坂本龍馬/新政府綱領八策

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

「坂本龍馬の手紙」のトップページへ行く


第一義
 天下有名ノ人材ヲ招致シ 顧問ニ供フ
第二義
 有材ノ諸侯ヲ撰用シ
 朝廷ノ官爵ヲ賜ヒ 現今有名
 無實ノ官ヲ除ク
第三義
 外国ノ交際ヲ議定ス
第四義
 律令ヲ撰シ 新ニ無窮ノ
 大典ヲ定ム 律令既ニ定レバ
 諸侯伯皆此ヲ奉ジテ部下
 ヲ率ス
第五義
 上下議政所
第六義
 海陸軍局
第七義
 親兵
第八義
 皇国今日ノ金銀物価ヲ
 外国ト平均ス
右預メ二三ノ明眼士ト議定
シ 諸侯會盟ノ日ヲ待ッテ云々
○○○自ラ盟主ト為リ 此ヲ以テ
朝廷ニ奉リ 始テ天下萬民ニ
公布云々 強抗非礼公議ニ
違フ者ハ断然征討ス 權
門貴族モ貸借スルヿナシ
 慶應丁卯十一月 坂本直柔