イェルサリム大主教聖キリール教訓/第四講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > イェルサリム大主教聖キリール教訓

正教のおもなる定理[編集]

<< イイスス ハリストスじふじかくぎせられしこと。 >>

すべハリストスのなしたまへるぎょうじつうちゅうきょうかいしょうさんにあらざるはなし、しかれどもしょうさんしょうさんじゅうじかなり。ゆえにパウェルこれりてへり『われほこるべきものにあらず、ただハリストスじふじかなり』〔ガラティヤ六の十四〕。うまれながらめしひなるものシロアムおいることをたるはきせきなり、しかれどもこれうちゅうあいだもうもくとなれることごとくのじんるいることをたるにすればいづれぞや。ラザリが第四日目のふっかつおおいなるちょうしぜんてきことなり、しかれどもおんちょうはただいちにんおよびしのみ、うちゅうあいだつみによりてせることごとくのじんるいふっかつすればいづれぞや。ごへい五千人にかしめたるはきせきなり、しかれどもこれうちゅうあいだむちによりてうえつかれたるものかしめたるにすればいづれぞや。十八年のあいだサタナにとらへられたるおんなかれたるはきせきなり、しかれどもこれつみなわめにかかりをる[1]われしゅうじんかれたるにすればいづれぞや。じゅうじかこうえいむちによりてもうもくとなれるところのものをらし、つみかされたるものをき、ぜんせかいにあるひとびとあがなへり。

ぜんかいのあがなはれたるをあやしむなかれ、けだしこれがためせしはじんじょうひとにあらずしてかみどくせいしなればなり。アダム一人のつみるるほどせいりょくてり。さりながら『一人のつみおかししによりておうたらんにはいはんや一人のによりてせいおうたらざらんや』〔ローマ五の十四〕。とうかれらはこころみにしょくしたるためらくえんよりはれしならば、こんにちしんじゃイイススによりてらくえんるはさらべんりなるにあらずや。もしよりはじめてつくられしものぜんかいをもたらししならば、ひとよりつくりしものえいえんいのちをもたらさざらんや、けだしかれみづかいのちなればなり。もしフィネスしゅうこうしゃいきどおり、これをころして、かみいかりをめしならば、イイススわたせしにはあらず、おのれしょくざいあたえにささげて、にんげんおよびしいかりをしづめざらんや。

ゆえわれらはくぎせられしものしんにんするをはぢざらん、けなげにしてしんいんゆびにてかくすべし、すなはちじゅうじかかたちひたいおよすべてのぶぶんかくし、くらところパンと、さかづきいんと、いづるとると、すいみんまえと、とききるときと、みちにあるときまたきゅうそくするときかくすべし。これふこうしゃにはめぐみにてあたへられ、れつじゃくしゃにはろうなくしてよういあたへらるるおおいなるよぼうほうほうなり、いかんとなればおんちょうかみよりたまはるしんじゃしるしにしてまきせんりつするところなればなり。じゅうじかによりてかれらをせいふくし『けんいをもてこれはずかしめたり』〔コロス二の十五〕。かれらはじゅうじかかたちるやただちにくぎせられしものおもいだすべく、へびこうべくだきしものおそれん。しんいんをかろんずるなかれ、いかんとなればこれめぐみにてあたへらるるによる、かへつてこれためおんけいしゃいよいよそんぽうすべし。

脚注[編集]

  1. 原文注1:罪の人をしばることくさりもつてするがごとく、ぜんすのちからを人よりうばふをいふ。