黒猫 (島木健作)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



本文[編集]

病気が少しよくなり、寝ながら本を読むことができるようになった時、最初に手にしたものは旅行記であった。以前から旅行記は好きだったが、好きなわりにはどれほども読んでいなかった。人と話し合ってみても旅行記は案外読まれていず、少くともある種の随筆などとはくらべものにはならぬようであった。自分にとって生涯(しょうがい)関係のありそうにもなり土地の紀行など興味もなし、読んでみたところで全然知らぬ土地が生き生きと感ぜられるような筆は稀(まれ)だし、あるなつかしさから曽遊(そうゆう)の地に関してものを読むが、それはまたこっちが知っているだけにアラが眼につく、そういうのが共通の意見であるようだった。私自身も紀行の類を書きながら、こういうものを一体誰が読むだろう、そう思って自信を失ったおぼえがある。それが今度長く寝ついて、誰よりも熱心な旅行記の読者は病人にちがいないということを信ずるようになった。
私は間宮倫宗を読み松浦武四郎を読み、菅江真澄を読んだ。ゲーテを読み、シーボルトを読み、スウェン・へディンを読んだ。明治以後の文人のものは誰彼を問わず、家にあるものを散読した。そうしていくらもないそれらの本が尽きてしまうと、地理学の雑誌を枕(まくら)もとにならべさせた。私は地理学n雑誌を何年も前から継続して取っていて、今まではただ重ねてあるだけだったが、この機会にこれらの頁(ページ)を漫然と繰りひろげていると、これ以上の楽しみはないように思われて来た。
それの近ごろの号にある博士の樺太(からふと)旅行談が連載されていてそれが私には面白かった。そのなかの絶滅せんとしつつある樺太オオヤマネコの話、といのが強く私の空想を刺戟(しげき)した。樺太の大山猫(おおやまねこ)は明治四十一年、大正元年、昭和五年、の三度捕獲されたが、それ以後は絶滅したものと思われていた。それが昭和十六年の二月になって、またも野田という所でとらわれた。この時の奴(やつ)は雌(めす)だった。猟師が猟犬を差し向けると逆に犬の方が追いまくられてしまった。猟師が驚いて鉄砲を構えると、大山猫はいきなり樹(き)の上から下の猟師目がけて小便をひっかけたというのである。私はこの簡単な記事を繰り返し読み、挿入(そうにゅう)されている大山猫の写真を飽かず眺(なが)めた。写真の大山猫は明治大正のことに捕獲されたものの剝製(はくせい)で、顔つきなど実物とはまるでしがってしまっているという。が、それでも熊(くま)をも倒すといわれる精悍(せいかん)さ、獰猛(どうもう)さはうかがわれぬことはなかった。頭と胴とで一メートル近く、毛色は赤味を帯びた暗灰色で、円形の暗色斑文(はんもん)が散らばっているという。毛は長くはないが、いかにももっさりと厚い感じだ。口は頰(ほお)までも裂けていそうだ。頰には一束の毛が総(ふさ)のように叢(うら)がっている。髭(ひげ)は白く太い。――しかしその獰猛さを一番に語っていそうなのは、しなやかな丸太棒とでもいいたいようなその四肢(しし)だった。足は上が太く、足首に至るに従って細くなるというのが何に限らず普通だろう。足首の太いものは行動の敏活を欠くなどともいわれている。ところが大山猫の四肢は上から下までがほとんど同じ太さで、しかも胴体に比べて恐ろしく太くかつ長い。それが少しも緞帳な感じを与えぬばかりか、弾力ある兇猛(きょうもう)な力を感じさせる。彼はこういう四肢をもってほとんど音もさせずに歩く。そしてその足指の陰には熊の剛毛をさえも引き裂くべき、剃刀(かみそり)のような鉤爪(かぎつめ)がかくれている。
私がこういう剽悍(ひょうかん)な奴が、眼をランランと光らせて、樺太の密林のなかを彷徨(ほうこう)している姿を想像した。樺太全土にもはや一頭いるか二頭いるかわからない、絶滅に瀕(ひん)している、一族の最後のものなのである。何という孤独であろう!しかしそこには孤独につきまとう侘(わび)しげな影は微塵(みじん)もない。あるものはただ傲然(ごうぜん)たる気位である。満々たる闘志である。彼はいかなる場合にも森の王者たるの気位を失わない。万物の霊長たる人間が、鉄砲を差し向けた時、彼は逃げなかった。その最大たる鉤爪を研(と)いで正面から立ち向うことさえもしなかった。彼は人間の頭上から、後肢(あし)を持ち上げて小便を引っかけるに止まったのである!鉄砲を持った人間などは彼にとってその程度のものにしか値しなかったのである。
私は思わず破顔した。オオヤマネコは孤独な病者である私に最大の慰めを与えた。私は凛(りん)とした、ひきしまった感じを受けた。ほとんど精神的な感動とさえいってよかった。
同じ記事のなかに海豹島(かいひょうとう)のオットセイの話も出ていて、これは大山猫とは全然正反対な、生めよ殖(ふや)せよの極致だった。ここにあるものは生殖のための血だらけな格闘だった。私はいつか映画でオットセイの群棲(ぐんせい)を見たことがある。鰭(ひれ)のような手足でバタバタはねる恰好(かっこう)や、病牛の遠吠(とおぼ)えのような声を思い出すうちに本当に嘔吐(おうと)をもよおして来た。膃肭(おつとつ)というような文字そのもの、ハーレムという語感そのものが、堪えがたくいやらしかった。


オオヤマネコに感動してまだ幾日もたたぬうちに、一介の野良猫(のらねこ)にすぎぬが、その倨傲(きょごう)な風格において、一脈相通じるところのある奴が我が家の内外に出没することになったのは愉快だった。
この二、三年来、家のまわりをうろうろする犬や猫が目立ってふえて来た。人間の食料事情が及ぼした影響の一つであることはいうまでもない。生まれながらの宿なしもあるが、最近まで主人持ちであったというものも多い。彼らは実にひどく尾羽うち枯らしている。かつて主人持ちであったものがことにひどい。犬と猫とでは犬の方がひどい。要するに人間に諂(へつら)って暮らすことに慣れて来たものほど落ちぶれ方がみじめなのである。彼らはゴミためを漁(あさ)りにやって来るが、もはやそのゴミためというものさえも人間の家にはないのである。それでも彼らは毎日根気よくやって来ては庭先や台所口をうろうろする。生垣(いけがき)の隅はいくらふさいでも必ずいつのまにか穴になる。百度狙(ねら)ううちには一度ぐらいは台所のものを銜(くわ)え込むことができると思っているのだろう。それに彼らは秋の日の日向(ひなた)ぼっこということもあるらしい。彼らを一番憎んでいるのは母であった。庭の畑作りは母の為事(しごと)であり、彼らは畑を踏み荒すからである。
私はそのころ一日に十五分ぐらいは庭に出られるようになっていた。私も庭に出て彼らを見ることは嫌(きら)いだった。私はわけても犬を好かない。主人持ちでいた時には、その家の前を通ったというだけで吠えついたこともある奴が、今はさも馴(な)れ馴れしげに尾などを振って近づいてくる。それでいて絶えずこっちの顔いろをうかがっている。こっちの無言の敵意を感ずると、尾をぺたっと尻(しり)の間にはさんで、よろけるように逃げてゆく。そうして腐った落ち柿(がき)などを食っている。猫は彼らほど卑屈ではないがコソ泥(どろ)以上に図々しくなってしまった。人間がいることなどは平気で家のなかを狙う。畳の上に足跡をつけて部屋を駆け抜ける。昔を思い出してか座蒲団(ざぶとん)の上に長まっていたりする。そのくせ人間の眼を見ると必ず逃げる。
そんな時に彼奴(あいつ)が現われたのだ。
其奴(そいつ)の前身は誰も知らなかった。大きい雄猫である。ざらにいる猫の一倍半の大きさはある。威厳のある、実に堂々たる顔をしている。尾は短かい。歩き去る後ろ姿を見ると、その短い尾の下に、尻の間に、いかにもこりこりッとした感じの、何かの実のような大きな睾丸(こうがん)が二つ、ぶらぶらしない引き締った風にならんでいて、いかにも男性の象徴という感じであった。欠点をいえばただ一つ、毛の色だった。それが漆黒であったら大したものだろう。しかし残念ながら黒猫とはいっても、灰色がかったうすぎたなくよごれたような黒であった。その色を見ると、やはり野良猫に成り下る運命にしかなかったかと思わせる。
彼は決して人間を恐れることをしなかった。人間と真正面に視線が逢(あ)っても逃げなかった。家のなかにはいって来はしなかったが、たとえば二階の窓近く椅子(いす)に寄せて寝ている私のすぐ頭の屋根の上に来て、私の顔をじろりと見てから、自分もそこの日向にゆったりと長まったりする。私の気持をのみこんでしまっているのでもあるらしい。いつでも重々しくゆっくりと歩く。どこで食っているのか、餓(う)えているにちがいなかろうが、がつがつしている風も見えない。台所のものなども狙わぬらしい。
「いやに堂々とした奴だなあ」と私は感心した。「何も取られたことはないかい?」
「いいえ、まだ何も」と家のものは答えた。
「たまには何か食わせてやれよ」と私は言った。世が世なら、飼ってやってもいいとさえ思った。
郷里の町の人が上京ついでに塩鮭(しおざけ)を持って来てくれた日の夜であった。久しぶりに塩引を焼くにおいが台所にこもった。真夜中に私は下の騒々しい物音に眼をさました。母も妻も起きて台所にいる声がする。間もなく妻が上って来た。
「何だ?」
「猫なんです。台所に押し込んで……」
「だって戸締りはしっかりしてあるんだろう?」
「縁の下から、上げ板を押し上げて入ったんです」
「何か取られたかい?」
「ええ、何も取られなかったけれど。ちょうどおばあさんが起きた時だったので」
「猫はどいつだい?」
「それがわからないの。あの虎猫(とらねこ)じゃないかと思うんだけれど」
うろついている猫は多かったからどれともきめることはできなかった。しかし黒猫に嫌疑(けんぎ)をかけるものは誰もなかった。
次の晩も同じような騒ぎがあった。
それで母と妻とは上げ板の上にかなり大きな漬物石(つけものいし)を上げておくことにした。ところが猫はその晩、その漬物石さえもおそらくは頭で突き上げて侵入したのである。母が飛んでいった時には、すでに彼の姿はなかった。
私は「深夜の怪盗」などと名づけて面白がっていた。
しかし母と妻とはそれどころではなかった。何よりもはなはだしい睡眠の妨害だった。
そこで最初に、犯人の疑いを、あの黒猫にかけはじめたのは母であった。あれほど大きな石を突き上げて侵入してくるほどのものは容易ならぬ力の持主である。それはあの黒猫以外ではない、と母は確信を持っていうのである。
それはたしかに理に合った主張だった。しかし当の黒猫を見る時、私は半信半疑だった。毎晩そんなことがあるその間に、昼には黒猫はいつもと少しも変らぬ姿を家の周囲に見せてみるのである。どこからどこまで彼には少しも変ったところがなかった。夜の犯人が彼だとしては、彼はあまりにも平気すぎた。あまりにも悠々(ゆうゆう)としすぎていた。私はある底意をこめた眼でじーっと真正面から見てやったが、彼はどこ吹く風といったふうであった。
しかし母は譲らなかった。
ある晩、台所に大きな物音がした。妻は驚いて飛び起きて駆け下りて行った。いつもよりははげしい物音に私も思わず聴(き)き耳を立てた。音ははじめ台所でし、それからとなりの風呂場(ふろば)に移った。物の落ちる音、顚倒(てんとう)する音のなかに母と妻の叫ぶ声がしていた。
やがて音は鎮(しず)まった。
「もうだいじょうぶ。あとはわたしがするからあんたはもう寝なさい」
「大丈夫ですか?」
「だいじょうぶとも。いくらこいつでもこの縄(なわ)はどうも出来やしまい。今晩はまアこうしておこう……やれやれとんだ人騒がせだ」
母の笑う声がきこえた。
妻が心もち青ざめた顔をして上って来た。
「とうとうつかまえましたよ」
「そうか、どいつだった?」
「やっぱり、あの黒猫なんです」
「へえ、そうか……」
「おばあさんが風呂場に押し込んで、棒で叩(たた)きつけて、ひるむところを取っておさえたんです。大へんでしたよ……あばれて……えらい力なんですもの」
「そうだろう、あいつなら。……しかしそうかなあ、やっぱしあいつだったかなあ……」
猫は風呂場に縛りつけられているという。母は自分でいいようにするからといっているという。若い者には手をつけさせたがらないのだが、そうでなくても妻などは恐がってしまっている。秋の夜はもうかなり冷えるころであった。妻は寒そうにまた寝床にはいった。
私はすぐ眠れなかった。やはり彼奴であったということが私を眠らせなかった。そう意外だったという気もしなかったし、裏切られたという気もしなかった。何だか痛快なような笑いのこみあげてくるような気持だった。それは彼の大胆不敵さに対する歎称(たんしょう)であったかも知れない。そういえば彼奴ははじめから終りまで泣き声ひとつ立てなかったじゃないか。私は今はじめてそのことに気づいた。すぐ下の風呂場にかたくいましめられている彼を想像した。母はもう寝に行ってしまっている。風呂場からは声もカタリとの物音もしなかた。逃げたのではないかと思われるほどであった。翌朝母は風呂場から引きずり出して裏の立木に縛りつけた。
「お母さんはどうするつもりなんだ?」
「むろん殺すつもりでしょう。若いものは見るものではないといって、わたしを寄せつけないようになさるんです」
私は母に黒猫の命乞(いのちご)いをしてみようかと思った。私は彼はそれに値する奴だと思った。私は彼のへつらわぬ孤傲(こごう)に惹(ひ)かれている。夜あれだけのことをして、昼間は毛ほどもその素ぶりは見せぬ、こっちの視線にみじんもたじろがぬ、図々しいという以上の胆(きも)の太さだけでも命乞いされる資格がある奴だと思った。人間ならば当然一国一城のあるじである奴だ。それが野良猫になっているのは運命のいたずらだ。毛の色がきたないという偶然が彼の運命を支配したので、そんなことは彼の知ったことではない。卑しい諂い虫の仲間が温(あたた)かい寝床と食うものを与えられて、彼のような奴が棄(す)てられたということは人間の不名誉でさえある。しかも彼は落ちぶれても決して卑屈にならない。コソコソと台所をうかがったりしない。堂々と夜襲を敢行して、力の限り闘(たたか)って捕えららるやもはやじたばたせず、音もあげぬのである。
しかし私は母に向って言い出せなかった。現実の生活のなかでは私のそんな考えなどは、病人の贅沢(ぜいたく)にすぎなかった。私はこの春にも母とちょっとした衝突をしたことがあった。私の借家の庭には、柏(かしわ)やもみじや桜や芭蕉(ばしょう)や、そんな数本の立木がある。春から青葉の候にかけて、それらの立木の姿は美しく、私はそれらが見える所へまで病床を移して楽しんでいた。それをある時母がそれらの立木の枝々を、惜し気もなく見るもむざんなまでに刈り払い、ある木のごときは、ほとんど丸坊主にされてしまったのだ。私は怒った。そしてすぐに心であやまった。母とても立木を愛さぬのではない。樹木の美を解さぬのではない。ただ母は自分が作っている菜園に陽光を恵まなければならないのだ。母はまがった腰に鍬(くわ)を取り、肥をかついで、狭い庭の隅々までも耕して畑にしていた。病人の息子に新鮮な野菜を与えたいだけの一心だった。
食物を狙う猫と人間との関係も、愛嬌(あいきょう)のない争いに転化して来ていることを残念ながら認めないわけにはいかなかった。何か取られても昔のように、笑ってすましていることが出来がたくなって来ていた。妨害される夜の睡眠時間の三十分にしても、彼女らにとっては昔の三十分ではなかった。病人の私が黒猫の野良猫ぶりが気に入ったからなどと、持ち出せる余地はないのである。……それに一度こうこらしめれば彼奴も懲りるだろう、という私の考えなども考えてみればあまいと言わなければならなかった。彼奴はむろんそんな神妙な奴ではないだろう。
午後、私はきまりの安静時間を取り、眠るともなしに少し眠った。妻は配給物を取りに行って手間取って帰って来た。私は覚(さ)めうとすぐまた猫のことを思った。母は天気のいい日の例で今日もやはり一日庭に出て土いじりしているらしかった。私は耳をすましたが、裏に依然それらしい音は何もしなかった。妻は二階へ上ってくるとすぐに言った。
「おっ母さん、もう始末をなすったんですね。今帰って来て、芭蕉の下をひょいと見たら、莚(むしろ)でくるんであって、足の先がちょっと出ていて……」
妻は見るべからざるものを見たというような顔をしていた。
母はどんな手段を取ったものだろう。老人の感情は時としてひどくもろいが、時としては無感動で無感情である。母は老人らしい平気さで処理したものであろう。それにしても彼はその最後の時においてさえ、ぎゃーッとも叫ばなかったのだろうか?いずれにしても私が眠り、妻が使いに出て留守であったのは幸いであった。母がわざわざその時間をえらんだのだったかも知れないが。
日暮れ方、母はちょっと家にいなかった。そしてその時は芭蕉の下の莚の包みもなくなっていた。
次の日から私はまた今までのように毎日十五分か二十分あて日あたりのいい庭に出た。黒猫はいなくなって、卑屈な奴らだけがのそのそ這(は)いまわっていた。それはいつになったらなおるかわからぬ私の病気のように退屈で愚劣だった。私は今まで以上に彼らを憎みはじめたのである。

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。