作者:島木健作

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: し 島木 健作
(1903年(明治34年)9月7日 - 1945年8月17日)
島木 健作(しまき けんさく)は、日本の小説家。本名は朝倉 菊雄(あさくら きくお)。高見順・中野重治・徳永直・林房雄らとともに、転向文学を代表する作家の1人。— ウィキペディア日本語版島木健作」より。
島木 健作

作品一覧[編集]

小説[編集]

随想・紀行その他[編集]

雜纂[編集]

小品・飜譯等[編集]

覺え書[編集]

日記[編集]

書簡[編集]

對談・鼎談・座談會[編集]

  • 放談會(島木健作・丹羽文雄)(略)
  • 鼎談 革新期の文學(林房雄・武田麟太郎・島木健作)(略)
  • 鼎談 文化と自然(三木清・阿部知二・島木健作)(略)
  • 座談會 靑年學生に待望す(三木清・島木健作・佐藤信衞)(略)
  • 對談 生活者の文化(島木健作・阿部知二)(略)
  • 對談(岸田國士・島木健作)(略)
  • 對談 地方文化建設への提言(島木健作・上泉秀信)(略)

外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1945年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。