔術と呪文とに通じた博學の大賢者として天の下に竝ぶものもない。
一日、古書を涉獵中、ふと、ある疑ひにとらはれた。今迄、全然考へたこともなかつた疑だけに、初めは、邪神セットの誘惑ではないかと思って、それを斥けようとした。しかし、其の疑は執拗に彼の心から離れなかつた。ニイルの川の源から、その水の流れ注ぐ大海に至る迄の間に、セトナ王子のしらないことは何一つ無い筈である。地上の事に限らず、死後の世界に就いても、彼程、通曉してゐる者はない。冥府の構造から、オシリス神の審判の順序から、神々の性行から、オシリス宮の七つの廣間、二十一の塔の間やその守衞者の名前迄悉く誦んじてゐる。だから彼の疑は、そんな事に就いてではない。古書を擴げてゐる中に、ひよいと或る不安が彼の心を掠めた。はじめは、その正體が分らなかつた。何でも彼の今迄蓄へた全智識の根柢をゆがせるやうな不安である。何を考へてゐた時に、そんな奇怪な陰が過(よ)ぎつたのか?彼はたしか、最初の神ラーの未だ生れない以前のことを讀み、且つ考へてゐた。ラーは何處から生れたか?ラーは太初の混沌ヌーから生れた。ヌーには、光も陰もない、一面のどろである。それではヌーは何から生れたか。何からも生れはせぬ。初めから在つたのである。此處迄は、子供の時からよく知つてゐる。しかし、今、古書をひろげてゐる中に、妙な考へが浮かんだ。初めにヌーが何故あつたか?無くても一向差支へなかつたのではないかと。不安の因(もと)になつたのは、これだつた。この考へが浮んだ時、奇怪な不安の翳が、心を掠めたのである。
何を馬鹿々々しい、とはじめは嗤ひ棄てようとしたセトナ王子も、暫く考へてゐる中に、この疑問が決して馬鹿にならないのに氣づいた。馬鹿にならないどころか、この疑は、春の沼邊の水草の根の樣に、見る、彼の心の中に根を張り枝を伸ばして行く。世界開闢說についてばかりではない。日常目にする凡てのことに、この疑ひが、からみつく。エチオピアの金絲蛇の長い尾のやうに。何故在つたか。無くても良かつたらうに。何故在るか、無くても良いだらうに、セトナ皇子は今迄の勉强に輪をかけて、古文書や墓碑銘を熱心に漁り出した。それ等の中にこの疑ひを解く鍵を見出さうとしたのである。彼の努力は無駄であつた。岸壁の洞穴に行ひすます高名な魔術師も、年老いてアモン・ラーの心を體したといはれる高僧も、王子の問に答へることが出來ない。王子は次第に笑はなくなつた。いつも、夕暮の湖の紅鶴のやうに、しよんぼりと考へこんでゐる。ヒタ族の國から連歸つた女曲藝師の演技も最早彼の心を惹かなくなり、浴の後にプント國から到來の妙なる香油を塗ることも止めてしまつた。爾來、花と咲誇つたテーベの宮廷は闇となつた。セトナ王子の知慧慧が、愁の雲に遮られて、言葉の光を放たなくなつたからである。
以後、王子は何事をもいはず、蠟の木偶のやうになつて一生を終つた。死ぬ迄の間に彼のしたことは、たつた一つ。それは、頭に火皿をのせ、手に二股の杖をついて、その書物をネフェルカプターの墓所へ返して行つたことである。王子から書物を受取つた時、ネフェルカプターの木乃伊はニヤリと笑つた。妻アーウリの木乃伊も默つて笑つた。皇子は物もいはず、眞蒼な顏で外へ出て來た。墓所の入口の扉を閉めた時、彼は、後の世の人々がこの書物によつて再び、不幸に陷ることがあつてはいけないと思つた。彼は扉のとぢ目に魔法の封をした上、或る呪文によつてその墓の入口が全然人目につかないやうに變へて了つた。
今に到るまで、この本の所在を知るものが無いのは、斯うした譯である。

この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。