代数的整数論

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
削除提案中
Icono aviso borrar.png

現在、この項目の一部の版または全体について、削除の手続きに従って、削除が提案されています。

削除についての議論は削除依頼の該当のセクションで行われています(このページのノートも参照してください)。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかをどうか検討してください。


前篇 一般論[編集]

第1章 代数的整数[編集]

第2章 代数体の整数「イデアル」[編集]

第3章 剰余類[編集]

第4章 「イデアル」の類別[編集]

第5章 「ミンコフスキ」の定理の応用[編集]

第6章 相対的の体[編集]

第7章 判別式 共軛差積[編集]

第8章 「ガロワ」体[編集]

第9章 単数[編集]

第10章 素数進法 (p 進法)[編集]

後篇 類体論[編集]

第11章 合同類別[編集]

第12章 解析的の考察[編集]

第13章 基本定理[編集]

第14章 分解定理 同型定理 相互律[編集]

第15章 存在定理 導手定理[編集]

第16章 集結定理[編集]

附録[編集]

(1) 二次体論[編集]

(2) 円分体の類数[編集]

(3) 「イデヤル」論の基本定理[編集]