兵力を用るの必要

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

兵力を用るの必要』(へいりょくをもちうるのひつよう)

  • 初出:『時事新報』明治27年(1894年)7月4日
  • 底本:『時事新報』明治27年(1894年)7月4日
  • 所蔵:国立国会図書館新聞資料室
  • 注釈:原文は漢字ひらがな交じり。句点はなし。

兵力を用るの必要[編集]

今回の出兵しゆつぺいに就ては我國内に於てはかつ異議いぎする者なし平生へいぜい政論せいろん如何いかんかゝはらず國中こぞつて政府の政略せいりやく贊成さんせいするは人文じんぶん進歩しんぽ鬩墻げいしやうへいまぬかれたるのしやうとして見る可し我輩のこと滿足まんぞくする所なれども此事このことたる日本一國の内政ないせいに非ずして東洋とうやう全面ぜんめん治安ぢあんに關する問題もんだいなれば文明諸外國人の注意ちういも自から穎敏えいびんならざるを得ず區々まち評論ひやうろん多き中にも最初さいしよより我政略を是視ぜしして稱贊しやうさんする者あれば或はいさゝか之に對してうたがひそんする者もなきに非ざるが如し其これを疑ふ者の説にれば日本の出兵自から無名むめいに非ず隣國りんごく内亂ないらんさいして居留民きよりうみん護するとあれば無理むりならぬ次第なれども其内亂とは單に烏合うがふ一揆いつきにして左までおそるゝに足らざる尚ほ其上に居留の日本人とて素より多數たすうに非ざれば之が爲めに大兵をうごかすの必要ひつえうはなかる可しけいくに牛刀ぎうたうを用るのきらひはなきや果して牛刀のようなきをしたゝめたらば之を撤回てつくわいしては如何とてひそかかたふ人もあるよし傳聞でんぶんしたれども我輩の所見しよけんは之に同意どういするを得ざるものなり抑も彼の東學黨とうがくたうなるものは烏合のしうとは云ひながら凶年きようねんえたる流民りうみんの類に非ず又英雄えいゝう豪傑がうけつの士が野心やしんたくましふして時の政府を顛覆てんぷくせんとするのくはだてあるに非ず實は積年せきねん政府せいふ無法むはふくるしめられたる各地方の人民が不平ふへいうつたふるのみちなくして失望しつばうあまりに蜂起ほうきしたる者なれば政府に抵抗ていかうしてちかららざれば四方にさんじて痕なきが如く更にひまじようず可きものあればこゑに應じてあつまり其集散しふさん出沒しゆつぼつはかる可らず恰も慢性まんせい内亂ないらんにして一時鎭定ちんてい姿すがたていするも决して根治こんぢに非ざるは昨年來の事實じゝつちようしてもあきらかに知る可し故に數日以來の報道ほうだう賊徒ぞくと全州ぜんしうを去て事既におさまりたりなど云ふものあれども唯是れ慢性病まんせいびやうちう輕快けいくわいのみすこしく醫藥いやくおこたるときは其再發さいはつしてつ可し畢竟その亂源らんげんは政府の失政しつせいに在ることなれば政法の根底こんていより改革かいかくせざるかぎりは五年も十年も安心あんしんの期はある可らず即ち我政府が出兵しゆつぺいしたるも一は以て居留人民きよりうじんみん生命せいめい財産ざいさん保護ほごすると同時に又一歩をすゝめて其政法せいはふ改革かいかくうながし以て永久えいきうに亂源をたんとするのにして兵員へいゐんすくなからざるも之が爲めなりと推測すゐそくして相違さうゐなかる可し或は政治上の改革に兵力へいりよく無用むようなるにたれども文明流の改革を悦よろこざるは未開國人みかいこくじんつねにして苟も兵力のおそる可きものを見るに非ざれば因循姑息いんじゆんこそく際限さいげんなきが故に不本意ふほんいながら威嚴ゐげんしめすの變通策へんつうさくでざるを得ず例へば近日香港ホンコンにて黒死病こくしびやう豫防よばうに付ても支那人しなじん頑陋ぐわんらうなる衞生法ゑいせいはふしたがはざるが故に英の殖民地しよくみんち政府せいふむを得ず兵力にうつたへて脅迫けふはく手段しゆだんもちひたりと云ふ僅に流行病りうかうびやう豫防よばうせんとするにも兵力の必要ひつえうあり然るを况んや一國政治の改革かいかくに於てをや周公孔子しうこうかうし末流まつりうにして腐敗ふはいきよくしづみたる朝鮮人てうせんじんなにとして文明流の忠告ちうこくみゝかたむく可きや上流は腐儒ふじゆ巣窟そうくつ、下流は奴隸どれい群集ぐんじゆ寸前すんぜん暗黒あんこく公私百年の利害りがいを知らずして唯軍艦ぐんかん銃砲ぢうはうの恐る可きを知るのみかゝ頑民ぐわんみんみちびい文明ぶんめいの門に入れんとするには兵力へいりよくを以て之にのぞむのほか好手段かうしゆだんあることなし彼等が一時の狼狽らうばいまことどくなる次第なれども亦是れ腐敗國ふはいこく運命うんめいとして暫時ざんじしのび他年一日その迷夢めいむむるを待て忠告ちうこく者の大恩たいおんかんずることある可し但し我輩がこゝに兵力と云ふ其兵は實際これをもちひるに非ずして單に其威をしめすのみ之をたとへば封建はうけん時代じだい武士ぶし双刀さうたうたいして百姓ひやくしやう町人ちやうにんせつするは决して之をるの意なしと雖も平民等へいみんらは其双刀を見て腰間ようかん秋水しうすゐこれをかれては自分等じぶんらくびたゞちおつるものとおもひ特に武家ぶけ尊敬そんけいして大抵たいていの事なれば意をげても之に服從ふくじうしたるが如し故に今度京城けいぢやうに在る我兵隊は日本國の双刀さうたうにして决して朝鮮國をるものに非ず唯彼等をして帶刀たいたう威勢ゐせいおそれてわが忠告ちうこく服從ふくじうせしめんが爲めのみ况んや其帶刀者の心事しんじ至極しごくやさしくして彼等の獨立どくりつ助成じよせいし共に文明の徳澤とくたくよくして文明の快樂くわいらくともにせんとするものなるに於てをや恐怖きようふする勿れ狼狽らうばいする勿れしたしくきたりて共にかたる可し其ふ所時として汝等のみゝさかふこともあらんと雖も良藥りやうやくくちにがきのみ之を彼の甘言かんげん誘惑いうわくせられ虚聲きよせい脅嚇けふかくせられて獨立の體面たいめんきづゝくるものに比すれば利害りがい榮辱えいぢよく天淵てんえんたゞならざる可し

明治27年(1894年)7月4日

関連資料[編集]