埃及マカリイ全書/第二講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第二講話[編集]

<< あんこくすなはちつみくにことおよかみひとわれよりつみのぞきて、われあくおうれいたるよりすくこと。 >>

一、 あくおう――あんこくさいしょひととらへ、やみけんもつたましいせしこと、ひとせるごとくなりき、これひとおうとなして、すべておうたるふくかれにあたへんがためにして、かしらよりあしいたまでひとおうぞくするものをことごとちゃくようせんがためなり。かくのごとあくおうたましひじったいにすべてつみせて、すべてこれをけがし、すべてをおのれくにとらへ、いつりょさいしんたいそのけんよりゆうなるものとしてそんせしめず、これにやみふくをかうむらしめたり。たとへばしんたいおいくるしむはいちぶんあらず、またいつたいにもあらずして、ぜんたいすべてくるしみにかかるごとく、たましひあくしゅうつみやまひためにすべてくるしめり。あくしゃひときんようぶんきんようたいたるたましひにすべてそのあくせたり、すなはちつみせたり、さればかくのごとくして、からだくるしみをうけて、はいかいするものとなれり。

二、 しとはいへり、『ふるひとぐべし』〔コロサイ三の九〕と。かくときは、かんぜんひとそうぞうして、そのそうおうし、そのかしらかしらそうおうし、そのみみみみに、そのそうおうして、そのあしあしそうおうするものしめすなり。けだしあくしゃたましひからだぜんじんけがしてこれをおのれいんゆうし、ひとするにかいけつにしてかみてきし、かみほうしたがはざるふるひともつてする、すなはちつみもつてするは、これひとほつするごとずして、しくしくき、そのあしあくぎょういそぎて、ほうし、こころあくおもはしめんがためなり。ゆえわれふるひとおのれよりがんことをかみいのらん、なんとなればひとかみわれよりつみのぞくをればなり。われらをとらへてそのくにこうりゅうするものわれよりつよし、されどかみわれれいたるよりすくはんとのやくそくをあたへたまへり。たとへばたいようひかかがやきてふうわたらんに、たいようにもそのたいそのせいとあり、かぜにもそのせいそのたいとあれども、もしどくいつかみかぜめてかざらしめずんば、たれかぜたいようよりぶんしてべつすることあたはざるべし。かくのごとつみたましひこんぜり、しかれどもつみにもたましひにもおのおのとくべつせいあるなり。

三、 ゆえにもしかみたましひにもまたからだにもところあくなるかぜましめず、かつこれをとどめずんばたましひつみよりぶんしてべつすることあたはざるべし。またたとへばひとあり、とりて、みづかばんとほつすれども、よくたずして、ぶあたはざるべし、かくのごとひとにもきよものとなり、なんすべからざるものとなり、けがれざるものとなり、あくしゅうおのれゆうせず、つねかみともらんとほつするののぞみあり、しかれどもひとそのちからはあらざるなり。ひとしんせいなるくうに、せいしんゆうたかばんをねがふ、しかれどもよくをうけざらんあいだは、あたはざるべし。ゆえにせいしんはとつばさわれあたたまはんことをかみいのらん、われかみりてやすきをんがためなり、〔聖詠五十四の七かつあくなるかぜすなはちたましひからだしょところつみたましひからだとよりはなしてこれをわれだんぜつせんがためなり。けだしかみひとこれをなすことをべし。ふあり、『よやつみかみこひつじ』〔イオアン一の二十九〕。かれひとかれしんずるひとびとこのあはれみをほどこして、かれつみよりすくたまへり、つくされざるすくひつねかつのぞみて、だんにこれをたづぬるものかれはこれをげしむるなり。

四、 たとへばあんこくなるしんれっぷうすさみて、あらゆるしょくぶつたねとをどうらんしんかんせしむることあらん、かくのごとひとあんこくなるまきけんち、かんあんちゅうりておそるべくすさめるつみかぜどうようしんかんせられん、さればひとのすべてのせいたましひりょさいじょうらんうちにありて、からだのあらゆるぶんしんかんせん。たましひからだいちいつゆうるあらずして、われつみためくるしまざることあたはざるべし。これとおなじくひかりせいしんしんせいなるかぜのあるありて、かれしんせいなるひかりにっちゅうたましひき、これをかいかつならしめて、たましひぜんたいとうてつし、もろもろねんと、すべてのじっしつと、しんたいしょすずしうし、しんせいなるもいはれざるあんそくもつやすんぜしめん。しとはこれをあらはして、つぎごとくいへり、いはく『よるやみにあらずして、なんぢひかりひるなり』と〔フェサロニカ前五の七〕。さればかしこにおいてはゆうわくうちにありて、ふるひとかんぜんなるひとおのれよりだつして、あんこくころもふくし、すなはちぼうしんむきたんきょきょうごうたんにくよくころもふくすべく、おなじくまたあんこくころもなるけつかいなるへいふくせん、かくのごとここおいてはぞくするふるひとおのれよりだつし、イイススあんこくころもだつせしめたるかれは、ふたたあたらしきてんぞくするのひとなるイイスス ハリストスん、しかしてかれまたふたたそうおうしてそのゆうし、みみそうおうしてそのみみゆうし、かしらそうおうしてそのかしらゆうし、ぜんじんきよきものとなりて、てんじょうおのれかうむるをいたさん。

五、 ゆえにしゅかれせるにもいはれざるこうこくころももつてし、しんぼうあいえつへいあんれんびんじんころももつてし、おなじくまたおよそのしんせいにしてかいかつなるひかりと、いのちと、もいはれざるあんそくころもとをもつてするは、これかみあいたり、よろこびたり、へいたり、じんたり、れんびんたるごとく、あたらしきひとおんちょうによりてかくのごとものとならんがためなり。それあんこくつみとはふくかついたまでたましひにかくるるありて、ざいにんからだこんにちたましひかくるるところやみにておほはれん、かくのごとひかりくにてんじょうすなはイイスス ハリストスいまおうみつしょせいじんたましひてらしてたましひしゅたらん。しかれどもこはひとびとにはみつえざるものとしてそんし、ふくかついたまではただいつしんれいもつてのみハリストスじつらるべくして、からだいまなほひとたましひところしゅひかりもつておほはれ、かつしょうようせられん、これときからだこんにちなほハリストスくにおのれけ、これにやすんじてえいえんひかりもつてらさるるところたましひともおうたらんがためなり。こうえいかれこうおんじんしんとにす。かれそのしょぼくをあはれみ、これをらして、これをあんこくよりすくひ、これにそのひかりそのくにとをあたへたまはん。かれこうえいけんぺいよよす。アミン。