通俗正教教話/十誡の第七誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

十誡じっかい第七だいしち誡命かいめい[編集]

<<姦淫かんいんするなかれ>>

問 姦淫かんいんとはつみで御座いますか。

答 教会で『姦淫かんいん』ともうしまするもののうちにはいろつみふくまってるので御座います。
第一は『邪淫じゃいん』ともうしまして、結婚けっこんもしない男女だんにょほしいままたがひはだゆるしておのれからだけがすことで御座います。
つぎは『姦通かんつう』ともうしまして立派りっぱふうとなってものほかあだをとこをんなこころかたむけてそのをとこをんな不義ふぎらくふけることで御座います。
第三は『朋淫ほういん』ともうしまして血族けつぞくものふうになってたがひけがすことで御座います。
強姦がうかん猥褻わいせつおこなひすことはろん此罪このつみうちかぞへらるるもので御座います。

問 我主わがしゅイイスス ハリストス此罪このつみいてやうおしへてられまするか。

答 しゅおんおしへしたがひますれば『姦淫かんいん』とはただ男女だんにょ不義ふぎらくふけることばかりではなくたがひあい淫慾いんよくおこすこともまた姦淫かんいんつみ』ををかすものであります『およよくいだきてをんなものこころうちすでこれいんせしなり』(馬太五の二十八このいましめろんをんなにもくわんけいしたもので御座います。

問 それでは此罪このつみをかさないやうばういたしまするにはふことをしたならばよろしう御座いますか。

答 そればういたしまするには卑猥みだらしよう説本せつぼん猥褻わいせつ講談かうだん野卑やひ俗歌ぞくうたおどり見世みせものたりきいたりしないやうにするとともまた一方いっぽうにはつね真面目まじめ利益ためになるやうかうしようものたりきいたりしてこころきよくし何時いつでもかくやうにしなければなりませぬ『なんぢみぎなんぢつみいざなはばくぢりてこれてよ……なんぢみぎなんぢつみいざなはばちてこれてよそはなんぢひゃくたいいつうしなふは全身ぜんしんごくとうぜらるるよりまされり』(馬太五の二十九、三十)とこのことば実際じっさいくぢてともうわけでは御座いませんがそのくらいだんたる決心けっしんたねばいざなひうちぶんこころまもることが出来できないとふことをおしへられたもので御座いますじやうもうしましたやうおこなひおこなひまするとどうふう何処どこまでしたしくたがひその真実まことやぶらぬやうにし処女しょぢょ何処どこまでみさをまも青年せいねん何処どこまでおのれはだけがさぬやうにしましたならば『姦淫かんいんつみ』ををかやうなことはくなるので御座います。

問 聖書せいしょふう相互あひたがひまもるべきつとめいて如何どうおしへて御座いますか。

答 をつとたいしましてはやうおしへて御座います『をつとおのれつまあいすることハリストスが教会をあいするがごとくせよかれおのれこれためてたり………をつとおのれつまあいすることおのれごとくすべしおのれつまあいするものおのれあいするなり』(エヘス五の二十五、二十八
つまたいしてはやうおしへて御座います『つまおのれをつとしたがふことしゅけるがごとくせよそはをつとつまかしらたることハリストスが教会のかしらたるがごとし、かれまたからだ救主きうしゅなり、すなはち教会のハリストスしたがふがごとをんなおよそことおいをつとしたがふべし……しかしてつまそのをつとおそるべし』(エヘス五の二十二―二十四、三十三

問 何為なぜ姦淫かんいんつみ』は其様そんなにもおそるべくおもいもので御座いますか。

答 此罪このつみていへいやぶしゃくわい風俗ふうぞくみだすことは今更申いまさらもうまでも御座いませんがなほすすんでもうしますればほかつみ大抵たいてい身体からだ以外のものをもつをかつみなので御座いますのにひと此罪このつみばかりはかみたまはったるたふとからだすぐ犯罪はんざいようきょうそれけがすので御座ございますから其罪そのつみじやうおもいもので御座います聖書せいしょ此事このこともうして御座いますには『あにらずやなんぢハリストスえだなるをゆえわれハリストスえだりていんえださんかしかすべからず……いんものれと一体いったいるなり……淫行いんかうけよおよひとおこなつみそとれどもいんおこなものおのれをかすなりあにらずやなんぢなんぢうち聖神せいしんなんぢかみよりけしもの殿みやにしてなんぢおのれぞくするにあらざるを』(コリンフ前六の十五―十九

十誡じっかい第八だいはち誡命かいめい[編集]

<<ぬすなかれ>>

問 ただに『ぬすみ』ともうしましても其内そのうちには種々いろいろの『ぬすみ』が御座いますが十誡じっかい第八だいはちの誡命かいめいいまめて御座いまする『ぬすみ』はふ『ぬすみ』なので御座いますか。

答 それつぎやうな『ぬすみ』で御座います。
第一は強盗がうたう これきょうたづさへたりちからづくでひともの強奪がうだつすることで御座います。
第二は窃盗せつたう これひとらぬうち他人ひとものぬすむことなので御座います。
第三は詐欺さぎ これひとあざむいて他人ひとものかたることで、偽金にせがね使つかったり、あくしなたかうりつけたり、盗品ぬすみもの売買うりかひしたりすることも此内このうちふくまってるので御座います。
第四は聖物せいぶつ窃盗せつとう これかみまたは教会にひとささげたるものをおのれものとしてまうことで御座います。
第五はかみせいしょくみだりにさづくること。これよくまどはされて神品しんぴんしょくみだりにひとさづけたりまたもつて教会のせいことで御座います此内このうちには金銭きんせんために教会のせいそくもとやうおこなひゆるすこともふくまってります。
第六は収賄しうわい これくわんなどがわいってせいおこなひゆるすことで御座います。
第七はしょく これ主人しゅじんまたくわいしゃから俸給ほうきうもらってながらそれむくゆるやうはたらきをせずいたづら俸給ほうきうむさぼってることをもうすので御座います。
第八はけん濫用らんよう これ法律はふりつじやうけんたてって無慈悲むじひ借金しゃくきん取立とりたてたりひと地位ちいったりすることで、かうしたり、さくいじめたりすることもみな此内このうちふくまつみで御座います。

問 それではこのぬすみ』のつみをかさぬやうにしまするにはふことをこころけたならばよろしう御座いませうか。

答 こころうちからよくおもいってこころうつくしくたもひととはまこともつ交際つきあつねただしきおこなひをのみおこなひ、まづしきものには相当さうたうたすけあたふるやうにすればよろしいので御座います。

問 まづしいものものめぐむともうしましてもめぐものかったならばいたしたならばよろしいので御座いますか。

答 其時そのときかれためちからへてやったりまたなぐさめてればよろしいので御座います、まづしいものものめぐむとふことはなにかねったりものれたりすることばかりでは御座いません、そのまづしいものなぐさめたりはげましたりかれため生活くらしみちひらいてったりすることも立派りっぱ貧者ひんしゃめぐんだことになるので御座います。

問 せい福音書ふくいんしょに『なんぢくわんぜんならんとほっせばきてなんぢ所有もちものって貧者ひんしゃほどこしからばざいてんたもたん』(馬太十九の二十一)ともうして御座ございますることばこの十誡じっかいの第八誡命かいめいふ関係があるので御座いますか。

答 このことばは第八誡命の『ぬすみ』とまった反対はんたい善行ぜんかう理想てほんしめしましたもので、ろん自分のって財産ざいさんみんひとめぐんでまうとやうなことは中々なかなかじやうにんには出来得できうることでは御座いませぬが貧者ひんしゃめぐむにはこのくらいかくもつてしなければ到底とて出来できることでは御座いません。

十誡じっかい第九だいく誡命かいめい[編集]

<<なんぢそのとなりひとたいして虚構いつはり証拠あかしつるなかれ>>

問 人に虚構いつはりしょうつるとふとふことなので御座いますか。

答 それ何事なにごとによらずひときづつくる目的もくてきもつ虚構いつはり保証あかしをなすことで御座います、『たれふことをたのはたしかなことである』などとりもせぬことを裁判官の前や普通の人の前でもうやうなことをすべいつはりしょうつるともうすので御座います。

問 それではうで御座いませう、実際じっさいひとわるいことが御座いましたあひにはそれめてかれもうしましても差支さしつかへないもので御座いませうか。

答 実際じっさいひとわるいことがったにもせよなんの関係もないのにそれかれこれもうやうなことはよろしくないことで御座いますただあるしよくもつそのわるいことをめたりかれもうすことはけっしてわるいことでは御座いませぬそれむしおほいさねばならぬことで御座います聖書せいしょしよくでもなんでもないひとにんのことをかれもうすことをいましめて御座いますには『ひとするなかせざらんためなり』(馬太七の一

問 それでは他人ひときづつけたりそこなったりしないいつはりうで御座いませうもうしても差支さしつかへ御座いませぬか。

答 いえ不可いけません設令たとひときづつけたりがいしたりしなくともいつはりもうすとふことは徹頭てつとうてつわるいことで御座います聖書せいしょもうして御座いますには、『なんぢいつはりりておのおのそのとなり真実しんじつそはなんぢたがひえだなり』(エヘス四の二十五ただぶん一言いちげんいつはりためひとたすかるやうあひ御座ございましたならばそのいつはりだけもうしてもべつつみではないので御座います。

問 十誡じっかい第九誡命だいくのいましめそれでは正しく守りますにはふことをこころけてりましたならばよろしう御座いますか。

答 それつね言語ことばつつしんでつまらぬことなどをはぬやうこころけねばなりませぬ聖書せいしょもうして御座いますには『生命いのちあいんとほっするもの其舌そのしたあくより其口そのくち詭譎いつはりことばよりとどむべし』(ペトル前三の十またなんぢうちたれみづか敬虔けいけんなりとおもひておのれしたくつはけずすなはちおのれこころあざむかばその敬虔けいけんぜんなり』(イアコフ一の二十六

十誡じっかい第十だいじふ誡命かいめい[編集]

<<なんぢそのとなりびといへむさぼなかまたなんぢ隣人となりつまおよそのしもべしもべをんなうし驢馬うさぎうまならびすべなんぢとなり所有もちものむさぼなかれ>>

問 十誡じっかいこの第十の誡命かいめいおいいましめて御座ございますることはこれ一言いちごんもうしますればふことで御座いますか。

答 これ一言ひとこともうしますればにんもの設令たとへいささかなものでも自分のものとしてたいとおもってはならぬとふことで畢竟つまうらやみのこころいましめたもので御座います。

問 『となりつまむさぼなかれ』とふとふことなので御座いますか。

答 それひとつまたいしてけしからぬおもひくるやうなことをいましめたもので御座います。

問 それではこの第十だいじふの誡命いましめただしくまもってきまするにはふことをこころけたならばよろしう御座いますか。

答 それは第一におのれこころ潔白けっぱくにしてすこしも物事ものごとたいして欲心よくしんいださず第二には自分のうんやすんじてひとことうらやんだりなどせぬやうにすればよろしう御座います。

問 ではこころきよおのれぶんやすんずるにはうしたならばよろしう御座いますか。

答 それにはつねかみたよそのいましめまもつねたうをして此塵このちりことおもひって何時いつでもきたるべきのことをかんがへてばんをなせばぜんこころきよまるとともおのれうんにもやすんずることが出来できるので御座います。