正教要理問答/信経問答の二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答


問 信経しんけいの第二か條は如何いかとなへらるゝや

答 『またしんひとつしゅイイスス ハリストスかみ獨生どくせいよろづさきちちよりうまひかりよりのひかりまことかみよりのまことかみうまれしものにてつくられしにあらずちち一体いつたいにして萬物ばんもつかれつくられ』

問 この第二か條は如何いかなることをあらはさるゝや

答 聖三者せいさんしゃだい二位にいなるかみイイスス ハリストスのことをあらはさる

問 如何いかかみのことをあらはさるゝや

答 かれ神父かみちち独一子ひとりごにしてよろづさき神父かみちちよりうまひかりよりでしひかりまことかみよりでしまことかみつくられたるにあらうまれたるもの神父かみちち一体いったいにして萬物ばんもつみなかれにてつくられしことをあらはさる

問 何故なにゆえかみイイスス ハリストス信経しんけいおいしゅづけらるゝや

答 神父かみちちまことかみなるがごとかみまたまことかみなることをしめすがためなりそはしゅふのかみおなじなればなり

問 イイススふの如何いかなるこころなるや

答 すくものこころなり

問 何故なにゆえかみ救主すくひぬしづけらるゝや

答 われすくふがためくだわれ天国てんごくもんひらたまひたればなり

問 ハリストスふの如何いかなるこころなるや

答 あぶらけられたるものふのこころなり

問 何故なにゆえかみあぶらけられしものとはるゝや

答 かれその人性じんせいおいふか聖神せいしん恩恵めぐみたさるゝがゆえなり

問 かみほかあぶらけられしものはるゝものきや

答 昔時むかしエウレイ(ヘブライ)のたみうちにては国王こくわうさいちゃう言者げんしゃなどみなあぶらけられしものづけられたりしかしわれしゅイイスス ハリストスたふとこの三職さんしょくかねたもすなはかれわうたりさいちゃうたり言者げんしゃたるなり

問 何故なにゆえかみ独生どくせいづけらるゝや

答 かれ永遠えいえん神父かみちち本性ほんせいよりうまるゝひとりなるをもつてなり(イオアン一の十四聖書せいしょにはかみおそるゝただしものをも神の子とづくれどもかみ本性ほんせいにはあらずかみ優渥ゆうあくなる恩寵めぐみりてかみづけらるゝなり

問 かみ何時いつ神父かみちちよりうまれしや

答 よろづさきうまれたりすなは神父かみちち永遠えいえんいますがごとかれまた永遠えいえんいますなり

問 何故なにゆえかみちち一体いったいなるものづけらるゝや

答 かみ神父かみちち同体どうたいにしてかれちちとはひとつなればなり(イオアン十の三十

問 萬物ばんもつかれつくられとは如何いかなる意味こころなるや

答 『萬物ばんもつみなかみよりつくられ』たるをふなり

問 信経しんけいの第三か條は如何いかとなへらるゝや

答 『われ人々ひとびとためまたわれすくひのためてんよりくだ聖神せいしんおよどうていぢょマリヤよりひととなり』

問 この第三か條においては如何いかなることをあらはさるゝや

答 かみ人躰ひとのからだりしことをあらはさる

問 かみ如何いかやうにして人躰ひとのからだられしや

答 てんよりくだ聖神せいしん能力ちからより処女しょじょマリヤより人躰じんたいわれごとまったひととなりたり(つみなきのほかしかれどもかみたるをうしなひしにはあらず

問 如何いかなるあひときかみ処女しょぢょよりうまれしや

答 ロマの皇帝アウグストときてんせきしらぶ詔命のりでければユデヤたみみなせきのぼるが為におのおのその故郷ふるさとかへりたり処女しょぢょマリヤ聘定いいなづけおつとイヲシフせきのぼるがためその故郷ふるさとなるビフレムむらいたりしがいづれのいへみちふさがりて宿やどるべきいへなかりければてんの日にひつじひ入るゝ洞穴ほらあなうちあかしけりそのこの洞穴ほらあなうちにてわれしゅイイスス ハリストスうまたまへり

問 正教せいけうくわいせい童貞女どうていぢょマリヤ処女しょぢょたりしことについ如何いかおしへらるゝや

答 童貞女どうていぢょマリヤわれしゅイイスス ハリストスむのまへむのときみしのち処女しょぢょなりしことをおしゆるなり

問 せい童貞女どうていぢょマリヤささぐるもっと大切たいせつなるたうなになりや

答 『しゃうしん童貞女どうていぢょよろこべよ云々』『つねさいはひにして云々うんぬん』のたうなり

問 信経しんけいの第四か條は如何いかとなへらるゝや

答 『われためポンテイ ピラトときじふくぎうたれくるしみほうむられ』

問 この第四か條は如何いかなることをあらはさるゝや

答 われしゅイイスス ハリストスじふ字架じかつけられし事くるしみし事ほうむられし事をあらはさる

問 何故なにゆえかれくるしみてせしや

答 かれつみなくまたつみをかさざるものなれどもただわれがはりとなりてわれつみよりすくあがなふがためくるしみてたまへり

問 イイスス ハリストスかみにして如何いかくるしすることをるや

答 かれその神性しんせいおいしたるにあら人性じんせいおいしたるなりその神性しんせいいたりてはもとよりくるしみくることもすることもなきなり

問 イイスス ハリストス如何いかなるおもくるしみけられしや

答 おほくの悪人あくにん種々いろいろ手段しかたもつて彼をあざけののしり彼のかしらいばらかんむりかむらしめかれ二人ふたり盗賊ぬすびとあひだててじふ字架じかつけたり

問 何人なにびと何処いづこイイススしかばねほうむりしや

答 アリマヘヤイオシフへるとめただしひとありておのれ所有しょゆうするあたらしきはかイイススしかばねおさめたりしかるにさいちゃうピラトもとめてはかいし封印ふういん番兵ばんぺいつかはして厳重げんぢうけいしたり

問 われイイスス ハリストスつけられしすくひのじふ字架じかける信仰しんかう如何いかあらはすべきや

答 たうときそのあひときおのれじふ字架じか記号しるしをなしてその信仰しんかうあらはすべきなり

問 信経しんけいの第五か條は如何いかとなへらるゝや

答 『第三だいさんじつ聖書せいしょかなふてふくくわつし』

問 この第五か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 イイスス ハリストスより復活よみがへりしことをあらはさる

問 かれ如何いかやう復活よみがへりしや

答 死後しご三日みつか黎明よあけがたに(すなはち日曜日)だいなるしんありてかみ使つかひはかもんよりいしころばし其上そのうへ其時そのときイイスス ハリストスかみたるの光栄さかえあらはして復活よみがへれりはかを守りし番兵ばんぺいおそをののきてしたるものごとたほのちはしりてすべりしことをさいちゃうげしにかれ兵卒へいそつきんあたへてその弟子でしたちがひそかにイイススしかばねぬすみしごとふいちゃうせしめたり

問 イイスス ハリストスほかより復活よみがへりたるものありや

答 復活よみがへりしものあり例令たとへ旧約きうやくおい言者げんしゃイサイヤサレプタ寡婦やもめ復活よみがへらせ新約しんやくおいイイスス ハリストスラザルその人々ひとびと復活よみがへらしめたりしかれどもしゅイイスス ハリストス復活よみがへりしものごとほかものちからより復活よみがへりしにあらみづかかみ能力ちからもつ復活よみがへりしなり

問 何故なにゆえ信経しんけいには『聖書せいしょかなふて』とふのことばくはへられしや

答 しゅイイスス ハリストスひゃくねんぜん言者げんしゃそのくるしみの事の事復活よみがへりの事をげんせしがごとじつして復活よみがへりしを証明あかすがめなり(イイスス ハリストスくるしみくるげんイサイヤ八十章[1]復活ふくくわつげんは詩十五の十[2]しかし言者げんしゃイオナ三日みつかあひだくじらはらりしことはしゅ三日みつかあひだはかりしことのしゃうなり

問 信経しんけいの第六か條は如何いかとなへらるゝや

答 『てんのぼちちみぎし』

問 この第六か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 イイスス ハリストスてんのぼりしことをあらはさる

問 如何いかやうかれてんのぼりしや

答 しゅ復活よみがへりしのち四十日後に使徒でしたちイエルサリムよりエレオン山にみちびあげかれしゅくしゅくするときかれはなてんあげらるくもこれをうけえざらしめたり使徒でしたちおどろきててんあふたりしに白衣しろきころもたる二人ふたりひとありてかたはらひけるは爾曹なんぢらはなれててんあげられしこのイイスス爾曹なんぢらかれてんのぼるをたるそのごとまたたらんとかれこれをはいしていたよろこイエルサリムかへりたり

問 『ちちみぎし』とは如何いかなるこころなるや

答 かみイイスス ハリストス神父かみちち同等どうとう能力ちから光栄さかえたもつことをしめすなり

問 信経しんけいの第七か條は如何いかとなへらるゝや

答 『くわうえいあらはしてけるものせしもの審判さばきするためまたきた其國そのくにおはりなからんを』

問 この第七か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 イイスス ハリストスこのふたたのぞたまふ事公審判こうしんぱんの事およ永遠えいえんくにの事をあらはさる

問 イイスス ハリストスこのふたたのぞたまときまへこのりしときおなじきや

答 おほいことなれりさきにはわれつみよりすくふがためもっと卑賤いやしぶんもつくだりたれどもふたたのぞむのとき萬民よろづのひと審判さばくがためかみたるの光栄さかえあらはしてきたらるゝなり

問 かれことごとくのひと審判さばかるゝや

答 けるものせるものことごと審判さばかるゝなりしかしせるもの其時そのときいたりて復活よみがへらるゝなり

問 如何いかやう審判さばかるゝや

答 人々ひとびとそのおぼへあるすべてのつみはくじゃうただおこなひのみならずすべてのおもひのぞみまでもかみ使つかひ萬民よろづのひとまへ露出あらはさるゝなり

問 イイスス ハリストス人々ひとびと審判さばきするため何時いつきたらるゝや

答 其事そのこと人間にんげんのみならずかみ使つかひまたらずこれるはかみのみなりゆえわれつね警醒めをさましてそのようさざるべからず(マトフェイ二十五の十三

問 イイスス ハリストスこのふたたのぞたまときさきちてハリストス信者しんじゃため如何いかなるわざはひあるや

答 このアンチハリストスあらはるゝことなりアンチハリストスとはハリストスてきにしてハリストス信者しんじゃがいあたふることのみをつとむるものなりしかれどもついにはもっとおそろしきくるしみけてめつすべし

問 『そのくにおはりなからんを』とは如何いかなるくにすや

答 こう審判しんぱんのちきたらんとする永遠とこしへ光栄さかゆるくにふなり

脚注 [編集]

  1. 投稿者注:イザヤ80章としているのはイザヤ53章の誤りであると思われる。
  2. 投稿者注:聖詠十五の十は詩篇十六の十に相当。