聖詠講話上編/第十一聖詠講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖詠講話上編

第十一聖詠講話[編集]

八絃はちげんがくもっうたはしむ。
しゅよ、われすくたまへ、けだしじんえたり、眞理まことひとうち減少げんしょう』。訳者やくしゃは『ひとうち忠信ちゅうしんものなし』〔アキラ[1]、一節二節〕となす。[2]

。 元来がんらいぜんおこなふことは困難こんなんにしておこなやすからざるも、ことこれおこな善人ぜんにんすくなときしかりとなす。旅行りょこう困難こんなんなるも、こと旅行者りょこうしゃただ一人いちにんにして同伴者どうはんしゃなきときしかるがごとく、ここにもまた同様どうようなり。兄弟けいてい関係かんけい慰藉なぐさめとはじつ重大じゅうだいなることなり。ればパウェルは『われたがいかえりみてあいおこないとをはげますべし』〔エウレイ(ヘブル)書十の二十四〕とへり。吾人われら古昔いにしえじんをもことたっとばざるべからず、ただかれ善行ぜんこうおこなひしがためのみならず、善行ぜんこうはなはとぼしきとき何処いづこにも善行ぜんこうしゃのあらざりしとき善行ぜんこうおこなひしがためにもたっとばざるべからず。聖書せいしょに『ノエじんなり、その完全まったものなりき』〔創世記六の九[3]とあるは此事このことあらはすなり。吾人われらアウラアム ロト モイセイおどろく、かれあたかしんほし荊棘いばらあいだなるしょうおおかみあいだなるひつじごとかりき、かれ衆人しゅうじん反対はんたいなるみちあゆみてまざりき。群集ぐんしゅううちにありてぜんおこなふの困難こんなんにしてまたおおくのもの反対はんたい方向ほうこうくにさいしてぜんおこなふに困難こんなんならば、ひと群集ぐんしゅうはんしてところものすう困難こんなんむかへん、航海こうかいさいして反対はんたい方向ほうこう波浪なみはこばるるとき波浪なみさからひてふねすすむることの困難こんなんならんには、まし善行ぜんこうおいてをや。よ、もの反対はんたいみちあゆむにさいして、善行ぜんこうみちあゆめるこのじんは、何故なにゆえかみ照管しょうかんはしりてしゅよ、われすくたまへ』ふかを。かれ表言いひあらはところのことにほかならず、いはわれにはじょうしゃ右手みぎのててん佑助たすけ神聖しんせいなる助成じょせいようす、われ衆人しゅうじん反対はんたいなるみちあゆみつつおおいなる照管しょうかん必要ひつようゆうすればなり。かれわれすくたまへ、じんなければなり、とはずして、あく主権しゅけんり、疾病しっぺいつよまりしにりて、りしところものほろびたるをあらはしつつけだしじんえたり』へり。パウェルまたこれよりかいして『あにらんや、わづかなるぱんだねことごとくの洩麪ねりこくするを』〔コリンフ前書五の六〕といへり。またいはく『しきまじはりならはしやぶる』〔コリンフ前書十五の三十三〕と。眞理まこと減少げんしょうせり』とはなんなるか。眞理まことおおし。いろおよぶつあいだにはまことのものといつわりのものとあり、例令たとへ真正しんせいむらさきいろ贋造がんぞうむらさきいろとあり、また泪夫さふらん(薬草の名)・宝石ほうせき香料こうりょうおよそののものにもしんあるがごとく、善行ぜんこうにもまたしんあり。眞理まことじつところのことなり。れば眞理まことへんじたることあり、おほはれたることあれども、その本質ほんしつおいがいされしにあらず、すなは人々ひとびとによりて排斥はいせきされたるなり、これりて言者げんしゃ眞理まこと減少げんしょうせり』ひしのみならず、これ表言いひあらはさんことをのぞみつつひとうちに』てふことば附加つけくはへたり。よ、まことかざりあり、いつわりかざりまたあることを。まことかざりとは如何いかなるものなるか。心的こころのかざりなり。いつわりかざりとは如何いかなるものなるか。肉的にくのかざりなり。まこととみあり、いつわりとみまたあり。いつわりとみ財産ざいさんにあり、まこととみ善行ぜんこうにあり。よろこびにもしんあり、にも、けんにも、光栄こうえいにも、またあり。しかれどもおおくの人々ひとびとまことぶつてて、いつわりぶつ追跡ついせきす。ひとみづからにもまことものいつわりものとあり――きて動作はたらものまことひとなれども、かいえがかるるはいつわりひとなり、くのごと善行ぜんこうおいてもまたしかりとす。

。 ひとおのおのそのとなりいつわりひ、へつらくちにてふたごころよりふ』〔三節〕。訳者やくしゃ別々べつべつこころよりふ』〔アキラ〕となす。言者げんしゃ種類しゅるいあくきてふなり、かれいつわりひしことと、そのとなりたいしてひしこととこれなり、しかしていつわりもといつわりなること、あるいぶんなること、あるいえきなることを意味いみす。パウェルまたたがひいつわりなかれ』〔コロサイ書三の九〕とひて、同一どういつのことを表言いひあらはせり。しかしてことおもきことは衆人しゅうじん蠱惑まどはさるることなり。かれ斯々かくかくひとはずしてひとおのおのへり。あくただがいのみならず、ないにもありき、すなはふたごころあるい訳者やくしゃかれこころおおいなるひょうあることをあらはしつつ別々べつべつこころへるごとく、心内しんないにありしなり。これすべてのてきよりもしし。あきらかなるおよ顕然あらはなるてきよう戒心かいしんすることをれども、がいある状態じょうたいあらはしてないにはぶつかくところてきいたりては、これとらふること困難こんなんにして、公然こうぜんけんたづさふる人々ひとびとよりも一層いっそう危険きけんなりとす。しゅことごとくのへつらくちほこたかぶるしたち、かれひて、したにてたん』〔四節五節〕。訳者やくしゃ吾人われら主宰しゅさいせん』〔不明の訳者〕となす。くちわれともにあり、たれわれしゅたらん』訳者やくしゃたれわれ主宰しゅさいせん』〔アキラ〕となす。なんじ言者げんしゃ如何いかかれのことをおもんばかるをるか。かれ反対はんたいしてへるにあらずして、かれためなり。言者げんしゃかれほろびんとははずして、あくほろびんとひ、しゅかれつとははずしてへつらくちつとへり。

。 ここ言者げんしゃたれおよほろぼされんことをぼうするは、かれ実在じつざいたるるをふにあらず、すなはかれした高慢こうまん奸計わるだくみおよ傲慢ごうまんほろぼさるることをふなり、またかれかれ無智むちわらひてくちわれともにあり、たれわれしゅたらん』といへり。あくられたるものおよ発狂はつきょうしゃ相応そうおうなることばなり。ゆえパウェルかれはんしてひつつ『なんぢおのれぞくするにあらず、あたいもっはれたり』〔コリンフ前書六の十九、二十〕と注意ちゅういし、またおのれため生活せいかつせざるべきをめいず〔ロマ書十六の七[4]〕。こころごとし、これくちなんぢぞくせずしてしゅぞくす、なんとなればしゅこれつくり、これととのへ、これ生命いのちふきれたればなり。しかれどもなんぢくちゆうするか。吾人われらゆうするところのものは、ことごと吾人われらのものならず、吾人われらこれゆうするは、なおにんよりたくされし金銭きんせんゆうするにひとしく、にんやとはれてまかせられたる領有りょうゆうするがごときものなりればかみくちなんぢあたへたるは、荊棘いばらしょうぜんためにあらず、すなは有益ゆうえきなる種子たねこれもっ高慢こうまんおよ詭譎いつはりにあらで、すなは謙遜けんそん祝讃しゅくさんあいとを弘布ぐふせしめんためなり。またかみなんぢあたへたるは、なんじもっ色欲しきよくおぼれんためにあらず、貞操ていそうもっこれかざらんためなり、またなんぢあたへたるは、なんぢひとたんためにあらず、施済ほどこしあたへんためなり。なんぢくちもっつみおこな姦淫かんいんけつおこなふの武器ぶきとなさば、如何いかくちわれともにあり』ふをんや。たれわれしゅたらん』嗚呼あああくことばなり、あくこころなり。ひとよ、なんぢ萬物ばんぶつなんぢ主宰しゅさい能力のうりょくえい配慮はいりょおよ照管しょうかんほうじ、なんぢからだたましい生命いのちおよおよゆるとえざるものは、ほとんみな造物主ぞうぶつしゅ全能ぜんのうつたふるをざるか――なんぢまたたれわれしゅたらん』ふ、れ、無智むち憤激ふんげき心霊的しんれいてきほうことばなり、すうあくおおこれよりしてしょうず。かか人々ひとびとたれわれしゅたらん』ふ、しかるに人々ひとびとしゅみとむるも、審判しんぱんおよ懲罰ちょうばつかんする教誨きょうかい排斥はいせきし、ざん快楽かいらくためおおいなるくるしみまたかれごくのことをわすれておのれなぐさめんことをのぞみつつみとめずしてかか大胆だいたんもっおのれ亡滅ほろびふち陥擠おしおとすなり。是故このゆえわれなんぢごくのことをおくし、ごくのことをせつし、くのごとうるはしき状態じょうたいもっおのたましいかざらんことをすすむ、なんとなればかかだんはなは有益ゆうえきなればなり。かみごくもっ吾人われら威嚇おどすはむなしきことにあらず、これもっごくうたがいなきものとなすのみならず、おそれもっ吾人われら善良ぜんりょうなるものとなさんためなり。ゆえあくつとめてごくきてのおくほろぼさんがため全力ぜんりょくもちふ。ればごくのことをわすれずして、なんためわれときならずおのれわづらはすやとなかれ。この煩悩はんのうときならざるか。この煩悩はんのうなんぢごくおいくるしときときならざるものたらん、げん痛悔つうかいときにして未来みらい其時そのときにあらず。ラザリとき生活せいかつしたる富者ふうしゃ死後しごすうくるしみけしも、かれなんえきをもあたへざりしは此事このことしょうするなり。れどかれ好時よきとき痛悔つうかいしたらんには、かかくるしみけざりしならん。しゅいはく、まづしきものくるしみとぼしきものなげきりて、われいまき、とらへられんとするものあやうからざるところかん』〔六節〕。訳者やくしゃあきらかなるすくひをなさん』〔シムマフ[1]〕となす。

よ、謙遜けんそんちから如何いかなるものなるかを。まづしきものここまづしきものとは痛悔つうかいこころあるものふ〕のちからかれくるしみためあたふるかみ保護ほごなり。言者げんしゃここまづしきもの生活せいかつおよ善行ぜんこうきてはず、ただかれくるしみかみかたむけてばつ復讐ふくしゅうとに鼓舞こぶするをふなり。いさみて陵辱はづかしめ耐忍たえしのぶはなんこころなるか、よ、如何いかかみせいにしてはづかしめらるるものためおもんばかるかを。こうかんとはかれためだいなる保護ほごとなる。愁嘆しゅうたんちからだいなり、このちからじょうしゃ佑助たすけべばなり。なんぢまづしきもの陵辱はづかしむるものおそるべし。なんぢけん財宝ざいほう金銭きんせんおよ裁判者さいばんしゃ懇切こんせつゆうするも、かれなにものよりもつよところ武器ぶき――愁嘆しゅうたん涕涙ているいおよ陵辱はづかしめ忍耐にんたいすることをゆうす、かれこの武器ぶきもってん佑助たすけおのれひきくるなり。この武器ぶきいえ破毀はきし、根底こんてい崩壊ほうかいし、がい絶滅ぜつめつし、全人民ぜんじんみん溺没できぼつせしめたり、せいにして陵辱はづかしめらるるもの愁嘆なげきちからなり。善良ぜんりょうなる貧者ひんしゃくるしみけていつ悪言あくげんをもいださず、ただなげきておのれこうときは、かみみづかかれ眷顧かえりたまふなり。とらへられんとするものあやうからざるところかん』とはなんなるか。こころは、われ勇敢いさましく顕然あらはに、明白あきらかかれ保護ほごせん、衆人しゅうじんこれらんためなりと。しかれども何時いつあきらかにすくはざることあるか。ときとしてはあきらかにすくはずしてひそかかにすくふことあり、かれひとほまれもとめざればなり。こころは、いま諸敵しょてき現然げんぜんとしてかれ攻撃こうげきし、あたかかみ佑助たすけゆうせざるものごとかれかなしましめ、かれ讒謗ざんぼうするにさいして、てきみづからも実験じっけんおいしゅ佑助たすけみとめ、これさとりて善良ぜんりょうなるものとならんがために、われあきらかにかれすくいてんとなり。しゅことばきよことばなり、いろりおいつちよりきよめられたるぎんなり』これことばまえべたることばとのあいだ如何いかなる連続つづきあるか。おおいなるしか直接ちょくせつ連続つづきあり。かれいはく、空言くうげんもしくは虚喝きょかつなりとおもなかれ、かみことばきよくしてあくとおざかればなり。熔解とかされたるぎんの、ぶつこんぜざるがごとく、かみ如何いかなることばぶるとも、そのことばかならなしげられざるべからず。ゆえいはいろりおいつちよりきよめられ、七次ななたびられたるぎんなり』〔七節〕と。

。 なんぢ言者げんしゃ如何いか物体ぶったいもって、かみいつわりなきこと、すなは眞理まこと表言いひあらはすをるか。反復はんぷく注意ちゅういして熔解ようかいこうし、くしてきよめたるぎんの、ごう物質ぶっしつこんぜざるがごとく、かみ表言いひあらはしまたくのごとし。しゅよ、なんぢわれたもち、われまもりて、このより永遠えいえんいたらん』〔八節〕。訳者やくしゃかれを』〔不明の訳者〕となし、第三だいさん訳者やくしゃこれまもりて、このより永遠えいえんいたらん』〔アキラ及びフェオドチオン[1]〕となす。ひとうち小人しょうじんかかきにあれば、悪者あくしゃほうめぐる』〔九節〕。訳者やくしゃめぐるをあゆまん』〔アキラ、シムマフ、フェオドチオン〕となす。しゅよ、なんぢわれたもち、われまもりて』よ、言者げんしゃ如何いかに『数々しばしばあるいこれなおへば『つねに』かみはしりきてかれより佑助たすけもとむるは、この佑助たすけだいなる能力のうりょくにして、如何いかなるときにもかぎられざるにるなり。こころは、なんぢえず吾人われら守護しゅごするによりて、吾人われら如何いかなるじんてきのことにも必要ひつようゆうせずとなり。悪者あくしゃほうめぐる』とはなんなるか。七十翻訳者ほんやくしゃやくればごととくせざるべからず、いはく、たと悪人あくにん吾人われらめぐるとも、吾人われらごうくるしみけざらん、なんぢ吾人われらまもり、吾人われらたかめて光栄こうえいなるものとなせばなりと。やくれば、ごととくせんことをようす、いはく、なんぢ賤卑いやしきひと諸子しょしたかむるときすなはなんぢ軽蔑けいべつせられ、およ卑微ひびなるものかぞへられたる吾人われらえいし、悪人あくにんとおざけ、これとき悪人あくにんとおざかると。たかきれば』とはなんなるか。これ換言かんげんすれば、なんぢひとなんぢたるものとなりほどこれなんぢたるものせり。しゅへり『吾人われらしょうぞうとによりてひとつくらん』〔創世記一の二十六〕と。かれてんりとは、吾人われらることなり、またてんうえにはかれよりうえなにもののなきがごとく、じょうにはその価値かちひとたるものなし。かれ吾人われらに『てんいまなんぢちちごとれ』〔マトフェイ福音五の四十五、四十八〕といひ、吾人われらに、吾人われらみづからのをすらつたへて『われへり、なんぢかみなり、なんぢみなじょうしゃなり』〔聖詠八十一の六(詩篇八十二の六)〕といふ、またわれなんぢをしてファラオンにおけることかみごとくならしむ』〔出埃及記七の一〕といへり。ればモイセイある天然てんねんぶつへんし、また或者あるものある天然てんねんぶつへんせり、かみ吾人われらおのれみづからをかみ殿みやすことをめいじたり。たとなんぢてんつくらざるも、かみ殿みやつくらん。てんこうあるは、其中そのうちかみ住居すまいたまふにる、まし吾人われらハリストスによりててんじゅうするをや、使徒しとへり『かれとも復活ふくかつせしめ、てんせしめたり』〔エフェス書二の六〕と。ハリストス吾人われらそのみづかししよりもおおすのけん吾人われらあたへたりいはく『おこなところことかれまたおこなはん、かつこれよりおおいなるものおこなはん』〔イオアン福音十四の十二〕と。旧約きゅうやくおいても或者あるものうみながれへんじ〔出埃及記十四の二十一或者あるもの太陽たいようささへ、つきとどまることをめいじ〔イイスス、ナウィン記(ヨシュア記)十の十三或者あるもの太陽たいようもどし〔第四列王記(列王記下)二十の十一いろりにある少年しょうねん自然しぜんりょくとどめ、激烈げきれつなる火焔ほのお動作はたらきをもうしなはしめて、しばられたるもののごと呻吟しんぎんせしめ〔ダニイル書三の二十三[5]猛獣もうじゅうかみともたっとぶべきをりておのれいたたるにもかかはらず、これがいせざりき〔ダニイル書六の二十二〕。口腹こうふく快楽かいらくけるものは、猛獣もうじゅうかか節制せっせいづべし。ししダニイル怜悧さかしものとなれり、れど吾人われらかみ吾人われらきたれるを怜悧さかしきものとはならざるなり。かれ聖者せいしゃからだれんよりは、むしえてなんと決心けっしんせり、れど吾人われらハリストスはだかとなり、またつかれたるをて、余分あまりあるものをすらこれわかたず、すなはゆたか生活せいかつしてしょ聖人せいじん蔑視べっしす。かみともたいして、後来こうらいかつてなかりしがごとほうなる贈物おくりものおのれふところより産出さんしゅつせり〔イオフ四十二の十〕。かれふくおよかげあくおよやまいためおそるべきものなりしときは、かれしんたっとばれたるやあやしむにらず〔使徒行傳五の十五、十九の十二〕。てん使かか人々ひとびと尊敬そんけいして、これ特別とくべつなる尊敬そんけいあらはせり〔創世記十八の十五、十九の三〕。ればかれしゅみづか尊敬そんけいあらはししところもの如何いかたっとばざるをんや。これ旧約きゅうやくにも新約しんやくにもありしことなり。ゆえ言者げんしゃひとうち小人しょうじんたかきれば、悪者あくしゃほうめぐる』ふ。れば吾人われらこのそんだいなるをおもひ、これため適当てきとうなる尊敬そんけいもっむくいん。ことなれる尊敬そんけいの、吾人われらためばつ発端ほったんとならざらんためなり。これをしふるものおよをしへらるるところ吾人われらは、みな光栄こうえいそん叩拝こうはい世々よよするところ吾人われらしゅイイスス ハリストスによりてすくはれん。アミン。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 投稿者注:アキラ(アキュラ)、シムマフ(シュンマコス)、フェオドチオン(テオドティオン)はヘブライ語聖書のギリシャ語訳の翻訳者。w:ヘクサプラを参照。
  2. 投稿者注:第十一聖詠せいえいへん第十二篇に相当する。
  3. 投稿者注:原文は創世記四の九となっているが明らかに六の九の誤りなので誤植と判断し訂正した。
  4. 投稿者注:ロマ書十六の七となっているが、この箇所は全く引証になっていないので、おそらく六章十三節の誤りだと思われる。訂正はしていない。
  5. 投稿者注:原文は使徒行実三の二十三となっているが、明らかにダニイル書の誤りなので訂正した。

参考[編集]

第十一聖詠せいえい
1 伶長れいちょう八絃はちげんがくもっこれうたはしむ。ダワィドのえい

2 しゅよ、われすくたまへ、けだしじんへたり、ひとうち忠信ちゅうしんものなし。

3 ひと各々おのおのとなりいつわりをひ、へつらくちにてふたごころよりふ。

4 しゅことごくのへつらくちほこたかぶるしたち、

5 ひて、したたん。くちわれともにあり、たれわれしゅたらんとものたん。

6 しゅいはく、まづしきものくるしみとぼしきものなげきにりて、われいまき、とらへられんとするものあやふからざるところかん。

7 しゅ言葉ことばきよ言葉ことばなり。いろりおいつちよりきよめられて、七次ななたびられたるぎんなり。

8 しゅよ、なんぢわれたもち、まもりて、より永遠えいえんいたらん。

9 ひとうち小人しょうじんたかきにれば、悪者あくしゃ四方よもめぐる。

へん第12篇(文語訳旧約聖書)

八音やつのねにあはせて伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

1 ああヱホバよたすけたまへ そはかみをうやまふひとはたえまことあるものはひとのなかより消失きえうするなり

2 ひとはみな虚偽いつはりをもてそのとなりとあひかたりなめらかなるくちびるとふたごころとをもてものいふ

3 ヱホバはすべてのなめらかなるくちびるとおほいなることをかたるしたとをほろぼしたまはん

4 かれらはいふ われらしたをもてかちをえん この口唇くちびるはわがものなりたれかわれらにしゆたらんやと

5 ヱホバのたまはく くるしむものかすめられまづしきものなげくがゆゑにわれいまたちてこれをそのしたひもとむる平安やすきにおかん

6 ヱホバのことばはきよきことばなり にまうけたるにてねり七次ななたびきよめたる白銀しろかねのごとし

7 ヱホバよなんぢはかれらをまもりこれをたすけてとこしへにこのたぐひよりまぬかれしめたまはん

8 ひとのなかにけがしきことのあがめらるるときは惡者あしきものここやかしこにあるくなり

(この節の出典:聖詠経 2版 国立国会図書館デジタルアーカイブ、旧新約聖書 : 引照附〔米国聖書協会〕 国立国会図書館デジタルアーカイブ)