埃及マカリイ全書/第三十七講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第三十七講話[編集]

<< らくえんことおよしんてきりっぽうこと。 >>

一、 ろくしていへるあり、『ともたるはかみあだたり』と〔イアコフ四の四〕。ゆえにせいしょは『ことごとくのまもりをもてなんぢこころまもるべきこと』〔箴言四の二十三〕をすべてのひとめいずるなり、これひとらくえんごとことばまもりて、おんちょうたのしみ、ないふくしていつらくたすけとなるものをすすむるへびにしたがはざらんためなり、けだしけいていころすのいかりはこれよりしょうずべくして、これをしょうずるたましひせん、さればしゅところとどめて、しんぼうとをおもんばかるべし、けだしえいせいにみちびくところかみあいひとあいするのあいはこれよりしょうずるなり。ノイかいめいまもかつおこなひて、このらくえんり、あいためいかりよりすくはれたり。アウラアムはこれをまもりて、かみこえをきけり。モイセイはこれをまもりて、てきめんさかえをうけたり、これとおなじくダワィドもこれをまもりてこううんせり、ゆえてきたいしてしゅけんれり、しかれどもサウルこころまもりしあひだしんをなしたれど、おはりいたりてかいめいやぶるや、まったてられたりき。けだしかみことばかくじんさいのうにしたがひ、それにれいして、ひとかいせしむるものなれば、ひとのこれをりょうするだけはりょうするをべく、まもるだけはまもらるるなり。

二、 ゆえにすべてせいなるげんしゃしとめいしゃぜんたいそのこころことばまもりて、おもんばかりゆうせず、ぞくするものをかろんじて、せいしんかいめいこころもっぱらにし、しんよろこばるるものとぜんなるものとをすべてのものよりおもんじて、ただにげんいっぺんにんしきとをもつてするのみならず、ことばもつてもおこなひもつても、じっさいとみへてまづしきをえらび、えいへてじょくをえらび、かいらくにかへてなんをえらび、かつこれによりげきにかへてあいをえらびたりき。けだしうきかんをきらひ、これをうばふものをことあいして、おのれもくてきたすくるものごとくし、もつぜんしゃあくしゃとのにんしきせいげんしたりき。ことごとくのひとみとめてしゅさいせつにつとむるせきにんあるきんしゃとなして、ぜんなるものいなまず、あくなるものとがめず、ゆえにことごとくのひとたいしてぜんなるしんじょうゆうしたりき。けだし『ひとゆるせ、しからばなんぢゆるされん』〔ルカ六の三十七〕とのことばしゅよりきくや、そのときじょくしゃもつおんけいしゃおもひ、じょくをゆるすかいをあたふるものとなせり。また『ひとなんぢおこなはんとほつするところものなんぢかくごとくこれをひとおこなへ』〔マトフェイ七の十二〕とのことばをきくや、そのときぜんなるものりょうしんによりてあいしたりき。けだしかれおのれきて、かみをたづねたれば、ぜんにこれにかくるるところあいはっけんたるはとうぜんなりとす。

三、 しゅあいのことにかんするおほくのかいめいをあたへて、かみたづぬべきをめいぜり、けだしあいははたるをりたればなり。ただきんしゃもつてするのほかすくひるあたはざるべし、これぞゆるせよなんぢゆるされんとかいめいしたるゆえんなる。これすなはちしんじゃこころめいせられたるしんてきりっぽうにして、こはだいいちりっぽうすなり。けだししゅはいへり、『きたるはりっぽうこぼたんがためあらず、すなはちこれをさんためなり』〔マトフェイ五の十七〕。しかれどもいかにしてりっぽうじょうじゅせらるべきか、よろしくくべし。だいいちりっぽうつみおかしたるものよりもはづかしめをうけたるものおもつみしたるは、じゅうぶんゆうによれり、けだしいふあり、『にんするはまさこれもつおのれつみするなり』、しかれどもゆるものゆるされん〔ロマ二の一シラフ二十八の二〕。けだしりっぽうことばによるにいふ、さいばんうちさいばんあり、きずうちきずありと〔復傳律令十七の八、四〕。

四、 ゆえつみゆるすはりっぽうすなり。されどもわれだいいちりっぽうのことをいひしはかみひとびとふたつりっぽうをあたへたるによるにあらず、これにはんして、りっぽういつなり、せいかんけいしてはりっぽうしんてきなれども、きんちくかんけいしてはかくじんとうきんちくふくせしむるなり、かれゆるすものにゆるせども、きんちくするものをきんちくす、けだしいへり、『きよものにはきよきをもつて、よこしまなるものにはそのよこしまもつほどこす』〔聖詠十七の二十七〕。ゆえにりっぽうしんてきかつこれにじゅんじておんちょうにあづかるものおんけいしゃあいするのみならず、ぼうしゃおよきんちくしゃをもあいして、ぜんためほうしゅうとしてしんてきあいつなり。しかれどもがこれをぜんづくるはじょくゆるすによるにあらず、じょくしたるものたましひおんけいほどこすによる、かれそのものためかみとうすることそのものによりてこうふくをうけたるごとくせん、いふあり、いはく『ひとためなんぢそしり、きんちくし、なんぢこといつはりてもろもろしきことばはんときはなんぢさいはひなり』〔マトフェイ五の十一〕。

五、 さりながらかれしんてきりっぽうもとにありて、かくのごとしんりょするをまなべり。けだしかれにんたいしてれいしんじょうおんじゅうまもりしにより、しゅたたかものこころにんたいたれざるあいとをて、ぼうぎょかべこぼたまへり、さればかれまったくのおんてきて、はやりょくもつてせず、かみたすけによりてあいゆうしたりき。つひしゅ自ら舞旋する劍創世記三の二十四おこところねんとどめん、さればかれは『しゅわれためぜんとしてたまひしまくうちに』〔エウレイ六の二十りて、しんもつたのしまん、しかしてこころけんもつらいどうかんしつつ、さつするにかがみもつてせずして、しとおなじくいはん、いはく『かみかれあいせしものためそなへしこといまみみいまかず、ひとこころいまらず』と〔コリンフ前二の九〕。さりながらきいなることにつきてはんとす。

六、 問、 もしひとこころらずんば、いかんしてなんぢこれるか、いはんなんぢわれどうじょうひとなりと、しとぎょうじつ十四の十五〕にみづからみとめたるにおいてをや。

答、 さりながらパウェルのこれにこたふるをくべし。かれはいへり、『ただわれにはかみおのれしんもつこれあらはせり、けだししんさつせざるところなしかみふかきをもさつするなり』〔コリンフ前二の十〕。しかれどもひとたれかいはん、かれしとたるものにはしんあたへられたれど、われにはほんせいおいてこれをるるあたはざるべし、といふものあらん。ゆえにパウェルべっしょとうをささげて、つぎごとくいへり、いはく『ねがはくはかれそのこうえいとみしたがひ、そのしんもつて、なんぢに、うちなるひとおいつよかためられ、しんりてハリストスなんぢこころるをたまはんことを』〔エフェス三の十六、十七〕、またいへり『しゅしんなり、しゅしんのあるところにはゆうあり』〔コリンフ後三の十七〕、またいへり『もしひとハリストスしんたずば、ハリストスぞくせず』〔ロマ八の九〕。

七、 ゆえにわれらもあつしんじ、ふかかんじて、とうせん、われにもせいしんたまはりて、われきたりたるそのところらんためなり、たましひほろぼへびと、こうまんなるしょうようしゃと、はんもんおよたいしゅしんつひわれよりとほざからんためなり、ゆえにかたしんじて、しゅかいめいまもり、これによりちょうじてせいぜんひととなり、よはひりょうたつせん、しからばこのゆうわくはやわれしゅさいせざるべくして、しんにてしょうせらるるわれかみおんちょうゆるざいにんあはれみをたまふをしんずるしんねんをうしなはざらん。けだしおんちょうによりてたまはるものは、これにさきだつところれつじゃくとはかくにもならず、しからずんばおんちょうおんちょうにあらざるなり。さりながらぜんのうかみかくしんし、じゅんいつにしてこうてきあらざるこころもつて、しんくるをたまものくはしんる、おこなひしんあつるにるにあらざるなり。けだしいふあり、『しんをうけしはりっぽうおこなひるにあらずして、きてしんぜしによる』〔ガラティヤ三の二〕。

八、 問、 なんぢふ、すべてのものはたましひしんかくるるありと、『きょうかいうちりてはもつげんはんをほつす』〔コリンフ前十四の十九〕とはなにふか。

答、 きょうかいふたつしゅるいかいするをべし、あるひはこれをしんじゃしゅうごうとしてかいすべく、あるひこころしきとしてかいすべし。ゆえにきょうかいれいしんてきに、すなはちひといみるときはきょうかいひとぜんしきなり、しかれども五言とはおほくのしゅるいわかれてぜんじんとくつるいつつおほやけなるとくこうしめす。しゅことものげんもつすべてのちえほうかつするごとく、しゅしたがものいつつとくこうもつおほいなるけいけんてん、なんとなればとくこういつつなれども、のあらゆるものをみづからほうかつすればなり。だいいちとうつぎせっせいつぎせよつぎひんつぎかんにんにして、これみながんぼうにんとによりりて、しゅもつかたこころもつれいちゅうことばなり、けだししゅこうして、しんそのときしんちゅうおいふ、しかしてこころこんがんするにしたがひけんぜんとしておこなふなり。

九、 しかれどもこれとくこうしゅうじんのためにいっぱんのものになるにより、とくこうたいしてみっちゃくかんけいするなり。けだしだいいちしゃらざるとともにすべてはしょうめつせん、されどもこれとどうようだいしゃともにこれにところのものおよそのほうかつせらるるなり。けだししんひとかんぜしめずんば、いかんしてひととうすべきか。せいしょはわがためしょうしゃたり、いへらく『せいしんらざれば、いちにんイイススしゅとなふることあたはず』〔コリンフ前十二の三〕。しかれどもとうなしにせっせいするものは、いかんしてこのほうじょなしにかたたんや。またすべてにせっせいせざるものはいかんしてえたるものまたはづかしめられしものたいしてれんびんなるものとなるべけんや。しかしてむじひなるものにんまづしくなるをかんしんせざらん。かへつてげきやすきはひとかねたざるにかかはらずこれむさぼるによるこころともるなり。さりながらごうゆうなるたましひがかくせいどうたてましするは、これしたるによるにあらずして、のぞみおこしたるによる。けだしひとすくふはひとじこおこなひにあらずしてちからたまものおこなひなり。ゆえにもしたれしゅさいきずをさへにんじゅするならば、たとへなにごとしたりとも、またただなにごとをかあいしてこうあらかじはじめたりとも、みづからおのれためじふするこころゆうせざるべし。ゆえなにときとくこうおいしゅさきんぜんとおもふなかれ、しとのいふところごとし、いはく『かみそのぜんもつなんぢうちのぞことをもおこなことをもすなり』〔フィリッピ二の十三〕。

十、 問、 せいしょひとなにすをめいずるか。

答、 ひとてんせいぜんこうあらかじはじむるこころゆうして、かみがこれをうながたまふことはわれさきすでにいへり。ゆえひとかいし、かいしてあいし、しかしてゆうのぞみによりあらかじはじめんことをめいずるなり。しかれどもおこなひにみちびき、あるひろうにんたいし、あるひことじょうじゅするは、これすなはちしゅおんちょうのぞみおこしたるかつかくしんしたるものにあたふるなり。ゆえにひとゆうのぞみようなるじょうけんといふべし。もしゆうのぞみなくんば、かみおのれゆうによりるといへども、みづからなにたまはざるべし。ゆえにしんもつことじょうじゅするは、かかところひとゆうのぞみにあり。またわれおのじゅうぶんなるゆうのぞみをあらはすならば、すべてにきいにしてまったしぎべからざるかみはすべてのこうわれせん。われひとびとかみせきぶんあるひせいしょもとづき、あるひかくげんすればせいしょにをしへられてかたらんをおもふ。けだしいふあり、『たれしゅちえるをん』と〔コリンフ前二の十六〕。しかしてかみもみづからいひたまふ、いはく『いくたびなんぢしょあつめんことをほつしたれどもなんぢほつせざりき』〔ルカ十三の三十四〕。ゆえにかみみづからわれあつめて、われらよりただゆうのぞみうながすをしんずべし。しかしてゆうのぞみあらはれとなるものはぜんてきろうにあらずしてなんぞや。

十一、 てつあるひり、あるひり、あるひたがやし、あるひうえつけするときは、あっさくせられて、みづからふからん、さりながらひとありてこれをうごかし、これをて、もしるるときは、やきてこれをあらたにせん、かくのごとひとぜんしてしょうしんろうしたりといへども、しゅえずして、そのひとうちこうし、ろうしょうしんときにはこころなぐさめて、これをあらたにするなり、げんしゃもいへり、『おのはこれをもちひてるものにむかつてみづからほこるべけんや、のこぎりはこれをものたいしてみづからたかぶるべけんや』〔イサイヤ十の十五〕。あくおいてもこれとおなじきあり、ひとじゅうじゅんにしてたくするときは、サタナかれはげまし、かれするどくすること、ぞくけんするどくするごとくせん。われこころてつしたるはそのかんかくそのおほいなるざんにんとによる。さりながらわれはおのれをとうするところものらざることかんかくなるてつごとくなるべからずかへつてうしおよろばごとく、われはげまし、わがせいによりてわれをみちびくものたれなるをらんことをようするなり。けだしいへり『うしはそのしゅり、ろばはそのしゅじんうまやる、されどイズライリらず』〔イサイヤ一の三-五〕。ゆえにとうせん。われらかみるのにんしきちちせいしんよよさんえいし、そのせいかいじっこうするがためにしんてきりっぽうをまなばんことを。アミン。