第一「カフィズマ」

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第一聖詠[編集]

ダワィドえい

あくにんはかりごとかず、ざいにんみちたず、かいらんしゃくらいせずして、

そのこころしゅほうき、ちゅうほうねんするひとさいはひなり。

かれすいへんゑたるときおよびてそのむすび、そのしぼまざるものごとくならん、かれそのところみなこれげん。

あくにんしからず、すなはちちりめんよりかぜげらるるがごとし。

ゆえあくにんしんぱんつをず、ざいにんじんかいつをざらん。

けだししゅじんみちる、あくにんみちほろびん。

第二聖詠[編集]

ダワィドえい

しょみんなんれぞさわぎ、しょぞくなんれぞいたづらはかる。

しょおうおこり、しょこうあひはかりてしゅめ、そのあぶらつけられしものむ、

いはく、われそのなはち、そのくさりてんと。

てんものこれわらひ、しゅかれはづかしめん。

そのときいきどほりてかれひ、そのいかりもつかれみださん、

いはく、われかれよりてられて、シオンそのせいざんおうれり。

われめいべん、しゅわれへり、なんぢわれわれこんにちなんぢめり、

われもとめよ、われしょみんあたへてなんぢぎょうし、はてあたへてなんぢりょうさん、

なんぢてつつえもつかれち、とうごとかれくだかんと。

一〇 ゆえしょおうよ、さとれ、しんぱんしゃよ、まなべ、

一一 おそれてしゅつとめよ、おののきてそのまへよろこべよ。

一二 うやまへ、おそらくはかれいかりて、なんぢみちほろびん、けだしそのいかりすみやかおこらん。およかれたのものさいはひなり。

第三聖詠[編集]

ダワィドえいそのアワェサロムくるときつくりしところなり。

しゅよ、てきなんおほき、おほくのものわれむ、

おほくのものたましひしてかれかみよりすくひずとふ。

しかれども、しゅよ、なんぢわれまもたてなり、われさかえなり、なんぢこうべぐ。

こえもつしゅぶに、しゅそのせいざんよりわれたまふ。

われし、ね、またむ、しゅわれふせまもればなり。

めぐりてわれむるばんみんは、われこれおそれざらん。

しゅよ、きよ、かみよ、われすくたまへ、けだしなんぢしょてきほほち、あくにんくじけり。

すくひしゅる、なんぢこうふくなんぢたみり。

光榮讃詞

第四聖詠[編集]

れいちょうこときてうたはしむ。ダワィドえい

かみよ、ときわれたまへ。せまきときなんぢわれひろきあたへたり。われあはれみて、いのりたまへ。

ひとよ、さかえはづかしめらるることいづれときいたるか、なんぢむなしきこのいつはりもとむることいづれときいたるか。

なんぢしゅそのせいしゃわかちておのれぞくせしめしをれ、われべば、しゅこれく。

いかりてつみおかなかれ、とこるときなんぢこころはかりて、おのれしづめよ。

まつりささげて、しゅたのめ。

おほくのものふ、たれわれぜんしめさん。しゅよ、なんぢかんばせひかりわれあらはたまへ。

なんぢこころたのしみつるは、かれパンさけあぶらとにゆたかなるときよりまされり。

われあんぜんとしてぬ、けだししゅよ、ひとりなんぢわれなんにしてわたらしめたまふ。

第五聖詠[編集]

れいちょうしょうもつせしむ。ダワィドえい

しゅよ、ことばき、おもひさとれ。

おうかみよ、こえたまへ、われなんぢいのればなり。

しゅよ、あしたこえたまへ、われあしたなんぢまへちてたん。

けだしなんぢほうよろこばざるかみなり、あくにんなんぢるをず、

けんものなんぢまへとどまらざらん、なんぢおよほうおこなものにくむ、

なんぢいつはりものほろぼさん、ざんにんけつものしゅこれにくむ。

ただわれなんぢあはれみおほきにりてなんぢいへり、なんぢおそれてなんぢせいでんふくはいせん。

しゅよ、てきためわれなんぢみちびき、まへなんぢみちたひらかにせよ。

一〇 けだしかれくちにはしんじつなく、かれこころあくぎゃくかれのんどひらけたるひつぎそのしたにてへつらふ。

一一 かみよ、かれつみさだめ、かれをしてそのはかりごともつみづかやぶれしめ、かれけんはなはだしきにりてこれたまへ、かれなんぢさからへばなり。

一二 およなんぢたのものよろこびてながたのしみ、なんぢかれおほまもらん、なんぢあいするものなんぢもつみづかほこらんとす。

一三 けだししゅよ、なんぢじんふくくだし、めぐみもつたてごとかれめぐらしまもればなり。

第六聖詠[編集]

れいちょうはちげんこともつうたはしむ。ダワィドえい

しゅよ、なんぢいきどほりもつわれむるなかれ、なんぢいかりもつわればつするなかれ。

しゅよ、われあはれたまへ、われよわければなり、しゅよ、われいやたまへ、ほねおののき、

たましひはなはだおののけばなり、なんぢしゅよ、いづれときいたるか。

しゅよ、おもてかへし、たましひまぬかれしめ、なんぢあはれみりてわれすくたまへ。

けだしうちにはなんぢおくするなし、はかうちにはたれなんぢさんようせん。

われなげきにてつかれたり、まいとこあらひ、なみだにてわれしとねうるほす。

うれひりてれ、もろもろてきりておとろへたり。

およほうおこなものわれはなれよ、けだししゅこえけり、

一〇 しゅねがひたまへり、しゅいのりれんとす。

一一 ねがはくはもろもろてきはづかしめられていたたれん、ねがはくはしりぞきてにはかはぢん。

光榮讃詞

第七聖詠[編集]

あいうたダワィドワェニアミンぞくフスことりて、しゅおうせしところなり。

しゅかみよ、われなんぢたのむ、われことごとくのきんちくしゃよりすくひて、われたすたまへ。

ねがはくはかれししごとたましひきて、たすすくものなきときごとこれつんざかざらん。

しゅかみよ、われなにごとをかし、ふぎあり、

われゆえなくてきとなりしひとをもすくひしに、われしたしみあるものあくむくいしならば、

ねがはくはてきたましひひてこれとらへ、いのちふみにじさかえちりなげうたん。

しゅよ、なんぢいかりもつき、てきぼうぎゃくむかへ、ためきて、なんぢさだめししんぱんおこなたまへ、

ばんみんなんぢめぐらん、なんぢそのうへたかきのぼたまへ。

しゅしゅうみんしんぱんす。しゅよ、われわれきずなきとにしたがひてわれしんぱんせよ。

一〇 ねがはくはあくしゃざんがいたれん、じんなんぢこれかためよ、なるかみよ、なんぢひとしんぷくこころみればなり。

一一 われたてこころただしきものすくかみり。

一二 かみかつゆうにしてかんにんなるしんぱんしゃなり、

一三 またかみひとはんせいせざれば、日々にきびしくただものなり。かれそのつるぎぎ、そのゆみりてこれけ、

一四 これためうつはそなへ、そのもつひやす。

一五 よ、あくしゃふぎやどし、ざんがいはらみ、おのれためいつはりめり、

一六 おとしあなり、これおはりて、みづかもうけしあなおちいれり、

一七 そのざんがいそのこうべかへり、そのぼうぎゃくそのいただきちん。

一八 われしゅりてしゅあがめ、じょうなるしゅうたふ。

第八聖詠[編集]

れいちょうゲフがくもつこれうたはしむ。ダワィドえい

しゅかみよ、なんぢなんぜんおほいなる、なんぢこうえいしょてんゆ。

なんぢてきゆえもつて、なんぢおさなごちのみごとのくちよりさんそなへたり、てきあだむくゆるものとにことばなからしめんためなり。

われなんぢゆびしわざなるしょてんなんぢてしつきほしれば、

すなはちひとなにものたる、なんぢこれおもふか、ひとなにものたる、なんぢこれかへりみるか。

なんぢかれてんよりすこしくくだらしめ、かれこうえいそんこうむらせ、

かれなんぢつくりしものうへて、ばんぶつそのそくふくせしめたり、

すなはちことごとくのひつじうしまたけもの

そらとりうみうおいっさいうみおよものなり。

一〇 しゅかみよ、なんぢなんぜんおほいなる。

光榮讃詞