作者:牧野虚太郎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ま 牧野 虚太郎
(1920年 - 1941年8月20日)
牧野虚太郎(まきの・きょたろう、本名:島田實)は詩人。東京出身。慶應義塾大学中退。荒地詩集に作品が載るが、当時既に世を去っていた。詩誌『荒地』の前身である戦前の詩誌『LUNA』や『LE BAL』に発表された作品は、モダニズム詩の極限にある小品を十数篇遺すのみである。鮎川信夫編の詩集に大部分を載せるが、遺漏もある。— ウィキペディア日本語版牧野虚太郎」より。

著作一覧[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1941年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。