第十七「カフィズマ」

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第百十八聖詠[編集]

(アリルイヤ)

みちきずなくして、しゅりっぽうおこなふものはさいはひなり。

しゅけいまもり、こころつくしてかれたづぬるものさいはひなり。

かれほうさずして、しゅみちく。

なんぢなんぢめいかたまもらんことをめいぜり。

ああねがはくはみちなんぢおきてまもるにむかはん、

そのときわれなんぢことごとくのいましめぢざらん、

われなんぢさだめまなび、こころなほきもつなんぢさんえいせん。

われなんぢおきてまもらん、われまつたつるなかれ。


しょうしゃなにもつおのれみちいさぎよくせん、なんぢことばしたがひておのれをさむるをもつてす。

一〇 われこころつくしてなんぢたづぬ、われなんぢいましめくるをゆるまかれ。

一一 われなんぢことばこころをさめたり、なんぢまへつみおかさざらんためなり。

一二 しゅよ、なんぢあがめらる、なんぢおきてわれをしたまへ。

一三 われくちもつなんぢくちことごとくのさだめつたへたり。

一四 われなんぢけいみちよろこぶこともろたからよろこぶがごとし。

一五 われなんぢいましめかんがへ、なんぢみちあふぐ。

一六 われなんぢおきてもつなぐさめとなし、なんぢことばわすれず。


一七 なんぢぼくあはれみあらはたまへ、しかせばわれきてなんぢことばまもらん。

一八 ひらたまへ、しかせばわれなんぢりっぽうせきん。

一九 われりてたびびとなり、なんぢいましめわれかくなかれ。

二〇 たましひつねなんぢさだめのぞみてつかれたり。

二一 なんぢほこもののろはれしものなんぢいましめさかものおさへたり。

二二 あなどりはづかしめとをわれよりのぞたまへ、われなんぢけいまもればなり。

二三 ぼくはくしてわれはかる、ただなんぢぼくなんぢおきてかんがふ。

二四 なんぢけいわれなぐさめなり、なんぢおきてわれきょうぎしゃなり。


二五 たましひちりげられたり、なんぢことばしたがひてわれかしたまへ。

二六 われみちべしに、なんぢわれけり、なんぢおきてわれをしたまへ。

二七 われなんぢめいみちさとらしめたまへ、しかせばわれなんぢせきかんがへん。

二八 たましひうれひりてゆ、なんぢことばしたがひてわれかたたまへ。

二九 いつはりみちわれよりとほざけ、なんぢりつぽうわれさづたまへ。

三〇 われしんじつみちえらび、なんぢさだめまへけり。

三一 しゅよ、われなんぢけいしたへり、われはぢしむるなかれ。

三二 なんぢこころひろめんときわれなんぢいましめみちはしらん。


三三 しゅよ、なんぢおきてみちわれしめたまへ、しかせばわれをはりいたるまでこれらん。

三四 われさとらせたまへ、しかせばわれなんぢりつぽうしたがひ、こころつくしてこれまもらん。

三五 われなんぢいましめみちたまへ、けだしわれこれしたへり。

三六 こころなんぢけいかたぶかしめたまへ、むさぼりかたぶかしむるなかれ。

三七 てんじてむなしきことをざらしめよ、われなんぢみちかしたまへ。

三八 なんぢことばなんぢぼくかためよ、かれなんぢまへつつしめばなり。

三九 おそるるあなどりのぞたまへ、なんぢさだめじんなればなり。

四〇 よ、われなんぢめいしたへり、なんぢもつわれかしたまへ。


四一 しゅよ、ねがはくはなんぢあはれみわれいたり、なんぢことばしたがひてなんぢすくひわれいたらん、

四二 しからばわれあなどものには、われこたふるをん、われなんぢことばたのめばなり。

四三 くちよりしんじつことばまつたはななかれ、われなんぢさだめたのめばなり、

四四 しからばわれつねなんぢりつぽうまもりてよよいたらん。

四五 われゆうにしてかん、なんぢめいもとめたればなり。

四六 われしょおうまへなんぢけいひてぢざらん。

四七 われあいするところなんぢいましめもつなぐさめとせん。

四八 あいするところなんぢいましめべて、なんぢおきてかんがへん。


四九 なんぢぼくたまひしことばおくせよ、なんぢわれこれたのまんことをめいぜしによる。

五〇 なんぢことばわれかすは、かんなんときにはわれなぐさめなり。

五一 ほこものいたわれそしれり、しかれどもわれなんぢりつぽうはなれざりき。

五二 しゅよ、われなんぢせいよりのさだめおくしてみづかなぐさめたり。

五三 われあくにんなんぢりつぽうつるをおどろおそる。

五四 たびするところおいなんぢおきてわれうたとなれり。

五五 しゅよ、われちゅうなんぢおくし、なんぢりつぽうまもれり。

五六 ものとなれり、われなんぢめいまもるにる。


五七 われへり、しゅよ、なんぢことばまもるはわれぶんなり。

五八 われこころつくしてなんぢいのれり、なんぢことばしたがひてわれあはれたまへ。

五九 われみちかんがへ、あしなんぢけいめぐらせり。

六〇 われなんぢいましめまもることすみやかにしておそからざりき。

六一 あくにんあみわれかこみたれども、われなんぢりつぽうわすれざりき。

六二 われはんきて、なんぢなるさだめためなんぢさんえいせり。

六三 およなんぢおそれてなんぢめいまもものは、われこれともたり。

六四 しゅよ、なんぢあはれみちたり、なんぢおきてわれをしたまへ。


六五 しゅよ、なんぢすでなんぢことばしたがひてぜんなんぢぼくおこなへり。

六六 われさとりちゑとををしたまへ、われなんぢいましめしんずればなり。

六七 くるしみさきわれまよへり、いまなんぢことばまもる。

六八 しゅよ、なんぢぜんにしてぜんおこなものなり、なんぢおきてわれをしたまへ。

六九 ほこものいつはりみてわれむ、ただわれこころつくしてなんぢめいまもらん。

七〇 かれこころえたることあぶらごとし、ただわれなんぢりつぽうもつなぐさめとなす。

七一 なんぢおきてまなばんためくるしみしは、われためぜんなり。

七二 なんぢくちりつぽうためきんぎんせんせんよりもたつとし。

光榮讃詞


七三 なんぢわれつくり、われまうけたり、われさとらせたまへ、しかせばわれなんぢいましめまなばん。

七四 なんぢおそるるものわれて、なんぢことばたのめるをよろこばん。

七五 しゅよ、われなんぢさだめなるをる、なんぢもつわればつせり。

七六 ねがはくはなんぢあはれみなんぢぼくたまひしことばしたがひてわれなぐさめとならん。

七七 ねがはくはなんぢあはれみわれいたらん、しからばわれきん、けだしなんぢりつぽうわれなぐさめなり。

七八 ねがはくはこほものはづかしめられん、けだしかれゆゑなくしてわれむ、われなんぢめいかんがふ。

七九 ねがはくはなんぢおそれてなんぢけいものわれむかはん。

八〇 ねがはくはこころなんぢおきてきずなからん、はぢざらんためなり。


八一 たましひなんぢすくひしたひてゆ、われなんぢことばたのむ。

八二 なんぢことばちてゆ、われふ、なんぢいづれときわれなぐさめんか。

八三 われかはぶくろけむりうちるがごとし、しかれどもなんぢおきてわすれざりき。

八四 なんぢぼくいくばくかある、なんぢいづれときわれきんちくするものしんぱんせんか。

八五 ほこものなんぢりつぽうもとりて、ためおとしあなれり。

八六 なんぢいましめみなしんじつなり、かれふぎもつわれきんちくす、われたすたまへ。

八七 かれほとんどわれほろぼせり、しかれどもわれなんぢめいてざりき。

八八 なんぢあはれみりてわれいかたまへ、しかせばわれなんぢくちけいまもらん。


八九 しゅよ、なんぢことばながてんかためられたり、

九〇 なんぢしんじつよより、なんぢてしに、すなはちつ。

九一 なんぢさだめしたがひてみなちていまいたる、けだしみななんぢつとむるなり。

九二 なんぢりつぽうわれなぐさめとならざりしならば、われわざはひうちほろびしならん。

九三 われながなんぢめいわすれざらん、なんぢこれもつわれいかせばなり。

九四 われなんぢぞくす、われすくたまへ、われなんぢめいもとめたればなり。

九五 あくにんわれうかがひてほろぼさんとほつす、ただわれなんぢけいきはむ。

九六 われおよそかんぜんかぎりたり、ただなんぢいましめひろきことはかがたし。


九七 われいくばくなんぢりつぽうあいする、われしゅうじつこれかんがふ。

九八 なんぢいましめもつなんぢわれてきよりならしめたり、けだしつねわれともにす。

九九 われしきすべてのきょうしえたり、われなんぢけいかんがふればなり。

一〇〇 われしきろうじんまさる、われなんぢめいまもればなり。

一〇一 われことごとくのしきみちあしきんず、なんぢことばまもらんためなり。

一〇二 われなんぢさだめけず、なんぢわれをしふればなり。

一〇三 なんぢことばのんどいくばくあまき、くちにはみつよりもあまし。

一〇四 われなんぢめいもつさとされたり、ゆゑことごとくのいつはりみちにくむ。


一〇五 なんぢことばあしともしびみちひかりなり。

一〇六 われなんぢなるさだめまもらんことをちかへり、すなはちこれさん。

一〇七 しゅよ、われいたはくがいせられたり、なんぢことばしたがひてわれかしたまへ。

一〇八 しゅよ、くちゆうなるけんさいけんことをよろこびて、われなんぢさだめをしたまへ。

一〇九 たましひつねり、しかれどもわれなんぢりつぽうわすれず。

一一〇 あくにんためあみれり、しかれどもわれなんぢめいけざりき。

一一一 われなんぢけいながしぎょうとしてけたり、けだしこころたのしみなり。

一一二 われこころかたぶけ、ながなんぢおきておこなひてをはりいたらん。


一一三 われひときょせつにくみ、ただなんぢりつぽうあいす。

一一四 なんぢわれおほひわれたてなり、われなんぢことばたのむ。

一一五 ほうものよ、われはなれよ、われかみいましめまもらん。

一一六 なんぢことばしたがひてわれかたたまへ、しかせばわれきん、のぞみおいわれはづかしむるなかれ。

一一七 われたすたまへ、しかせばわれすくひつねなんぢおきてかへりみん。

一一八 およなんぢおきてはなるるものなんぢこれたふす、けだしかれはかりごといつはりなり。

一一九 およあくにんこれかなかすごとくにのぞく、ゆゑわれなんぢけいあいせり。

一二〇 なんぢおそるるにりてにくたいをののき、われなんぢさだめおそる。


一二一 われさだめとをおこなへり、われきんちくしゃわたなかれ。

一二二 なんぢぼくまもりてぜんしめたまへ、ほこものわれはくがいせざらんためなり。

一二三 なんぢすくひなんぢことばとをのぞみてゆ。

一二四 なんぢあはれみしたがひてなんぢぼくおこなひ、なんぢおきてわれをしたまへ。

一二五 われなんぢぼくなり、われさとらせたまへ、しかせばわれなんぢけいらん。

一二六 しゅことおこなときいたれり、ひとなんぢりつぽうこぼてり。

一二七 ただわれなんぢいましめあいすることきんまさじゅんきんまさる。

一二八 われなんぢことごとくのめいめて、みなこれただしとなし、ことごとくのいつはりみちにくむ。


一二九 なんぢけいきみょうなり、ゆゑたましひこれまもる。

一三〇 なんぢことばけいはつひかりほどこし、もうものさとらしむ。

一三一 われくちひらきてあへぐ、なんぢいましめかわけばなり。

光榮讃詞

一三二 われかへりみ、われあはれみ、なんぢあいするものおこなふがごとくせよ。

一三三 あしなんぢことばかたたまへ、もろほうわれせいするをゆるなかれ。

一三四 われひとはくがいよりすくたまへ、しかせばわれなんぢめいまもらん。

一三五 なんぢかんばせひかりにてなんぢぼくてらし、なんぢおきてわれをしたまへ。

一三六 みづながれそそぐ、ひとなんぢりつぽうまもらざるにる。


一三七 しゅよ、なんぢなり、なんぢさだめただし。

一三八 なんぢめいじたるけいなり、まつたしんじつなり。

一三九 ねつしんわれむ、てきなんぢことばわすれしにる。

一四〇 なんぢことばはなはだきよし、なんぢぼくこれあいせり。

一四一 われしょうにしていやしといへどもなんぢめいわすれず。

一四二 なんぢえいえんなんぢりつぽうしんじつなり。

一四三 かなしみうれひとはわれおよべり、なんぢいましめわれなぐさめなり。

一四四 なんぢけいえいえんなり、われさとらせたまへ、しかかせばわれきん。


一四五 われこころつくしてぶ、しゅよ、われたまへ、しかせばわれなんぢおきてまもらん。

一四六 なんぢぶ、われすくたまへ、しかせばわれなんぢけいまもらん。

一四七 しののめさきだちてび、なんぢことばたのむ。

一四八 こうさきだちてむ、なんぢことばきはめんためなり。

一四九 しゅよ、なんぢあはれみりてこゑき、なんぢさだめりてわれかしたまへ。

一五〇 あくはかものちかづけり、かれなんぢりつぽうとほざかる。

一五一 しゅよ、なんぢちかし、なんぢことごとくのいましめしんじつなり。

一五二 われむかしよりなんぢけいは、なんぢこれよよためてしをれり。


一五三 わざはひかへりみてわれのがれしめたまへ、けだしわれなんぢりつぽうわすれず。

一五四 うつたへをさめてわれまもり、なんぢことばしたがひてわれいかたまへ。

一五五 すくひあくにんとほし、けだしかれなんぢおきてもとめず。

一五六 しゅよ、なんぢおんたくおほし、なんぢさだめりてわれかしたまへ。

一五七 われきんちくしゃおよてきじんおほし、ただわれなんぢけいはなれず。

一五八 われもとものうれふ、かれなんぢことばまもらざればなり。

一五九 よ、われいかなんぢめいあいする、しゅよ、なんぢあはれみりてわれかしたまへ。

一六〇 なんぢことばもとしんじつなり、およなんぢさだめえいえんなり。


一六一 ぼくはくゆゑなくしてわれきんちくす、ただこころなんぢことばおそる。

一六二 われなんぢことばよろこぶことおほいなるえきものごとし。

一六三 われいつはりにくみてこれみ、ただなんぢりつぽうあいす。

一六四 われなんぢさだめためななたびなんぢさんえいす。

一六五 なんぢりつぽうあいするものにはおほいなるへいあんあり、かれつまづきなし。

一六六 しゅよ、われなんぢすくひたのみ、なんぢいましめおこなふ。

一六七 たましひなんぢけいまもり、われはなはだこれあいす。

一六八 われなんぢめいなんぢけいとをまもる、けだしみちことごとなんぢまへにあり。


一六九 しゅよ、ねがはくはよびごゑなんぢかんばせまへちかづかん、なんぢことばしたがひてわれさとらせたまへ。

一七〇 ねがはくはいのりなんぢかんばせまへいたらん、なんぢことばしたがひてわれすくたまへ。

一七一 なんぢわれそのおきてをしへんときくちさんはつせん。

一七二 したなんぢことばべん、けだしなんぢことごとくのいましめなり。

一七三 ねがはくはなんぢわれたすけとならん、けだしわれなんぢめいえらべり。

一七四 しゅよ、われなんぢすくひかわく、なんぢりつぽうわれなぐさめなり。

一七五 ねがはくはたましひきてなんぢさんえいせん、ねがはくはなんぢさだめわれたすけん。

一七六 われうしなはれたるひつじごとまよへり、なんぢぼくたづたまへ、けだしわれなんぢいましめわすれざりき。

光榮讃詞