通俗正教教話/十誡の第七誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

じっかいだいしちかいめい[編集]

<<かんいんするなかれ>>

問 かんいんとはつみで御座いますか。

答 教会で『かんいん』ともうしまするもののうちにはいろつみふくまってるので御座います。
第一は『じゃいん』ともうしまして、けっこんもしないだんにょほしいままたがひはだゆるしておのれからだけがすことで御座います。
つぎは『かんつう』ともうしましてりっぱふうとなってものほかあだをとこをんなこころかたむけてそのをとこをんなふぎらくふけることで御座います。
第三は『ほういん』ともうしましてけつぞくものふうになってたがひけがすことで御座います。
がうかんわいせつおこなひすことはろんこのつみうちかぞへらるるもので御座います。

問 わがしゅイイスス ハリストスこのつみいてやうおしへてられまするか。

答 しゅおんおしへしたがひますれば『かんいん』とはただだんにょふぎらくふけることばかりではなくたがひあいいんよくおこすこともまたかんいんつみ』ををかすものであります『およよくいだきてをんなものこころうちすでこれいんせしなり』(馬太五の二十八このいましめろんをんなにもくわんけいしたもので御座います。

問 それではこのつみをかさないやうばういたしまするにはふことをしたならばよろしう御座いますか。

答 そればういたしまするにはみだらしようせつぼんわいせつかうだんやひぞくうたおどりみせものたりきいたりしないやうにするとともまたいっぽうにはつねまじめためになるやうかうしようものたりきいたりしてこころきよくしいつでもかくやうにしなければなりませぬ『なんぢみぎなんぢつみいざなはばくぢりてこれてよ……なんぢみぎなんぢつみいざなはばちてこれてよそはなんぢひゃくたいいつうしなふはぜんしんごくとうぜらるるよりまされり』(馬太五の二十九、三十)とこのことばじっさいくぢてともうわけでは御座いませんがそのくらいだんたるけっしんたねばいざなひうちぶんこころまもることができないとふことをおしへられたもので御座いますじやうもうしましたやうおこなひおこなひまするとどうふうどこまでしたしくたがひそのまことやぶらぬやうにししょぢょどこまでみさをまもせいねんどこまでおのれはだけがさぬやうにしましたならば『かんいんつみ』ををかやうなことはくなるので御座います。

問 せいしょふうあひたがひまもるべきつとめいてどうおしへて御座いますか。

答 をつとたいしましてはやうおしへて御座います『をつとおのれつまあいすることハリストスが教会をあいするがごとくせよかれおのれこれためてたり………をつとおのれつまあいすることおのれごとくすべしおのれつまあいするものおのれあいするなり』(エヘス五の二十五、二十八
つまたいしてはやうおしへて御座います『つまおのれをつとしたがふことしゅけるがごとくせよそはをつとつまかしらたることハリストスが教会のかしらたるがごとし、かれまたからだきうしゅなり、すなはち教会のハリストスしたがふがごとをんなおよそことおいをつとしたがふべし……しかしてつまそのをつとおそるべし』(エヘス五の二十二―二十四、三十三

問 なぜかんいんつみ』はそんなにもおそるべくおもいもので御座いますか。

答 このつみていへいやぶしゃくわいふうぞくみだすことはいまさらもうまでも御座いませんがなほすすんでもうしますればほかつみたいていからだ以外のものをもつをかつみなので御座いますのにひとこのつみばかりはかみたまはったるたふとからだすぐはんざいようきょうそれけがすのでございますからそのつみじやうおもいもので御座いますせいしょこのこともうして御座いますには『あにらずやなんぢハリストスえだなるをゆえわれハリストスえだりていんえださんかしかすべからず……いんものれといったいるなり……いんかうけよおよひとおこなつみそとれどもいんおこなものおのれをかすなりあにらずやなんぢなんぢうちせいしんなんぢかみよりけしものみやにしてなんぢおのれぞくするにあらざるを』(コリンフ前六の十五―十九

じっかいだいはちかいめい[編集]

<<ぬすなかれ>>

問 ただに『ぬすみ』ともうしましてもそのうちにはいろいろの『ぬすみ』が御座いますがじっかいだいはちのかいめいいまめて御座いまする『ぬすみ』はふ『ぬすみ』なので御座いますか。

答 それつぎやうな『ぬすみ』で御座います。
第一はがうたう これきょうたづさへたりちからづくでひとものがうだつすることで御座います。
第二はせつたう これひとらぬうちひとものぬすむことなので御座います。
第三はさぎ これひとあざむいてひとものかたることで、にせがねつかったり、あくしなたかうりつけたり、ぬすみものうりかひしたりすることもこのうちふくまってるので御座います。
第四はせいぶつせつとう これかみまたは教会にひとささげたるものをおのれものとしてまうことで御座います。
第五はかみせいしょくみだりにさづくること。これよくまどはされてしんぴんしょくみだりにひとさづけたりまたもつて教会のせいことで御座いますこのうちにはきんせんために教会のせいそくもとやうおこなひゆるすこともふくまってります。
第六はしうわい これくわんなどがわいってせいおこなひゆるすことで御座います。
第七はしょく これしゅじんまたくわいしゃからほうきうもらってながらそれむくゆるやうはたらきをせずいたづらほうきうむさぼってることをもうすので御座います。
第八はけんらんよう これはふりつじやうけんたてってむじひしゃくきんとりたてたりひとちいったりすることで、かうしたり、さくいじめたりすることもみなこのうちふくまつみで御座います。

問 それではこのぬすみ』のつみをかさぬやうにしまするにはふことをこころけたならばよろしう御座いませうか。

答 こころうちからよくおもいってこころうつくしくたもひととはまこともつつきあつねただしきおこなひをのみおこなひ、まづしきものにはさうたうたすけあたふるやうにすればよろしいので御座います。

問 まづしいものものめぐむともうしましてもめぐものかったならばいたしたならばよろしいので御座いますか。

答 そのときかれためちからへてやったりまたなぐさめてればよろしいので御座います、まづしいものものめぐむとふことはなにかねったりものれたりすることばかりでは御座いません、そのまづしいものなぐさめたりはげましたりかれためくらしみちひらいてったりすることもりっぱひんしゃめぐんだことになるので御座います。

問 せいふくいんしょに『なんぢくわんぜんならんとほっせばきてなんぢもちものってひんしゃほどこしからばざいてんたもたん』(馬太十九の二十一)ともうしてございますることばこのじっかいの第八かいめいふ関係があるので御座いますか。

答 このことばは第八誡命の『ぬすみ』とまったはんたいぜんかうてほんしめしましたもので、ろん自分のってざいさんみんひとめぐんでまうとやうなことはなかなかじやうにんにはできうることでは御座いませぬがひんしゃめぐむにはこのくらいかくもつてしなければとてできることでは御座いません。

じっかいだいくかいめい[編集]

<<なんぢそのとなりひとたいしていつはりあかしつるなかれ>>

問 人にいつはりしょうつるとふとふことなので御座いますか。

答 それなにごとによらずひときづつくるもくてきもついつはりあかしをなすことで御座います、『たれふことをたのはたしかなことである』などとりもせぬことを裁判官の前や普通の人の前でもうやうなことをすべいつはりしょうつるともうすので御座います。

問 それではうで御座いませう、じっさいひとわるいことが御座いましたあひにはそれめてかれもうしましてもさしつかへないもので御座いませうか。

答 じっさいひとわるいことがったにもせよなんの関係もないのにそれかれこれもうやうなことはよろしくないことで御座いますただあるしよくもつそのわるいことをめたりかれもうすことはけっしてわるいことでは御座いませぬそれむしおほいさねばならぬことで御座いますせいしょしよくでもなんでもないひとにんのことをかれもうすことをいましめて御座いますには『ひとするなかせざらんためなり』(馬太七の一

問 それではひときづつけたりそこなったりしないいつはりうで御座いませうもうしてもさしつかへ御座いませぬか。

答 いえいけませんたとひときづつけたりがいしたりしなくともいつはりもうすとふことはてつとうてつわるいことで御座いますせいしょもうして御座いますには、『なんぢいつはりりておのおのそのとなりしんじつそはなんぢたがひえだなり』(エヘス四の二十五ただぶんいちげんいつはりためひとたすかるやうあひございましたならばそのいつはりだけもうしてもべつつみではないので御座います。

問 じっかいだいくのいましめそれでは正しく守りますにはふことをこころけてりましたならばよろしう御座いますか。

答 それつねことばつつしんでつまらぬことなどをはぬやうこころけねばなりませぬせいしょもうして御座いますには『いのちあいんとほっするものそのしたあくよりそのくちいつはりことばよりとどむべし』(ペトル前三の十またなんぢうちたれみづかけいけんなりとおもひておのれしたくつはけずすなはちおのれこころあざむかばそのけいけんぜんなり』(イアコフ一の二十六

じっかいだいじふかいめい[編集]

<<なんぢそのとなりびといへむさぼなかまたなんぢとなりつまおよそのしもべしもべをんなうしうさぎうまならびすべなんぢとなりもちものむさぼなかれ>>

問 じっかいこの第十のかいめいおいいましめてございますることはこれいちごんもうしますればふことで御座いますか。

答 これひとこともうしますればにんものたとへいささかなものでも自分のものとしてたいとおもってはならぬとふことでつまうらやみのこころいましめたもので御座います。

問 『となりつまむさぼなかれ』とふとふことなので御座いますか。

答 それひとつまたいしてけしからぬおもひくるやうなことをいましめたもので御座います。

問 それではこのだいじふのいましめただしくまもってきまするにはふことをこころけたならばよろしう御座いますか。

答 それは第一におのれこころけっぱくにしてすこしもものごとたいしてよくしんいださず第二には自分のうんやすんじてひとことうらやんだりなどせぬやうにすればよろしう御座います。

問 ではこころきよおのれぶんやすんずるにはうしたならばよろしう御座いますか。

答 それにはつねかみたよそのいましめまもつねたうをしてこのちりことおもひっていつでもきたるべきのことをかんがへてばんをなせばぜんこころきよまるとともおのれうんにもやすんずることができるので御座います。