ベン・シラの智慧 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 ともとなるべきにてきとなるな、しきはぢそしりとをがん。りゃうぜつつみびとまたかくあるべし。

2 なんぢたましひはかりごとをもておのれたかしとすな、なんぢのたましひをうしごとかれざらんがためなり。
3 なんぢは、なんぢのつくし、おのれかれきとしてのこさん。
4 しきたましひはこれをつものをほろぼし、かれをそのてきわらひぐさとなすべし。

5 あまことばはそのころもし、たくみなるしたこうさいひろめん。
6 おほくのひとやわらげ、されどなんぢじょげんしゃせんにんうちひとりなるべし。
7 ともんとおもはば、こころみをもてこれをよ。いそぎてこれをしんずな。
8 おのりえきのためにともとなるものは、なんぢくわんなんつづかざるべし。
9 ともにしててきとなるものは、あらそひみいだしてなんぢそしらん。
10 またしょくたくにてなかまとなれるともも、なんぢくわんなんつづかざるべし。
11 なんぢさかあひだは、なんぢごとくなりて、しもべらをしえきせん。
12 されどなんぢもしひくくせられなばなんぢさからひ、おのれなんぢかほよりかくすべし。
13 なんぢてきよりおのはなせ。またなんぢともこころせよ。

14 まごころあるともつよまもりなり、これをみいだししものたからみいだししなり。
15 まごころあるともべきものなし、そのあたひはかられず。
16 まごころあるともいのちくすりなり。しゅおそるるひとびとこれをみいださん。
17 しゅおそるるものはそのいうじゃうただしくす。かれのなすごとくそのとももなすべければなり。

18 よ、なんぢわかときよりのをしへあつめよ。さらばなんぢしらがになるまでちゑみいださん。
19 たがやまたたねものなるちゑきたり、そののぞめ。そはそのわざなんぢらうすくなくして、しかもなんぢただちにそのくらふべければなり。
20 ちゑはいかにおろかなるものきびしきぞ。さとりなきものはこれとともにることあたはざるべし。
21 ちゑこころみおほいなるいしごとく、かれうへきたらん。かれただちにこれをいだすべし。
22 ちゑはそのごとく、みづかおほくのひとあらはれざるなり。

23 け、わがよ、わがはんだんけよ。またわがすすめしりぞくな。
24 なんぢあしちゑあしかせをかけ、なんぢくびにそのくさりをかけよ。
25 なんぢかたちゑもときてこれをひ、そのなはめのためにちゑなんぢらるべし。
26 なんぢのたましひをかたむけてちゑきたり、なんぢちからつくしてそのみちまもれ。
27 たづもとめよ、ちゑなんぢらるべし。これをとらへしときはなすな。
28 をはりいたりてそのとどまるをり、これによりてなんぢよろこびん。
29 かくてそのかてなんぢのためにちからおほひとなり、そのくさりくわうえいころもたらん。
30 そのうへこがねかざりあり、またそのおびあをぎぬなり。
31 なんぢこれをころもごと、これをよろこびかんむりごといただけ。

32 よ、なんぢもしほっしなば、をしへけ、こころもちひなばつつしみん。
33 くことをこのまばくべく、みみかたけなばさとくなるべし。
34 ちゃうらうたちのむれなかち、ちしゃみいださばこれにすがれ。
35 こころかたむけてけいけんなるをしへき、かしこしんげんのがすな。
36 さとれるひとば、すみやかにそのもといたり、なんぢあしにてそのしきゐらすべし。
37 しゅみことのりこころをとめ、つねにそのいましめおもめぐらせ。しゅなんぢこころて、なんぢねがひしたがひてちゑあたたまはん。