正教要理問答/信経問答の三

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答


問 しんけいの第八か條はいかとなへらるゝや

答 『またしんせいしんしゅいのちほどこものちちよりちちおよともおがまれめられげんしゃもっかつひしを』

問 第八か條にはいかなることをあらはさるゝや

答 せいさんしゃの第三位なるせいしんのことをあらはさる

問 いかやうせいしんのことをあらはさるゝや

答 かれいのちほどこすのしゅにしてかみちちよりちちともどうとうをがまれかつげんしゃつげあたへたるものなることをあらはさる

問 なにゆえせいしんいのちほどこものなづけらるゝや

答 かればんもついのちあたことにんげんたましひいのちあたふればなり

問 『ちちよりで』とはいかなるこころなるや

答 このことばもっせいしんせいさんしゃくらいことなることをしめすなりすなはせいしんとくべつなるせいしつわれしゅイイスス ハリストスが『しんれいちちよりづ』(イオアン十五の二十六)とはれしごとかれかみちちよりづるがゆえなり

問 『げんしゃもっかつひしを』とはいかなるこころなるや

答 せいしんげんしゃたくしてつげあたへたるものなることをしめすなり

問 げんしゃとはいかなるひとびとなりや

答 かみつげけてみらいのことをげんきよおこなひして人々をおしみちびきしひとびとそれひとびとうちにてろくのこせしもののこさざりしものとありきろくのこせしものたとへげんしゃモイセイ ダビード イサイヤごとものなりまたきろくのこさざりしものたとへげんしゃイリヤおよそのでしエリセイごとものなり

問 せいしんささぐるもっとたいせつなるたうなになりや

答 『てんわうなぐさむるものうんぬん』のたうなり

問 せいしんいかなるすがたにてせいざうかたどらるゝや

答 はとかたちにてかたどらるそはイイスス ハリストスイオルダンかはにてせんれいけしときそのやうなるすがたにてあらはたまひしにるなり

問 しんけいの第九か條はいかとなへらるゝや

答 『われしんひとつせいなるおほやけなるしとけうくわいを』

問 この第九か條はいかなることをあらはさるゝや

答 けうくわいのことをあらはさる

問 教会とはいかなるものなりや

答 しゅイイスス ハリストスしんずるひとびとの社会を

問 そのやうなる社会すなはち教会はいくつなるや

答 ただひとつにしておほくあるべきにあらいかんとなれば教会はだいなるひとつぞくごときものにしてそのしゅじんひとしゅイイスス ハリストスのみなればなり

問 なにゆえに教会は『せいなるけうくわい』とづけらるゝや

答 教会をそしきするひとびとみなしゅイイスス ハリストスせいけつよりきよめられまたせいならんとしてますますすすゆえなり

問 なにゆえに教会は『おほやけなるくくわい』とづけらるゝや

答 教会はすべてのだいすべてのとちひとびとよりなりつものなればなり

問 なにゆえに教会は『しとけうくわい』とづけらるゝや

答 教会はせいしとよりけたるおしへかたまもまたせいしとらよりてられたるしゅけうもっおさめらるゝにるなり

問 せいしととはたれなりや

答 イイスス ハリストスよりすくひみちしょこくつたふるがためえらまれたるでしたちはじこれでしたちは十二人なりしがのちいたなほ七十にんこのしょくえらまれたりこのひとびとぶんいやしものにてたいていすなどりびとなりしがせいしんめぐみけてだいなるけうくわしゃとなりおほくはおしへためじゅんしたり

問 しんけいの第十か條はいかとなへらるゝや

答 『われみとひとつせんれいもっつみゆるしるを』

問 この第十か條はいかなることをあらはさるゝや

答 せんれいみつのことをはれたりしかれどもそのみつのこともふくめるなり

問 みつとはなになりや

答 かみめぐみかみちからえずしておこなはるゝところせいなるしきふなり

問 みついくつあるや

答 七つありすなはせんれいふこうせいたいつうくわいしんぴんこんぱいせいなり

問 われこれみつことごとくべきものなるや

答 第一より第四までのみつなにびとみなけざるべからずしかれどもそのみつだ教会にてひつえうみとむるものにのみさづけらるゝなり

問 せんれいとはいかなるみつなりや

答 まことかみおしへしんずるものちちせいしんよりたび水にひたされこれよりあたらしきものうまかはるなり

問 せんれいときだいふぼつるはなにためなりや

答 そのだいふぼかみまへかたやくそくててせんれいけしものしんかうひんかうかんとくするがためなり

問 せんれいけしものはくするはなにしるしなりや

答 せんれいけしものつみよりきよめられししるしあらはすなり

問 せんれいけしものくびじふじかくるはなんためなりや

答 じふじかつけられしハリストスしんずるによりすくひることをおくせしむるがためなり

問 なにゆえしんけいには『われみとせんれい』とはずして『ひとつの』とへることばくはへられたるや

答 たれひとたびただしくせんれいけたるときけっしてふたたせんれいくべからずことをしめすがためなり

問 ふこうみつとはいかなるみつなるや

答 せんれいけしものせいしんおんちょうしるしふのことばもっせいかうつけられこれよりぜんかうすすむのおんちょうあたへらるゝなり

問 からだいかなるぶんせいかうけらるゝや

答 ちえおもひせいにするがためひたひあぶらこころねがひせいにするがためむねあぶらかんかくせいにするがためみみくちあぶらちからせいにするがために手および足にあぶらけらるゝなり

問 せいかうせいとはいかなるちがひあるや

答 せいかういろいろはつかうさうかうれうよりなりしゅけうたうかうふくよりせいにせられせいつうじやうもくよりなりさいたうかうふくりてせいせらるゝものなり

問 せいたいみつとはいかなるみつなりや

答 ぱんだうしゅかたちうちハリストスまことからだこれよりイイスス ハリストスたいがふえいえんいのちあづかるものとなるなり

問 せいたいみつけんとするものいかおのれしたくすべきや

答 せいたいみつけんとするものしやうじんをなしせいだうおよたくおいもっぱたうをなしてすべてのひとざんをなすべきなり

問 われたびたびせいたいみつくべきや

答 すくなくとも一年のうちいちぜひともくべきなりしからざればまことハリステアニンとはづけられざるなり

問 せいたいみついかなるたうれいもっおこなはるゝや

答 せいたいれいたうもっおこなはるゆえこのたうたうよりもなほいつそうたいせつなるものなり

問 せいたいれいせいたいみつおこなふのほかなにたいせつなることありや

答 しゅイイスス ハリストスいちだいきおくすることなり

問 そのおくすることがらなになりや

答 せいじょよりよりふくいんけいささげてづるはわれしゅイイスス ハリストスふくいんのべつたふるがためたまひしことをおくするなりまたせいぶつもちせいじょすすえいたいが『われつつしんヘルビムうんぬん』のえいすはわれしゅイイスス ハリストスわれつみよりすくふがためあまんじてくるしみたまひしことをおくするなりまたせいえきしゃみつおこなせいたいくるはわれしゅイイスス ハリストスそのでしたちともみつばんさんおこなひしことをおくするなりまたせいぶつげてしゅうしめさいが『かみおそるゝのこころしんとをもっちかづききたれ』とぶはよりよみがへりしわれしゅイイスス ハリストスそのでしたちあらはれたまひしことをおくするなりおはりにせいぶつしゅうしめさいかうせいにて『いまいつよよに』としかしせいぶつほうよりさいだいうつすはわれしゅイイスス ハリストスてんのぼたまひしことをおくするなり

問 つうくわいみつとはいかなるみつなりや

答 せんれいけしのちつみをかせしものそのつみさいまへべてかみよりそのつみゆるしくるなり

問 つうくわいみつけんとするものいかなることをすべきや

答 じぶんつみおもしてふかざんいままでのおこなひをあらためてきよらかなるおこなひすのけっしんすべきなり

問 教会にはつうくわいするものあしならはしおよおもつみらすのしかたありや

答 しょくあるひけうせいばつづくるしかたありすなはそのものばつそくめいじておこなひあらためしむるなりたとへどんらんなるものにはほどこしめいにくよくはげしきものにはだんじきめいおもつみをかせしものにはせいたいみつゆるさざるなどなり

問 しんぴんみつとはいかなるみつなりや

答 ただしくえらばれたるものしゅけうあんしゅれいもっみつおこなしんじゃぼくするのおんちょうあたへらるゝなり

問 しんぴんしょくかいきふいくつあるや

答 三つありすなはしゅけうさいさいなり

問 この三つのしょくいかなるべつあるや

答 さいみつおこなしんじゃぼくすることにおいさいほじょしかれどもみづかみつおこなふことあたはずさいみづかみつおこなしんじゃぼくしゅけうみつおこなしんじゃぼくするのみならずまたこれおこなふのしんぴんしょくつるのけんをもたもつなり

問 そのしんぴんしょくたとへそうしゅけうしゅけうだいしゅけうさいちゃうやはしんぴんしょくとくべつなるかいきふなりや

答 これしんぴんしょくとくべつなるかいきふにあらずだ三つのしんぴんしょくのうちにぞくするものなりたとへそうしゅけうしゅけうだいしゅけうしょくやはしゅけうしょくぞくしゃういんさいちゃうしょくやはさいしょくぞくし、さいちゃうやはさいぞくするなりそのほか教会のひくしょくいんたとへえいたいしゃしょうけいしゃだうえきしゃなどしんぴんしょくかいきふぞくせざるものなり

問 こんぱいみついかなるみつなりや

答 はなむこはなよめじゆうやくそくせしのちせいだうおいかみまへふうちぎりをむすいつしゃうあひだたがひむつまじくふやこれかみいましめしたがつて教育するためかうふくせらるゝなり

問 せいみついかなるみつなりや

答 たうもっめるものあぶらたましひからだやまひいやすのめぐみあたへらるゝなり

問 しんけいの第十一か條はいかとなへらるゝや

答 『われのぞししゃふくくわつ

問 しんけいの第十一か條にはいかなることをあらはさるゝや

答 しゃよみがへりのことをあらはさる

問 しゃよみがへりとはなんぞや

答 しゃたましひぜんからだがつしてえいえんせざるものとなることなり

問 よみがへりたるのちからだいまからだおなじきや

答 しからずわれいまからだじゆうにしてやまひありあれどもよみがへりたるのちからだゆうにしてやまひもなくすることもなきなり

問 しゃたましひよみがへりときまでいかなるありさまにてるや

答 じんたましひあらかじやすみさいはひありさまざいにんたましひあらかじくるしみなげきありさまるなり

問 くいあらためかなへるむすばずしてしたるひとうんめいかろからしむるしかたありや

答 たうほどこしことかれためけつさいけんずることなどなり

問 しんけいの第十二か條はいかとなへらるゝや

答 『ならびらいせいいのちを アミン』

問 この第十二か條にはいかなることをあらはさるゝや

答 こうしんぱんのちきたらんとするえいえんいのちのことをあらはさる

問 それはいかなるいのちなりや

答 じんためにはもっとよろこばしきさいはひなるいのちなりまたざいにんためにはもっとくるしきあはれなるいのちなり

問 つぎかみじっかいとはなんぞや

答 かみじっかいとはぶるじふでうかいめいなり