土地は併呑す可らず国事は改革す可し

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

土地は併呑す可らず国事は改革す可し[編集]

日本國人が兵力へいりよくを以て朝鮮てうせんのぞむは前記ぜんき理由りいうにして他意たいなしと雖も我輩は尚ほねんの爲めに土地占領とちせんりやうの事に就て一言せざるを得ず強弱きやうじやく兩國りやうこく相對あひたいして苟も兵をうごかすときはその名義めいぎの如何にかゝはらず和戰わせん勝敗しやうはいの如何に論なく種々無量しゆむりやう事情じゞやう魂膽こんたんの末弱者じやくしやさい強者きやうしやいうに歸すること恰も世界せかい古今ここん通例つうれいにしておほふ可らざるの事實なるが如し今、日韓につかん相對あひたいすれば其強弱のすう既に明白めいはくにして人間にんげん普通ふつうを以て見るときは今日こそ兩國の交際かうさい至親ししんなるが如くなれども其交際のえだより枝を生して隨て種々無量の事情をかもし又隨て面白おもしろ名義めいぎ製作せいさくして其極、遂に朝鮮國の土地とちを日本にあはすることはなかる可きやと不言ふげんの間に人をしてうたがひいだかしむるは决して無理むりならぬ次第なり世間或は既に此邊このへん注目ちうもくする者もある可しと雖も我輩の所見しよけんを以てすれば日本國の政略せいりやくに於ては萬々此事ある可らずと斷言だんげんして躊躇ちうちよせざるものなり世界中日本國人にかぎりて無慾淡泊むよくたんぱくなるに非ず又無氣力むきりよく痴鈍ちどんなるに非ず都合能つがふよ國土こくどを見出して占領せんいりやうす可きものあれば决して辭退じたいする者に非ずと雖も朝鮮の國土は之を併呑へいどんして事實にえきなく却て東洋とうやう全體ぜんたい安寧あんねいがいするのおそれあるが故にことさらに會釋ゑしやくして之を取らざるのみ徳不徳とくふとくの談はさしおき利害の上にうつたへて併呑へいどん斷念だんねんする者なり其次第如何と云ふに同國は日本にほん露西亞ロシヤ支那しな三國の間に介在かいざいする小弱國せうじやくこくにして三國共にひそかに併呑の意なきに非ずと雖も若しも其三國中の一國が之をあはするか又は之を三分さんぶんして各その一分をりやうするときは強國と強國とたゞちさかひせつして其間に忽ち激動げきどうなきを得ず即ち東洋全體の安寧あんねいを害するものなり尚ほ其上にとほき西洋の諸強國とても亞細亞アジヤの東邊に弱肉強食じやくにくきやうしよく活劇くわつげきを見て之を默々もくするものはなかる可し事態じたい切迫せつぱくすれば如何なる大波瀾だいはらんを生ずるやもはかる可らざるに今その然らずして東邊の平穩へいをん維持ゐじするは朝鮮となづくる小弱國ありて其あひだはさまりくにの如く國ならざるが如く綿わたの如くかみの如くにして双方の衝突しやうとつ激動げきどうふせぐが故のみ瀬戸物せとものかさぬるに必ず合紙あひがみもちひ或は個々かゝ綿わたつゝんで積重つみかさぬるは何ぞや實質じつしつ堅牢けんらうなる瀬戸物せとものと瀬戸物と直に相觸あひふるゝときは些細ささい震動しんどうにも激して其一片をやぶるか或は兩個共に破るゝことあるが故にかみやわらかなるものをして其激動げきどうふせがしめんが篇めなり左れば今朝鮮國の軟弱なんじやくなるこそさいはひなれ之をにち三國の間にさんで相互の激動を防がしむるは國交際こくかうさい上策じやうさくにして此點より見るときは東洋の太平たいへいは朝鮮國のたまものなりと云ふも可なり數年前には我國にも隣國りんごく併呑へいどん議論ぎろんなきに非ざりしか共人文じんぶん進歩しんぽと共に外交論ぐわいかうろんも共に上達じやうたつして利害りがい所在しよざいを明にし今日に至りては國中神功皇后じんぐうくわうごう豐臣秀吉とよとみひでよし舊夢きうむゆめみる者なし是即ち我輩が今回の出兵しゆつぺいに付き日本國人に土地とち併呑へいどんの意なきを保證ほしやうする所以なり左れば朝鮮の軟弱なんじやくなるは東洋の利益りえきにして諸強國の由て以て安全あんぜんたもつ所の合紙あひがみなれども然りと雖も其合紙の軟弱なんじやくにもおのづから程度ていどなきを得ず苟も一國として土地人民を支配しはいする上は内治ないぢ外交ぐわいかう夫れ相應さうおう規律きりつを要することなるに彼の現状げんじやうを見れば立國りつこくの名ありて自立じりつの實なく政府のかたちそなへて施政しせい機關きくわんなく專制せんせい君主くんしゆせいもつぱらにすること能はずして輔佐ほさの大臣責任せきにんあるに非ず萬般の政令せいれい、大臣の名を以ておこなはるゝは政府の如くなれどもそのみなもと宮中きうちうより發して深宮しんきうの國王は却て之をらざることあり王の特命とくめい頓に發して大臣を進退しんたいするは主權しゆけんさかんなるが如くなれども其王命は王妃わうひと二三の寵臣ちやうしん密議みつぎして一夜の間に製造せいざうしたるものなり財政ざいせい次第しだい困窮こんきうして官吏の俸給ほうきふに常の數なくその登用とうように才をえらぶに非ず官をうつ政費せいひあつるが如きは尋常じんじやう一樣の手段しゆだんにして今は賣官法ばいくわんはふぐに賄賂法わいろはふを以てし多く賄賂を用る者はたか官位くわんゐを得るの風をして相互あひたがひその多寡たか競爭きやうさうするは恰も政府の地位ちゐ競賣きやうばいに附するものにことならず小官は中官に依頼いらいし中官は大臣に附托ふたくし其極に至れば大臣の地位をのぞみ叉は既得きとくの地位をかたくせんが爲めに國王王妃こくわう私金しきん献納けんなふし其献金の厚薄こうはくに從て上意じやういおもむきを異にし收賄しうわいの最もさかんなるは王室なりと云ふ宮中きうちう府中ふちう腐敗ふはいの中心として餘毒よどく全國ぜんこくおよぼし牧民ぼくみんの地方官は税權ぜいけん法權はふけん濫用らんようして民の膏血かうけつしぼり先づ自からほうじて其あまりを中央政府に輸し國庫常にむなしふして汚吏をり懷中くわいちう非常にあたゝかなるものあり都鄙とひ散在さんざいする幾千萬の士大夫したいふまぎれもなき社會の遊民いうみんにして專横せんわう跋扈ばつこ常に他人の私有しいう衣食いしよくしてはゞかる所なき其有樣は正しく幾千萬の餓虎がこを國中にはなつものに異ならず凡そ一國に政府をたつる所以は國民の榮譽えいよ生命せいめい財産ざいさん保護ほごして安全あんぜんならしむる爲めのものなるに朝鮮國の政府は恰もその正反對せいはんたいにして政府あるが故に却て安全ならずと云ふくににして國に非ず政府せいふにして政府に非ざるなり左れば我輩は今日にわかに彼等の文明ぶんめい富強ふきやうを望むに非ず萬般ばんぱん施設しせつ都て漸進ぜんしんを期すと雖も漸進にも急進きふしんにも國その國にしてはじめてだんず可き談なれば兎に角其立國りつこくの根ぽんかたくして政治の機關きくわん運轉うんてんせざる可らず之をたとへば衰弱すいじやくひんしたる病人びやうにんの如しなにもあれ最第一の要は空氣くうき呼吸こきふ飮食いんしよく消化せうくわと此二者の回復くわいふくを得て然る後に樣々の攝生法せつせいはふをもめいずべし是即ち我輩が彼の國事こくじ改革かいかくきふなる所以なり

明治27年(1894年)7月5日

現代訳[編集]

ウィキソースを初出とする翻訳  この翻訳(現代語訳を含む)はウィキソースを初出とするものであり、出版などの一般的な過程を経ることによる査読を受けていません。ウィキソースはこの翻訳の品質を保証しません。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。

 

 日本人が武力によって朝鮮にのぞむのは前記の理由によって他意がないといっても、筆者はなお念のために土地を占領することについて一言せざるを得ない。

 強弱の両国が相対していやしくも軍隊を動かすときは、その大義がどうかにかかわらず、和戦勝敗がどうかの話ではなく、さまざまな無量の事情のすえ、弱者の地をさいて強者のものに帰すことは、あたかも世界古今の通例としておおうことのできない事実だ。

 今、日韓が相対すればその強弱の趨勢はすでに明白であり、人間が通常の視点で見るときは、今日こそ両国の関係は近しいようだが、その関係の枝から枝に生じて種々無量の事情を生み、また面白い大義を作って、その極みにはついに朝鮮国の土地を日本に併合することはあるべきだろうかと、言わない間に人が懐疑するのも決して無理もない。

 世間にあるいはすでにこの辺に注目する者もあるだろうといっても、筆者の所見をもってすれば、日本国の政略において万一にもこれはあるべきでないと躊躇なく断言する。

 世界中で日本人に限って無欲淡泊なのではなく、また無気力で痴鈍なのではなく、都合のよい国土を見出して占領すべきものがあれば決して辞退する者ではないといっても、朝鮮の国土は併呑しても事実として益はなく、かえって東洋全体の安寧を損なうおそれがあるために、さらに好意をもってこれを取らないだけだ。道義的な議論はおいても、利害上にうったえて併呑を断念する者だ。

 その理由はどうかというと、同国は日本、ロシア、中国の三国の間に介在する小弱国であり、三国共に水面下では併呑の意思がないわけではないといっても、もしもその三国中の一国がこれを併合するか、またはこれを三分割して各々その一部を領するときは、強国と強国とが直接に境を接して、その間でたちまち激動することは免れない。すなわち東洋全体の安寧を損なう。なおそのうえ遠くの西洋列強としても、アジアの東辺に弱肉強食の活劇を見てこれを見逃すことはないだろう。

 事態が切迫すればどのような大波瀾を生ずるかも予想できないため、今そのようにせずに東辺の平穏を維持することは、朝鮮と名のつく小弱国があってその間に挟まり、国のように、国ではないように、綿のように、紙のようにして、双方の衝突激動を防ぐことしかない。

 瀬戸物を重ねるとき必ず合紙を用い、あるいは個々を綿に包んで積み重ねるのは何のためか。実質の堅固な瀬戸物と瀬戸物とが直接に触れると、些細な震動にも激して、その一片が壊れるか、あるいは両方共に壊れることがあるために、紙の柔いものでその激動を防ごうとするためだ。

 ならば今朝鮮国が軟弱であることが幸いであり、これを日露中三国の間に挟んで相互の激動を防がせるのは国際関係の上策であり、この点から見ると東洋の平和は朝鮮国の賜物だということもできる。

 数年前には我国にも隣国併呑の議論がないわけではなかったが、人文の進歩と共に外交論も共に上達して、利害の所在を明らかにし、今日にいたっては国中に再び神功皇后豊臣秀吉の旧夢を夢みる者はいない。

 これがすなわち筆者が今回の出兵について日本人に土地併呑の意思がないことを保証するゆえんだ。

 ならば朝鮮の軟弱さは東洋の利益であり、諸強国のよってもって安全を保つところの合紙なのだが、そうだとはいってもその合紙の軟弱さにもその程度があって、いやしくも一国として土地人民を支配する上には、内政や外交にそれ相応の規律を要することなのに、彼の現状を見れば立国の名あって自立の実なく、政府の形をそなえて施政の機関なく、専制の君主が政治を専らにすることもできずに、輔佐する大臣にも責任がない。

 万般の政令が大臣の名をもって行われるのは政府のようだが、その源は宮中から発して深宮の国王はかえってこれを知らないことがある。

 王の特命が頻繁に発して大臣を進退するのは主権の盛んのようだが、その王命は王妃と二三の寵臣が密議して一夜の間に作ったものだ。

 財政は次第に困窮して官吏の俸給は決まっておらず、その登用は能力で選ばれず、官を売って政費に充てるようなものは一般に同じような手段であり、今は売官法に次ぐ賄賂法をもってして、多く賄賂を用いる者は高い官位を得る風潮となり、相互にその多寡を競争するのは、あたかも政府での地位を競売にかけるのと異ならない。

 小官は中官に依頼し、中官は大臣に附托し、その極みに至れば大臣の地位を望み、または既得の地位を確固とするために国王や王妃に私金を献納し、その献金の厚薄にしたがって支配者の意見は異なり、収賄の最も盛んなのは王室だという。

 宮中府中は腐敗の中心として後々まで残る害毒を全国に及ぼし、人民を治める地方官は税権や法権を濫用して民の膏血を絞り、まず自らいただいてその余りを中央政府に送り、国庫は常に空いており汚吏の懐中は非常に温かいものがある。

 都と地方に散在する幾千万の士大夫は紛れもなく社会の遊民で、専横をほしいままにし常に他人の財産で衣食して憚る所のないその有様は、まさに幾千万の餓えた虎を国中に放つものと異ならない。

 およそ一国に政府を立てるゆえんは国民の栄誉、生命、財産を保護し安全とするためのものなのに、朝鮮国の政府はいやしくもその正反対で、政府あるがゆえにかえって安全ではないという。国にして国ではなく、政府にして政府ではない。

 ならば筆者は今日すぐに彼等の文明富強を望むのではなく、万般の施設がかつて漸進を期すとはいえ、漸進でも急進でもその国で初めて議論すべき話ならば、とにかくその立国の根本を固くして政治の機関に運転の機を附さないべきではない。

 これを例えれば衰弱死に瀕した病人のようだ。何はともあれ、第一の必要は呼吸と飲食の消化、この二つの回復を得た後に様々な摂生法も命ずべきだ。

 これがすなわち筆者が彼の国事の改革が急がれるとするゆえんだ。