代数的整数論/第3章/「ノルム」

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

を法とする剰余類の数を「イデヤル」の「ノルム」といい,それを又は略してと記るす.を底で表わして,それらを加法群と見れば,剰余類の数はに対する部分群の指数(index)に外ならない:.それは有限である(§2.1).

(以下続く,どなたか編集お願いします.)