埃及マカリイ全書/第三十八講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第三十八講話[編集]

<< まことの「ハリステアニン」とまことの「ハリステアニン」のいかなるとをこころらんには、われらにおほくのちゅうりょうかいとをようす。 >>

一、 いっけんしたるところただしきがごとくなるおほくのものは「ハリステアニン」とみとめらるるなり、さりながらかくのごとものは、おういんぞうとをじつにおのれにゆうするか、あるひしょうしゃぎょういんして、それがためしょうしゃあるひおどろあるひとがむるをなさざるかをこころらんことはれんたつにしてじっけんあるひとびとこうなり。れんたつなるひとにあらずんば、とうしゃすなはちへんしゃこころるあたはざるべし、なんとなればかれらもしゅうどうあるひは「ハリステアニン」のぞうをおのれにへばなり。けだしぎしとハリストスのためにくるしみをうけ、かれてんこくことふくいんしたればなり。ゆえにしとはいへり、『われろうふくせしことややおほく、むちうたれしことかどごくつながれしことさらおほし』〔コリンフ後十一の二十三〕と、これをもつしとみづからかれよりもおほくるしみをうけたるをあらはさんとほつす。

二、 きんはたやすくそうさくせらるべし、しかれどもおうかんためてきとうなるしんじゅほうせきとはまれはっけんせらるるのみにて、かれうちにもようてきするものとならざるものおほきことしばしばこれあり。かくのごとく、ハリストスえいかんのためにたましひつるところの「ハリステアニン」も、そのたましひせいしゃどうはんとなりしをるはまれなりとす。こうえいはかくのごとこのたましひあいして、これがためにくるしみをうけ、これをよりふくかつせしめたるものす。さりながらモイセイかほおほひありて、たみそのかほるあたはざりしごとく、いまなんぢこころおほひありて、かみさかええざるをいたす、しかれどもおほひだつするときは、かみみづからあらはれて、「ハリステアニン」とかみあいしてじつかみたづぬるものおのれをあらはしたまふこと、しゅみづかところごとくならん、いはく『かれおのれあらはしてすまひをなさん』〔イオアン十四の二十一、二十三〕。

三、 さればきょやくあたらしきやくそくをうけんがためいつはらざるハリストスいたることをつとめん、けだしじうじかとをもてごくつみもんをやぶりて、とくしんなるたましひひきいだし、そのないじゅつしゃをあたへて、これをそのくににみちびきれ、もつやくそくあらたにしたればなり。ゆえにわれかれみやこなるイエルサリムと、てんきょうかいと、せいなるてんしゅうごうおいかれともおうたるべし、しかしてけいていうちひさしくれんしゅうしてじっけんたるものじっけんなきものたすけてかれあはれむをん。

四、 あるものおのれぼうしゅして、かみおんちょうつよくおのれにようするときにあたり、おのたいせいにせられたるをはっけんし、みづからおのれことけっていしておもへらくハリストスきょうにははやにくよくよちあるなく、けんそんせいけつなるみづからもとらるべくして、ないひとはやしんせいなるてんぞくするものにこうせんとすと。ゆえにかくのごとひとかんぜんたつすることうたがひなしとおもふ、しかるにおのれもつあんぜんみなとりしものおもふや、かれたいしてなみおこり、かれふたたかいちゅうにありて、ただみづてんとのみなるところひきられ、まさにせんとするをさとらん。かくてわれきたれるつみしゅじゅあくよくさくせいせん。さりながらかくのごとものは、おんちょうあらたたまはること、たとへばぜんかいふかきよりいつしょうてんてきをうくるごとくして、これにおいまいまいにちおこなはるるところせきん、ゆえにかくのごとじょうにしてかつあらたなるしんみょうなるこうそうぐうしたるものは、へんせられしものごとくおどろきかつあやしまん。つひしんみょうにしててんぞくするおんちょうかれてらし、かれみちびき、かれやはらげて、すべてをぜんりょうならしめん、ゆえにしょおうおよゆうけんしゃしゃおよこうめいなるものかれすればしょうなるものいやしものごとおもはれん。しかれどもぜんとききたりてじょういっぺんす、ゆえにかくのごとひとじつおのれをあらゆるじんるいよりもさらつみあるものとおもふ。しかしてまたたじにはおのれてさながらだいじょうなるおうごとく、あるひおうゆうりょくなるともごとおもふべし。しかしてまたたじにはおのれりょくにしてひんなるものおもふべし。つひこんなんするなり、ゆえあるひはかくのごとおもひ、あるひはまたしからざらん、なんとなればぜんしっとしゃたるサタナとくこうおほいはったつするものにあくをすすめれて、かれはいかいせしめんとつとむればなり。じょうはかくのごとし。

五、 しかれどもなんぢないひとにおこなはるるところして、かれこうふくするなかれ、かしこハリストスさいだいけがれざるせいしょともてらるるなり、なんぢりょうしんせるおこなひよりきよむるハリストスじうじかもつほこるべし、しからばなんぢおのれしんもつかみつとめ、はいするところたれなるをること、ろくしてごとくならん、いはく『われはいするところる』〔イオアン四の二十二〕。なんぢたましひかみたいごうすること、しんしんろうともにするごとくなるべし。けだしいふあり、『おうおほいなり、われハリストスてんなるたましひとにおいてこれをふ』〔エフェス五の三十二〕。しゅこうえいよよす。アミン。