坂本龍馬/俚謡2

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

「坂本龍馬の手紙」のトップページへ行く


こいわしはんのほかとやら あなどのせとのいなりまち
ねこもしやくしもおもしろふ あそぶくるわのはる
げしき ここにひとりのさるまハし たぬきいつぴきふり
すてゝ 義利もなさけもなきなみだ ほかに
こゝろハあるまいと かけてちかいし山の神 うちに
いるのにこゝろのやみぢ さぐりて いでゝ行


とんとんと登る梯子の真中程で
国を去つて薩摩同志 楼に上る貧乏の春
辛抱しやんせと目に涙