作者:坂本龍馬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: さ 坂本龍馬
(天保6年11月15日(新暦・1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(新暦・1867年12月10日))
坂本 龍馬(さかもと りょうま)は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えた。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。— ウィキペディア日本語版坂本龍馬」より。
坂本龍馬

著作一覧[編集]

文書[編集]

  1. 海援隊約規(高知 弘松家文書)
  2. 船中八策(慶応3年6月15日)
  3. 新官制擬定書(慶応3年10月16日)
  4. 新政府綱領八策(慶応3年11月)
  5. 寄せ書袱紗(西山家・平井家文書 高知県立歴史民俗資料館)
  6. 坂本龍馬手帳摘要
  7. 坂本龍馬手記 イロハ丸航海日記(慶応3年4月〜5月)

詠草[編集]

  1. 和歌1(京都国立博物館蔵)
  2. 和歌2(京都国立博物館蔵)
  3. 和歌3(東京 伊藤家文書)(上田 三吉家文書)
  4. 俚謡1(京都国立博物館蔵)
  5. 俚謡2(下関 梶山家蔵)

手紙[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。