作者:金炳淵

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: き 金炳淵
(1807年(純祖7年)3月13日 - 1863年(哲宗14年)3月29日)
金 炳淵(きん・へいえん、; 김병연、キム・ビョンヨン(ピョンヨン、1807年(純祖7年) - 1863年(哲宗14年))は、朝鮮後期の諷刺・放浪詩人である。通称の金サッカで有名。性深(せいしん; 성심、ソンシム)、蘭皐(らんこう; 난고、ナンゴ)。金サッカという通称のサッカ(삿갓)とは「編み笠」の意で、彼が編み笠をかぶって全国を放浪したことに因む俗称である。— ウィキペディア日本語版金サッカ」より。

作品[編集]

[編集]

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。