通俗正教教話/十誡の第五誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

十誡じっかい第五だいご誡命かいめい[編集]

<<なんぢ父母ふぼうやまなんぢ生命いのちながからん為也ためなり>>

問 第五誡命だいごのいましめもうして御座いまする『父母ふぼうやまへ』とことばあまなんだかばくとしてわかりませんが、これほかことばもつもうしますればふことなので御座いますか。

答 それ父母ふぼ孝行かうかうしてつくせとうことで御座います、くはしくもうしますれば父母ふぼつねうやまその疾病やまひなどのときにはこころからかんし、おひなぐさめ、死後しごにはそのまつりたず、その遺言ゆいごんは神様のはふこく法律おきてもとらぬものならば父母ふぼかんがへたとほりに実行じつかうすることなので御座います。

問 父母ふぼ孝行かうかうしないつみうで御座いませうほどおもつみで御座いませうか。

答 父母ふぼ孝行かうかうすることはいたって容易たやすいことでひとたるものはたれ命令めいれいしなくともぜんこころからるもので御座います、しかるに孝者かうものその容易たやすたれにもぜん出来できることをおこなはないので御座いますから其罪そのつみけっして一通ひととほりではいので御座います、旧約きうやくモイセイ法律おきてりますれば『父母ふぼののしったばかりでもけいしょせられた』(エギペト出記二十一の十六)もので御座います、我邦わがくにでもむかしから父母ふぼ孝養かうやうつくすことはひとおこなふべきみち大本おほもととしてつね人々ひとびとおこなはうとこころけてることで、孝者かうものへばたれしもつまはじきをして窃盗どろぼうよりもにくほどおもつみ見做みなしてります。

問 何為なぜ父母ふぼうやまふべきいましめかぎり『なが寿いのち』を神様は人々ひとびと約束やくそくなさいましたので御座いますか。

答 それまで御座ございませぬ、『父母ふぼ孝養かうやうつくすこと』はていまるおさまってもといで、ていまるおさまることは社会国家のせいおこなはるるもとで御座いまするから神様はこと目前めのまへほう人々ひとびとにおしめしになって益々ますます人々ひとびとはげましになったので御座います。

問 それでは『父母ふぼ孝行かうかうをするもの』はなんで御座いますかながきをいたしますので御座ございませうか、しかなかますると孝行かうかうひとでも随分ずいぶん夭死はやじにをするひとりまするやうですがふもので御座いませう。

答 ここもうして御座いまする『なが寿いのち』とはばかりの意味いみでは御座ございませぬ、このことば来世らいせい幸福さいはひをもしめしてことこれ一概いちがいもうしますれば『孝行かうかうひと』はすえには幸福さいはひると意味いみで御座います、わたくしどもながくさへきるてればそれ幸福さいはひのやうにおもひますが、しかそれだいちがひではやんだからともうしましてけっしてかうもうわけにはまいりませぬ、なかにはながきてためかへつ惨憺みじめってひとも御座いますれば、はやんだめにかへつ幸福さいはひひとも御座います、えうするにひとかうかういのちながひみじかひにはかかはりませぬことで御座ございまするから、孝行かうかうをしたからかならながきるともうわけにはまいりませぬ、神様が此人このひとなかながきてるよりぶんもとはやひきったはう幸福さいはひ御思召おぼしめせば如何いか親孝行おやかうかうひとでも夭死はやじにいたしまするので、それかく孝行かうかうをしたもの幸福さいはひうくることはいづれにいたしましてもちがいのいことで御座います。

問 何故なぜとなりたいするあい』の誡命いましめの第一番目におやたいする誡命いましめいたので御座いますか。

答 それ父母ふぼわたくしどももっとちかい者で御座ございまするし、父母ふぼたいする誡命いましめとなりたいするあい誡命いましめもといになるので御座いますからこの誡命いましめとなりたいするあい誡命いましめもといになるので御座ございますからこの誡命いましめ故意わざとなりたいする誡命いましめの第一位にかれたので御座います。

問 第五誡命だいごのいましめに『父母ふぼうやまへ』ともうして御座いまする『父母ふぼ』とはなんで御座いますかうみおやばかりをもうしたもので御座いますか、それとも亦他またほか意味いみ其内そのうちにはふくんでるので御座いますか。

答 このことば本当ほんとう意味いみろんうみおや』のことをもうしたものでは御座いますがしか其内そのうちにはまたおやかはるべきひとをもふくんでるので御座います。

問 それではおやかはひともうしまするとひとで御座いますか。

答 第一はこくかしらたる帝王ていわうで御座います、つぎわたくしどもたましひのことをおもんばかってれるぼくまた学問がくもんさづけてくれけう、第三はねんちやうしや、第四は恩人おんじんこんいづれもみな父母ふぼかはるべきひと御座ございますからわたくしども父母ふぼひとしくうやま其人そのひとため身命しんめいなげうたなければなりませぬ。

問 基督正教ハリストスせいけうでは『忠君きみにちう』なることにいてはやうおしへてりまするか。

答 それもうまで御座ございませぬ、一国いつこくかしらたるひと命令めいれいにはこころから服従ふくじうし、つね帝王ていわう健在けんざいこく安寧あんねいとをばんさきだちていのるべきことをいましめてります、聖書せいしょもうして御座いますには、『およそことさきだちてすすしゆうじんため帝王ていわうおよおよけんものためたうぐわん懇求こんきう感謝かんしゃさんことを、われおよそ敬虔けいけん聖潔せいけつとをもつ平安へいあんにして穏静おだやかなるいのちいたらんためなり』(テモヘイ前二の一、二)『およそひとかみけんふくすべしけだしかみよりせざるけんなくところけんかみよりてられたるなりゆえけんふくせざるものはかみめいさからふなり』(ロマ十三の一、二)『わがかみ帝王ていわうとをおそれよ』(箴言二十四の二十一これに『ふくすべきはただいかりおそるる)のためのみならずすなはちりやうしんるなり』(ロマ十三の五ねがはくば『かみおそわうたふとめよ』(ペトル前二の十七)と。

問 ぶんいのちきみくにためつることにいては聖書せいしょにはもうして御座いますか。

答 其様そのやうおのれいのちきみこくめにつるものはあいもっときよくてんたっしたるものでこれよりおほいなるとくいともうして御座います、イオアンの福音ふくいんうちに『ひと其友そのともため生命いのちつるはあいこれよりおほいなるはなし』(十五の十三)ともうして御座いまするのはすなは此事このこと意味いみしたもので御座います。

問 それでは聖書せいしょぼくけううやまふべきことにいて如何いかがもうして御座いますか。

答 やうもうして御座います『なんぢ教導けうだうかみことばなんぢつたへしものねんせよ、かれしたがひてこれふくせよ』(エウレイ十三の七、十七)と。

問 年長ねんちやうしやうやまふべきこときましては聖書せいしょには如何どうもうしてりまするか。

答 『白髪しらがひとまへにはたちあがるべしまた老人としよりうやまなんぢかみおそるべし』(利未記十九の三十二
また老人としより厳責げんせきするなかすなはちかれすすむることちちけるごとくせよ……老女らうぢょにはははけるごとくせよ』(テモヘイ前五の一、二)。

問 おんあるひと大切たいせつにしますことにきましては聖書せいしょふことがしるして御座いますか。

答 此事このこと最早もはまでもないことで御座いますからべついましめも御座いませんがわたくしどもしゅなるイイスス ハリストスその大恩人だいおんじんなるイオシフに三十歳までちちたいするやうな孝養かうやうつくしになったことをましてもそのおこなひならおのれ恩人おんじん大切たいせついたさなければなりませぬ。

問 十誡じっかい第五誡命だいごのいましめわたくしどもきみたいぼくたい年長ねんちやうしやたいするこころべたもので御座いますがそれではきみしんたいし、おやたいし、ぼくけうその弟子でしたいし、年長ねんちやうしや年少ねんしやうしやたいする誡命いましめいては聖書せいしょ如何どうおしへて御座いますか。

答 きみたるものしんたいする義務ぎむついてはやうもうして御座います『しゅなるもの公平こうへいもつぼくほどこてんにはなんぢにもしゅあることをればなり』(コロサイ四の一)。
おやたいする義務ぎむついてはやうもうして御座います『ちちなんぢおのれいからしむるなかすなはちしゅ警戒いましめ教訓おしへとをもつこれ養育やういくせよ』(エヘス六の四)。
ぼくけうそのしんおよ弟子でしたいしまするいましめきましては『なんぢかみむれぼくしてこれ監督かんとくするにはひてすにあらすなはちねがひまたかみむねしたがふにけつためあらすなはち熱心ねっしんりてまたかみわざしゅたるにあらすなはちぐんのりとなれ』(彼得前五の二、三)。
ねんちやうしやねんしやうしやたいするこころきましては『わかものには兄弟けいていけるがごとくせよ』(テモヘイ前五の二)とおしへて御座います。

問 それではきみ父母ふぼや年長者や主人がまことみちはづれたことをおこなへとめいじましたときにはうで御座いませう、それでもその命令めいれいわたくしどもあまんじてしたがはなければなりませぬものでせうか。

答 いいえ其様そんあひにはわたくしどもその命令めいれい君主きみ命令めいれいであつてもおや命令めいれいであつても主人しゅじん命令いひつけであつてもけっしてしたが必要ひつえういので御座います、其様そのやうときにはわたくしどもかつせい使徒しとペトルイオアンがイウデヤの有司つかさちやうろうおよさいちやうこたへて『かみくよりもまさりてなんぢくはかみまへりてなるかみづか判断はんだんせよ』(行実ぎょうじつ四の十九)ともうしましたそのことば繰返くりかへぜんかみまことおしへめにその命令めいれいしりぞけて、これためくるくるしみあまんじてしのばなければなりませぬ。

問 十誡じっかい第五誡命だいごのいましめめいじてりまする誡命いましめこれそうくわつしてもうしますると誡命いましめになるので御座いますか。

答 『従順じゆうじゆん』と誡命いましめになるので御座います。

十誡じっかい第六だいろく誡命かいめい[編集]

<<なんぢひところなかれ)>>

問 ひところすとふことはもうまでも御座いません大罪だいざいで御座いますがしか戦争せんさういでくにため敵人てきころしたり、ごくしよくって罪人ざいにんけいしょすることはうで御座ございませう、矢張やっぱり大罪だいざいで御座いませうか。

答 法律おきてってけい罪人ざいにんしょすることや君国くにため戦争いくさおもむいて敵人てきころすことはけっしてつみでは御座いません。

問 それではあやまってひところしたひとうで御座いますか。

答 その過失あやまちまことむをぬもので御座いまするなればつみいので御座いますがおほ過失あやまちもうしまするものも用心ようじんらないところからおこってるもので御座いますから設令たとあやまってひところしましたにせよころしたひと全然まったくつみがないとはもうされません、で御座ございますから教会ではあやまってひところしたひとにも少時しばら謹慎つつしみめいじてこころきよめさせるので御座います。

問 教会でもうしまする『人殺ひとごろしのつみ』はかたな出刃でばひところすことばかりをもうすもので御座いますか、それともなほこのぐわいにも『人殺ひとごろしのつみ』はるので御座いますか。

答 教会でもうしまする『殺人罪ひとごろし』はかたな出刃でばひところすことばかりでは御座いませんつぎもうしまするやうなこともまた殺人罪ひとごろし』のうちくはへられるので御座います。
第一は裁判官がこくざいたることをりながらこれつみおとすこと、第二はひところした罪人ざいにんかくまって其者そのもの便ばんあたへること、第三はぶんひとたすくるみちるにもかかはらずにんごろしにすること、金満家かねもち貧乏人びんぼうにん餓死がしするをたすけないことなぞもこの第三者のうちぞくするもので御座います、第四はぶん配下てしたぎた労働はたらきめいじて其者そのもの身体からだそこなふこと、主人しゅじん召使めしつかひぎやくたいすることなぞはこのるいぞくするつみで御座います、第五は放蕩ほうたうさけ節制せっせいによつて大切だいじ身体からだこはすこと。
じやうべましたことはいづれも教会では矢張やっぱり『殺人ひとごろしつみ』と見做みなすので御座います。

問 さつは教会では如何どう見做みなすので御座いますか。

答 教会ではさつ矢張やっぱ人殺ひとごろしのうちくはへるので御座います、一体いったい日本人はさつふと大変たいへんえらさうにかんがへまするがそれ大変たいへんちがひで、大抵たいてい殺者さつしゃたたかひけたひとで御座います、さつするくらいかくればさつをしなくても充分じうぶん立派りっぱなかんなくるしみでもきりけてくことが出来できるので御座いますのにそれ出来できなくてさつなどするので御座いますから殺者さつしゃえらひとではない、かへって難関なんかんきりくることの出来できない意気地いきじなしで御座いますですから教会では殺者さつしゃじやういやしみます、一体いったいひともうしますのはだれでもおのれあいがるもので御座いますのに殺者さつしゃぶんぶんからだころすので御座いますからただ人殺ひとごろしつみばかりでなく天性てんせいもとった大罪たいざいで御座います、なほ其上このうへに自殺者は神様のむねにもそむいた大罪人だいざいにんで御座います。

問 それでは決闘けっとううで御座いますか。

答 決闘けっとう殺人ひとごろしさつ国法こくはふさからみっつの大罪だいざいどうをかすもので御座います、何故なぜかともうしますれば決闘けっとうわたくしあらそひさばためになすもので御座いますがわたくしあらそひさばためにはこく裁判さいばんふものが御座います、しかるに決闘けとっうをするものそのこくていないがしろにしてほしいままわたくしあらそひ決定けっていしやうとするので御座いますから第一決闘けっとう国法こくはふそむくので御座います、つぎ決闘けっとうをするものおのれきづつけひとからだいたむるもので御座いますから人殺ひとごろしさつつみどうをかもので御座います。

問 人殺ひとごろしとはひと生命いのちることばかりをもうすので御座いますか。

答 いいえ左様さうでは御座いませぬ、ひとわるみちさそって其人そのひとたましひほろぼさしめるものまた人殺ひとごろしつみおこなもので御座います、しゅ聖書せいしょうちひとそこなものかって其罪そのつみならしてもうされましたには『誘惑いざなひきたらざるを唯之ただこれきたものわざはひなるかなひとしよう一人いちにんつみいざなはんよりはむし磨石ひきうす其頸そのくびけられてうみとうぜられん』(ルカ十七の一すなはひとつみおとしいるるやうものならばきてるよりか、んでしまったはうほどましであると意味いみで御座います。

問 それではこれぐわい人殺ひとごろしつみうちくはへらるべきつみは御座いませぬか。

答 御座ございます、ひとうちへいやぶったりひといたづらにくむこともまた人殺ひとごろしひとしいつみで御座います、聖書せいしょもうして御座いますには『およその兄弟けいていにくもの殺人者ひとごろしなり』(イオアン一書三の十五)。

問 わたくしども十誡じっかいの第六の誡命かいめいそれではただしくまもりまするには如何いかがいたしたならばよろしいので御座いますか。

答 この第六の誡命いましめを正しくわたくしどもおこなはんにはひと生命いのちへいおもんつねこころもちいてそれたすくるやうにしなければなりませぬ、たとへばまづしものにはめぐみ、びやうにんがあればかんをしてり、うれかなしんでものなぐさめてり、かうものればそれ親切しんせつ世話せわをしてり、ぶんはぢをかかせたものがあっても其罪そのつみとがめず、ばん萬端ばんたんひとやさしいこころもつ交際つきあふので御座います。