正教要理問答/信経問答の三

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答


問 信経しんけいの第八か條は如何いかとなへらるゝや

答 『またしんせいしんしゅいのちほどこものちちよりちちおよともおがまれめられげんしゃもっかつひしを』

問 第八か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 聖三者せいさんしゃの第三位なる聖神せいしんのことをあらはさる

問 如何いかやう聖神せいしんのことをあらはさるゝや

答 かれ生命いのちほどこすのしゅにして神父かみちちよりちちとも同等どうとうをがまれかつ言者げんしゃ啓示つげあたへたるものなることをあらはさる

問 何故なにゆえ聖神せいしん生命いのちほどこものなづけらるゝや

答 かれ萬物ばんもつ生命いのちあたこと人間にんげんたましひ生命いのちあたふればなり

問 『ちちよりで』とは如何いかなるこころなるや

答 このことばもっ聖神せいしん聖三者せいさんしゃくらいことなることをしめすなりすなは聖神せいしん特別とくべつなる性質せいしつわれしゅイイスス ハリストスが『しんれいちちよりづ』(イオアン十五の二十六)とはれしごとかれ神父かみちちよりづるがゆえなり

問 『言者げんしゃもっかつひしを』とは如何いかなるこころなるや

答 聖神せいしん言者げんしゃたくして啓示つげあたへたるものなることをしめすなり

問 言者げんしゃとは如何いかなる人々ひとびとなりや

答 かみ啓示つげけて未来みらいのことをげんきよおこなひして人々をおしみちびきし人々ひとびとそれ人々ひとびとうちにてろくのこせしもののこさざりしものとあり記録きろくのこせしもの例令たとへ言者げんしゃモイセイ ダビード イサイヤごとものなりまた記録きろくのこさざりしもの例令たとへ言者げんしゃイリヤおよその弟子でしエリセイごとものなり

問 聖神せいしんささぐるもっと大切たいせつなるたうなになりや

答 『てんわうなぐさむるもの云々うんぬん』のたうなり

問 聖神せいしん如何いかなる姿すがたにて聖像せいざうかたどらるゝや

答 はとかたちにてかたどらるそはイイスス ハリストスイオルダンかはにて洗礼せんれいけしとき其様そのやうなる姿すがたにてあらはたまひしにるなり

問 信経しんけいの第九か條は如何いかとなへらるゝや

答 『われしんひとつせいなるおほやけなる使徒しとけうくわいを』

問 この第九か條は如何いかなることをあらはさるゝや

答 教会けうくわいのことをあらはさる

問 教会とは如何いかなるものなりや

答 しゅイイスス ハリストスしんずる人々ひとびとの社会を

問 其様そのやうなる社会すなはち教会は幾何いくつなるや

答 唯一ただひとつにしておほくあるべきにあら如何いかんとなれば教会はだいなるひとつぞくごときものにしてその主人しゅじんひとしゅイイスス ハリストスのみなればなり

問 何故なにゆえに教会は『せいなる教会けうくわい』とづけらるゝや

答 教会を組織そしきする人々ひとびとみなしゅイイスス ハリストス聖血せいけつよりきよめられまたせいならんとして益々ますますすすゆえなり

問 何故なにゆえに教会は『おほやけなる教会くくわい』とづけらるゝや

答 教会はすべてのだいすべての土地とち人々ひとびとよりなりつものなればなり

問 何故なにゆえに教会は『使徒しと教会けうくわい』とづけらるゝや

答 教会はせい使徒しとよりけたるおしへかたまもまたせい使徒等しとらよりてられたる主教しゅけうもっおさめらるゝにるなり

問 せい使徒しととはたれなりや

答 イイスス ハリストスよりすくひみち諸国しょこくつたふるがためえらまれたる使徒でしたちはじこれ使徒でしたちは十二人なりしがのちいたなほ七十にん此職このしょくえらまれたりこの人々ひとびとぶんいやしものにて大抵たいてい漁夫すなどりびとなりしが聖神せいしんめぐみけてだいなる教化者けうくわしゃとなりおほくはおしへためじゅんしたり

問 信経しんけいの第十か條は如何いかとなへらるゝや

答 『われみとひとつ洗礼せんれいもっつみゆるしるを』

問 この第十か條は如何いかなることをあらはさるゝや

答 洗礼せんれいみつのことをはれたりしかれどもそのみつのこともふくめるなり

問 みつとはなになりや

答 かみ恩寵めぐみかみ能力ちからえずしておこなはるゝところせいなるしきふなり

問 みつ幾何いくつあるや

答 七つありすなは洗礼せんれい傅膏ふこう聖体せいたい痛悔つうくわい神品しんぴん婚配こんぱいせいなり

問 われこれみつことごとくべきものなるや

答 第一より第四までのみつ何人なにびとみなけざるべからずしかれどもそのみつだ教会にて必要ひつえうみとむるものにのみさづけらるゝなり

問 洗礼せんれいとは如何いかなるみつなりや

答 まことかみおしへしんずるものちち聖神せいしんよりたび水にひたされこれよりあたらしきものうまかはるなり

問 洗礼せんれいときだい父母ふぼつるはなにためなりや

答 そのだい父母ふぼかみまへかた約束やくそくてて洗礼せんれいけしもの信仰しんかう品行ひんかう監督かんとくするがためなり

問 洗礼せんれいけしものはくするはなにしるしなりや

答 洗礼せんれいけしものつみよりきよめられししるしあらはすなり

問 洗礼せんれいけしものくびじふ字架じかくるはなんためなりや

答 じふ字架じかつけられしハリストスしんずるによりすくひることをおくせしむるがためなり

問 何故なにゆえ信経しんけいには『われみと洗礼せんれい』とはずして『ひとつの』とへることばくはへられたるや

答 たれ一度ひとたびただしく洗礼せんれいけたるときけっしてふたた洗礼せんれいくべからずことをしめすがためなり

問 傅膏ふこうみつとは如何いかなるみつなるや

答 洗礼せんれいけしもの聖神せいしん恩寵おんちょう印記しるしふのことばもっ聖膏せいかうつけられこれより善行ぜんかうすすむの恩寵おんちょうあたへらるゝなり

問 身体からだ如何いかなるぶん聖膏せいかうけらるゝや

答 智慧ちえ思慮おもひせいにするがためひたひあぶら心情こころ願望ねがひせいにするがためむねあぶら感覚かんかくせいにするがためみみくちあぶら能力ちからせいにするがために手および足にあぶらけらるゝなり

問 聖膏せいかうせいとは如何いかなる区別ちがひあるや

答 聖膏せいかう種々いろいろ発香草はつかうさう香料かうれうよりなり主教しゅけうたう降福かうふくよりせいにせられせい通常つうじやうもくよりなりさいたう降福かうふくりてせいせらるゝものなり

問 聖体せいたいみつとは如何いかなるみつなりや

答 ぱんだうしゅかたちうちハリストスまことからだこれよりイイスス ハリストス体合たいがふ永遠えいえん生命いのちあづかるものとなるなり

問 聖体せいたいみつけんとするもの如何いかおのれ准備したくすべきや

答 聖体せいたいみつけんとするもの精進しやうじんをなし聖堂せいだうおよたくおいもっぱたうをなしてすべてのひとざんをなすべきなり

問 われ度々たびたび聖体せいたいみつくべきや

答 すくなくとも一年のうちいち是非ぜひともくべきなりしからざれば真実まこと正教信徒ハリステアニンとはづけられざるなり

問 聖体せいたいみつ如何いかなるたうれいもっおこなはるゝや

答 聖体せいたいれいたうもっおこなはるゆえこのたうたうよりもなほ一層いつそう大切たいせつなるものなり

問 聖体せいたいれい聖体せいたいみつおこなふのほかなに大切たいせつなることありや

答 しゅイイスス ハリストス一代いちだい記憶きおくすることなり

問 そのおくする事柄ことがらなになりや

答 聖処せいじょよりより福音経ふくいんけいささげてづるはわれしゅイイスス ハリストス福音ふくいん宣傳のべつたふるがためたまひしことをおくするなりまた聖物せいぶつもち聖処せいじょすす詠隊えいたいが『われつつしんヘルビム云々うんぬん』のえいすはわれしゅイイスス ハリストスわれつみよりすくふがためあまんじてくるしみたまひしことをおくするなりまた聖役者せいえきしゃみつおこな聖体せいたいくるはわれしゅイイスス ハリストスその使徒でしたちともみつ晩餐ばんさんおこなひしことをおくするなりまた聖物せいぶつげてしゅうしめさいが『かみおそるゝのこころしんとをもっちかづききたれ』とぶはより復活よみがへりしわれしゅイイスス ハリストスその使徒でしたちあらはれたまひしことをおくするなりおはりに聖物せいぶつしゅうしめさい高声かうせいにて『いま何時いつ世々よよに』としかし聖物せいぶつほうより祭台さいだいうつすはわれしゅイイスス ハリストスてんのぼたまひしことをおくするなり

問 痛悔つうくわいみつとは如何いかなるみつなりや

答 洗礼せんれいけしのちつみをかせしものそのつみさいまへべてかみより其罪そのつみゆるしくるなり

問 痛悔つうくわいみつけんとするもの如何いかなることをすべきや

答 自分じぶんつみおもしてふかざんいままでのおこなひをあらためてきよらかなるおこなひすの決心けっしんすべきなり

問 教会には痛悔つうくわいするものあし習慣ならはしおよおもつみらすの方法しかたありや

答 しょくあるひ矯正けうせいばつづくる方法しかたありすなは其者そのもの罰則ばつそくめいじておこなひあらためしむるなり例令たとへ貪婪どんらんなるものには施済ほどこしめい肉慾にくよくはげしきものには断食だんじきめいおもつみをかせしものには聖体せいたいみつゆるさざるなどなり

問 神品しんぴんみつとは如何いかなるみつなりや

答 ただしくえらばれたるもの主教しゅけう按手あんしゅれいもっみつおこな信者しんじゃぼくするの恩寵おんちょうあたへらるゝなり

問 神品しんぴんしょく階級かいきふ幾何いくつあるや

答 三つありすなは主教しゅけうさいさいなり

問 この三つのしょく如何いかなるべつあるや

答 さいみつおこな信者しんじゃぼくすることにおいさい補助ほじょしかれどもみづかみつおこなふことあたはずさいみづかみつおこな信者しんじゃぼく主教しゅけうみつおこな信者しんじゃぼくするのみならずまたこれおこなふの神品しんぴんしょくつるのけんをもたもつなり

問 その神品しんぴんしょく例令たとへ総主教そうしゅけう主教しゅけう大主教だいしゅけうさいちゃう矢張やは神品しんぴんしょく特別とくべつなる階級かいきふなりや

答 これ神品しんぴんしょく特別とくべつなる階級かいきふにあらずだ三つの神品しんぴんしょくのうちにぞくするものなり例令たとへ総主教そうしゅけう主教しゅけう大主教だいしゅけうしょく矢張やは主教しゅけうしょくぞく掌院しゃういんさいちゃうしょく矢張やはさいしょくぞくし、さいちゃう矢張やはさいぞくするなり其外そのほか教会のひく職員しょくいん例令たとへ詠隊者えいたいしゃ誦経者しょうけいしゃ堂役者だうえきしゃなど神品しんぴんしょく階級かいきふぞくせざるものなり

問 婚配こんぱいみつ如何いかなるみつなりや

答 新郎はなむこ新婦はなよめ自由じゆう約束やくそくせしのち聖堂せいだうおいかみまへふうちぎりをむす一生いつしゃうあひだたがひむつまじくふやこれかみいましめしたがつて教育するため降福かうふくせらるゝなり

問 せいみつ如何いかなるみつなりや

答 たうもっめるものあぶらたましひからだやまひいやすの恩賜めぐみあたへらるゝなり

問 信経しんけいの第十一か條は如何いかとなへらるゝや

答 『われのぞ死者ししゃ復活ふくくわつ

問 信経しんけいの第十一か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 しゃ復生よみがへりのことをあらはさる

問 しゃ復生よみがへりとはなんぞや

答 しゃたましひぜんからだがつして永遠えいえんせざるものとなることなり

問 復活よみがへりたるのちからだ現在いまからだおなじきや

答 しからずわれ現在いまからだ自由じゆうにしてやまひありあれども復活よみがへりたるのちからだゆうにしてやまひもなくすることもなきなり

問 しゃたましひ復活よみがへりときまで如何いかなる有様ありさまにてるや

答 じんたましひあらかじ安息やすみ福楽さいはひ境遇ありさま罪人ざいにんたましひあらかじ苦痛くるしみ哀哭なげき境遇ありさまるなり

問 悔改くいあらためかなへるむすばずしてしたるひと運命うんめいかろからしむる方法しかたありや

答 たう施済ほどこしことかれためけつさいけんずることなどなり

問 信経しんけいの第十二か條は如何いかとなへらるゝや

答 『ならび来世らいせい生命いのちを アミン』

問 この第十二か條には如何いかなることをあらはさるゝや

答 公審判こうしんぱんのちきたらんとする永遠えいえん生命いのちのことをあらはさる

問 それは如何いかなる生命いのちなりや

答 じんためにはもっとよろこばしきさいはひなる生命いのちなりまた罪人ざいにんためにはもっとくるしきあはれなる生命いのちなり

問 つぎかみ十誡じっかいとはなんぞや

答 かみ十誡じっかいとはぶるじふでう誡命かいめいなり