コンテンツにスキップ

シリヤの聖エフレム教訓/第3講話

提供:Wikisource

第3講話[編集]

<< かみしょ勉強べんきょうしてこと。 >>


喇叭らっぱはそのひびきをもつて、戦士せんしをあつむるがごとく、かみしょわれをよびて、われらのおもいかみをおそるるおそれにみちびかん、何故なにゆえならばわれおもい戦士せんしごとおうてきとたたかへばなり。また喇叭らっぱはそのひびきをもつて、戦時せんじ少壮しょうそうなる戦闘者せんとうしゃをはげまし、てきむかつてすすむの用意よういをなさしむるごとく、かみしょぜんむかなんぢ熱心ねっしんをはげまして、なんぢを諸慾しょよくとたたかふにかたむるなり。ゆえおのれちからおうじ、みづからつとめて、出来できるだけしきりに聖書せいしょむべし、これてきがその奸策かんさくもちいて、あるいなんぢにしばしばうれいをかうむらしめ、あるいなんぢ進歩しんぽ生活せいかつ便べんとをおほせしむるそのあいだに、なんぢ悪念あくねんれてらすところなんぢ思念おもい集中しゅうちゅうせんがためなり、いかんとなればてきはその奸悪かんあくによりひとかみよりとおざけんとほっしてこれをなせばなり。けだしかれひとあくにみちびきて、おもいおとさしむるあたはざるときは、これについでその霊智れいちをくらまさんがためひとうれいをかうむらしむることしばしばこれありて、そののちかれはもはやほっするところひとくことをんとす、さればかれ漸々ぜんぜんごと念慮ねんりょをすすめれ、かつちかいもつてこれを反復はんぷくせしめん、いはく『ぜんためにたたかひはじめしより以来いらい悪日あくじつたり、さればぜんきたさんがためあくをなさん』と。ときにもしたれ儆醒けいせいすることなくんば、てきこれもつてもあくにいざなふことあたはざるときは、ひと生活せいかつのあらゆる便利べんりをあたへ、かれをおごらしめて、おおいなるいざなひにみちびきれん、これすべての情慾じょうよくよりさら危険きけんさらあくなるものとなす、けだしひと驕傲きょうごうなるものとなし、無智むちなるものとなし、智識ちしきよく深淵しんえんにみちびきいれて、ひとてんむか謗瀆ぼうとくくちをひらくをせばなり、けだしいふあり『そのくちてんにあぐ』〔聖詠七十二の九〕、ひとかみらず、おのれよわきをしらずしてすることをおもはざるにいたらんとす。のいざなひはもろもろのあくるのみちとならん。たれみちくをあいさば、はかるべからざるところいたらん。これぞしゅのいはゆるほろびにみちびくのみちにして〔馬太マトフェイ七の十三ひろくしておおいなるみちなり。よ、てきときとして生活せいかつ便べんをおくり、又時またときとしてうれいをみちびくは何故なにゆえなるをなんぢはきけり。かれひとおいてそのこころかたぶきのいづれにあるを探知たんちし、おのれ不義ふぎもつ抵抗ていこうせんがためにこれにむかっ武備そなふるなり。

ゆえまった警戒けいかいして清醒せいせいなるべし、つねに勉強べんきょうしてむにもっぱらならんことをつとむべし、さらばかれ当然とうぜんなんぢおしへて、てきあみをさけ、永生えいせいたっせしめん、何故なにゆえなればかみしょをよむは、まよへる智識ちしき集中しゅうちゅうして、かみるをたまへばなり。けだししるされたり『なんぢとどまりてわれのかみたるをれ』〔聖詠四十五の十一〕。きよきこころもつかみしょむに練習れんしゅうするものかみるの知識ちしき所以ゆえんなんぢはきけり。ゆえおの霊魂たましいをなほざりにするなかれ、むと、祈祷きとうとに練習れんしゅうせよ、なんぢ智識ちしきてらされんがためなり、かつなんぢは『まったくかつそなはりてくるところなきものとならんがためなり』〔イアコフ一の四〕。或者あるもの大臣だいじん太公たいこうまたおう談話だんわするをもつみづからほこらん、されどもなんぢかみ使つかいまえおいて、聖書せいしょにより、聖神せいしん談話だんわするをもつみづからほこるべし、いかんとなれば聖神せいしん聖書せいしょによりてかたりたまへばなり、ゆえかみしょをよむをつとめ、つね祈祷きとうとどまるべし。けだしこれによりてかみ談話だんわするごとになんぢからだたましいとはせいにせらるればなり。ゆえにこれをりてしきりにこれを練習れんしゅうせよ。もしいとまなくんばこころにていのれ。預言者よげんしゃサムイルははふくなるアンナもかくのごとくいのり、『かれくちはうごくのみなりき』〔サムイル前一の十三〕。さりながらかれ祈祷きとう万軍ばんぐんしゅみみにいりて、かれにそのねがいをあたへられたり〔二十七節〕。ゆえにたとへなんぢいとまあらずといへども、こころにて祈祷きとうせよ。れどもなんぢはよむことをくせずんば、のききてえきをうくべきところよりはなるることなかれ、けだししるしていへるあり『もし智者ちしゃば、早朝そうちょうよりかれにいたれ、なんぢあしはそのもんしきみ摩耗すりへらすべし』〔シラフ六の三十六〕。これただむをくせざるものえきあるのみならず、くするものにもえきあり、いかんとなればおほくのひとむも、ところなにたるをらざればなり。

ゆえにつつしめよ、ハリストスたまものによりてなんぢにあたへられたるおのれ才能さいのうをおろそかにするなかれ。念々ねんねん心掛こころがけて、かみよろこばすをべき所以ゆえんたずねよ、聖者せいしゃさいわいをうけんがためなり。けだししるしていへるあり、『かれ啓示けいじをまもり、こころをつくしてかれたずぬるものさいわいなり』〔聖詠百十八の二〕。つつしめよ、おそらくはなんぢまんとほっするときてきなんぢさえぎりてなんぢ憂愁ゆうしゅうにみちびき、なんぢ放心ほうしんにおとしいれてごとくいはん、『これこれのことだいならざるによりづこれをせ、さらばそののち安静あんせいこころもつてよむをん』と。てきこのことをひそかにいひふくめて、手業てしごと熱心ねっしんさしむるときはこれをおもいにみちびきれ、なんぢをいざなふてむをはいせしめんとす。けだしたれ勉強べんきょうしてよみ、これよりえき引出ひきいださんとするをるときは、かれはつとめてこれらの託言かこつけをもてさまたげてそのものおそはんとす。ゆえにかれしんずるなかれ、かつして水源すいげんにつかんとほっする鹿しかごとく、かみしょにつくべし、なんぢこれをみて、情慾じょうよくにやかるるおのれかわきをとどめんがためなり。

さりながらわれはかくいはん、なんぢはまたかみしょよりえきをもすいり、しゅなんぢみて書中しょちゅうあることばさとるをたまふときは、怱々そうそうよみぎず、おのれ智識ちしきもつてうけ、これをおのれこころきざみて、消滅しょうめつしがたくこれを記憶きおくおさむるをいたすべし。けだししるしていふあり『なんぢ稱義しょうぎをまなぶ』〔聖詠百十八の十六〕、またいふあり『少者しょうしゃなにもつおのれみちきよまもるや、なんぢことばしたがつおのれおさむるをもつてす』〔同九〕、るべしひとかれことば記憶きおくするをもつおのれみちおさむるを。

たれかみことば記憶きおくしておのれおさまらざるものありや、これただ未熟みじゅくにしてあはれむべきひとなるのみ。さりながらかくのごときものはまつたくなに記憶きおくせざるなり、かへつてかれおのれ記憶きおくするものおもふことさへもわすれたるなり。かくごとひとかみはつげて『なんぢなんすれぞ稱義しょうぎをつたへやくなんぢくちくか』〔聖詠四十九の十六〕といはん。ゆえにかれがみづからおもごとおのれにところのものをもかれよりうばふをめいずるなり、かくのごとものおのれを「ハリステアニン」とづくるによりおのれ信仰しんこうるものとおもふ、さりながら実行じっこうもつてこれをうちすなり、さらばかれ不信者ふしんじゃよりあしし、ゆえかみかれみづからおもごとすくいにうけておのれにるところの聖神せいしんかれよりうばふをめいずるなり。さればかくのごとひとは、さけ土器どき罅隙すきましょうじ、これによりてさけをうしなひしものにたるあり。およそこれをてその罅隙すきましょうぜしをらざるものおもへらくうつわみちてりと。れども実地じっちけんするにおよびて、かれむなしきことは衆人しゅうじんあきらかならん。かくのごと此人このひとも、審判しんぱんおいて、糺明きゅうめいのちむなしきものとなりてあらはれん。その時彼ときかれのいかなるものたりしことは衆人しゅうじんあきらかなるべし。かかる人々ひとびと当日とうじつおうにつげていはん『しゅよ、われらなんぢもつ預言よげんし、なんぢもつ衆多あまた奇蹟きせきをおこなひしにあらずや』〔馬太マトフェイ七の二十二〕といはん。れどもおうはかれらにこたへていはん『まことなんぢぐ、なんぢらず』と。

かくのごとひとまったなにたざるをるか。ゆえにきくところことば記憶きおくして、おのれみちおさむべし、つつしみて、天空そらとりんでかみ種子たねついばましむるなかれ。けだししゅみづからいへり、『種子たねはきくところのことばなり』と〔ルカ八の十八〕。種子たねうちおさめよ、なんぢおそれてしゅをささぐるをんがためなり。さてなんぢよむときは熱心ねっしん勉強べんきょうしてむべし、おおいこころもちひてごと注意ちゅういすべし、ただ紙葉しようをひるがへさんことをつとむるなかれ。されど必要ひつようあるときは一句いっくを二度も三度もあるい幾度いくどとなく反復はんぷく通読つうどくするをおこたるなかれ、そのむね理会りかいせんがためなり。

かつなんぢしてよみ、あるいはよむをきくときは、まづかみいのりて、つぎごとくいふべし、いはしゅイイスス ハリストスや、こころみみとをひらきたまへ、なんぢことばをききてなんぢむねをおこなふをんがためなり、いかんとなれば『われにありて旅客たびびとなり、しゅよ、なんぢいましめわれにかくすなかれ、をひらきたまへ、しからばなんぢ法中おきてのうち奇蹟きせきん』〔聖詠百十八の十八、十九〕。けだしかみや、なんぢのぞむ、なんぢこころてらさんがためなりと。

なんぢすすむ、ねがはくはつねにかくのごとかみにいのらんことを、かれなんぢ智識ちしきをてらして、なんぢにそのことば旨趣ししゅをあらはさんがためなり、いかんとなればおほくのものおのれ理解りかいたのみて、まよいにかかり、『みづからとなへて愚魯おろかなるものとなり』〔ローマ一の二十二〕、しるされしところのものを了解りょうかいせず、あくにおちいりてほろぶればなり。ゆえときかいやすからざることばにあはば、注意ちゅういせよ、悪者あくしゃなんぢおしへてみづからつぎごとくいはざらんがためなり、いはく『こはかくのごとくいはれしにはあらざらん、けだしかくのごとひ、あるいはかやうなることをいひあらはすをんや』と。かえつてなんぢかみしんずるならばそのことばをもしんずべし。されば悪者あくしゃにつげてつぎごとくいふべし、いはく『サタナ退しりぞけ。る、神のことばきよことばなり爐中ろちゅうにありてつちよりきよめられ、七次ななたびられたるぎんなり』〔聖詠十一の七〕、『そのうちには虚偽いつわり奸邪よこしまとあることなし、これみな智者ちしゃあきらかにするところ、智識ちしきをうるものただしとするところなり』〔箴言八の八〕、されどもわれにして了解りょうかいせず、ゆえにわれる、しんにてしるされたるを。けだし使徒しとはいへり『律法おきてしんぞくす』と〔ローマ七の十四〕、あるい又天またてんあおぎてつぎごとくいふべし、いはく『しゅや、われなんぢことばしんじてさからはず、われ聖神せいしんことばうたがいなくしんず。ゆえにしゅや、なんぢわれをすくひたまへ、われなんぢまえ恩寵おんちょうんがためなり、しかれども善心ぜんしんなるものや、われいつすくいほかなにもとめず、なんぢのあはれみをうくるにへんがためなり』と。