イェルサリム大主教聖キリール教訓/第三講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > イェルサリム大主教聖キリール教訓

正教のおもなる定理[編集]

<< 神の子の人体をる事。 >>

かみどくせいたるかれみづからまたしょじょよりうまれたまひしをしんずべし、ふくいんしゃイオアンのいふところしんぜよ、いはく『ことばにくしんとなりてわれらのうちたどれり』〔イオアン一の十四〕。えいえんことばよよさきちちよりうまれたり、しかれどもかれちかおいわれらのためにくしんをうけたまへり。

イイススなにためくだたまひしや、……そもそもかみむいかあいだせかいをつくりたまへり、しかれどもせかいひとためにつくられたり。たいようかくかくたるこうせんをもてひかりかがやく、しかれどもかれひとらさんがためそんざいをうけたり。またあらゆるどうぶつわれらにつとめんがためつくられたり。そうもくわれらをたのしましめんがためにつくられたり。ことごとくのぞうぶついとうるはし、しかれどもそのうちひとつかみぞうなるものはあらず、かみぞうはただひとのみなり。たいよういつめいれいにてつくられたり、しかれどもひとかみもってつくられたり。『われらのぞうにより、せてひとつくらん』〔創世記一の二十六〕といへり。それこのおうもくぞうさへもそんそうせらるるならば、いはんかみれいぞうそんそうせらるることあにとうぜんにあらずや。さりながららくえんりてよろこたのしみ、ぞうぶつちゅうもっとたくぜつなるものまきそねみによりてかしこよりおひいだされき。そのにくところものおちいりしや、てきおおいよろこべり。なんじてきつづいてよろこばんことをほっするか。かれだんしにはそのごうきょうなるがためにあえちかづかずして、もっともにんじゃくなるものけり、すなはちなおしょじょなりしおんなけり。けだしすでらくえんよりはれたるのちアダムはそのつまエワりしなり』〔創世記四の一〕。

にんげんだいにししゃカインアウェリなりき。しかれどもカインさつじんしゃこうとなれり。こうらいじんるいだいあくにより、こうずいはんらんせり。ソドムじんふほうためてんよりれり。ときかみイズライリみんえらたまへり。しかれどもたみほうとうおちいりてせんぞくきずつけられたり。けだしモイセイさんじょうおいかみまえちしに、たみかみへてきんぎゅうはいせり。りっぽうしゃモイセイときつげて『いんおこなふなかれ』〔しゅつエジプト記二十の十四〕とのたまへり、しかるにイズライリみんいんしょりて、あえいんほしいままにせり〔民数記二十五の八〕。モイセイのちイズライリみんりょうせんがためよげんしゃらをつかはしたまへり、しかれどもりょうするものらはやまいつあたはずして、これていきゅうせり、けだしそのうちいちにんへり、いはく『アアわれわざわいなるかな、ぜんにんえ、ひとうちなおものなし』〔ミヘイ七の二またふあり『みなまよひ、ひとししくやぶれたり、ぜんおこなものなし、いつまたなし』〔聖詠十三の三(詩編十四の三)〕またふあり『のろひ、いつわり、きょうさつとうぞくかんいんのみにして、ちちにつづきながる』〔オシヤ四の二〕『おのれおのれむすめとをあくまけんさいし』〔聖詠百五の三十七(詩編百六の三十七)〕ちょうせんまほうようじゅつおこなへり。またふあり『かれらはしちにとれるいふくもろもろだんかたわらにいてそのうえし、ばっきんをもてたるさけをそのかみいえむ』〔アモス二の八〕。

にんげんのかうむりたるきずはなはおおいなり『あしのうらよりかしらいたるまで〔彼には〕まったきところなく、これをあはすものなく、つつむものなく、またあぶらにてやわらぐるものもなし』〔イサイヤ一の六〕。のちよげんしゃらはつうたんたいそくしてへることしもごとし、いはく『たれシオンよりすくいイズライリあたへんや』〔聖詠十三の七(詩編十四の七)〕。またいはく『ねがはくはなんじなんじみぎひとうえに、なんじおのれためかためしひとうえにあらん。われらもなんじよりはなれざらん』〔聖詠七十九の十八、十九(詩編八十の十八、十九)〕。かつよげんしゃあるものきがんしていへらく『しゅてんかたぶけてくだりたまへ』〔聖詠百四十三の五(詩編百四十四の五)〕。にんげんきずわれらのちじゅつたすけえ、『なんじよげんしゃころし、なんじだんこぼつ』〔列王記上十九の十〕。とこれいふこころあくわれらにおいあらためらるるあたはざるものとなりぬ、かいぜんしゃとならんことはなんじひつようなりとなり。

よげんしゃらのいのりをしゅたまへり。われじんるいほろびんことをちちはかろんぜずして、そのなるしゅてんよりいしゃとしてつかはしたまへり。さればよげんしゃはいへらく『なんじもとむるところのしゅたちまちきたらん』〔マラヒヤ三の一〕。されどもかれいづこきたるか。しゅなんじらがいしげたるおのれでんきたらん〔イオアン八の五十九〕。そののちよげんしゃこれをききていへらくかみすくいほうずるになにゆえひそかにいふか。かみすくいりんかくふくいんするになにゆえいんしょにいふか。『よきいんしんシオンつたふるものや、たかやまにのぼれ、イウデヤのもろもろのまちにつげよ』〔イサイヤ四十の九〕。されどなにをつぐるか。いはく『なんじらのかみを、みよしゅのうりょくをもてきたらん』〔同十〕。しゅまたみづかつげごとへり、いはく『みよきたりてなんじらのうちまん、おおくたみしゅはしかん』〔ザハリヤ二の十、十一〕。イズライリたみがなししところすくいこばめり、『きたらばもろもろのたみぞくとをあつめん』〔イサイヤ六十六の十八〕。けだし『かれおのれりょうぶんきたりしに、りょうぶんたみかれをうけざればなり』〔イオアン一の十一〕。なんじきたらん、しかれどもたみなにたまふか、いはく『きたらばもろもろのたみをあつめて、かれらのうちしるしをたてん』。いふこころじゅうじかなんをうくるによりてぐんぺいにおのおのそのひたいおうたるしるしをしるさしめんとなり[1]またよげんしゃはいへらく『てんかたぶけてくだれり、そのあしもとあんめいなり』〔聖詠十七の十(詩編十八の十)〕。けだしてんよりくだるは人々にれざりしなり。

そののちソロモンちちなるダウィドこれをいひしをききてかみけうなる家を建てまたこれにきたらんとするものあらかじて、おどろきてへり『かみじつひとともたまふや』と〔列王記上八の二十七〕。さりながらこれにさきだちてダウィドせいえいおいてこれがこたえをなしぬ、そのソロモンことえいいはく『かれくだることひつじのけうえあめごとくならん』〔聖詠七十一の六(詩編七十二の六)〕。あめとはてんにあるものためにいひ、ひつじのけの上とはにんげんためにいふなり。けだしひつじのけの上にところあめはさはがしきことなうしてくだらん。ゆえはかせらもこうせいおうぎらざるがためふていへり『イウデヤおういづこうまるべきや』〔マトフェイ二の二〕。又おそれをいだけるイロドうまれしものことせんさくしてへり、『ハリストスいづこうまるべきや』〔同四〕。

くだところものたれなりや。ダウィドぜんじょうせいえいことばつづきにおいていへり、いはく『じつげつときひとなんじよよおそれん』〔聖詠七十一の五(詩編七十二の五)〕。またげんしゃもいへり、いはく『シオンむすめや、おおいよろこべ、イェルサリムむすめや、よばはれ、みよなんじおうなんじきたる、かれただしくしてすくいたまふ』〔ザハリヤ九の九〕。それおうおおし、よげんしゃや、なんじところいづれのおうすか。しょおうたざるちょうこうわれらにしめたまへ。もしおうしこんるといはばかくごといふくとおときはしょおうかねゆうするところならん。もしぐんぺいごえいせられ、たんきんせいくるまるといはばこれもしょおうかねゆうする所ならん、おうとくべつなるちょうこうわれらにしめし、そのきたるをほうずべしといはんか。しかるによげんしゃはこれにこたへていへらく『なんじおうなんじきたらんとす、かれただしくしてすくいたまふ、かれおんじゅうにしてひんろおよろくる』、さりながらくるまにはらずといへり。これぞまさきたらんとするおうほんらいどくいつちょうこうなる。しょおううちただひとりイイススいまおのれくびきせざるろくり、おおいなるしょうさんうちおうとしてイェルサリムたまひき。さてたまひしおうなにおこなはんとするか。『なんじについてはまたなんじけいやくためわれかのみづなきあなよりなんじとらわれびとはなちいださん[2]』〔ザハリヤ九の十一〕。

さりながらおうろくることをん。われらになおくわしくちょうこうしめたまへ、ところおういづことどまらんとするか、しろよりとおへだたらざるところおいちょうこうしめたまへ、われらずにおはらざらんがためなり、われらにちかけんぜんたるちょうこうしめたまへ、われじょうちゅうにありてそのばしょんがためなりといはんか。げんしゃさらにこれにこたへてへり、いはく『そのにはイェルサリムまえあたり、ひがしにあるところかんらんざんの上にかれあしたん』〔ザハリヤ十四の四〕。さればたれじょうちゅうにありてばしょざるあらんや。

われらはふたつのちょうこうゆうす、されどもかれらは第三のちょうこうをもらんとほっす。きたところしゅなにおこなはんとするか、われらにたまへ。そもの預言者はいへらく『われらのかみうんぬんかれきたりてわれらをすくたまふべし。その時めしひはひらけ、みみしひみみはあくことをべし。その時あしなへしかのごとくはしり、おふししたはうたうたはん』〔イサイヤ三十五の四-六〕。われらにはまたあかしをもげらるべし。預言者よ、汝はまさきたらんとするものしょうしていまかつらざるしるしおこなふのしゅふ。さりながらなんじのいかなるめいはくちょうこうげんとするか。いはく『しゅみづかたみちょうろうとそのもろもろのきみともにさばきにたまはん』〔イサイヤ三の十四〕。しゅぼくたるちょうろうらにさばかれてこれをしのたまふはこれぞとくしゅちょうこうなる。

イウデヤ人らはこれをよむもこころめず、なにゆえなればかれらはこころみみをふさぎてかざりしによる。しかれどもわれらはイイスス ハリストスにくたいによりきたりてひととなれるをしんず、なにゆえなればもししからざらんにはわれらのためちかづくことあたはざればなり。けだしわれらはれのみづかゆうするところのものをることもまたこれをたのしむこともあたはざるにより、かれわれらとひとしきものとなりたまへり、これわれらのかれをもてたのしむをんがためなり。けだしわれらは第四日につくられたるたいようをさへまったあたはずんば、これをつくれるぞうぶつしゅかみをいかんしてるをんや。しゅシナイざんうえおいかちゅうくだたまひしに、たみはこれにふるあたはず、モイセイにつげていへり、いはく『なんじわれらとかたれ、われらきかん。ただかみわれらとかたたまふことあらざらしめよ、おそらくはわれなん』〔しゅつエジプト記二十の十九〕。またいふあり『にくしんものうちたれかよくうちよりいひたまいけるかみこえをききてくるものあらんや』〔復傳律令五の二十六〕。それかみがいひたまこえをきくさへもいんとならば、かみそのものるはいかんぞ。いんとならざらんや。これなんあやしむにらんや。モイセイみづからいへり、いはく『きょうくせんりつせり』〔エウレイ十二の二十一〕。

しからばなんじなにねがふか。すくひのためきたりしものほろびいんとならんことをねがふか、なにゆえなればかれきたるはひとびとためふるあたはざればなり。あるいおんちょうわれらとそうおうせんことをねがふか[3]ダニイルしんしあらはれにさへざりき、しかるをなんじしんししゅさいおもてるにみづかふるか。ガウリイルあらはれしにダニイルおもてせり。さてあらはれしものはいかなるかたちにてそのまえちしや。そのおもていなびかりごとし、されどもたいようごとくなるにはあらず、またそのほのおごとしてかろごとくなるにはあらず、そのこえぐんしゅうこえごとくしてダニイル十の六しんしレギオンこえごとくにはあらざりき。しかれども預言者はふふくせり、しんしかれちかづきてへり、ダニイルよ、おそるるなかれ、てよ、ちからはげませよ、なんじことばはきかれたりと〔十二〕。しかるにダニイルへり、ときおののきててりと〔十一〕。さてのすべての時においじゅしゅのごときものありてかれにふれざりしあいだかれなにこたへざりき、〔十〕しこうしてあらはれしものひとかたちごとへんかしたるときダニイルはじめてくちをひらきていへり。かれなにをいひしや。『しゅなんじじげんによりておそれにへず、まったちからをうしなへり、〔十六〕いきまらんばかりなりし』〔十七〕といへり。それあらはれししんしは預言者のこえをもちからをもうばひしならばかみあらはるるはあにいきのこさんや。せいしょに『ひとかたちごときものさわらざりし』あいだは、ダニイルふをあえてせざりしといへり。ゆえにわれらがれつじゃくじっさいあかされたるにより、しゅひとようするところのものをおのれにうけたまへり。ひとおのれとどうけいなるものよりきかんことをようしたるにより、きゅうせいしゅわれらとどうけいなるものをおのれにうけたまへり、ひとびとおおいまなやすからんがためなり。

さりながらなんじまたしゅきたりしいんゆうをもちょうもんせよ。ハリストスみづかせんれいをうけてせんれいせいにせんがためきたり、またかいすいうえあゆみてきせきおこなはんがためきたたまへり、けだしかれにくたいによりてきたらるるきには『うみはしイオルダンしりぞけり』〔聖詠百十三の三(詩編百十四の三)〕ゆえにしゅおのれにたいをうけたまひしは、うみてとどまり、イオルダンおそれずしてかれをうけんがためなり。これ一のいんゆうなり、さりながらまたいんゆうもこれあり。しょじょエワによりてりぬ、ゆえかならしょじょにより、いなくわしくいはばしょじょよりいのちはあらはれざるべからず、へびかれをいざなひしごとガウリイルこれふくいんせんがためなり。ひとびとかみをすててみづかひとのかたちをきざめるぞうをつくりぬ。ゆえひとびといつわりて、ひとのかたちをきざめるぞうかみごとはいはじめたるときかみじつひととなりたまへり、いつわりをほろぼぼさんがためなり。まきわれらにたいしてにくたいきかいごとりようせり、ゆえこれりてパウェルはいへり『したいのりあり、こころのりとたたかひてわれとりこにし』うんぬんローマ七の二十三〕。このゆえまきわれらをたおしたるとおなじききかいもつわれらはすくはれたり。にんげんすくはんがためしゅわれらとどうようなるものをうけたまへり、とぼしきところものにいよいよおおおんちょうをあたへんがためまたつみあるにんげんかみたいごうせんがためわれらとどうようなるものをうけたまへり。『しかれどもつみところにはおんちょういやされり』〔ローマ五の二十〕。しゅわれらのためかならくるしみをうくべかりき、しかれどももしまきかれりしならばかれちかづくをあえてせざりしならん。『もしらばさかえしゅじゅうじかくぎせざりしならん』〔コリンフ前二の八〕、ゆえからだえさとなれり、へびまんとほっしてみしものをもいださんがためなり。けだし『とこしへまでたまはん[4]かみはすべてのかおよりなみだをぬぐひたまはん』〔イサイヤ二十五の八〕。

脚注[編集]

  1. 原文注1:我は十字架に苦しみをうくるよりれいしんじょうてきまきせぞくおよにくしん〕とたたかふもんとにおのおのそのひたいおうたる記号すなわちじゅうじけいなる勝利の記号をしるすのけんあたへん。
  2. 原文注2:いふこころなんじが十字架にながしたるによりつみしばられたるものえいえんよりはなちいださんとなり。
  3. 原文注3:いふこころわれらがしゅイイスス ハリストスおんちょうによりすくひのためきたるは、なんじちえためさとらるべきようすにてらんことをねがふかとなり。
  4. 原文注4:いふこころしゅおのれもつえいえんほろぼぼさんとなり。