作者:金炳淵

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: き 金炳淵
(1807年(純祖7年)3月13日 - 1863年(哲宗14年)3月29日)
金 炳淵(きん・へいえん、; 김병연、キム・ビョンヨン(ピョンヨン、1807年(純祖7年) - 1863年(哲宗14年))は、朝鮮後期の諷刺・放浪詩人である。通称の金サッカで有名。性深(せいしん; 성심、ソンシム)、蘭皐(らんこう; 난고、ナンゴ)。金サッカという通称のサッカ(삿갓)とは「編み笠」の意で、彼が編み笠をかぶって全国を放浪したことに因む俗称である。— ウィキペディア日本語版金サッカ」より。

作品[編集]

[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。