埃及マカリイ全書/第三十六講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第三十六講話[編集]

<< たましひからだようふくかつおよふくかつせしものこうえいどうなること。 >>

一、 ほろぼされたるたましひふくかついまなほこれあれども、からだふくかつにこそあるなれ。さりながらてんさだめられたるほしはみなみないちようにあらずして、こうめいもつてもおほきさをもつてもたがひにことなるあり。かくのごとどういつしんもつてするれいしんてきしんすにおいても、しんりょうにしたがひ、いつすればさらみてあらはるるなり。せいしょにいへり、『ほうげんものかみしんもつふ』と〔コリンフ前十四の二〕。さればかれかみかたりて、しんぞくするなり。しかれども『げんするものきょうかいとくつ』〔同上四〕、これぶんおんちょうゆうするなり。けだしぜんしゃはただみづかおのれとくつるのみなれども、こうしゃおのれをもひとをもつ、すなはちにまかれたるむぎつぶごとく、いつちゅうしんよりおほくのおなじからざるつぶだすなり。かつそのいつおほいにして、いつしょうなれども、みないつなやいつこくぐらおさめらるべくして、おのおのおなじからずといへども、これによりていつぱんせいぞうせらるるなり。

二、 あるひはまちおほくのじんみんあるがごとし、そのうちいつしょうなるどうにして、そうしゃたり、またせいねんたらん、しかれどもみないついづみよりみづみ、ひとつぱんくらひて、ひとつくうをおのれにゆうするなり、あるひはともしびおもふべし、いつは二しょくゆうしては七しょくゆうするならば、こはそのひかりさらさかんにしてかれべつらん、かくのごとひかりうちものあんちゅうるあたはずといへども、かれあひだにはだいなるさいあり。もしたれちちとしてふたりゆうせんには、いつようしゃにして、せいねんならば、せいねんはこれをまちまたぐんにつかはせども、どうをばいづこにもみづからともなはん、なんとなればいまだなにすあたはざればなり。かみこうえいす。アミン。