作者:高木貞治

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
作者索引: た 高木貞治
(1875年(明治8年)4月21日 - 1960年(昭和35年)2月28日)
高木 貞治(たかぎ ていじ)は、日本の数学者。岐阜県大野郡数屋村(現・本巣市)出身。帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ3年間留学。ヒルベルトに師事し、多大な影響を受ける。『解析概論』『初等整数論講義』『代数的整数論』など多くの数学教科書を著した。東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。文化勲章受章。— ウィキペディア日本語版高木貞治」より。
高木貞治

著書[編集]

単行本
題名 公表年
新撰算術 1898年
新撰代数学 1898年
新式算術講義 1904年
代数学講義 1930年
初等整数論講義 1931年
近世数学史談 1933年
数学雑談 1935年
解析概論 1938年
数学小景 1943年
代数的整数論 1948年
数学の自由性 1949年
数の概念 1949年
短編
題名 公表年
蟻説 1885年
ヒルベルト訪問記 1932年
回顧と展望 1941年
論文
題名 公表年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この作者の全ての著作物又は一部の著作物は、著作権の保護期間が著作者の没後50年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の全部又は一部の著作物は1923年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。