辱孔氏家

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


白文 書き下し文 訳文
臨門老尨吠孔孔[1] 門に臨んで 老尨[訳注 1](ろうぼう) 吠ゆること孔孔たり 門の前に老いたムク[訳注 2]がコンコン[訳注 3]吠えているので
知是主人姓曰孔[2] 知る 是(こ)れ 主人の姓 孔と曰(い)うを 主人めの姓氏が孔氏であると思うのだ
黃昏逐客緣何事 黄昏(こうこん) 客を逐(お)うは何(いず)れの事にか縁(よ)る 黄昏に客を追い払うなんて[訳注 4]
恐失夫人脚下孔[3] 夫人 脚下の孔を失うことを恐る 夫人の下の穴を失うだろうかと恐ろしいのか?[訳注 5]

注釈[編集]

  1. 孔:犬が出す音、コン。孔孔=コンコン!
  2. 孔:姓氏の孔。孔氏
  3. 孔:穴の孔。脚下の孔=女性の生殖器を仄めかして言う言葉

訳注[編集]

  1. 「尨」はムク犬のこと。
  2. ムク犬は韓国語で삽살개(サルッケ)だが、原文では(ケ=“犬”)を略して삽살(サ)としているので、訳文でも「ムク」とした。
  3. 韓国語では犬の鳴き声はコンコン(컹컹)以外にモンモン(멍멍)とも表現される。
  4. 白文通りに訳すと、「夕暮れ時に客を追い払うなんてどういうことだ?」
  5. 私が請うた一夜の宿を拒んだのは、自分の妻が寝取られることを恐れたためか、ということ。一夜の宿を請うて結局追い払われた憤懣を口を極めて罵った訳である。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。