第三「カフィズマ」

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖詠経

第十七聖詠

主の僕ダワィド之を作りて伶長に之を歌わしむ。主ダワィドを其の諸敵の手及びサウルの手より救いし時、彼此の歌の詞を述べて云えり。
主我の力や、我爾を愛せん。
主は我の防固、我の避所なり。我を救う者、我の神、我の磐なり。我彼を恃む。彼は我の盾、我が救いの角、我の逃るる所なり。
我拝むべき主を呼べば、我が敵より救われん。
死を致すの苦しみは我を囲み、不法の流れは我を脅せり。
地獄の鎖は我を巡り、死の網は我を纏えり。
我患難の中に主を呼び、我が神に呼べり。彼其の聖殿より我が聲を聴き、我が呼び聲は其の耳に至れり。
地は震い且つ動き、山の基は揺うて移れり。神の怒りを発したればなり。
其の怒りに因りて烟起こり、其の口より嚼む火出で、焼け炭は彼より散りて落ちたり。
彼は天を傾けて降れり、其の足下は闇冥なり。
ヘルワィムに騎りて飛び、風の翼にて翔り、
闇冥を己の覆いとなし、水の闇冥、天雲の闇冥を己を繞るの影とせり。
其の前の輝きに依りて、其の雲と雹と紅炭は馳せたり。
主は天に轟き、至上者は己の聲と雹と紅炭を与え、
己の矢を射て之を散らし、衆くの電光を発して之を散らせり。
主や爾が威厳の聲に因りて爾が怒りの気の吹くに因りて水の泉現れ世界の基顕れたり。
彼は高きより手を伸べ、我を取りて多くの水より出せり。
我を勁き敵と、我を憎む我より強き者より救えり。
彼等は我が患難の日に於いて、起って我を攻むれも、主は我が依る所となれり。
彼我を広き處に引き出して我を救えり。其の我を悦ぶに縁る。
主は我の義に循ごうて我に報い、我が手の潔きに循ごうて我を賞せり。
蓋我主の道を守り、我が神の前に悪者たらざりき、
蓋其の誡めは悉く我が前にあり、我は其の律を離れず、
我彼の前に疵なし。謹んで罪に陥らん事を防げり。
故に主は我の義に循がい、我が手の其の目前に潔きに循ごうて我に報えり。
矜恤ある者には爾矜恤を以て之に施し、正直の者には爾正直を以て之に施し、
潔き者には爾潔きを以て之に施し、邪なる者には爾其の邪に従うて之に施す。
蓋爾は迫害せられし者を救い、高ぶれる目を低うす。
主や爾は我が灯火を点し、我が神は我の闇冥を照らす。
我爾と偕に軍を敗り、我が神と偕に城垣升る。
嗚呼神や其の道は疵なし、主の言葉は潔し、彼は凡そ彼を恃む者の盾なり。
蓋主の外執か神たる。我が神の外執か護りたるや。
神は力を持って我に束ね、我が爲に正しき路を備う。
我が足を鹿の如くにし、我を高き處に立たしむ、
我が手に戦いを教う、我が臂は赤銅の弓を摧く。
爾は我に爾が救いの盾を賜い、爾が右の手は我を扶け、爾の憐れみは我を大となす。
爾は我の下に我が歩みを寛うし、我が足は揺撼かず。
我我が敵を追うて之に及び、之を滅ぼさざれば返らず。
彼等を撃てば彼等起つ能わず、我が足り下に顛る。
蓋爾力を以て束ねて戦いに備え、起て我を攻むる者を我が足の下に降せり。
爾我が敵の背を我に向け、我を憎む者は我之を滅ぼす。
彼等は呼べども救う者なし、主に呼ぶも彼は聴かず。
我彼等を散らすこと風前の塵の如く、彼等を踏むこと途の泥の如し。
爾我を民の擾亂より救い、我を立てて異邦の首となせり。我が嘗て識らざるの民、我に勤む。
彼等一たび我が事を聞けば゜われに服す。異邦人は我が前に諂う。
異邦人色を変じて、其の固塞の中に戦く。
主は生活なり。我を護る者は崇め讃めらる。
願わくは我が救いの神、我が爲に仇を復えし、我に諸民を従わしむるの神、我を諸敵より救う者は崇め讃められん。
爾我を起って我を攻むる者の上に挙げ、残忍の人より我を救えり。
主よ、故に我爾を異邦の中に讃め揚げん、
大いなる救いを王に施し、憐れみを爾の膏傅けられし者ダワィド及び其の裔世々に垂るる者や我爾の名に歌わん。

光榮讃詞
第十八聖詠

ダワィドの詠伶長に之を歌わしむ。
天は神の光榮を伝え、穹蒼は其の手の作る所を語ぐ。
日は日に言葉を宣べ夜は夜に智を施す。
其の聲の聞こえざる言語なく方言なし。
其の聲は全地に伝わり其の言葉は地の極に至る。神は其の中に日の住所を建てり。
日は出る事、新郎が婚宴の宮を出るが如く、喜んで途を駆ける事勇士の如し。
天の涯より出で行きて天の涯に至る物として其の温めを蒙らざるなし。
主の法律は全備にして霊を固め、主の啓示は正しくして蒙者を慧からしむ。
主の命は義にして心を楽しませ、主の誡は明らかにして目を明す。
主を畏るるの畏れは浄くして世々に存す。主の諸々の定めは真実にして皆義なり。
之を金に較べ、多くの純金に較ぶるも尚慕うべし。甘き事蜜に勝り、房より滴るの蜜に勝る。
爾の僕は此に籍りて、衛られ之を守る者は大いなる賜物を得ん。
執か己の過ちを認めんや、我が秘かなる咎より我を浄め給え。
爾の僕を故犯より止めて之に我を制せしむる毋れ。然せば我疵なくして大いなる罪より潔くならん。
主我が防固と我を救う者や、願わくは我が口の言葉と我が心の思いは爾に悦ばれん。

第十九聖詠

ダワィドの詠伶長に之を歌わしむ。
願わくは主は憂いの日に於いて爾に聴き、イヤコフの神の名は爾を扞ぎ衛らん。
願わくは聖所より助けを爾に施し、シオンより爾を固めん。
願わくは爾が悉くの献物を記憶し、爾の燔祭を肥えたる物とせん。
願わくは主は爾の心に循ごうて爾に与え、爾が全ての謀る所を成さん。
よれ等は爾の救いを喜び、吾が神の名に依りて旌を揚げん。願わくは主は爾が全ての願いを成さん。
今我主が其の膏傅けられし者を救うを知れり、彼は聖天より其の救いの右の手の力を以て之に對う。
或いは車を以て、或いは馬を以て誇る者あり。唯我等は主吾が神の名を以て誇る。
彼等は動いて顛れ、唯我等は起きて直く立つ。
主や王を救え、又我等が爾に呼ばん時、我等に聴き給え。

第二十聖詠

ダワィドの詠伶長に之を歌わしむ。
主や王は爾の力を楽しみ、爾の救いを歓ぶ事極まりなし。
其の心に臨む所は、爾に之を与え、其の口に求むる所は爾之を辞まず。
蓋爾は仁慈の降福を以て之を迎え、純金の冠を其の首に冠らせり。
彼生命を爾に願いしに、爾之に世々の寿を賜えり。
彼の榮えは爾の救いを以て大いなり、爾は尊榮と威厳を之に被むらせり。
爾は彼に幸福を世々に賜い、爾が顔の歓びにて彼を楽しませり。
蓋王は主を頼み゜、至上者の仁慈に因りて動かざらん。
爾の手は爾が悉くの敵を尋ね出し、爾の右の手は凡そ爾を憾む者を尋ね出さんとす。
爾怒る時、彼等を火炉の如くなさん。主は其の怒りに於いて彼等を滅ぼし、火は彼等を噛まんとす。
爾は彼等の果を地より絶ち、彼等の種を人の子の中より絶たん、
蓋彼等は爾に向かいて悪事を企て、謀を設けたれども、之を遂ぐること能わざりき。
爾彼等を立てて的となし。爾の弓を以て矢を其の面に発たん。
主よ、爾の力を以て自ら挙れ、我等は爾の権能を歌頌讃榮せん。

光榮讃詞
第二十一聖詠

伶長に歌わしむ、暁の時。ダワドの詠。
我が神よ、我が神よ、我に聴き給え、何ぞ我を遺てたる。我が呼ぶ言葉は我が救より遠し。
我が神よ、我昼に呼べども、爾耳を傾けず、夜に呼べども、我安きを得ず。
然れども爾聖者は、イズライリの讃頌の中に居るなり。
我か列祖は爾を恃みたり、恃みたれば爾彼等を援けたり、
彼等は爾に呼びて救はれたり、爾を恃みて恥を得ざりき。
唯我は虫にして、人に非ず、人の辱しむる所、民の藐んずる所なり。
我を見る者皆我を嘲り、首を揺かして口に云ふ、
彼は主を恃めり、若し主彼を悦ばば、彼を援くべし、救ふべし。
然れども爾我を腹より出せり、我母の懐に在りしとき、爾我が中に恃みを置けり、
我胎内より爾に託せられたり、我が母の腹に在りしときより、爾は吾が神なり。
我を離るる毋れ、蓋憂い迩けれども、佑くる者なし。
多くの牡牛は我を環り、ワサンの肥えたる者は我を囲めり、
彼等は口を啓きて我に向かう、獲物に飢えて吼ゆる獅子の如し、
我注がれしこと水の如く、我が骨皆散じ、我が心は蝋の如くなりて、我が腹の中に熔けたり。
我が力は枯れしこと瓦の如く、我が舌は顎に貼きたり、爾我を死の塵に降せり。
蓋犬の群は我を環り、悪者の党は我を囲み、我が手我が足を刺し穿ぬけり。
我が骨皆数うべし、彼等目を注ぎて我を戯れ視る。
共に我が上着を分かち、我が下着を籤す。
主よ、我を離るる毋れ、我が力よ、速やかに我を佑けよ、
我が霊を剣より援け、我が独りなる者を犬より援け給え、
我を獅子の口より救い、我に聆きて、我の雌牛の角より救い給え。
我爾の名を我が兄弟に伝え、爾を会中に詠わん。
主を畏るる者よ、彼を讃め揚げよ。イアコフの裔よ、咸彼を讃榮せよ。イズライリの裔よ、咸彼の前に敬むべし。
蓋彼は苦しむ者の憂いを棄てず、厭わず、其の顔を彼に隠さず、則ち彼が呼ぶ時此を聆けり。
大会の中に於いて、我が誓いを主を畏るる者の前に償わん。
願わくは貧しき者は食らいて飽き、主を尋ぬる者は彼を讃め揚げん、願わくは爾等の心は永く活きん。
地の極は皆記憶して主に帰し、異邦の諸族は皆爾の前に伏拝せん、
蓋國は主に属す、彼は万民の主宰なり。
地上の豊かなる者は皆食らいて伏拝せん、塵に帰する者、己の生命を護る能わざる者は、皆彼の前に叩拝せん。
我が子孫は彼に事えて、永く主の者と称えられん。
彼等来たりて主の義、主の行いし事を後生の人に伝えん。

第二十二聖詠

ダワィドの詠
主は我の牧者なり、我万事に乏しからざらん。
彼は我を茂き草場に憩わせ、我を静かなる水に導く。
我が霊を固め、己が名の爲に我を義の路に赴かしむ。
若し我死の蔭の谷を行くとも、害を懼れざらん、蓋爾は我と偕にす、爾の杖爾の梃は是れ我を安んず。
爾は我が敵の目前に於いて我が爲に筵を設け、我が首に膏を潤し、我が爵は満ち溢る。
願わくは斯く爾の仁慈と慈憐とは我が生命ある日我に伴なわん、然せば我多くの日主の家に居らん。

第二十三聖詠

ダワィドの詠(七日の首日)
地と之に満つる者、世界と凡そ之に居る者は、皆主に属す。
蓋彼は之を海に基づけ、之を河に固めたり。
孰か能く主の山に陟る、孰か能く其の聖所に立つ。
唯罪なき手、潔き心ある者、嘗て己の霊を以て虚しく矢わず、己の隣に偽りの誓いをなさざりし者なり。
彼は主より降福を受け、神其の救者より矜恤を受けん。
主を尋ぬる族、イアコフの神よ、爾の顔を尋ぬる族は此くの如し。
門よ、爾の首を挙げよ、世々の戸よ、挙がれ、光榮の王入らんとす。
此の光榮の王は誰たる、勇毅能力の主、戦いに能力ある主是なり。
門よ、爾の首を挙げよ、世々の戸よ、挙がれ、光榮の王入らんとす。
此の光榮の王は誰たる、萬軍の主、彼は光榮の王なり。

光榮讃詞