朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

原文[編集]

英人ハ既ニ巨文島ヲ占領シテ海軍ノ根據ヲ作リ露人ハ穆仁徳モルレンドルフト謀シ合セテ陸地ヨリ侵入スルノ用意ヲ爲シ朝鮮國獨立ノ運命モ旦夕ニ迫リタルモノト云フ可シ扨コノ國ガイヨ/\滅亡スルモノトシテ考レバ國ノ王家タル李氏ノタメニハ誠ニ氣ノ毒ニシテ又其直接ノ臣下タル貴族士族ノタメニモ甚タ不利ナリト雖トモ人民一般ノ利害如何ヲ論スルトキハ滅亡コソ寧ロ其幸福ヲ大ニスルノ方便ナリト云ハザルヲ得ズ抑モ天地間ニ生々スル人間ノ身ニ最モ大切ナルモノハ榮譽ト生命ト私有ト此三ツノモノニシテ爰ニ一國ヲ立テヽ政府ヲ設ルハ此三者ヲ保護スルガ爲ナリ人ノ物ヲ盜ム者アレバ國法ヲ以テ之ヲ罰シ、借リテ返サズ欺テ取ラントスル者アレバ法ニ據テ裁判ス、私有ノ保護ナリ、人ヲ殺シ又傷ル者アレバ之ヲ刑ニ處ス、生命ノ保護ナリ、又榮譽ニハ内外二樣ノ別アリテ内國ノ人民相互ニ貴賤貧富ノ別ハアレトモ其國民タルノ權利ハ同等ナルガ故ニ人爲ノ爵位身分ナド云フ虚名ヲ張テ漫ニ人ヲ輕侮スルヲ許サズ若シモ犯ス者アレバ法ニ由テ罰セラルヽカ又ハ社會ニ對シテ笑ヲ取ル、内ノ榮譽ヲ保護スルモノナリ、又外ノ榮譽トハ獨立ノ外交交際ヲ政府ニ任シ政府ノ當局者ガ諸外國ニ對シテ我國權ヲ擴張シ毛頭ノ事ニモ榮辱ヲ爭フテ以テ自國ノ人民ヲシテ獨立國民タルノ体面ヲ全ウセシメ以テ政府ガ人民ニ對スルノ義務ヲ盡ス、即チ外ノ榮譽ヲ保護スルモノナリ、斯クアリテコソ國民モ一政府ノ下ニ立テ之ニ奉スルノ甲斐アルヿナレトモ今朝鮮ノ有樣ヲ見ルニ王室無法、貴族跋扈、税法サヘ紊亂ノ極ニ陷リテ民ニ私有ノ權ナク啻ニ政府ノ法律不完全ニシテ無辜ヲ殺スノミナラズ貴族士族ノ輩ガ私慾私怨ヲ以テ私ニ人ヲ勾留シ又ハ傷ケ又ハ殺スモ人民ハ之ヲ訴ルニ由ナシ又ソノ榮譽ノ一點ニ至テハ上下ノ間殆ト人種ヲ殊ニスルガ如クニシテ苟モ士族以上直接ニ政府ニ縁アル者ハ無限ノ權威ヲ恣ニシテ下民ハ上流ノ奴隸タルニ過ギズ、人民ハ既ニ斯クマデニ内ニ輕蔑セラレテ尚其外ニ對シテ獨立國民タルノ榮譽如何ヲ尋レバ復タ云フニ忍ヒザルモノアリ政府ハ王室ノタメ又人民ノタメニ外國ノ交際ヲ司トリナガラ世界ノ事情ヲ解セズ、文明ノ風潮ヲ知ラズ、如何ナル外患ニ當リ如何ナル國辱ヲ被ルモ恬トシテ感覺ナキモノヽ如クシテ曾テ憂苦ノ色ナク唯其忙ハシクスル所ハ朝臣等ガ權力榮華ヲ政府ニ爭フニ在ルノミ朋黨相分レテ甲是乙非、ソノ議論樣々ナレトモ歸スル所ノ目的ハ唯一身ノ爲ニスルモノニシテ此輩ノ内實ヲ評スレバ身ヲ以テ國事ニ役スルニ非ズシテ國事ヲ弄シテ私ノ名利ノ媒介ニ用ルモノト云ハザルヲ得ズ、支那ニ屬邦視セラルヽモ汚辱ヲ感セズ、英人ニ土地ヲ奪ハルヽモ憂患ヲ知ラズ、啻ニ此邊ニ無感覺ナルノミナラズ或ハ國ヲ賣リテモ身ニ利スル所アレバ憚ラザルモノヽ如シ即チ彼ノ事大黨ノ輩ガ只管支那ニ事ヘントシ、又韓圭穆李祖淵閔泳穆ノ流ガ私ニ露政府ニ通シテ爲スヿアラント企テタルガ如キ、身アルヲ知テ國アルヲ知ラザルモノナリ故ニ朝鮮人ガ獨立ノ一國民トシテ外國ニ對スルノ榮譽ハ既ニ地ヲ拂フテ無ニ歸シタルモノナリ人民夢中ノ際ニ國ハ既ニ賣ラレタルモノナリ而シテ其賣國者ハ何處ニ在ルト尋レバ政府自カラ此事ヲ爲セリ左レバ朝鮮ノ人民ハ内ニ居テ私有ヲ護ルヲ得ズ生命ヲ安クスルヲ得ズ、又榮譽ヲ全ウスルヲ得ズ、即チ國民ニ對スル政府ノ功徳ハ一モ被ラズシテ却テ政府ニ害セラレ尚ソノ上ニモ外國ニ向テ獨立ノ一國民タル榮譽ヲモ政府ニ於テ保護スルヲ得ズ實ニ以テ朝鮮國民トシテ生々スル甲斐モナキヿナレバ露ナリ英ナリ其來テ國土ヲ押領スルガマヽニ任セテ露英ノ人民タルコソ其幸福ハ大ナル可シ他國政府ニ亡ボサルヽトキハ亡國ノ民ニシテ甚タ樂マズト雖トモ前途ニ望ナキ苦界ニ沈沒シテ終身内外ノ耻辱中ニ死センヨリモ寧ロ强大文明國ノ保護ヲ被リ、セメテ生命ト私有トノミニテモ安全ニスルハ不幸中ノ幸ナラン手近ク其一證ヲ示サンニ過般來英人ガ巨文島ヲ占領シテ其全島ヲ支配シ工事アレバ島民ヲ使役シ犯罪人アレバ之ヲ罰スル等全ク英國ノ法ヲ施行スル其有樣ヲ見レバ巨文島ハ一區ノ小亡國ニシテ島民ガ獨立國民タルノ榮譽ハ既ニ盡キ果テタレトモ(是レマデトテモ獨立ノ實ナケレバ其榮譽モナシ)唯コノ一事ノミヲ度外ニ置テ他ノ百般ノ利害如何ヲ察スレバ英人ガ工事ニ役スレバ必ズ賃錢ヲ拂ヒ、其賃錢ヲ貯蓄スレバ更ニ掠奪セラルヽノ心配モナシ、人ヲ殺シ人ニ傷ルニ非ザレバ死刑ニ行ハレ又幽囚セラルヽコトモナシ先ツ以テ安心ナリト云フ可シ固ヨリ英人トテモ温良ノ君子ノミニ非ズ時トシテハ殘刻ナル處置モアル可シ或ハ疳癪ニ乘シテ人ヲ笞ツ等ノ事モアル可シト雖トモ之ヲ朝鮮ノ官吏貴族等ガ下民ヲ犬羊視シテ其肉體精神ヲ窘メテ又隨テ其膏血ヲ絞ル者ニ比スレバ同日ノ論ニ非ズ既ニ今日ニ於テ青陽縣ノ管内巨文島ノ人民七百名ハ仕合セモノナリトテ他ニ羨マルヽ程ノ次第ナリト云フ惡政ノ餘弊民心ノ解体シタルモノニシテ是非モナキヿナリ故ニ我輩ハ朝鮮ノ滅亡其期遠カラザルヲ察シテ一應ハ政府ノタメニ之ヲ弔シ顧ミテ其國民ノ爲ニハ之ヲ賀セント欲スル者ナリ

明治18年(1885年)8月13日

現代訳[編集]

ウィキソースを初出とする翻訳  この翻訳(現代語訳を含む)はウィキソースを初出とするものであり、出版などの一般的な過程を経ることによる査読を受けていません。ウィキソースはこの翻訳の品質を保証しません。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。

 

イギリスはすでに巨文島を占領して海軍の根拠地を造り、ロシアはモルレンドルフとしめし合わせて陸上から侵入する用意をし、朝鮮国独立の運命も夕べに迫ったといえる。さてこの国がいよいよ滅亡するものとして考ると、国の王家たる李氏にとっては誠に気の毒であり、またその直接の臣下である貴族や士族にとっても甚だ不利益とはいえ、国民一般の利益を論ずるならば、滅亡こそがむしろ国民の幸福を向上するための方便だといわざるを得ない。

そもそもこの世に生きる人間に最も大切なものは栄誉、生命、私有財産の三つであり、国を建てて政府を作るのはこの三つを保護するためである。人の物を盗む者があれば国が法律で罰し、借りて返さず騙して奪おうとする者があれば法律で裁くのが私有財産の保護である。人を殺し傷つける者があれば刑に処すのが生命の保護である。また栄誉には国内と国外の二種類があり、国内において人間に貴賎、貧富の差はあっても、国民としての権利は同等であるため、爵位や身分などという虚名でみだりに人を軽侮することは許されず、もし犯す者があれば法律で罰せられるか、社会の嘲笑をかうことにより国内での栄誉が保護されるのである。国外の栄誉とは、独立した外交関係を政府に一任し、政府の当局者は諸外国に対して国権を拡張し、小事でも名誉を争うことにより自国民に独立国民たる体面を全うさせ、政府が国民に対する義務を尽くすことで、国外の栄誉を保護するのである。

このようであってこそ国民もその政府の下に従う甲斐もあるが、現在の朝鮮の状況をみれば王室の無法、貴族の跋扈、税法さえ紊乱の極に陥り、民衆に私有財産の権利はなく、政府の法律は不完全であり、罪なくして死刑になるだけでなく、貴族や士族の輩が私欲や私怨によって私的に人間を拘留し、傷つけ、または殺しても、国民は訴える方法がない。またその栄誉の点にいたっては、身分の上下間ではほとんど異人種のようであり、いやしくも士族以上で直接に政府に縁がある者は無制限に権威をほしいままにして、下民は上流の奴隷であるに過ぎない。すでに国民はこのように国内では軽蔑され、なおその国外に対して独立国民としての栄誉はどうかと尋ねられるなら、答えるのも忍びない。

政府は王室のため、また国民のために外国との関係を担当しながら、世界情勢を理解せず、文明の風潮を知らず、どのような外患に遭い、どのような国辱を被ろうとも、全く無感覚であり、憂苦なく力を注ぐのは朝臣らによる政府内の権力や栄華の争いだけである。朋党相分かれてその議論は実にさまざまだが、帰するところの目的は私的な利益だけであり、この人々の内実を評すれば、一身を国のための仕事に捧げるのではなく、国の仕事を弄することで一身の利益のために利用するものといわざるを得ない。中国に属領視されても汚辱を感じず、イギリスに土地を奪われても憂患を知らず、ただそのように無感覚なだけでなく、あるいは国を売っても私的に利益があれば憚らないもののようである。すなわちかの事大党の輩がいちずに中国に従おうとし、また韓圭穆、李祖淵、閔泳穆の一派が私的にロシア政府と内通して物事を運ぼうとしているようなことは、自分のことを考えて国のことを考えないものである。ゆえに朝鮮人の独立した一国民としての外国に対する栄誉は、既に地を払って無に帰したのである。国民が夢の中にいた際に、国はすでに売られたのである。そしてその売国者はどこにいると尋ねられるならば、政府自からそのことをしたのである。

したがって朝鮮の国民は国内において私有財産を守ることができず、生命を安んずることができず、また栄誉を全うすることができず、すなわち政府による国民に対する功徳は一つも得られず、かえって害され、なおその上に外国に向けて独立した一国民としての栄誉をも政府からは保護されていない。実にもって朝鮮国民として生きる甲斐もないことだから、ロシアなりイギリスなりが来て国土を押領するがままに任せて、ロシアやイギリスの国民になる方が幸福である。他国政府に亡ぼされるときは亡国の民でありはなはだ喜べないことだが、前途に望みのない苦界に沈没して終身を国内外の恥辱の中に死ぬよりは、むしろ強大文明国の保護を被りせめて生命と私有財産だけでも安全を得ることは不幸中の幸になるだろう。

身近な証拠を挙げると、このところイギリスが巨文島を占領してその全島を支配し、工事があれば島民を使役し、犯罪人があればこれを罰するなど、全くイギリスの法律を施行するその状況を見れば、巨文島は一区の小亡国であり島民が独立国民たるの栄誉は既に尽き果てたが(これまでも独立の実なくその栄誉もない)、ただこの一事のみを度外視して他の百般の利益がどうかと察すれば、イギリスの工事に役すれば必ず賃銭を払い、その賃銭を貯蓄すれば更に掠奪される心配もなく、人を殺し人に傷つけるのでなければ死刑が行われ幽囚されることもなく、まずもって安心というべきである。もとよりイギリス人とても温良の君子のみではないから、時としては残酷なる処罰もあるだろうし、あるいは疳癪に乗じて人を鞭打つなどのこともあるだろうといっても、これを朝鮮の官吏、貴族などが下民を犬や羊のように蔑視し、その肉体や精神を苦しめ、またその膏血を絞る者に比較すれば同様に議論できるものではない。すでに今日に於て青陽県の管内巨文島の人民700名は、幸せ者だとして羨望されている程だという。悪政の余弊が民心を解体したのであり、仕方のないことである。

ゆえに私は朝鮮の滅亡の時期が遠くないことを察して、一応は政府のために弔意を表するが、その国民のためにはこれを賀したいと思う者である。